こんにちは!

あなたと家族の健康度と幸福度を底上げ!

人生を変えるマクロビオティック講師、
「リナジーライフスクールマクロヴィーナス」
内山美菜子ですニコニコ
プロフィールはこちら

 

 

前回の、
公務員を辞めてまで?!わたしがマクロビバカになるまで①

 

からのつづき指差し

 

 

 

短大で栄養学を学び、

食のことはよく分かっている。

 

つもりだったけど、

マクロビに出逢うまでのわたしは、

 

食が自分をつくっている

 

という非常にシンプルな事実を

まったく忘れて生きていました真顔

 

 

人のカラダはひとりひとり違うのに、

目に見える数字や、机上の論理でしか

人や食、つまり、命を観れていなかったんですね。

 

 

わたしたちは環境の中で生かされていること、

自分は宇宙の一部であること、

だからこそ、今、

子どもたちの未来のために何をすべきか?

 

 

そんな話を聞いて、

頭では理解した氣になっていたけど、

実感として肚落ちしていなかったことが、

 

マクロビとの出逢いで、

どんどん、自分ごととして感じられるように

なっていきました。

 

 

どんどん世界が広がって、

忘れていたことを、ひとつひとつ思い出すような

面白さがあって、

 

 

最初は、自分の体をよくすることが目的だったけど、

 

いつしか、

これ、もっともっとたくさんの人に知って欲しい!

こんなすごいもの、知らせなきゃ!

 

と、思うようになっていました。

 

 

でも、当時、公務員を辞めてまで

というのはやっぱり考えられなかった真顔

 

 

 

そうこうしているうちに、

育児休業も終わり、子どもを保育園に預けて

仕事に復帰することに。

 

 

当時、自分の思うマクロビライフを貫きたかったわたしは、

保育園の給食ではなく、

給食のメニューをマクロビ仕様で作ったお弁当を持たせ、

牛乳はお断りし、

布おむつでの保育をお願いしました。

 

 

当然、

保育園の先生に、

マクロビとは何なのか、

なぜ自分がそうしたいのか、

説明しなければいけなくなるわけですが、

 

当時のわたしは、

自分の内にあるものをうまく伝えることができず、

 

それがとても、もどかしかったんです悲しい

 

 

やっぱり我流じゃなくて、

ちゃんと学びたい!!

 

 

そう思うようになり、

一大決心をして、東京のマクロビスクール

リマクッキングスクールへ(現クッキングスクールリマ)

月1回、子どもを預け、泊りがけで学びに行くようになりました。

 

 

もう、この時点でも、

相当、マクロビバカなわけですが真顔

 

新潟から東京まで新幹線で、当時は3時間。

さらにそこからスクールのある東北沢まで。

 

時間もお金もかけて、学びに行ったわけです。

 

 

 

 

はじめは、

子どもが心配だし、罪悪感もあったりしたのですが、

スクールで学ぶことは、何もかもが

目からウロコポーン!!

 

 

自分で作ってたのと全然違うじゃん!!とか

なるほど、本で見るのとはイメージ違う!!とか

本当はこうやるんだ!!とか

 

とにかく何もかもが新しくて、楽しくてキラキラ

 

 

東京には、

マクロビやベジのお店がたくさんあって、

スクールで出逢った仲間と一緒に

お店を回るのもとてもとても刺激的でしたキラキラ

 

 

 

カピカピに乾いていたスポンジが

一氣に水を吸うように、

 

マクロビの知識と技術をインプットしては

帰って実践。

 

頭の中はマクロビでいっぱい。

 

 

休日は、マクロビの選択基準に合うような食材を探して

県内をあちこち移動したり、

パソコンに張り付いて、
自然素材の服や下着を探し、

洗剤や化粧品を探し、

お店を探し、

マクロビ関連の本を買いあさって

読みふけり、

 

お弁当作りの下ごしらえを1日してる、

なんてこともありました。

 

もう、本物のマクロビバカ真顔

 

 

 

言葉にはできない深い部分で、

これは真理だ!!

と、魂が叫んでいるキラキラ

 

そんなかんじで、マクロビに猪突猛進な日々でした。

 

 

自分のバランスが、

そうとう崩れていることにも氣づかぬままに。

 

 

 

 

つづく。

 

 

 

マクロビを取り入れて、自分と家族の健康度を底上げしたい方に向けて発信してます😊

マクロヴィーナス公式LINE登録はこちら 下矢印

 

 

 

 

100人いたら100とおり!あなたらしいマクロビで、人生を自由にデザインする
マクロヴィーナスメールレッスン

ご登録はこちらから 下矢印

 

 

 

 

こんにちは!

あなたと家族の健康度と幸福度を底上げ!

人生を変えるマクロビオティック講師、
「リナジーライフスクールマクロヴィーナス」
内山美菜子ですニコニコ
プロフィールはこちら

 

 

実はわたし、

マクロビのお仕事を始めるまでは、

公務員でした

 

栄養士とか、食の専門職に就いていたわけではなく、

一般事務の公務員でした

 

 

そもそも、

マクロビオティックとの出逢いは、

長男を生んだ時、

4回も乳腺炎になってしまい

 

それを改善するために、

母乳育児相談所へ行ったのですが、

 

 

そこでの食事指導の内容が、

・玄米を主食にする

・カロリーの高いもの(砂糖、動物性、油)は禁止

 

というものでした真顔

 

 

 

わたしは短大で栄養学を学んできていて

 

なるべく多くの食品を、

バランスよく(まんべんなく)食べるのがよいこと

 

と学んできていたので、

正直、この食事指導の内容には驚きしかなく。

 

 

でも、

母乳というのは、

血液が変化したもの

 

乳腺炎でおっぱいが詰まるっていうのは、

あなたの食事が原因で、そうなっている。

 

と言われたときに、

なんだか妙に納得はしたんですね。

 

 

 

でも、

実際、今まで信じて食べてきた食事とは

まったく違う、その食事指導の内容には、

 

 

「一体、何たべたらいいの?笑い泣きと、

 

途方に暮れるしかなかった。

 

 

そんなときに、母が差し出した1冊の本

 

それが、オレンジページから発行されていた

マクロビの本でした。

 

 

 

読んでみたら、すんごい衝撃的な内容ですよ。

 

人は最低限、

玄米ごはんと、

具沢山の味噌汁と、

漬物で生きていける真顔

 

 

って書いてあって、

 

えええ~?!大丈夫なんポーン?そんなんで?」

と思ったんだけど、

 

もう乳腺炎には、なりたくないし
(すっごい熱出て、胸もキョーレツに痛いんだよ)

 

わらにもすがる思いで、

とりあえずやってみよう!

 

と、始めてみたんです。

 

 

 

玄米ごはんなんて、

それまでの人生で一度も食べたことなくて

 

当時は今みたいに玄米モードのついた炊飯器もなくて
(少なくともわが家には)

 

パサパサで固い玄米を、

顔を筋肉痛にしながら食べてました真顔

 

 

おかずだって、

それまではお肉や魚、卵や乳製品を

使って作るのが当たり前だった。

 

 

それを使わずに作る真顔

 

 

でも、なんか美味しくて、

新しい食事に、

楽しい氣持ちになっていたのを覚えてます。

 

イヤじゃなかった。まったく。

 

 

 

はじめての育児で、毎日必死だったとこに、

新しい食事をはじめ、

 

自分の変化なんて見てる余裕もなかったけど、

 

マクロビを始めて1週間した頃、

姉が遊びに来ました。

 

そのときに姉が、

すごい肌きれいじゃない?!」とビックリしていて、

自分でも鏡を見たら、

 

ナニ?!この肌すごくないポーン!?

 

 

ってぐらい、肌が変わってたんですね~キラキラ

 

 

嬉しくて、

そこから、どんどん自分の変化に

氣づけるようになりました。

 

例えば、

朝起きるのが苦手だったのが、

氣づけば起きられるようになってるな、とか、

 

朝いつもイライラしてたのが、なくなったな、とか、

 

疲れにくくなったよな

 

とかね。

 

 

純粋に、楽しかった。

 

今まで食べていたものをガマンしなきゃいけない

(わたしの場合は治療だったから)ってのはあったけど、

 

それでも、

それすらもゲームみたいで楽しかった。

 

 

 

ここが、マクロビバカへの道のはじまりでした。

 

 

ながくなったので、つづく。

 

 

マクロビを取り入れて、自分と家族の健康度を底上げしたい方に向けて発信してます😊

マクロヴィーナス公式LINE登録はこちら 下矢印

 

 

 

 

100人いたら100とおり!あなたらしいマクロビで、人生を自由にデザインする
マクロヴィーナスメールレッスン

ご登録はこちらから 下矢印

 

 

 

 

こんにちは!

あなたと家族の健康度と幸福度を底上げ!

人生を変えるマクロビオティック講師、
「リナジーライフスクールマクロヴィーナス」
内山美菜子ですニコニコ
プロフィールはこちら

 

 

マクロビで使う基本のおだしは、

昆布だしと干し椎茸だし。

 

その「だし」に使った

昆布と干し椎茸は、どうしたらいいですか?

捨てるんですか?

 

というご質問です指差し

 

 

捨てないでっ滝汗!!

 

1度使ったものも、

またお水を足して、

もう1~2回は使えます。

 

 

あとは、

刻んでお味噌汁や煮物に入れたり、

佃煮にしたり。

 

 

以前、

まいぷれヘルシーレシピに、

梅味の佃煮を載せていただいたので、

 

よかったらこちらもご参考に。

 

 

そこまで出しがらの量がなかったり、

すぐ作れないってときは、

 

冷凍しておく方が安全。

 

もどした昆布って、

意外とすぐぬめりが出て、

臭くなってくるんですよね~滝汗

 

 

なので、冷凍指差し(困ったときはとりあえず冷凍派)

 

 

ちなみに、

マクロビ陰陽でいうと、

 

昆布だしと干し椎茸だしでは、

昆布のほうが陽性、

干し椎茸のほうが陰性

 

 

これを、

使う食材や体調、季節に合わせて、

ブレンドしたり、しなかったり、

するなら割合をどうするか?

なーんてことをするのが、

 

マクロビ料理ざんす真顔

 

 

 

まあ、毎日のごはんづくりで、

そこまでできる日もあれば、

 

それは理想真顔と、

棚に上げる日もありますが・・・(マクロビ講師の本音w)

 

 

というわけで、

「だし」に使った

昆布と干し椎茸は、どうしたらいいですか?

捨てるんですか?

 

というご質問への回答でした。

 

 

捨てないで、ご活用くださいねウインク

 

 

マクロビを取り入れて、自分と家族の健康度を底上げしたい方に向けて発信してます😊

マクロヴィーナス公式LINE登録はこちら 下矢印

 

 

 

 

100人いたら100とおり!あなたらしいマクロビで、人生を自由にデザインする
マクロヴィーナスメールレッスン

ご登録はこちらから 下矢印

 

マクロビ質問箱YouTubeバージョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

あなたと家族の健康度と幸福度を底上げ!

人生を変えるマクロビオティック講師、
「リナジーライフスクールマクロヴィーナス」
内山美菜子ですニコニコ
プロフィールはこちら

 

 

ふつう、お味噌汁を作るときって、

 

だし汁を煮立てて、具材を入れて煮ますよね。

 

でも、

マクロビお味噌汁は、

野菜を炒めてから煮始めます。

 

 

講座の受講生さんは、

 

みなさん最初はびっくりするのですが、

 

作ってみると、

 

「いつもより美味しい」と、

 

さらにびっくりびっくり!!

 

 

 

で、

なぜ、具材を炒めてから煮るの?

 

という疑問がフツフツと沸いてきますよね?

 

 

 

 

これは、

野菜というのは、

動物のわたしたちから見ると、

 

相対的には総じて陰性だから、なんです。

 

 

調理というのは、

 

火(熱)という陽性さや、

塩という陽性

時間という陽性を加え、

 

食材のもつ陰性さを

和らげるための調えなのですが、

 

だし汁から煮る

 

だけでなく、

 

先に炒めることで、

より陽性にできるんですね。

 

 

ひと手間ですが、

これをすることによって、

野菜の陰性さを、中庸に近づけ

美味しいお味噌汁になるわけです。

 

 

ただし、

炒めたら崩れちゃうお豆腐とかは、

炒めないですよ。

 

 

あと、

季節や、体調、体質によっては、

炒めないで作った方が、

その方にとっての中庸になることもあるので、

 

いつもいつも

炒めなくてはいけないわけではないです。

 

 

 

これからどんどん寒くなるので(陰性な季節)

 

一度、食材を炒めてから

お味噌汁を作ってみて、

 

いつもとの違いを、

丁寧に感じてみていただけたらな~

 

 

と思いますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マクロビを取り入れて、自分と家族の健康度を底上げしたい方に向けて発信してます😊

マクロヴィーナス公式LINE登録はこちら 下矢印

 

 

 

 

100人いたら100とおり!あなたらしいマクロビで、人生を自由にデザインする
マクロヴィーナスメールレッスン

ご登録はこちらから 下矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

あなたと家族の健康度と幸福度を底上げ!

人生を変えるマクロビオティック講師、
「リナジーライフスクールマクロヴィーナス」
内山美菜子ですニコニコ
プロフィールはこちら

 

 

先日、

公式LINEで、希望する方に

「ひじきれんこん」レシピをプレゼントしたところ、

 

さっそく

「作りました!」

 

と、感想や写真を送ってきてくださった方がいて、

 

感激ちゅードキドキドキドキドキドキ

 

 

 

 

美味しそう~ラブラブキラキラ

 

 

上手~おねがいキラキラ

 

 

 

そして、こんなご感想も!!

 

 

 

 

そうそう真顔

 

 

ふだんは、お酒やみりん、お砂糖なんかを

加えたくなるところだと思うのですが、

 

マクロビでは、

塩だけ、おしょうゆだけ、お味噌だけ、

なんていうレシピが多く、

 

特にこの「ひじきれんこん」は、

 

陰性に傾いた体調・体質を、

おだやかに陽性に整えていくおかずでもあるので、

 

 

お酒(陰性)は入れずに、

おしょうゆ(陽性)だけで

仕上げます。

 

 

 

単に、咳やのどの不調に効能があるれんこんを

使っていればいい、ってことでもないのが、

 

マクロビおかず(お手当)真顔

 

 

 

陽性にするためのポイントは、

 

このひじきれんこんのレシピの中に、

まだまだ実はあるのだけど、

 

陰とか陽とかよくわからなくても、

 

 

まずは、

 

レシピどおりに自分で作ってみて、

 

味わってみる。

 

ということは大事!!

 

 

それによって、いつもとの違いや、

 

美味しいと感じる=今の心身バランスに合っている

なんかイマイチ=今の心身バランスには合ってない

 

ということが解る!!

 

ざんす真顔

 

 

 

 

ひじきれんこん、作ってみたいわ!

 

という方は、

今からでも公式LINEにご登録いただき、

「ひじきれんこん」

と、メッセージくださいニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

マクロビを取り入れて、自分と家族の健康度を底上げしたい方に向けて発信してます😊

マクロヴィーナス公式LINE登録はこちら 下矢印

 

 

 

 

100人いたら100とおり!あなたらしいマクロビで、人生を自由にデザインする
マクロヴィーナスメールレッスン

ご登録はこちらから 下矢印