人生を自分で選ぶ

テーマ:
こんにちは

今期一番の冷え込みだそうです。

窓に水滴がついていました。

布団の中からみて

寒そうだなって思って

また布団を引っ張り上げて首まですっぽりです。

冬の朝は布団から抜け出すのが辛いよね。


星の輪ネットワーク

そろそろ題名蹴ようか、と思ってます。

このタイトルでブログを始めた時は

ネットワークという言葉からビジネスブログを勘違いして訪問される方が多かったわね。

懐かしい思い出です。

今はあまり頻繁に更新しないので

一体どんな人が見ていてくれるのか想像もつきません。

昨日は一日雨降りで霧の深い夜でした。

今朝は反転、素晴らしい冬の青空が広がり朝日もキラキラ輝いていましたが、

早くも大きな雲が広がり始めました。

なんてこっタイ。

せっかく布団を干したのに・・・・

昼から曇りの予報でしたので、

早めに行動したのです。

なのに、天気まで早めに曇ってきちゃったのね。

がっかりです。

夏につれ合いが骨折してから、

階下まで布団を運んで干すことができませんでした。

だって以前は彼が布団を運んでくれてたのです。

ダブルの布団は重たいから、

そう言って優しいあの人はそれを自分の仕事にしていてくれました。

それにね、

牛乳パックや豆腐のパック、発泡スチロールなどの

ゴミとなったものをキッチンの隅の箱に入れておくと、

毎朝彼がゴミ箱まで移動させておいてくれたのです。

私にしたら自動ゴミ処理機があったようなものです。

それが当たり前になっていて、自分でやろうとはしてませんでした。

それは彼の仕事、と割り切って分担していたのです。

薪ストーブの薪だって、

その日焚く分はきっちりと事前に用意してありました。。

ところが、そう言った家事の全部が今や私の肩にかかってきているのです。

つれ合いが病気になって

改めて彼がどれほど働き者だったか、思い知らされましたわ。

ほんと、今まで楽をさせてもらってたのね。

ありがとうございます。

そりゃ楽しかったです。

やりたいことをやって過ごしてきた日々でした。

それが今は全部私の仕事、

やりたいことを好き放題やる時間なんてとても作れません。



でもね、今もそれなりに楽しく暮らしていますよ。

つれ合いの病氣発覚後、

自分が以前よりずっと強くなっているのを感じます。

おかげさまです。

一見不幸に見える出来事から何が生まれてくるのかは

当事者の心の持ち方次第だと実感しております。

実は私が愛読しているブログがありまして、

管理人は問題ばかりが起こる人なんですね。



いつも何か問題が起きているのです。

どうしてだろうとか言いながら、

負けないぞとか言いながら

次から次へと降りかかるとんでもない問題に屈しない私、と

言いたいのかもしれません。

私はこんなに強いのだ、何があってもへこたれん、

読んでいるとそんな感じを受けます。

もしかして

創作かなとも思ってます。

あまりに奇抜な問題ばかりが起こるのでね。

今日の更新にも、

問題を起こした家族との話し合いの場が明日だと書きながら

絶対にうまくいかないような気がするって、

書いています。

未来を自分で決めているって、

気がつかないのでしょうか。

その時が来る前から、絶対にうまくいかない気になっていれば

うまくいかないのです。

絶対にうまくいくって思えばそうなるかもしれないのにね。

人生は自分で選んでいるってそういうことなんですよ。


ですから、私の身に降りかかった一見不幸に見えるこの出来事も

それでなければ発覚することのなかった私の新しい能力を

導きだすための出来事なのかもしれません。


今となっては未来のことなど少しも考えられなくなりました。

今現在、ここに生きているこの時間を楽しむことで精一杯。


つれ合いが朝食を食べたいと階下で呼んでいます。

すっかり曇り空の冬の空、寒風を当てただけの布団星になってしまいました。
AD