風俗コンサルタントの学校では教えてくれない経営術

風俗コンサルタントの学校では教えてくれない経営術

デリヘル開業や戦術、風俗経営デリヘル経営のノウハウを伝授
デリヘルを開業したい方を支援します。
現在経営中の運営者様等の参考、情報交換になれば幸いです。


テーマ:

若い子のお店の難易度が高い理由その2

 

前回の記事

今、若い子のお店の難易度が高い理由その1

 

現在若い子を中心とした店舗が難しい事態となっており、前回は理由の一つをご紹介しました。

 

今回は第二弾

 

景気が良い問題

 

です。

 

景気が良いと一見よさそうですが、何故ダメなのか(難しくなるのか)ご説明いたします。

 

一般人は、景気を感じられません。

多くの人は、給与が、ボーナスが上がらずに景気が良くないと思っていると思いますが、

それもそのはず、、

 

金持ちがさらに金持ちになっている

 

からです。

 

例えば、若い子のお店でも景気が良くて凄く儲かっているお店は存在します。

それは、もともと力を持った「金持ち」店舗です。

 

キャストを集める能力やスタッフに恵まれ多く抱えているから、

お客様が増える好景気は売り上げが伸びます。

 

景気が良いというのは「感覚的」に、

 

一般人が金持ちになる

 

のではなく、

 

金持ちがさらに金を稼ぐということ

 

です。

 

現在は特殊で、

一般人が億万長者になる仮想通貨バブルが起こっているので、それも大きな要因になっていますが。

 

 

景気が良いと、何が起こるのか

 

簡単に言うと、

「多くの女の子が救われます」

 

例えば、明日スマホ代が払えないという女の子が確実に減ります。

 

何故なら

助けてくれる男性が多くなるから

 

儲けた男性は、基本的にキャバクラ、ラウンジ等の飲み屋で遊ぶ方が多いですので、

キャバクラなどでは、コンパニオン不足が深刻化します。

 

全国にキャバクラだけでも54000店舗あるわけです。

スナック・ガールズバー・ラウンジを足したらもっと多い。

 

ちなみに、風 俗系は2万店舗ちょっとと言われています。

 

例えば、

キャバクラが1店舗1人コンパニオンを多く雇ったとしたら、

54000人の女の子がキャバ嬢になりますので、

 

風 俗やるはずだった子が減ります。

風 俗やってた子も減ります。

 

さらに、女の子に貢げる、金で釣る男性が増える事で、

女の子はさらに稼げ、スマホ代や家賃を払ってもらえる子が続出。

 

パパ活という言葉も耳にした事がある方も多いはずですが、愛人契約を結ぶ人が非常に増えています。

 

そんな状態ですから、風 俗業界で働く若い子は激減するわけです。

 

まとめると

 

消費者金融で借りなくても、貸してくれる人が増える

キャバクラ等の飲み屋で働ける子が増える

そこで出会った客などに家賃やスマホ代を援助してもらえる子が増える

パパ活等で愛人になる人が増える

 

好景気だから若い子のお店の難易度はかなり高いと思われます。

 

 

しかしネガティブな事ばかりではありません。

ピンチの裏にはチャンスがあるわけです。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

前回の記事にて

貴重なご意見を頂きましたので、こちらでご紹介、返信させて頂きます。

 

1. その通りの状況です

最近では出稼ぎじゃない保証のない地元の女の子からは、

在籍被害だ、という悲しい言葉を浴びせられております。

フリーが保証のついてる出稼ぎに回ってるという被害妄想からそんな言葉が、、、。

お客様からの注文時に関西以外でって言うのが一番多いですね。

最近では適正保証額よりも2万~3万上がってるように思えます。

一般求人も1ヶ月に1人応募あるかないかになってます。

もうこのままスカウトだよりになると業界がダメになっていく気がします。

わがままで仕事に対する意識が低いキャストばかりになっていきます。

クレームで保証のcutしても他にいくらでも店はあるっていう、、、。
店を真剣によくしていこうと言う以前に女の子の確保に全てを費やさないといけないと言うこの現状。

ここ3年位で一気に変わってしまいました。解決策はないのでしょうかね┐('~`;)┌

東海地区のお店の店長

 

 


 

 

例:今までは50万円稼ぐのに月20日出勤してたのが、

10日で50万円の保証で稼げるようになったので10日分出勤が減った。

 



全国的にそうなると、さらにキャスト不足になります。

 

キャスト不足になるから、

高い保証でも欲しがる店舗が後を絶たず、適正保証が下がらない。
 

新人は売りやすかったので、「期間限定のキャストさん」

だから保証を許容出来てしまう側面もあります。

 

しかし、

解決策はあります。

 

出稼ぎに頼らない経営を目指す事

 

実際

 

 

 

 

 

 

1の考え方を元に、キャスト紹介料をしっかりと高めに設定する(一人紹介してくれたら10万円)等。

 

他店でも遊んでいるので、連れてきてくれる事があります。

 

こちらも1の考え方で、入店祝い金や新人保証を付けたり、

キャストさんの居心地が良くなるように(流出しないよう)設備を充実させ。

しっかりと人間関係を構築したいですね、誕生日もしっかりと祝ってあげたり。

 

 

 

 


テーマ:

今、若い子のお店の難易度が高い理由その1

 

以前から、開業相談されるクライアントの多くが、

キャストの年齢、約18歳~30歳で構成される店舗を運営したがっています。

 

若い子のお店は、人気のあるカテゴリなので以前から

 

競合店が多い

キャストの管理が大変

 

などの理由から開業難易度は高い方でした。

 

 

しかし近年その難易度がさらに上がっています。

 

その理由その1が

 

スカウトマン問題

 

です。

 

スカウトマン問題とは、

 

フリーのスカウトマンが急増した事により、スカウトマンに関係していない、自然入店キャストの数が減少した事。

 

フリーのスカウトマンは、

高い保証(全然売れない子でも3~5万円)保証をエサに「引き抜き」を行う事で簡単にキャストさんを集める事が出来ます。

引き抜きや高い保証への噂(口コミ)などで、業界から多くの自然入店キャストさんが居なくなってしまいました。

 

スカウトによっては、独自の求人サイトでキャストを集めています。

 

これにより全国的に若い子を集めるのが難しくなり、

スカウト会社などにキャストの供給を頼る店舗が急増しました。

 

景気が良いから電話が鳴りやすく、キャスト不足の状況になりやすかったのも要因です。

 

普段はお茶をひくようなキャストを3万円~の保証で受けなければならない店舗が増えたのです。

 

お店は待機保証を抱えた状態で営業しますので、

保証ノルマをクリアするために、売れない子を押し売りする様になります。

 

そういう状況で、痛い目を見たお客様は多くの授業料を払う状態となり、学習していきます。

 

関東では、関西からの出稼ぎが多かったので

「関西弁以外の子でお願いします」

「出稼ぎ以外の子で」

という注文が入るようになったり

 

体験入店や新人とうたっても、期間限定の出稼ぎキャストだろうと思われやすくなり

新人に仕事が付け辛くなりました。

 

出勤スケジュールでも出稼ぎの判別をするお客様も。

 

など、厳しい状況に。

 

上記の理由から、新店舗を開業しても

 

自然にキャストが集めるのが困難

スカウト会社から供給を受けると保証リスクが高い

お客様の警戒心も高くなっており、電話が鳴り辛い

 

厳しい状態になりました。

 

スカウト会社から供給されるキャストさんの中には、

お客様を喜ばせることが出来る「高レベル」なキャストさんも中にはいますが、

この子達は、

 

「以前働いて稼げて、居心地の良いお店にリピート」

 

します。

 

店舗側もリピートを望みます。

 

ですので、

 

新規店に出回ってくる子はリピート出来ない子

 

がほとんど。

 

リピートを望まれない子は、お客様からの評価もあまりよくないので新規店にはさらに厳しいですね。

 

 

ゼロから始まるのであれば、会員数などが割とある既存店を買い取った方が成功率は高く、難易度は下がるでしょう。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス