【プロフィール作成】元養護教諭、先生を支えるメンタルコーチ 眞鍋登喜子さん | N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

N.Y.在住インタビュア&ライターなまずみきの「言葉を力に」

インタビュー好きフリーライター。社内報、会社・学校案内、各種雑誌、WEBに執筆中。個人プロフィール作成(ZOOM取材)も好評です。

プロフィールを作成させていただきました!

 

 

元養護教諭、先生を支えるメンタルコーチ

「先生のための保健室」眞鍋登喜子さん

 

です。

 

【眞鍋さんご感想】

特に後半部分がかっこいいですね!!自分じゃないみたいです。 プロの手ってすごいです。

(中略)それにしても、自分で書いたのより、深みと広さと強みが増していて、すごく嬉しい。何度も見ちゃいますね!

 

♡   ♥   ♡   ♥   ♡   ♥   ♡   

 

眞鍋さんは、学校現場での問題を解決する方法として、コーチングの手法を広げていきたいという想いが強くあり、その活動は今後もずっと続けていくそうです。でも、「企業の経営者研修や社員研修をして欲しい」という要望に応え、2018年は企業系のお仕事も広げていく予定。ということで、過去の経歴をまとめ、これからの活動にもつなげていけるようなプロフィールを作成させていただいました。

 

♡   ♥   ♡   ♥   ♡   ♥   ♡ 

 

眞鍋登希子さんプロフィール

1980年香川県出身。2003年に千葉大教育学部 養護教諭養成過程を卒業後、『CAP(子どもへの暴力防止プログラム)』を学ぶために渡米。帰国後の2005年より、養護教諭として公立中学校などで約12年間勤務。その間に不登校、いじめ、虐待、リストカットなどの相談を約2,500件担当する。2015年に知見を深めるための1年間の休職を決意し、精神分析、心理学、認知行動療法などを学び、コーチングにいきつく。アドラー心理学をベースとしたコーチングスクール『チームフロー(現・イノベイティア)』で学んだのち、2016年に養護教諭として現場復帰。コーチングの手法を使うことで、自身の問題解決力、サポート力が向上していることを実感し、「コーチング的手法をより多くの人に伝えたい」との想いで20173月に独立する。現在は、「先生向け研修」「聴き方講座」を開催するほか、パーソナルコーチングセッションも行っている。2018年からは、各業界向けの企業研修もスタート。組織内のコミュニケーションを円滑にすることで、モチベーションアップ、売上アップなどの成果につなげる。演劇経験を活かしたパフォーマンス性のある内容が好評。以上

 

♡   ♥   ♡   ♥   ♡   ♥   ♡ 

 

メッセンジャー取材でしたが、眞鍋さんはスタバから。私もカフェから。違う空間ではあっても、お茶しながらの女子トーク、みたいな感じで楽しかったです!いつかお会いできますように。眞鍋さん、ありがとうございました。

 

眞鍋さんのブログ

 

インタビュアー&ライター

鯰美紀でした。

(仕事のご依頼はこちらから

http://namazumiki.com

 

★ライター仕事で書いた記事はこちら★
新着ベル(株)イーカム様新卒採用・社員インタビュー

ライターなまずの「骨先生の骨セミ」インタビュー

 敏腕トレーナーが伝授!運動会までにかけっこが速くなるコツ

 

★今日の動画★

 

 

 

 

★無料配布中でなまずみきてぃマガジン★

お申込みはこちらから

image