ふしぎと夢が叶う人のインテリア―北欧と日本、ときどきパリ

お盆休みが終わりましたね…。

毎年、お盆がくると、今は亡き父のことを思い出します。

 

 

私の父は突然死でした。

 

 

つい、20分前まで、

「来週の家族旅行、楽しみだね」って

電話で話していて、あんなに元気だったのに…。

 

 

大動脈解離でした。

あと数ヶ月で定年で隠居生活を楽しみもしていました。

 

 

父の遺品整理をしてたら、押し入れの奥底から

未開封の段ボール箱が出てきたんです。

 

中身をあけてみて、出てきたのがこれ。

 

 

 

 

 

そば打ちの道具です。

 

定年後やりたいなーという趣味として、人気なんですよね。

 

 

 

40年働き

家族を養い

自分の親の介護。

 

やっとこれから自分のやりたかったことができるはずだった。

 

このそば打ちの道具を、収納にしまい込むのではなく。

常に目に触れる場所にあったらどうだったんだろう。 

 

 

悔やまれてなりませんでした。

 

 

人は感情ある生き物。

使ってないから捨てるという手法だけでは割り切れないものです。

 

本当に大切にしたい生き方

本当にやりたいことをやれる収納をつくっていく。

 

私はインテリアコーディネーターです。

 

「今いるお部屋のインテリアを整える」ということに

力を入れるようになったのは、この父の死があったからです。

 

 

そうすると、収納や家具の配置などをちょっとした工夫で変えるだけで

その人の暮らしが楽しいものにみるみる変わっていく✨

 

 

幸福度の高い北欧の一般家庭の収納はそんなふうにできているんです。

 

モノを隠す

たくさん収納する

 

・・・で収納をつくっているのではなく。

 

どんな人生を送りたいか?

どんなふうに暮らしを楽しむか?

 

・・・で収納をつくっている。

 

 

それに関連して、私が主宰する「北欧の暮らしをめぐる旅」のオンラインツアーを開催して

スウェーデンの男の子ママの一般家庭を訪問しました。

 

 

 

そこで、見せていただいた子ども部屋の収納も

いかに多くのモノを収納するか?

いかに収納術を駆使して効率よい収納にするか?

・・・に労力を使うではなく。

 

 

「今を楽しむ」

 

子どもと一緒に楽しめること

子どもが楽しいと思うこと

 

・・・が、常に目につくカタチで収納をつくっていました。

 

収納家具も、以前にご紹介した

オススメ収納のIKEAのものを使っていて

収納そのものにお金をかけていない。

 

使っていたのは、

『Kallax(カラックス)』。

 

北欧スウェーデン発のカラーボックスです。

 

この収納のオススメポイントは
こちらに詳しく書いてあります。

『IKEAの想像以上に使える収納』

 

 

 

 

男の子は小学5年生だったんだけど、

子どものうちから、こんなふうに

「大切にしたい生き方」で収納づくりを教えていました。

 

ただ、モノを隠すのではなく楽しむための収納を

講座でも教えています。

https://cia202008-2.peatix.com/

 

 

この講座では、このオンラインツアーで訪問した

北欧家庭の収納の事例も交えてお教えします。

 

飾らないお人柄で、とっても自然体なこの男の子ママ。

住まいを自分の価値観で整えながら、シンプルに素敵に暮らしていました。

 

 

とっても私たちの暮らしやお部屋づくりのヒント満載だったので、

9/13(日)20時30分~22時までオンラインでシェア会を開催予定なので


ご興味のある方は予定をあけておいてくださいね!

近日中にご案内します(^_-)-☆

人気記事はこちら1位:【楽天】汚れに強い重宝している「汚れに強い」テーブルクロス

 

2位:子どものおもちゃが片付いた意外な棚

 

3位:思わず感動した受講生のお部屋の変化

 

☆アメトピ掲載記事
狭いお部屋を快適にする一つ三役の神デスク

 

コスパ良い家具を選ぶ3つのコツ


☆いいね!が一番多かった記事
コンパクトな賃貸でもお部屋がスッキリ見える収納

 

いよいよレジ袋が有料化されますねー。

お気に入りのエコバッグ、みつかりました…?ニコ

 

私的にイチオシはコレ!

 

ふろしき!!!

 

最近、ふろしきがエコバッグとして

ブームになっている、って昨日の夕方のニュースでも

やってましたね音符

 

ふろしきって、

 

大きさもいろいろ

デザインもいろいろ。

 

結び方によっていろんな形に変わり、

エコバッグとして使いやすいんです!

 

しかも。

小さく折りたためるから

バッグの中のスペースも食わないし

クローゼット収納のスペースも食わなくてすむ。

 

 

ところが。

意外とふろしきって、デパートとかにも売ってなくて。。ガーン

 

お気に入りのデザインを求めて

渋谷とか新宿とかのお店を

5時間歩きまわって探し回りました!

 

 

 

モノトーンで一見シンプルなんだけど、

モダンなデザイン。

 

黒いところと白いところがあるので、

どっちを見せるか、その日のお洋服に合わせて

コーディネートできちゃうラブ

 

もう大満足合格

 

・・・が!!!

あんなに大変な思いをしたのに

調べてみたらネットにいろいろ出てるじゃん💦

 

 

 

こんなイマドキのデザインもあるし。

 

 

こんなリバーシブルなものも出てて。

 

 

 

 

 

結び方によって、出てくる色や模様が違うから

違ったデザインが楽しめるよさがあります。

 

アレンジ本なんかを参考にして

 

 

 

その日の洋服やバッグに合わせて

もようや色を選んでコーディネートを楽しんでもいいし音符

 

 

なんなら、「とって」みたいなパーツも

別売りしていてカスタマイズできたりするんですよね爆  笑

 

 

実は、このふろしき。

 

私が北欧のお宅に訪問するときに、

よく日本のお土産としてもっていくんだけど。

 

 

 

これは、フィンランドのリーッタさんに

ふろしきをプレゼントしたとき。

 

 

エコ意識の高い北欧の人たちには

ものすごく喜ばれる!!

 

北欧の人たちて「ひとつで何役もこなす」モノを

ちゃんと選ぶからあんなにシンプルだけど素敵なお部屋なんですよね。

 

北欧式のお部屋のつくるポイントはこちらで読めます。

https://conceptinterioracademy200507.peatix.com/

 

え?フツーの布だとぬれたり、汚れたりしないかって?

 

大丈夫。撥水加工のものも出てるんですよー。

 

 

 

 

個人的には「布」のもののほうが、ちゃんと洗濯しそうで

清潔を保てそうな気がするんですけどね。

 

ちなみに、こちらの記事も読まれてますピンク音符

 

 

『北欧の人たちがやっているシンプルに暮らす「モノの選び方」』

 

 

スウェーデンのホムパで思わず涙を流した理由

 

 

 

 

ではまたウインク

 

人気記事はこちら1位:シンプルライフの秘訣は!?北欧ママ衝撃の答え

 

2位:スウェーデンのホムパで思わず涙を流した理由

 

3位:さすが違う!インテリアセンス抜群なパリっ子のおもちゃ遊び

 

 

☆アメトピ掲載記事
狭いお部屋を快適にする一つ三役の神デスク

 

コスパ良い家具を選ぶ3つのコツ


☆いいね!が多かった記事
コンパクトな賃貸でもお部屋がスッキリ見える収納

心と体のストレスを和らげるヘルスケアカーテン

 

 

リビングが子どものおもちゃでいっぱいで・・・

 

賃貸で狭いし、ばあばが買ってきた

トランポリンがリビングを占領していて邪魔・・・

 

でも、トランポリンはもらったものだし、

子どもも気に入っているので捨てられない、

どうしたらいいでしょう・・・?ニコ

 

 

こんなご相談を3歳の男の子ママ・Iさんからいただきました。

 

 

分かる、分かるーーー!!!

 

子どもができると、びっくりするほど増える

 

おもちゃの量ガーン

 

いつの間にかリビングがおもちゃに占領されていく・・・アセアセ

 

 

生活感のないスッキリした

ホテルライクなリビングを目指してたはずなのに・・・もやもや

 

アルアルなお悩みです。

 

 

・・・で、おもちゃだらけのリビングをどうすればいいか?

 

おもちゃを捨てる

 

収納を増やす

 

・・・ってことをまず考えがちだと思うんだけど、

これをしたところで、お悩みは解決しない

 

・・・って知ってました??

 

 

この場合はね、まず

 

子どもの教育方針を決めること。

 

この指針がないから、なんとなくおもちゃだらけになっちゃうんです。

 

このIさんに

「お子さんにはどんな子に育ってほしいですか?」

・・・とお伺いしたところ。

 

「本をたくさん読んで思慮深い子に育ってほしい」

 

・・・という答えが返ってきたんです。

 

ならば。

 

リビングに入って、目につきやすい場所

おもちゃ収納を置くのではなく

本棚を置いてみる。

 

 

たったこれだけ。

 

邪魔だったトランポリンは、和室の押し入れにしまっちゃいましたてへぺろ

 

そしたら、なんということでしょうキラキラ

(↑TV番組『劇的ビフォアアフター』風ナレーション・笑)

 

保育園から帰ってきたお子さんが

おもちゃには目もくれず、

一目散に本をてにとったんです!!!びっくり

 

・・・って、Wさんからお喜びの連絡が入りましたルンルン

 

 

隠されたトランポリンの存在には

結局ずっと気づかなかった・・・というのですOK

 

 

案外、おもちゃって

子どもが自主的に欲しいというより

大人がその機会を与えちゃっているもの。

 

 

子どもに触れて欲しい本を

常に目に触れ、手に取りやすいようにすれば、

子どもは自然と受け入れるものなんですね。

 

Iさんのお家の場合、まだお子さんが

3歳と小さいので本を取り出すのが大変だから、

カフェとか幼稚園にあるようなこんなディスプレイラックを本棚にしました。

 

それで、親がぜひ読んでもらいたい本を前面に置いて、

時々これを入れかえてもらったんです。

 

 

このラック、ネットでも買えますよー。

 

 

北欧のお宅を訪問すると

リビングに本棚を置いていることが多い。

 

 

 

どうして、リビングに本棚を置いているんですか?

 

・・・って聞いたら。

 

家族の考えや興味をもってることが分かるでしょ?って。

 

 

本棚は家族のコミュニケーションツールになってる、ってことなんですね。

 

こんなふうに北欧のような心地よいインテリアにはポイントがあって

 

①仕事がはかどる

②生活感がなくスッキリ

③一人になれる私だけの空間

 

・・・の3つ。

 

詳しくはこちらで読めます。

https://conceptinterioracademy200507.peatix.com/

 

 

お部屋のインテリアを考える時、

 

暮らしの悩みを解決すること

お部屋の目的を明確にすること

 

・・・がイチバン大事です。

 

ちなみに、こちらの記事も読まれてますピンク音符

 

『子育てがラクに変わるたったひとつのこと』

 

 


『子どもの才能を開花させた子育て』

 

 

 

 

ではまたウインク