島くらしの手帖 瀬戸内海・周防大島編


自然栽培の玄米を販売しています。


オオシマアコースティック


Email : oshima.acoustic@gmail.com FAX & TEL : 0820-80-4096

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月13日(月)

出穂2018

テーマ:半農半ラジオ

 

出ちゃった。

 

稲穂が出ると書いて出穂。

 

「しゅっすい」と読む。

 

例年では、といってもたった5年、5回しか経験が無いのだが、

 

だいたいお盆休み明け、数日くらいで出穂を確認する。

 

「はしり」という出はじめのやつ。

 

「今年は実りが早いから稲刈りも1週間くらい早くなりそうだ」

 

と隣の田んぼの人が言っていたその日だった。

 

穂が出てから田んぼに入るのは、花粉を落としてしまうので、良くないと言われる。

 

なので、毎年、出穂まで、お盆が明けるまでに最後の草除りを頑張ろうと思う。

 

今年はなんとか2回の田車で草を抑えられた田んぼがあったりもするので多少楽。

 

田車が効いてない田んぼ、田車を押せなかった田んぼに入って数日間のテデトール。

 

こんなに早く出穂するとは思っていなかったけど、なんとか草除り終了。

 

ま、いっか。レベルで。

 

 

というのもお手伝いに来てくれた高校生のおかげ。

 

夏休み中ほとんど、うちにいる。

 

「なんで、畑仕事したいと思った?」

 

『これから先、する機会が無いと思ったから、今、やってみたかった。』

 

みたいに答えた。

 

「実際にやってみてどう?」

 

『地道な作業っていうか・・・。』

 

ま、派手な仕事ではない。

 

 

畑仕事以外にもこどもたちの勉強を見てくれたり。

 

おにいちゃんがいるっていうのはありがたい。

 

2018年08月04日(土)

キュウリと多様性

テーマ:半農半ラジオ

 

よく曲がると評判の四葉胡瓜(スーヨーキューリ)ですが、

 

S字ははじめてかも。

 

今年は結構まっすぐ育ったものが多い印象でもある。

 

 

これもキュウリ。

 

本当はもっと緑のうちに収穫するものなのかもしれないけど。

 

短いキュウリ。

 

はじめて見るので、適期がわからなかった。

 

椎葉村きゅうりといって、宮崎県椎葉村の在来種。

 

どんな味がするのだろう?

 

バナナとかマクワウリを想像してしまう。

 

 

2018年08月03日(金)

農薬を使わない米づくり

テーマ:半農半ラジオ

「除草剤つかわんにゃ草取り大変じゃろー」

 

と近くの田んぼの主から声を掛けられ

 

「そうですねー、大変です。」

 

と申し訳なさそうに答えてしまうのだけど、

 

「いやー、全然、楽勝ですよー!」

 

と答えないといけないなと思った。

 

昨日の朝日新聞に環境科学者ヨハン・ロックストロームのインタビューがあった。

 

「持続可能な消費や暮らしが、最も安くて簡単なら、

 人々は地球や環境のことを考えなくてもそれを選ぶでしょう。」

 

https://www.asahi.com/articles/DA3S13617157.html

(有料記事です。)

 

農薬や化学肥料を使ったことが無いので、

 

その使用が楽なのか、大変なのか、費用も分からないのだが、

 

ネットで調べてみると良く効くと評判の除草剤は一袋5,000円。

 

一反あたり10袋、50,000円分も必要だとか。

 

自分の田んぼの草除りを50,000円相当と考えるなら、結構ラクな仕事だ。

 

畑仕事で50,000円稼ごうと思ったら結構大変。

 

安倍晋三のおひざもと山口県の最低賃金802円なら60時間強の労働が必要。

 

除草剤をまく手間もかかるし、除草剤を使っても生える草はある。

 

除草剤を使っている田んぼでも多少の除草作業は必要だ。


だから、除草剤を使わない米づくりは、楽勝!

 

農薬・化学肥料を使わない米づくりだと収量は半分から6割程度に減るけれど、

 

買取価格が倍なら、全然問題無い。

 

収穫の手間も、運ぶ手間も、乾燥や籾摺りに掛かる経費も半分で済む。

 

米がダブついて減反するよりも、無農薬・無化学肥料で収量を減らした方がいい。

 

地球への負担もグッと少なくなる。

 

あんまり他人に奨められるものでもないかと思っていたけど、断然オススメ!

 

 

田植え後しばらくは化学肥料を使う田んぼに比べると成長が遅いと感じるけれど、

 

田植えから2カ月弱、遜色無いというか、化学肥料の稲を追い越す勢いだ。

 

頼もしい。

 

=追記=

 

「隣の田んぼに迷惑かけないようにね。」

 

といつもお世話になっている先輩よりアドバイスいただきました。

 

農薬を使っても使わなくても気を付けないといけませんね。

 

=再び追記=

 

「そんなに使わないよ。」というご指摘をいただきました。

 

周防大島での一般的な除草剤の散布について。

 

①田植え前1回 2500円程度
②田植え後初期1回 3000円程度
③中期1回 3000円程度
(草が多い場合のみ。)

 

とのことです。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス