東大カリスマ塾長 浜田一志公式ブログ -9割が伸びる”文武両道”勉強法-

東大カリスマ塾長 浜田一志公式ブログ -9割が伸びる”文武両道”勉強法-

『部活しながら東大に受かる勉強法』著者。東大野球部・伝説の4番打者!6,000人を指導!成績アップ率90%以上の人気塾長が教える勉強法のコツ

浜田一志の勉強法メルマガ(無料)の登録はこちらから

※今なら小冊子「世界一わかりやすい数学勉強法」(PDF)をプレゼント

2021年の東大入試問題 文系数学を解説します。

 

文系は大問4個で100分です。

 

問3と問4は理系と共通だったので

先日解説をしました↓

 

東大2021入試 数学解説 文理共通問題

 

今回は文系の問1と問2を解説します。

 

 

6方程式が解を6個持つ条件を求める問題です。実質3次方程式ですが。

難易度は「易」です。

 

続いて,問2です。

場合の数からの出題です。数学独特の表現なので問題文の意味が取りにくいかと思います。

難易度は(1)「超易」 (2)「標準」です。

 

これで2021年分の東大数学の解説は終了です。

 

 

 

 

2021年東大入試数学

理系の問5と問6を解説します。

微分して解の存在範囲を求める問題ですが,式変形をどうするかで複雑さが変わってきます。

難易度は「標準」です。

 

 

続いて第6問

 

誘導にのって計算を進めるだけのように思えますが。

どれが与えられた数でどれが未知数か混乱してきます。

 

 

次回は 文系数学を解説します。

 

 

2021年の東大入試問題 理系数学を解説します。

 

理系は大問6個で150分です。

 

問1と問4は文系と共通だったので

前回解説をしました↓

 

東大2021入試 数学解説 文理共通問題

 

今回は理系の問2と問3を解説します。

複素数の問題ですが,中身はペクトルの存在範囲問題です。

あまり馴染みのない出題パターンですので,難しく感じたことでしょう。

しかし,難易度は「標準」です。

 

 

 

続いて,問3です。

 

これは,よくあるパターンの問題ですが,積分計算がめんどくさい。

難易度は「標準」

 

 

次回は,問5,問6を解説します。