「夢をつかみにきたけれど」 | ロマンチックなSEがIT業界を変える。

ロマンチックなSEがIT業界を変える。

アッツワークス株式会社 代表取締役 犬旅コンサルタントのブログです。
IT業界に入って15年。
システムエンジニア(SE)としての日々の活動記録。
キーワード は「右肩上がり」。
読者登録、大歓迎です。

IT業界で働くシステムエンジニアの皆様

アッツワークスの井上です。
こんばんは。

 

ITの世界では、ずっと以前から、外国籍のエンジニアがたくさんいて、一緒に働いています。

街場では、建設の現場、コンビニ、など、結構たくさん、働いている外国人にあいます。

 

観光できている外国人とは、また、違った雰囲気を纏っていますよね。

 

オフショア開発は、この先、避けて通れないですし、外国籍のエンジニアと一緒に仕事をするのは、特別なことではありません。

 

とか、とか、いろいろ考えながら、ふとテレビをつけたら、

 「夢をつかみにきたけれど ルポ・外国人労働者150万人時代」

をやっていました。

 

ベトナム人が、失踪したり、自殺したり、脳梗塞になって帰国する、というようなエピソード。

 

アナウンサーは、「まずは知ってもらうのが大事」と言っていたのですが、本質は、そんなに甘いものではないと思っています。日本の暗い側面、もっといい思いをして帰ってもらいたい、って表面的なコメントでしたが、実際に一番大切なのは、「どうやって」です。

 

評論家ではなくて、現場。

現場で起きているこの搾取問題を、どうやって解決するのか、という解決力が求められているのですね。

 

いろいろなスタンスがありますが、私は、実際の問題を具体的に解決する立場でいたいと新ためて決意しました。

 

また、書きます。