「中高生の身体と成長」
成長には順番があり、小学校入学頃までに、まず生命を維持する為に必要な神経やリンパ系が発達し、次に骨や筋肉、そして脂肪などが発達するそうです。
身体が急激に伸びる期間を「成長スパート」と呼んでいて、この時期は特に骨や筋肉を作るのに、色んな栄養素が必要とされています。
この「成長スパート」の時期は男子で11才頃から、女子では9才頃から約4年間あるとされ、男子で平均10cmから12cm、女子で約8cmも身長が伸びるそうです。
高校生くらいになると、今度は内臓などの成熟が次第に始まり、ゆっくりと大人の身体へと変わっていきます。
12才から14才の成長期に必要な1日の栄養量は男子では2600キロカロリー、女子では2400キロカロリー必要で、部活や習い事で体を動かしてる時期は、プラス300キロカロリー必要となるようです。モリモリと食べなければいけませんね!
中学生では特に「カルシウムと鉄分」高校生は「糖質とたんぱく質」を意識して摂る事が大切だそうですよ。ちなみに空手の消費カロリー量はテニスやバドミントンと同じ346キロカロリーです。











全北陸大会まで、約1週間となりました。最後の追い込みです!頑張れあんり、ななみちゃん!押忍