「男と女の脳」
男性と女性の脳の働きには随分と違いがあるようです。例えば言葉でみてみますと、一日に話す言葉が男性の7000語なのに対し、女性ではなんと20000語も話せるそうです!視覚では、男性の視野は意外に狭く、速く動くものに敏感なのに対し、女性は視野が広く、近くが良く見え、色の変化に敏感なのだそうです。
女性はお話をする時、大脳のいたる所を使っているのに対して、男性の脳は左の大脳の前後2箇所しか使っていないのだそうです。女性は3人集まって、それぞれ違う話題を同時に話しても、互いに理解できるそうです。通訳に女性が多いのも頷けますね。
男性と女性の「脳の違い」は人間の進化の過程の中で、男性は狩りをして食料を確保して家族を守るのに適した身体と脳に、女性はいくつもの家族と共同で子育てをするのに適した脳に、それぞれなっていったのですね。ますます多様化していくこの世界で、この先男女の「脳」はどのように進化していくのでしょうか?












「掛けるに難しく逃げるにたやすい」立ち関節技は空手においては、まず突きや蹴りで相手を崩してから関節を極めるのがセオリーです。


大島道場のマットが模様替えされました!これもアクセントがあっていいですね。
今週もありがとうございました! 押忍 織田