※同じ内容を動画でもお楽しみいただけます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、みつしろです。

 

今回は【FX基礎の基礎シリーズ】第9回です。

 

FXでは、大きく分けて2つのリスクがあります。

 

1つ目はお金を失うリスクです。

(当然のことですが・・・笑)

 

これは、とにかく勝率をあげるしかありません。

 

どんなに小さな金額でも、安定してトータルプラスを取れるようにする。

 

レバレッジをかけていくのはその後です。

 

 

もう1つのリスクは、

自信を失ってしまうこと

です。

 

こちらの方が、お金を失うよりもずっと危険です。

それはなぜか?説明していきましょう。

 

経済学には、プロスペクト理論というものがあります。

 

この理論は、

得る喜びが100だとした時、

それを失う痛みは倍の200になるというものです。

 

 

つまり、もしFXで勝率が5割だったとしても、

人の脳には「負けた・・・」という印象が強く残ります。

 

 

するとだんだんと脳に負の印象が溜まっていき、
どんどんセルフイメージが下がってしまいます。

 

 

そして最後には、勝負に出るべきところで出られずに負けて、

またセルフイメージが下がって・・・という

 

やればやるほど負け体質

 

に陥ってしまうのです。

 

 

 

では、そうならないためにはどうしたらいいでしょうか??

 

 

それは、

 

負け=マイナス というラベルを取っ払うこと

 

です。

 

FXは欲を出さずに確実な手を打てば、負けることはありません。

逆に言えば、負けたということは欲が出たということ。

 

僕はFXのことを”バグ発見器”と呼ぶこともありますが、

FXと向き合うのはそれくらい、自分の欲と向き合う修行の場になるのです。

 

 

そうしてプラスのラベルを貼ることでセルフイメージは逆に上がっていき、

勝率も着実に上げていくことができるのです。

 

それでは、お読みくださってありがとうございました!

 

 

 

 

こんにちは、みつしろです。

 

「FX基礎の基礎シリーズ」の第8弾。

 

今回は、

 

レバレッジを上手に使いこなすポイント

 

について紹介します。

 

レバレッジをかける上で絶対に外してはならないポイントは、

 

レバレッジをかけない状態で

確実にトータルプラスを取れる型を身につけること

 

です。

 

これは単純な話ですが、

どんなに小さな金額だろうと、トータルプラスになる型を身につけていたなら、
あとはレバレッジをかけて規模を大きくするだけでいいのです。

 

 

しかし、

功を焦り、型が未完成の状態でレバレッジをかけるとどうなるか?

 

 

未完成の部分から決壊し、確実に失敗します。

 

 

それはなぜか?

 

一回の取引にかかっている金額が一気に跳ね上がれば、

当然、感情が大きく揺さぶられます。

 

するとその分、脳のエネルギーを一気に消費します。

 

その結果、判断力は鈍り、

エントリー、利食い、損切りのタイミングがずれ、

焦って取り返そうとして・・・という悪循環に陥るのです。

 

 

なので、どんなに小さな金額だとしても、

 

 

感情が全くぶれずに、着実にトータルプラスできる型を身につけることが大切なのです。

 

 

詳しくは動画にて。

みつしろが感情を揺さぶられた結果、とんでもないことをしでかしたエピソードも紹介しています。

 

 

それでは!

こんにちは、みつしろです。

 

今回はメルマガ読者さんからの質問にお答えしていきます。

 

スランプの抜け出し方についてですね。



====ここから====

最近トレードがスランプ気味で、やればやるほどドツボにハマっている感があります。

うまく流れに乗って買っていた時をイメージしながらやっているつもりですが、なかなか悪い状態を抜けることができません。

こういう時はどうやって調子の良かった時期に戻せばいいのでしょうか?
====ここまで====

ご質問ありがとうございます。

これは、本当に多くの人が陥りやすいのですが、
悪い状態のまま、自分の努力だけでスランプを脱しようとすると、ドツボにはまります。

というのも、
悪い状態の自分のまま考えたら、
悪い状態が悪化するものだからです。

多くの人は、流れに乗れてない時に焦って頑張ってしまい、
ますます流れをつかみ損ねます。


流れに乗れてない時というのは、
周りがずれているのではなく、
自分がずれているのです。


この”無理矢理感”が出ている時点で、
チャートの自然な流れには絶対に乗れません。


そんな時は、
とにかく一旦手を止めること。


そして、何か1つ、今目の前のみに集中してやれることをやることです。


オススメは掃除です。


雑念が入る余地がないくらい、徹底的に掃除すれば、
余計な感情の乱れがなくなります。

 

空間が綺麗になれば、集中力も増しますし、エネルギーの回復も早いです。


料理が好きな人は料理もオススメです。



とにかく目の前のことに集中すればするほど、人は落ち着きを取り戻し、冷静に流れを見抜けるようになるものです。


もし


「疲れ切っていて掃除も料理も無理!」


って場合は、もう大人しく寝ましょう。

エネルギーが切れている状態で突っ走っても、ろくな結果は生まれませんからね。

 

 

とにかく、自分の心の状態を冷静に見て、

焦って突っ走らないことが大切です。



詳しくは動画でもご覧いただけます↓

 

 

それでは!