インタビュア&ライター・鯰美紀の仕事・子育て・ときどき本音

インタビュー好きフリーライター。社内報、会社・学校案内、各種雑誌、WEBへの執筆、個人サロンの広報お手伝い。個人向け「家族の思い出記録」サービスも受付中!


テーマ:

ライターとして記事を書くときに、

当然意識するのは読者層。

 

読者によって、同じ言葉でも

どう解釈されるかが、変わるからです。

 

■たとえば「ぜいたくな子育て環境」

 

たとえば、自然保育を価値あるものだと

とらえている保護者層が読者の場合、

「ぜいたくな環境にある幼稚園」とは、

「手を付けられていない自然の中で、

自由に遊ぶことができる幼稚園」

というのが、書き手と読み手の共通認識です。

この層の人たちは、ぜいたく=自然

だという価値観だからです。

 

一方で、

「時代背景をしっかりと反映させた教育こそが

これからの時代を幸せに生きる子どもを育てる」

と信じている保護者層も少なくありません。

こうした層を対象とした媒体で、

「ぜいたくな環境」といった場合、

プログラミングや英語を習得するための

タブレットに親しめたり、

実社会で活躍しているビジネスマンの

ワクワクする話が聞ける環境だったりします。


 

■たとえば「高級な食品」

 

「高級な食品」もそうですね。

私は先日『高級食パン』を購入しました。

ふわふわにするために、工夫されたパンです。

マーガリンとかはちみつが入っていて、

最近、食パンに必要以上の柔らかさや甘みを

求めていない私は「もう買わないパン」です。

兄は「好み」だと言っていました。

 

ホテルで出るようなふわふわパンを

高級だと思う人もいれば、

シンプルな材料で作ったむしろ堅いパンを、

食材にこだわった「高級パン」だと

判断する人もいます。

「高級」という言葉が使われていても、それを自分の「好み」に合わせて選択するかしないか決めるのは、言葉の受け手です。


日本の市場に出回ってるパンの大半が

ふわふわしていることを考えれば、

今は、ふわふわパンの需要が多いのでしょう。


堅いパンの方が、「希少性」があるということですし、堅いパンを好む少数派に向けて作られたという意味で、こちらを「贅沢パン」と表現することもできそうです。


 

高級スーパーと言われるKINOKUNIYAや明治屋

(関西ではイカリ?)に置いてあるもの、オーガニック店に置いてあるもの、商品は違ってみ、

ライターとしてそれぞれの消費者の心に響かせる言葉を考えた末、私は同じ「贅沢品」を使うかもしれません。

 


■たとえば「良い車」

 

よく壊れるイタリア車、頑丈なドイツ車、性能がいい日本車。

「高級車ですね」と言われるのは、よく壊れるイタリア車だったりします。値段は国産の方が高くても。イメージですね。

性能が良いのは日本車だということはわかっていても、高級=性能が良い、という定義ではなく、反射的に、高級車=外車だと定義してしまう

日本人が多いようです。

 

「良い」もあいまい。

ディープな車好きの人の中には、 「よく壊れる車こそ、かわいがり甲斐があって良い車だ」という価値観の人もいます。

アメリカでは、トヨタに乗っていると「良い車だね」と言われましたが、ところ変われば、ですね。

 

 

■みんなが求める「幸せ」だって。

 

「『幸せにするよ』って言うから結婚したのに、

自由に働かせてくれないし、私幸せじゃない!」

というのは、

相手があなたを騙したわけではなく、

働かずに贅沢できることが幸せか、

社会に出て仕事をすることが幸せか、

「幸せ」の解釈が違ったということです。

 


■ステキな女性、いい男、の解釈もそれぞれだから、需要と供給の一致が、世界中のあちこちで成立しているのですね。



■勝手な解釈で、「騙された!」と言っていない?

 

あいまいな言葉は、ある人にとっては真実だし、

別の人にとっては、ウソになるのです。

 

すべての人にとって、A=Bではなく、

人によっては、A=Cだし、A=Dである、

そして、言葉の受け取り手は、

ここで言うAは何なのか、

自分にとってのAは何なのか、

判断する必要があると思うのです。

 

言葉があなたを騙すのではなく、
A=Bだよね、という

あなたの思い込みが強ければ強いほど、

あなたが言葉に騙されてしまうのです。

 

 

 

インタビュアー&ライター ナマズミキでした。

ナマズミキHP http://namazumiki.com/

 

★Webで読める鯰美紀のライター仕事・最新記事

8/8 NEXTALK:創業301年目の挑戦(中川政七商店)

TAC NEWS ある女性税理士のあゆみ
7/19 パターンランゲージ活用事例VOL9 川崎市

7/11 日本ユニシスグループ取材『BITS2017』突撃レポ!

 

カナヘイハートフェイスブックのお友達申請、大歓迎です。

 

★ プレゼン大賞『善意のフィルター、悪意のフィルター』 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)