和田智代のブログ

和田智代のブログ

大人が育ち、子どもが育つためのお手伝い



高齢者介護施設で働いておられる
白濱彩香さんによるFB投稿を
ご承諾をいただいて紹介します

認知症のお婆さん
奇跡のような本当のお話です

・・・
・・・

・・・

人間にとって
何より大切にされるべきことは

人生の最初から最期まで
―――――――――――
心も身体も
気持ち良く生きていること
―――――――――――

その大切さをあらためて
教えていただきました・・・



<以下、白濱さんのFB投稿より抜粋>


===============
 

終日オムツ

機械浴

食事も居室も
ベッドギャッチアップ対応


暴言暴力あり

ベッド上でも暴れるため
四点柵使用


こんなが転所してくる事に・・・
 

<こんな対応してたら
  暴言暴力当たり前やろ…と思う>
 

当日

普通に車椅子に座ってやってきた
 

<おっしゃ、トイレ行けそう>


しかし家族様は私に
――――――――

ずっとオムツしてて下さい

四点柵もして下さい
――――――――


事前に説明していたはずだが

もう一度丁寧に説明


暴言暴力には理由がある事

私達のケア方針として
しっかり本人と向き合い

――――――――
その方らしい生活
――――――――
を過ごして頂きたい事
 

身体拘束の弊害や
四点柵をせずに

ベッド低床マットの
損害軽減策をしたい事
 

何とか納得して頂けた


に挨拶すると、普通に
――――――――
こんにちは
――――――――
と返ってきた


<余裕やん>


だけど次の瞬間
突然


――――――――
お前ら全員殺すぞ!!アホ!!ボケ!!
あーーーーーーーーー!!!
――――――――


とフロア中に響き渡る叫び声


その瞬間私は
 

<絶対にこのを普通の生活にする>
 

と、めちゃくちゃワクワクした


リハパンに変えトイレ誘導
フロアで座って食事

個浴にゆっくり入る


みんなでとても苦労したが

拒否もなくなり
トイレでの成功も増えてきた


徐々に
叫ぶ事も暴力も少なくなり

笑顔も増え

他者と話したり
レク参加も積極的にしてくれる
 

すると家族様から


――――――――――――
実は前の施設ではずっとオムツで
おそらくあまり変えてもらえなくて・・・

布団まで濡れてる事もたまにあり
部屋も臭くて

面会にいっても
に『帰れ!!』
と怒鳴られるし

辛かったんです
もう無理だと思ってました


ここに来て
とても元気になりました。


今日、面会で初めて
『帰れ!』と言われず
普通に話す事が出来ました・・・
 

ありがとうございます
―――――――――――
 


そう言われて
涙が出た・・・


――――――――

トイレで排泄
座ってご飯を食べる
ゆっくりお風呂に入る
――――――――


私達は
普通の事をしただけです
 

老いると
普通を当たり前にするのは
難しいのかもしれない

だけど
それがどうすれば出来るかを
考えるのが私達の仕事です


は、麺類が大好きらしい。

満面の笑みでそうめんを食べている。


この人、認知症だから
この人、暴言暴力すごいからなどと

ケアを諦めてはいけない
 

私達のケア次第で
本当には変わる。


そう改めて感じさせて貰えた出来事でした

 

その後
普通の生活にしていくことにより
時々叫ぶ可愛い
 

このが突然
―――――――――――――

真っ赤なパンツが履きたいねん!
―――――――――――――

と言った
 

私のハートは真っ赤に燃えた!

履きましょう!!!

それを目標に、トイレ頑張りましょう!!

 

===============

<以上、白濱さんのFB投稿より抜粋>


・・・


・・・


・・・

 

大切なことに
あらためて気づかせてもらった
白濱さんのFB投稿

暴言暴力など
ーーーーーーーー
認知症の問題行動
ーーーーーーーー
と呼ばれているものは

実は
トイレ排泄などの
―――――――――――
気持ち良く生きていること
―――――――――――

を取り戻すと
激減していくことが多い

そして

こういうお話を聞くと
やっぱり頭に浮かぶのは

同じように
おむつを着けてられている

赤ちゃんたちのこと

彼らは24時間
おむつを着けられているからといって
――――――――――――――
お前ら全員殺すぞ!!アホ!!ボケ!!
――――――――――――――
とは叫ばないけれど(^^;

多分、ホントはイヤなんだよね・・・

だって私だって
おむつの中で排泄って
やってみたけど
すごいイヤだったもん・・・

・・・


・・・


・・・

・・・そして多くの人は


ーーーーーーーーーーーーー
そうは言っても
やっぱり

赤ちゃんには
おむつを着けてもらわないと

部屋とか服とか汚れるから
大人は困るんだよね・・・

ーーーーーーーーーーーーー

と、普通、思います

・・・


・・・

・・・

でもその『普通』を
ちょっと脇へ置いてみて

赤ちゃん&高齢者には
ーーーーーーーーー

 おむつが当たり前
ーーーーーーーーー
を問い直し

ーーーーーーーーーーー
尊厳ある気持ち良い排泄
ーーーーーーーーーーー
という発想を学んで

そして

お世話する側にも無理のない
ーーーーーーーーーーー
おむつに頼りすぎない排泄ケア
ーーーーーーーーーーー
の方法を知ることで

目からウロコがたくさん落ちて
子育ても高齢者介護も
もっと豊かで楽しくなるのです!

それを一気に学べる講演会が
いよいよ一週間後に開催されます!

================
★11月1日(日)13時~16時★
無料&オンライン&見逃し配信あり!
================


詳細&お申し込み情報はコチラから
↓↓
https://www.facebook.com/events/2775020342733657/


無料&オンライン&見逃し配信あり

だから

 

ネットへアクセスできれば
日本中&世界中どこからでも
視聴できちゃう!

この貴重な講演会は
おむつなし育児アドバイザーの
女性たちによる
クラウドファンディングのお陰で

参加費無料で
実現できることになりました!

こんな機会は最初で最後かも!


・・・

 

・・・

 

・・・


これからも
赤ちゃんとの排泄コミュニケーション
(おむつなし育児)はもちろん

幼児期~高齢期の
人生の様々なステージでの
コミュニケーション
に関する
お役立ち情報をお届けしていきますね!


 

 

11月~12月の講座情報  

 

 

==================

★11月1日(日)
<オンライン講演会>
おむつに頼りすぎない育児&介護
==================

 

 

詳細&お申し込み情報はコチラから
↓↓
https://www.facebook.com/events/2775020342733657/


無料&オンライン&見逃し配信あり

だから

 

ネットへアクセスできれば
日本中&世界中どこからでも
視聴できちゃう!


==================
★12月6日(日)
<リアル講演会>
おむつはずし講演会 in 新居浜

==================
 

 

詳細&お申し込み情報はコチラから
↓↓

http://ur0.work/ZZCa

ほぼ1年ぶりに
リアル講演会させていただきます!

今年で5回目となる

 

愛媛 be motherさん 主催による

新居浜市での講演会!


赤ちゃんに寄り添う
============

おむつに頼りすぎない育児
============
の考え方やコツを知れば

 

もうトイレトイレトレーニングで
悩まない~(^^♪
 

 

 

詳細&お申し込み情報はコチラから
↓↓

http://ur0.work/ZZCa
 

 

 

  和田智代の書籍  

 

 

 ★著書 

 

『幸せの排泄コミュニケーション』
(言叢社)


赤ちゃんの排泄能力の本当の姿と

おむつに頼りすぎることで起こる

子どもの排泄トラブルなど

保育や医療の養成校や母親教室

では教わらない

「赤ちゃんの排泄の真実」がわかる

貴重な一冊。8組の医療・保育の専門職

による「おむつに頼りすぎない育児」収録

 

 

 ★技術指導/共著 

 

『赤ちゃんにおむつはいらない』

(勁草書房)

 

おむつなし育児に挑戦した

40組の親子の実践記録を中心に

おむつはずしの変遷から、現代日本の

おむつ事情、海外でのおむつなし育児の例

を紹介。昔の日本人の排尿間隔と

身体技法などの研究をまとめた

読み応えある一冊。和田智代も

共著者として1~4章を執筆。

 

『親子の絆が深まる おむつなし育児』
(主婦の友社)


おむつなし育児の具体的ノウハウと

解説&豊富な写真で、おむつなし育児入門書

としてお勧めの一冊。三砂ちづる氏による

心温まるエッセイも魅力。

和田智代は本書の実践指導部分を担当。

 

 

 ★翻訳本 

 

『おむつなし育児』

(柏書房)

 

米国で出版されたおむつなし育児の

詳細ノウハウ本を和田智代が翻訳。

「おむつになるべく頼らない」

という考え方をもとに

月齢別の具体的ノウハウ

トラブル対処法までを網羅。

出版後10年以上にわたって

売れ続けている実践的バイブル。

 

 

 

『世界一しあわせな子育て

(柏書房)

 

ハーバード大学で博士号を取得した

原著者のクリスティンさんが

2005年~2010年の5年間

日本で暮らし4人の子を育てた

経験から学んだ日本・米国

世界の国々の子育てを比較した本を
和田智代が翻訳。

私たち日本人が「当たり前」と思って
特に気にかけないでいた日本の子育てに
こんな価値もあって素晴らしいんだよ!
と光を当ててくれた貴重な一冊で

日本人が読むとすごく幸せな

気持ちになれるオススメの一冊!

 

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 


●和田智代のメルマガ
『幸せのコミュニケーションメルマガ』

http://omutsunashi.org/mailmagazine

 

●おむつなし育児研究所公式HP 
(おむつなし育児の重要基本情報)
http://www.omutsunashi.org

●おむつなし育児研究所のFacebook
(おむつなし育児の最新情報)
https://www.facebook.com/omutsunashi.org/


●おむつなし育児研究所公式インスタ

https://www.instagram.com/p/CGHUghUhFKo/

 

●和田智代のFacebook

(和田智代の日常生活あれやこれ)

https://www.facebook.com/tomoyow1
 

●和田智代公式ウェブサイト
(和田智代が色々やってる活動紹介)
http://pbdc.sakura.ne.jp/tomoyo-wada/

●和田智代のブログ
(和田智代のエッセイ図書館)
https://ameblo.jp/miraikosodate/

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

【和田智代プロフィール】

愛知県名古屋市出身

短大の保育科卒業後
実家の保育園にて保育士として働いた後

20代後半に米国の大学に留学し
途上国支援について学ぶ

帰国後、国内の大学院にて
国際開発学修士号取得

30代~40代は
発展途上国での母子保健事業に従事し

アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の
数十か国の保健省をカウンターパートとして

社会調査やプロジェクトマネジメント
ワークショップ・ファシリテーター等の
業務に従事する

40代後半にうつ病になり
約2年間の療養生活を経た後

津田塾大学教授三砂ちづる氏による
「赤ちゃんと排泄」に関する
研究に関わったことを機に

三砂氏および研究チームメンバーと共に
「おむつなし育児研究所」を立ち上げ
所長に就任

 

現在は、神奈川県開成町に
自宅兼オフィス『じねん堂』を構え

『赤ちゃんとの排泄ケアを通じた
 コミュニケーション』
 (おむつなし育児)

など

大人と子どものコミュニケーション
に関する様々な講座を全国で展開

 

語学力を生かし
子育てに関する海外の
先進的な育児関連本の翻訳もこなす

 

二人の息子を持つ母親でもあり
息子たちを日本・メキシコ・米国で
出産・育児したため
海外の出産・育児・留学事情にも詳しい

 

生活の場である神奈川県開成町では
NPO「あしがら農の会」に所属し

農薬や化学肥料を使わない
「米づくり・みそ造り・野菜づくり」を通じ
ささやかな自給的生活を楽しみながら

地域の仲間と共に
「食の安全」について考える活動も行う
 

★学歴

・名古屋大学大学院 国際開発研究科 修士号取得
・米国World College West 教養学部 国際開発学科卒
・名古屋市立保育短期大学 保育科卒


★資格

・プロコーチ(チームフロー)
・メンタルケア・スペシャリスト(メンタルケア協会)
・保育士 幼稚園教諭
・ワークショップ・ファシリテーター(ワールドカフェ等)
 

★★━━━━━━━━━━━━━

 

==========
人生の基礎は
3歳までの
言語環境でつくられる!
==========

おむつなし育児の研究に関わって
10年以上になります

早いな~
もう10年か~

・・・でね
このおむつなし育児的な
関わりをすることで生まれる

子どもと親(保育者)との間の
コミュニケーションっていうのは

子どもの脳の発達に
とても良い影響を
与えるのではないか・・・と

実はこの10年間で
おむつなし育児的な関わり方で育った
たーくさんの子どもたちを見てきて

もうほんと確信に近い
なんていうか動物的な直感で
強く感じているんです


あ、でもね
『脳への良い影響』といっても

おむつなし育児で育つと
東大とかの一流大学に入れるとか
そういう意味での
脳への影響じゃなくてね

もっと本質的な意味での
脳への良い影響のこと

例えば

その子が興味を持つテーマに対して
意欲的に取り組む学習能力とか

困難を乗り越える粘り強さとか
他者に対する思いやり・・・・的な

なんていうか
人生の基礎力みたいな能力が

おむつなし育児的な関わりで
育ちやすいんじゃないかな・・・

ということ

 

そしたら!

私の動物的な直感を
科学的な言葉で
解説してくれた
すごい本に出会いました(^^)/




あ、でもね、この本に
『おむつなし育児がいいです』
と書いてあるわけじゃないです(^^;

============

3,000万語の格差
赤ちゃんの脳をつくる
親と保育者の話しかけ
============

ダナ・サスキンド(著)
掛札逸美(訳)
高山静子(解説)



著者のサスキンド博士は
生まれつき
耳が聞こえない子どもへの

人工内耳移植が専門の
小児外科医です

聴覚がない子に
人工内耳を移植すると

脳が音を
判断できるようになって

やがて

言葉を聞いて話せるように
なるそうなんです!

医学の進歩って
すごいね!

そんな博士はある時
同じような条件の
重度の聴覚障害の
子どもたちに対して

同じように
人工内耳を移植して
手術は成功したのに

やがて言葉を聞いて
話せるようになる子と

いつまでたっても
言葉が話せず

意欲のようなものも
育っていかない子がいる

・・・ということに
気づきます

その結果
医学の世界から飛び出して

心理学や言語学の世界でも
広く学ぶようになっていきます

そして
長年にわたる研究の結果!


人工内耳を移植された子の
その後の言語発達に

最も大きな影響を
与えていたのは

=============
3歳までの
その子を取りまく
言葉の環境による違いだった!
==============


ということを発見したのです!
 

サスキンド博士は著書の中で
書いています

=============
・・・だから
子どもにはとにかく
たくさんの言葉のシャワーを
浴びせることが大切


それも
脳の発達の大部分が完成する
生後3年間の間に

=============


でも
ただやみくもに
言葉を浴びせればいい
というものではないそうで

たとえば教育的な
テレビ番組やネット動画を
ただ見せ続ければよいという
ものではなくて

サスキンド博士によると


=======
 3つのT
=======

を大切にした言語環境が
とても大切なのだそうです
 

3つのとは
Tから始まる
英単語で



==============
1)Tune In
注意とからだを子どもに向ける

2)Talk More
子どもとたくさん話す

3)Take Turns
子どもと交互に対話する
==============


という3つのTが大切
ということ

・・・
・・・
・・・

でも

ここで疑問が起こります

・・・え?
これを

生まれてから
最初の3年の間に

たくさん
やれっていうこと?

言葉が話せる
幼児ならまだしも

言葉が話せない
赤ちゃんと

たくさん話すとかって
無理じゃない?

・・・
・・・
・・・

そうですよね
普通、そう思いますよね

でもそれが

可能になる機会があるのです!

言葉の話せない赤ちゃんとも
ごく自然な形で

頑張らなくても
非言語コミュニケーションで
つながれる機会が!

それが

=========
おむつなし育児的
コミュニケーション

=========

たとえばこんな感じ
↓↓

==============
1)Tune In
注意とからだを子どもに向ける

大人:『そろそろおしっこ/うんちかな?』
==============

2)Talk More
子どもとたくさん話す

大人:『おしっこ/うんちしたい?』
赤ちゃん:<なんかしそうなそぶり>
大人:『でるかな~』とオムツを外す
赤ちゃん:<ホントにする!>


==============

3)Take Turns
子どもと交互に対話する

大人:『わー出たね!』
赤ちゃん:<にっこり>
大人:『気持ちよかったね!』
赤ちゃん:<にっこり>


==============


こんなステキなやりとりの
実体験の様子を

おむつなし育児を経験したママで
プロのイラストレーターの小森さんが
ステキなマンガで描いてくれました
↓↓


ホントにステキなマンガなので
ぜひ全編読んでね!(^^)!

下のURLをクリックすると
全編無料で読めます!(^^)!

http://omutsunashi.org/wp-content/themes/omutsunashi/mainichi_oshirication170807.pdf

 




・・・
・・・
・・・

話を戻しまして

ま、というわけで

おむつなし育児的な
コミュニケーションで育つと

人間の一番大切な
基礎的な能力が
より育ちやすくなるみたい(^^♪

おむつなし育児には
オムツとか排泄とかを超えた
そんな可能性もあると思うと

ご家庭や保育施設で
おむつなし育児を
実践されている方は
なんだかますます
嬉しくなりますね(^^♪

この研究に関わって以来

私が10年以上も
感じ続けてきたことが
間違っていなかったと

科学の言葉で解説してくれた
コチラの本
↓↓


様々な分野の「科学」の
広くて深い理解と

豊富な臨床経験と

育児や教育に対する
冷静で温かいまなざしで

描かれた素晴らしい本で
『イチ押し!』です‼

日本や海外の
乳幼児教育関係者の間でも
たいへん読まれています!


・・・・・

・・・・・

・・・・・

この「3つのT」のような
赤ちゃんの排泄のお世話とは
一見関係ないように見えるけど
実は深く関係していて

そして

人間が幸せに生きていく上で
本質的にとても大切な
日本や海外の最新の
様々な研究についても

============
おむつなし育児アドバイザー講座
============

の中でお伝えしています!

赤ちゃんの排泄を切り口に
おむつなし育児を超えた
子育てや人生の本質が学べる

10月19日スタートの
<第2期オンライン講座>
おむつなし育児アドバイザー講座

締切まであと3日です!

https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser

・・・

・・・

・・・


これからも
赤ちゃんとの排泄コミュニケーション
(おむつなし育児)はもちろん

幼児期~高齢期の
人生の様々なステージでの
コミュニケーション
に関する
お役立ち情報をお届けしていきますね!

*******************

10~11月の講座情報

 

=================

★締切まであと3日!
<第2期 オンライン講座>  
おむつなし育児アドバイザー講座

https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser
=================

 



・詳細&申込はこちら:
https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser

・講座日程: 10月19日(月)~11月26日(木)
申込締切: 10月18日(日)
ーーーーーーーーーーーーーー

★プレゼント
お申し込みいただいた方の中から
抽選で2名様に

和田智代の
サイン入り著書をプレゼント!



※各種割引制度あり!
1)再受講割引
2)夫婦(パートナー)割引
3)保育園応援割引


各割引のお問い合わせはメールで:
support@omutsunashi.org

 

 

==============

★締切まであと2日!
10分×3日間で

おむつなし育児の基本が学べる
3日間 無料動画講座

==============

受講登録はコチラから

https://resast.jp/subscribe/146307/183087


<登録締切:2020年10月16日>

 

=================

★締切まであと9日!
<和田智代のメルマガ読者は特別割引あり>


★11月8日(日)~10日(火)2泊3日
<和田智代&藤崎智子と行く!>

【残6席】 瞑想リトリート
-『いつもの自分』をやめてみる3日間 -

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/

=================

 



11月8日(日)~10日(火)の2泊3日で
神奈川県南足柄市にある
自然豊かなパワースポット大雄山の

気持ち良~いリラクゼーション施設での
瞑想リトリート!

お席も少しずつ埋まってきました!

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/

 


「仕事人間な自分」
「母としての自分」
「妻としての自分」
「親を介護している自分」
「いつもバタバタしてる自分」

・・・
・・・
・・・

そんな『いつもの自分』を
3日間だけ手放して

ただただ
『今ここ』を味わいつくし

本当の自分と出会って
コミュニケーションする
特別な3日間です(^^♪
 

仕事や家庭から離れて
完全にリラックスして
自分の心と身体に向き合うことで

 

意識が変わり
心が変わり
景色が変わる・・・

 

そんな体験をしていただきます!
ぜひ一緒に行きましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<今回は超お得な価格!>
★Go To トラベル割引あり!
★地域クーポン3000円分プレゼント!
★和田智代のメルマガ読者はさらに割引あり!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓詳細はコチラから↓

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/
 

※申込締切:10月23日
※次回開催は未定です


 

 和田智代の書籍紹介  

 

 

 ★著書 

 

『幸せの排泄コミュニケーション』
(言叢社)


赤ちゃんの排泄能力の本当の姿と

おむつに頼りすぎることで起こる

子どもの排泄トラブルなど

保育や医療の養成校や母親教室

では教わらない

「赤ちゃんの排泄の真実」がわかる

貴重な一冊。8組の医療・保育の専門職

による「おむつに頼りすぎない育児」収録

 

 

 ★技術指導/共著 

 

『赤ちゃんにおむつはいらない』

(勁草書房)

 

おむつなし育児に挑戦した

40組の親子の実践記録を中心に

おむつはずしの変遷から、現代日本の

おむつ事情、海外でのおむつなし育児の例

を紹介。昔の日本人の排尿間隔と

身体技法などの研究をまとめた

読み応えある一冊。和田智代も

共著者として1~4章を執筆。

 

2020年9月!改訂版発売!
『親子の絆が深まるおむつなし育児』
(主婦の友社)


おむつなし育児の具体的ノウハウと

解説&豊富な写真で、おむつなし育児入門書

としてお勧めの一冊。

三砂ちづる氏による心温まるエッセイも魅力。

和田智代は本書の実践指導部分を担当。

2020年9月に出版された改訂版では
0歳からおむつなし育児を実践していて
産休・育休明けに保育園に預ける時の

『保育園に預ける時どうする?』

のヒントが10ページ追加されました!

 

 

 ★翻訳本 

 

『おむつなし育児』

(柏書房)

 

米国で出版されたおむつなし育児の

詳細ノウハウ本を和田智代が翻訳。

「おむつになるべく頼らない」

という考え方をもとに

月齢別の具体的ノウハウ

トラブル対処法までを網羅。

出版後10年以上にわたって

売れ続けている実践的バイブル。

 

 

 

『世界一しあわせな子育て』

(柏書房)

 

ハーバード大学で博士号を取得した

原著者のクリスティンさんが

2005年~2010年の5年間

日本で暮らし4人の子を育てた

経験から学んだ日本・米国

世界の国々の子育てを比較した本を
和田智代が翻訳。

私たち日本人が「当たり前」と思って
特に気にかけないでいた日本の子育てに
こんな価値もあって素晴らしいんだよ!
と光を当ててくれた貴重な一冊で

日本人が読むとすごく幸せな

気持ちになれるオススメの一冊!

 

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

●和田智代のメルマガ
『幸せのコミュニケーションメルマガ』

http://omutsunashi.org/mailmagazine

 

●おむつなし育児研究所公式HP 
(おむつなし育児の重要基本情報)
http://www.omutsunashi.org

●おむつなし育児研究所のFacebook
(おむつなし育児の最新情報)
https://www.facebook.com/omutsunashi.org/


●おむつなし育児研究所公式インスタ

https://www.instagram.com/p/CGHUghUhFKo/

 

●和田智代のFacebook

(和田智代の日常生活あれやこれ)

https://www.facebook.com/tomoyow1
 

●和田智代公式ウェブサイト
(和田智代が色々やってる活動紹介)
http://pbdc.sakura.ne.jp/tomoyo-wada/

●和田智代のブログ
(和田智代のエッセイ図書館)
https://ameblo.jp/miraikosodate/

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

【和田智代プロフィール】

愛知県名古屋市出身

短大の保育科卒業後
実家の保育園にて保育士として働いた後

20代後半に米国の大学に留学し
途上国支援について学ぶ

帰国後、国内の大学院にて
国際開発学修士号取得

30代~40代は
発展途上国での母子保健事業に従事し

アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の
数十か国の保健省をカウンターパートとして

社会調査やプロジェクトマネジメント
ワークショップ・ファシリテーター等の
業務に従事する

40代後半にうつ病になり
約2年間の療養生活を経た後

津田塾大学教授三砂ちづる氏による
「赤ちゃんと排泄」に関する
研究に関わったことを機に

三砂氏および研究チームメンバーと共に
「おむつなし育児研究所」を立ち上げ
所長に就任

 

現在は、神奈川県開成町に
自宅兼オフィス『じねん堂』を構え

『赤ちゃんとの排泄ケアを通じた
 コミュニケーション』
 (おむつなし育児)

など

大人と子どものコミュニケーション
に関する様々な講座を全国で展開

 

語学力を生かし
子育てに関する海外の
先進的な育児関連本の翻訳もこなす

 

二人の息子を持つ母親でもあり
息子たちを日本・メキシコ・米国で
出産・育児したため
海外の出産・育児・留学事情にも詳しい

 

生活の場である神奈川県開成町では
NPO「あしがら農の会」に所属し

農薬や化学肥料を使わない
「米づくり・みそ造り・野菜づくり」を通じ
ささやかな自給的生活を楽しみながら

地域の仲間と共に
「食の安全」について考える活動も行う
 

★学歴

・名古屋大学大学院 国際開発研究科 修士号取得
・米国World College West 教養学部 国際開発学科卒
・名古屋市立保育短期大学 保育科卒


★資格

・プロコーチ(チームフロー)
・メンタルケア・スペシャリスト(メンタルケア協会)
・保育士 幼稚園教諭

・ワークショップ・ファシリテーター(ワールドカフェ等)
 

★★━━━━━━━━━━━━━

 

 

子どものおむつや

排泄をめぐることで



悩む人が本当に年々
増えています

 

『3歳過ぎた子どものおむつが

 外れなくて苦労した』


『おむつかぶれがひどくて

 可哀そうだった』


『赤ちゃんの頃から

 たびたび便秘で悩んだ』


『うんちオムツの後始末が

 すごくイヤ・・・』
 

『オムツ代を節約したくて

 つい長時間つけてしまう・・・』

 


・・・などなど

 

そういえば

おむつ外れや排泄の問題って



なかなか教えてもらえる

機会がないですよね



そんな中



心地よい排泄をサポートする

『おむつなし育児』

を知ることで



排泄に対する見方が

ガラリと変わったり



おむつや排泄を超えて

子育て全体が

楽しくなったりする方が

本当にじわじわと
増えているんです!



『おむつなし育児ってなに?』



そんな人のために

1日10分×3日間で



おむつなし育児の基本が学べる

無料の動画講座を作りました!



ぜひ登録してご覧ください!



おむつなし育児を

やってもやらなくても

関係なし!(^^)!



この事実を知っているだけで

子育てがもっと楽で

そして楽しくなりますよ!

 

==============

10分×3日間で
おむつなし育児の基本が学べる
3日間 無料動画講座

==============

 

受講登録はコチラから

https://resast.jp/subscribe/146307/183087
 

<登録締切:2020年10月16日>



そしてなんと!


動画を観て下さった

人の中から抽選で5名様に

ステキなプレゼントが
当たります(^^♪


「おむつなし育児のことは
 もうよく知ってる!」

という方も

ぜひご登録いただいて
感想を教えていただけたら
とてもとても嬉しいです(^^♪
 

受講登録はコチラから

https://resast.jp/subscribe/146307/183087


・・・・・

・・・・・

・・・・・

これからも
赤ちゃんとの排泄コミュニケーション
(おむつなし育児)はもちろん

幼児期~高齢期の
人生の様々なステージでの
コミュニケーション
に関する
お役立ち情報をお届けしていきますね!



 

10~11月の講座情報

 

=================

★応募締切まであと10日★
<第2期 オンライン講座>  
おむつなし育児アドバイザー講座

https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser
=================

 


ーーーーーーーーーーーーーー
・申し込みサイト:
https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser

・講座日程: 10月19日(月)~11月26日(木)
・申込締切: 10月18日(日)
ーーーーーーーーーーーーーー

2015年のスタート以来
赤ちゃんの親や妊婦さん
保育士・助産師・医師など
1,300名を超える方が受講された講座です

動画を中心としたオンライン講座なので
全国・海外どこからでも受講可能です!


第2期のお申し込み受付中
(締め切り:10月18日)

詳細&お申込は以下サイトへ
↓↓

https://omutsunashi.thinkific.com/courses/adviser


※各種割引制度あり!
1)再受講割引
2)夫婦(パートナー)割引
3)保育園応援割引

各割引のお問い合わせはメールで:
support@omutsunashi.org
 

=================

<和田智代のメルマガ読者は特別割引あり>
★11月8日(日)~10日(火)2泊3日
<和田智代&藤崎智子と行く!>

【残6席】 瞑想リトリート
-『いつもの自分』をやめてみる3日間 -

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/

=================

 



11月8日(日)~10日(火)の2泊3日で
神奈川県南足柄市にある
自然豊かなパワースポット大雄山の

気持ち良~いリラクゼーション施設での
瞑想リトリート!

お席も少しずつ埋まってきました!

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/

 


「仕事人間な自分」
「母としての自分」
「妻としての自分」
「親を介護している自分」
「いつもバタバタしてる自分」

・・・
・・・
・・・

そんな『いつもの自分』を
3日間だけ手放して

ただただ
『今ここ』を味わいつくし

本当の自分と出会って
コミュニケーションする
特別な3日間です(^^♪
 

仕事や家庭から離れて
完全にリラックスして
自分の心と身体に向き合うことで

 

意識が変わり
心が変わり
景色が変わる・・・

 

そんな体験をしていただきます!
ぜひ一緒に行きましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<今回は超お得な価格!>
★Go To トラベル割引あり!
★地域クーポン3000円分プレゼント!
★和田智代のメルマガ読者はさらに割引あり!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓詳細はコチラから↓

https://www.facebook.com/events/1050135068774293/
 

※申込締切:10月23日
※次回開催は未定です


 

 和田智代の書籍  

 

 

 ★著書 

 

『幸せの排泄コミュニケーション』
(言叢社)


赤ちゃんの排泄能力の本当の姿と

おむつに頼りすぎることで起こる

子どもの排泄トラブルなど

保育や医療の養成校や母親教室

では教わらない

「赤ちゃんの排泄の真実」がわかる

貴重な一冊。8組の医療・保育の専門職

による「おむつに頼りすぎない育児」収録

 

 

 ★技術指導/共著 

 

『赤ちゃんにおむつはいらない』

(勁草書房)

 

おむつなし育児に挑戦した

40組の親子の実践記録を中心に

おむつはずしの変遷から、現代日本の

おむつ事情、海外でのおむつなし育児の例

を紹介。昔の日本人の排尿間隔と

身体技法などの研究をまとめた

読み応えある一冊。和田智代も

共著者として1~4章を執筆。

 

2020年9月!改訂版発売!
『親子の絆が深まるおむつなし育児』
(主婦の友社)


おむつなし育児の具体的ノウハウと

解説&豊富な写真で、おむつなし育児入門書

としてお勧めの一冊。

三砂ちづる氏による心温まるエッセイも魅力。

和田智代は本書の実践指導部分を担当。

2020年9月に出版された改訂版では
0歳からおむつなし育児を実践していて
産休・育休明けに保育園に預ける時の

『保育園に預ける時どうする?』

のヒントが10ページ追加されました!

 

 

 ★翻訳本 

 

『おむつなし育児』

(柏書房)

 

米国で出版されたおむつなし育児の

詳細ノウハウ本を和田智代が翻訳。

「おむつになるべく頼らない」

という考え方をもとに

月齢別の具体的ノウハウ

トラブル対処法までを網羅。

出版後10年以上にわたって

売れ続けている実践的バイブル。

 

 

 

『世界一しあわせな子育て』

(柏書房)

 

ハーバード大学で博士号を取得した

原著者のクリスティンさんが

2005年~2010年の5年間

日本で暮らし4人の子を育てた

経験から学んだ日本・米国

世界の国々の子育てを比較した本を
和田智代が翻訳。

私たち日本人が「当たり前」と思って
特に気にかけないでいた日本の子育てに
こんな価値もあって素晴らしいんだよ!
と光を当ててくれた貴重な一冊で

日本人が読むとすごく幸せな

気持ちになれるオススメの一冊!

 

 

★★━━━━━━━━━━━━━ 

●和田智代のメルマガ
『幸せのコミュニケーションメルマガ』

http://omutsunashi.org/mailmagazine

 

●おむつなし育児研究所公式HP 
(おむつなし育児の重要基本情報)
http://www.omutsunashi.org

●おむつなし育児研究所のFacebook
(おむつなし育児の最新情報)
https://www.facebook.com/omutsunashi.org/


●おむつなし育児研究所公式インスタ

https://www.instagram.com/p/CGHUghUhFKo/

 

 

●和田智代のFacebook

(和田智代の日常生活あれやこれ)

https://www.facebook.com/tomoyow1
 

●和田智代公式ウェブサイト
(和田智代が色々やってる活動紹介)
http://pbdc.sakura.ne.jp/tomoyo-wada/

●和田智代のブログ
(和田智代のエッセイ図書館)
https://ameblo.jp/miraikosodate/

★★━━━━━━━━━━━━━ 

【和田智代プロフィール】

愛知県名古屋市出身

短大の保育科卒業後
実家の保育園にて保育士として働いた後

20代後半に米国の大学に留学し
途上国支援について学ぶ

帰国後、国内の大学院にて
国際開発学修士号取得

30代~40代は
発展途上国での母子保健事業に従事し

アジア・アフリカ・ラテンアメリカ地域の
数十か国の保健省をカウンターパートとして

社会調査やプロジェクトマネジメント
ワークショップ・ファシリテーター等の
業務に従事する

40代後半にうつ病になり
約2年間の療養生活を経た後

津田塾大学教授三砂ちづる氏による
「赤ちゃんと排泄」に関する
研究に関わったことを機に

三砂氏および研究チームメンバーと共に
「おむつなし育児研究所」を立ち上げ
所長に就任

 

現在は、神奈川県開成町に
自宅兼オフィス『じねん堂』を構え

『赤ちゃんとの排泄ケアを通じた
 コミュニケーション』
 (おむつなし育児)

など

大人と子どものコミュニケーション
に関する様々な講座を全国で展開

 

語学力を生かし
子育てに関する海外の
先進的な育児関連本の翻訳もこなす

 

二人の息子を持つ母親でもあり
息子たちを日本・メキシコ・米国で
出産・育児したため
海外の出産・育児・留学事情にも詳しい

 

生活の場である神奈川県開成町では
NPO「あしがら農の会」に所属し

農薬や化学肥料を使わない
「米づくり・みそ造り・野菜づくり」を通じ
ささやかな自給的生活を楽しみながら

地域の仲間と共に
「食の安全」について考える活動も行う
 

★学歴

・名古屋大学大学院 国際開発研究科 修士号取得
・米国World College West 教養学部 国際開発学科卒
・名古屋市立保育短期大学 保育科卒


★資格

・プロコーチ(チームフロー)
・メンタルケア・スペシャリスト(メンタルケア協会)
・保育士 幼稚園教諭

・ワークショップ・ファシリテーター(ワールドカフェ等)
 

★★━━━━━━━━━━━━━