昨日の即位礼正殿の儀での「天皇陛下バンザイ!」を、

渡嘉敷のタケおばぁが見てたら何て言ったかなぁ。

伊江島のトヨおばぁが見てたら、どう思ったかなぁ。




先週、妻のおばあちゃんが亡くなった。

おんとしなんと105才!!!


テルおばぁの住む「糸満市」は激戦地

テルおばぁも20代の頃に若くして旦那さんを戦争に取られ亡くしている。

女手1つ、畑だけで3人の子供たちを立派に育て上げ、

亡くなった際には、

なんと60人の子供・孫・玄孫(やしゃご)に囲まれ安らかに息を引き取った。


旦那さんを戦争に取られても、

残った3人から60人に増やした!

沖縄では家族が増えることを「繁盛する」と言うが、

まさに大繁盛だろう。



葬式で司会の人が、

「テルおばぁは今ごろ天国で、

80年ぶりに旦那さんとお会いになり、再会を楽しまれている事でしょう。」


と述べていたが、

それを聴いていた僕の母(78)が横で、

「なにが、再会よ。戦争さえ無ければ別れる事も無かったのに。
ほんとに悔しい!

女の人を1人残して、どれほど大変だったか。国にも腹が立つ。」

とつぶやいていた。

母も女手一つで僕ら4人の姉妹を育て上げた人なので、

たぶん感情移入しちゃったのだろう。



妻によると、てるオバァは戦争の話しを孫にはしなかったそうだ。

自身の境遇を他者のせいにはせず、

常に「ありがとうねぇ~」「ありがたいさぁ~」と感謝の姿勢で生き続けた。


人にもよると思うし、
性格にもよると思う。



あの戦争の話しを「したい」か、「したくないか」は。

例えば、高校生の頃に友達と遊びに行った渡嘉敷島では。



いま手元にこんな写真しか無くてごめんなさい。凄くマジメな高校生でした。メガネっ子でした。好きな言葉は道徳!でした。




漁港で夜中にわいわいしているとオバァが近寄って来て、

「にいにぃたち、何してる?」

と言われ、

「あんたたちさぁ~、タバコも酒も飲んで良いけど戦争だけはするなよ」

という話しになり、

高校生がどうやって戦争をするんじゃい?とか思ったけど、

タケおばぁが言いたかったことはただ1つ

悪いことなんて1つも無い、戦争以外は

これを伝えたかったようで。

タバコも酒も「悪い」には1mmもかすらないほどに、

戦争とは悪いモノだと。



戦争前に沖縄に日本軍が続々とやって来て、

「アメリカぁは、鬼畜米英!」と徹底的に教え込まれ、

戦争が勃発。


沖縄県民は「米兵に捕まったら恐ろしい目に遭う」と教わり、

捕まるくらいなら「玉砕しなさい!」と洗脳されていたので、

渡嘉敷島では、手りゅう弾で集団自決が起こってしまう。


小さい子供たちは泣いているし、みんな不安そうにしていました。 

すると渡嘉敷の村長が「天皇陛下万歳」と三唱し、住民もそれに倣って三唱しました。

当時、戦地における天皇陛下万歳は、天皇のために命を捧げることを意味します。

「自決」という言葉を使わなくても、村長による自決の命令に等しいのです。

死ななければならないことはわかっていましたが、

私はまだ16歳になったばかりでしたから、実際にどうしたらいいのかわかりません。

それで少し高いところから大人たちの様子を見ていました。

そして異常現象が起こりました。渡嘉敷村の阿波連の集落の区長さんが、家族に手をかけた……。
区長さんは木の枝をへし折って小さな枝を取り除いて、棍棒のようにして持ちました。
何をするのだろうと思ったら、自分の妻子に棒きれを振るいだした。殺しているんです。
あぁこれか、と思いました。

(⇒とても恐ろしい内容ですが、目をそらさずに全文を読みたい人だけ外部リンクへ。)


これは渡嘉敷島だけじゃなく、サイパンでも(バンザイクリフ)本島でも、

全世界で起こっている。

取材で訪れた伊江島のトヨおばぁも、やはり最後は「戦争」の話しになった。

 


(2月に取材した伊江島のピラミッドの話し、来年書きますね~。

12.23で真の令和が始まってからしか公開できず。)



で、こんな話しを書くと「左翼教育の沖縄人め!天皇反対なのか?」と言われる。

いやいやいや。

何度も「天皇の祈りを支えよう」って記事を書いてるし、

どう考えても俺が天皇反対な訳ないじゃん。

「白か黒か!」「右か左か!」

「良い/悪い」という単純な2極の話しじゃないのだ。


「右翼じゃ無いなら、お前は左翼だな!」とか、

そんな論調がまさに戦争を起こすんじゃん。



事実を書きたいなと。

起こっている事を。

沖縄という特殊な島に生まれて、

多くのおじいおばぁや県民の感情を聴きながら育って来た僕なりの、

事実を書きたいなと。



とにかく沖縄という島に生まれたからには、

「戦争がいかに悲惨なモノか」という事を、おじいおばぁに何度も聞いて育つ。



これは戦争の話しを「する老人」も、「したくない老人」も含めて、

どちらも「戦争がいかに悲惨なモノか」を伝えたがっている。


色んな立場の人が居る。

「伝えた方が」戦争が起こらなくなるのか、

「伝えない方が」戦争が起こらなくなるのか。

「もう、忘れたいさぁ~」と口をつぐむ人も多い。


でもどちらも共通して、

とにかく戦争を二度と起こしたくないと思っている。

これだけは100%全員が思っている。

沖縄で「戦争時代」を生きた世代の全員がそう思っている。


ただ、その手法が違うだけ。



例えば、小学生まで石垣島に住んでいたが、

近所のおじいちゃんはあからさまに「昭和天皇」に恨みを抱いていた

そして、そうなるのも仕方ないのだと小学生ながらによく理解できた。

感情を入れちゃうと持って行かれちゃうので、

出来る限り客観的にそのおじぃの話しを聞いていたけど。



地上戦が行われたのは、沖縄だけ。

何十万もの命が泡のように消えた。

戦前に帝国軍プロパガンダで、「天皇のために!」と何度も教え込まれ、

平和な島に、ある時急に日本軍がやって来て

「天皇、天皇、天皇」とか言われて、戦争が勃発。

目の前で想像を絶する凄惨な光景を見て、

家族が殺され、友人が血を流しながら死に、

戦争が終結。

さぁ、戦後に「天皇バンザイ!」などと言えたものか?


「天皇に恨みを持つ」という方向へ走るのは確かに短絡的かもしれないが、

そうなる理由も理解できるのではないだろうか?




天皇および帝国軍は、アメリカがアジアへと侵略するのを食い止めたのだ!

日本は素晴らしいのだ!正義のために戦ったのだ!

とか言われても、

現実問題として、悲惨な目に遭ったのは当時の沖縄で生きていた当事者たちであり、

「戦争反対のおじぃおばぁは左翼教育だ!」とネット上で書いている人を見ると虫唾が走る。

おじぃおばぁは「左翼側に導こうとしてる」んじゃない、

大げさにも話していない。

ただ「戦争の事実」を話しているんだよと。

沖縄人ならみんな、その認識の上に立っている。



なんか、すんごく長くなってしまったけど、

昨日の「天皇陛下バンザイ!」を見て、沖縄人として色んなことを考えてしまった。

きっと最近では知らない人も多いだろう。

沖縄県外の人たちには。

「天皇バンザイ!」という言葉を聞いて、

胸を痛める遺族も日本中にいっぱい居る
という事実を。


沖縄だけじゃないよ。


天皇陛下バンザイと言いながら、玉砕して行ったパイロットの遺族たちも。



当然だけど、天皇大好きみつろうさん。

「大好き」なんて言ったら、また叩かれるだろうけど。


そもそも天皇陛下は、2,600年の永きに渡り(竹内文書では数万年)、

日本国民の安寧と平和を祈り続けている存在です。

それを、太平洋戦争でも壇ノ浦の戦いでも政治利用されてしまい、

「左翼(天皇反対)」だの「右翼」だのに分断されてしまってるけど、

論点が違うのでごわす!



戦争をしたかった人たちが、「天皇陛下バンザイ!」というかけ声を変な方向に使ってしまった

そのせいで、戦後に分断が起きてしまった。


でも、本来の「天皇陛下バンザイ!」とは、

国民のために、毎朝、毎朝366日も平和を祈り続けている天皇陛下の存在に、

その尊くて有り難いお姿に、

きっと国民の心の底から感謝の念が自然と沸き起こり、

「天皇陛下バンザイ!」と言う音を発し始めた。僕はそう思うんです。





だからこそ、0レイ和の新時代には、

戦争で遺族を失った人も、沖縄のおじぃおばぁも、

何も知らなかった人も、または知っていた人も、

とにかく分断や垣根を超えて。



日本国民全員で、「天皇陛下バンザイ!(平和よ永遠に!)」と本来の意味で言える時代になってほしいなと思います。


「この国に住めて、有り難い!」

これだけが、国民に出来る祈りです。


天皇陛下、バンザイ!!!

いやさか!

ヒノモトの国で、ひいては世界中で、

ツチ・タミオミ・カミ・スメラヒ(土民臣神皇日)が

繁栄し続けますように!



※当記事はリンクフリーです。
「天皇陛下バンザイ!」の別の側面を知らない人には、
どうぞシェアして教えてあげて下さい。




大嘗祭(天皇一世一代の祈り)の前日、
11月13日の正午12時〜13時まで、
「この国に住める感謝の祈り」を全国一斉に捧げる予定です。
右も左も超えてご賛同いただける方は、
あなたのお近くの神社で、
共に祈りを1つに合わせましょう。
1人でも多くの国民がこの祈りに参加し、
全国各地の神社が発動しますように。
「不平、不満、願い」は無しで。
ただただ、「この国に住めている事への有り難さ」を。

詳しくは過去記事

⇒じゃあ、国民はどうだ?
をご覧ください。

11月13日ですので、
忘れそうな人はLINEに登録しておけば、
祈りの当日の朝に、アラートを流しま~す。


↑これをクリックするか、ラインアプリで「@mitsulow」を友達追加



↓今日は下の2つのボタンを押す祭、


「右も左も超えて、国民全員が天皇陛下バンザイと言える日が来ますように!」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑






※(昨夜11時時点)

×SS席 売り切れ
×S席 売り切れ

×A席 売り切れ
△B席 残りわずか

×C席 売り切れ
『さとうみつろうピアノライブ&トークショー』
日時:2019年12月23日(冬至翌日真の令和スタートの日)

 11時30分~14時
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
⇒詳細&申し込みはこちら


 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 

 

 

 

この本に書いた通り、戦争さえも「悪く」はないけれど↓

 



ねずみ牛トラうさぎ龍ヘビ馬羊猿鳥いのしし

当り過ぎて怖い! 占いじゃない数学分析

アニマルロック分析
今日のあなたはパンクネズミさん?
いのしし鳥猿羊馬ヘビ龍うさぎトラ牛ねずみ

 

⇒みつろうTVはこちらから

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓




今日の即位礼正殿の儀のため、

世界183カ国から大統領、首相、国王が来日しているそうで、

ちょっと照れるよね、なんか。

 

 

デラックス「お前に会いに来てるんじゃねーよ。」





首相よりも、統領よりも、大統領よりも、国王よりも、

天皇(エンペラー)は偉いそうです。


一時的に国民に投票で選ばてる訳でもないし、

他国から奪った王位を世襲してる訳でも無く、

2600年続くエンペラー。

そもそも、今の世界にはエンペラーは日本の天皇だけだそうで。

なんか、照れるよね。


 

デラックス「お前、一番かんけーねーぞ。」





皇室評論家の風間先生によると、

「あまりにも出来すぎた」スケジューリングだそうで。


▼5月1日   即位
▼8月15日 戦後初新旧盆同時開催
・正式なお盆開催で英霊たちもワンサカ来日

▼10月22日 即位礼正殿の儀
・各国から要人たちがワンサカ来日

▼11月6日 令和初となる神迎神事
・全国ヤオロズの神々が出雲で話し合い
▼11月12日 大嘗祭二日前大祓
・鬼の居ぬ間に洗濯?神々が出雲に行ってる間に、

 日本全国の神社が一斉にお祓いし、国土がキレイに
▼11月13日正午 民と臣(タミオミ)の祈り
・祓われた国土と天皇の間に住む人たち(民臣)が

「この国に住める事へ感謝の気持ち」を形成
▼11月13日の夜 神等去出祭
・土と民と臣の波動の準備が整ったのを確認後、出雲で話し合いを終えた神々が清浄なツチの上に配置

(そのエリアの人間たちも感謝の気持ちで祓われてる)
▼11月14日 大嘗祭
・ヒノモトの国(ツチ・タミオミ・カミ)が準備万端で、
 天皇が一世一代の感謝の祈り
▼12月23日 冬至点を過ぎて最初に昇る「朝陽わかてぃだ」

&上皇誕生日
・太陽エネルギーが天皇を認証し真の令和スタート(⇒)



上皇がお気持ち表明で「御代替わり」をしたタイミングも、

全てが計算の上だったんでしょうね。

今年になるように。



後半の流れとか、なんかトリハダ立つよね。

「旧暦のまま行なわれている神事の日程」と、

「新暦に移行された神事の日程」が複雑に絡んでいるのに、

全てがピタリと符号!!!

グレゴリオが入ってくるまでは、「2番目のウの日」に行っていた新嘗祭(大嘗祭)も、

今年の11月14日(2番目のウの日)に符号!



これら全部が「新暦」と「旧暦」の織り合いだから、

確率上は数万年以上も前から「この年に!」と狙いを定めてる。

太古の昔から計画された予言レベルだと思うよ。

そのくらい、凄い符号。計算じゃ出せないよ。



さすが皇室評論家の町田先生。

①神々が出雲に集まって令和の時代の「ご縁」を会議している間に
②全国の神社(神官)が一斉に国土をお祓い。日本国中が清浄に
③翌日、国民が「この国に住める」事へ感謝の祈りを捧げて
④土と民と臣(ツチタミオミ)が清浄ゼロの状態となり
⑤その夜に神々が出雲から全国各地へと配置につき
⑥翌日、天皇陛下が一世一代の「大嘗祭」で祈る
⑦冬至翌日に太陽が強まり真の令和スタート

⑧完全に令和へと切り替わり、平成のエネルギーを全て終えたその日が上皇の誕生日

やばーし!!!

こんなに凄すぎるタイミングの時代に、

居合わせられたのもやばーし!!!


天皇でも神官でも土でも無い「国民」に出来る事は、

③の国民の祈りは11月13日の正午〜13時の間に、

あなたの町の神社で「感謝の状態」になってみて下さいね。

(必読⇒じゃあ国民は、どうだ?)




本日の即位礼正殿の儀で高らかに宣言されるのが、

レイの「和」でありますように。




 


※(昨夜11時時点)
×SS席 売り切れ
×S席 売り切れ
×A席 売り切れ
△B席 残り僅か
×C席 売り切れ


『さとうみつろうピアノライブ&トークショー』
日時:2019年12月23日(冬至翌日真の令和スタートの日)

 11時30分~14時
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
⇒詳細&申し込みはこちら








↓皇室評論家の町田先生は、いつも鋭い指摘をされます。

後半の怒涛の流れが、トリハダものだったので紹介しました。

町田先生、ありがとうございました。

※追記記事
『天皇陛下バンザイ!』で感じた沖縄人の感情。

https://ameblo.jp/mitsulow/entry-12538274604.html


↓今日は下の2つのボタンを押す祭、


「確率的には数万年前から仕組んでないと織れない旧暦と新暦の羽衣」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 

 



ねずみ牛トラうさぎ龍ヘビ馬羊猿鳥いのしし

当り過ぎて怖い! 占いじゃない数学分析

アニマルロック分析
今日のあなたはパンクネズミさん?
いのしし鳥猿羊馬ヘビ龍うさぎトラ牛ねずみ

 

⇒みつろうTVはこちらから

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓


ラグビー部だったのは中学生の頃だけど、

試合中「ノーサイド」の笛をずっと待っていた。

審判!早くノーサイドの笛ならせー!って。

自分のチームが勝ってようが、負けてようが、

とにかく「ノーサイドの笛」を1秒でも早く聴きたかった。


「ノーサイドの笛と」は、ラグビーの試合が終わる瞬間に審判が吹く笛。

その笛が吹かれた瞬間に、サイド(=がわ)が消えるよ!って意味。


サイド | サイド


こちらがわが味方で、あちらがわが敵という、

「サイド」が消えるので、


ノーサイド!
もう、敵も味方も無いよね!

みんな同じだよね!

仲間だよね!という笛。


さっきまでバチバチに戦っていたのに、

その笛を聴いた瞬間、たしかに「相手チームめ!」という感情も消えるから不思議だったなぁ。



令和の時代は、ノーサイド。

0「レイ」には、側が無い。

どこから観ても、○は丸。

△は見る方向によって、カタチが変わるので「側」が出来る。

あちら側では、こう見える。

こちら側からは、こう見える。

「サイド(がわ)」の世界


□もそう。サイドが出来る。


ところが、○は360度どこから見たって同じカタチ。

サイドが無い。



令和の時代は、ノーサイド。

こちら側も無いし、あちら側も無い。

こちら側が正しくて、あちら側が間違いも無い。

こちら側が「わたし」で、あちら側が「あなた」も無い。

みんな、自分。

隔てる「線」が消え、サイド(分離感)が消失。


高いも低いも、悪いも良いも、優も劣も、敵も味方も、

全ての「サイド」は無に還る。



 

昨日の夜、急きょ生配信することになったラグビー解説。
死ぬほど時間があって、ヒマすぎて死にそうな人だけ↓動画見てね

ラグビーの解説は1秒もしなかったけど。
 






そんな「ノーサイド」の時代令和が「立ち上がる」日

それが冬至の翌朝の太陽(わかてぃだ)が昇るトキ(⇒こちら)。

昨日はその日に行われる、ミューザのチケット発売日!

多くのお申し込み、ありがとうございました!





日帰り参加組も遠方からありがとう!

開催を昼間にして良かった。





「ファミマで買えない」というLINE多かった。





ので、やり方↓



上記の手順でやれば、ファミマでもまだ買えます!

出来ればイープラスで買って欲しいけど
(手数料の関係で ←ケチか




真の令和が始まる瞬間である、冬至明けの朝陽。

たっぷり浴びてから(出来れば背後から)、

スパイラルホールミューザに着席してくださいね。


0「レイ」の創り出す場に、ノーサイドの笛が鳴ります。




スパイラルホールに出現する、0「レイ」の「場」。

残席はわずかです。

この会場のドアが閉まる前に、ぜひ「あなた」という身体も滑り込ませて下さいね。




※(昨夜11時時点)
×SS席 売り切れ
×S席 売り切れ
×A席 売り切れ
○B席
△C席 残席わずか


『さとうみつろうピアノライブ&トークショー』
日時:2019年12月23日(冬至翌日真の令和スタートの日)

 11時30分~14時
場所:ミューザ川崎シンフォニーホール
⇒詳細&申し込みはこちら




↓今日は下の2つのボタンを押す祭、


「どこから観ても、まるはまる。ノーサイド!」と言いながらポチ↓ポチ↓

 

応援人気ブログランキングへ ガラケー用  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ感謝

↑いつもボタンクリ応援・口コミ応援ありがとうございます↑

 

▼この記事を書いた人 Writer's Info

さとうみつろう

日本の作家・ミュージシャン。社会を変えるためには「1人1人の意識の変革」が必要だと痛感し、大手エネルギー企業から独立。本の執筆や楽曲の発表を本格化し、初の著書がシリーズ累計30万部のメガヒットを記録。10代の若者を中心に多くの支持を集める。ところ…

詳しいプロフィール


この作者の記事をSNSでフォロー
everblog
   

 

 



ねずみ牛トラうさぎ龍ヘビ馬羊猿鳥いのしし

当り過ぎて怖い! 占いじゃない数学分析

アニマルロック分析
今日のあなたはパンクネズミさん?
いのしし鳥猿羊馬ヘビ龍うさぎトラ牛ねずみ

 

⇒みつろうTVはこちらから

 

 

ページいいねであなたのタイムラインにお届け↓