ダイヤランド猫の会は、人間と猫の理想的な共生の形を求め、活動しています。

『理想』と言葉で言うのは簡単だけど、何が理想なのか?どんな形が理想なのか?

もしかすると答えが見つかることは、一生ないのかもしれません。

 

猫にもそれぞれ性格の違いがあって、好みの食べ物も遊び方のツボも違っていますが、人間の道徳的な考え方も一つではありません。

それぞれの立場や環境によって、道徳も常識も違うのは当たり前と思っています。

『理想』の正解なんて、本当はないのかも…

猫も人間も必ず死ぬ、これは正解ですけども。

 

 

少し前に、ダイヤランド内でガリガリの子猫を見かけたがどうしたら良いか?という相談を受けました。

聞き込みをしに行くと、目撃現場近くの施設で餌やりをしている大人の野良猫であることがわかりました。

その場所にはプレハブの大きい猫小屋が設置されており、元施設利用者の猫がリードでつながれ飼養されていて、猫小屋の餌を食べに、近隣の猫が集まってくるとのことでした。

施設の猫はリードで繋がれてはいるものの、暑さ寒さ対策もなされており、不自由な暮らしをさせられているような感じは受けませんでしたので、特に室内飼養をお願いすることはせず、近隣の野良猫のTNRの必要性だけお話ししました。

施設の餌やりの方には、未手術の雌猫が現れた場合に必ず連絡をいただけるよう、猫の会の連絡先をお渡ししました。

 

あれから何ヶ月か経過し、最近たまたま施設近くの知人宅を尋ねてみると、雌猫が何度か出産しているとの話を聞きました。

施設の方も知っているようで、出産後子猫は姿を見せなくなり、またしても母猫のお腹が大きくなっている、と言っていたとのこと。

 

他地区のボランティアさんに相談し手術の枠を1匹分譲っていただき、大至急母猫の捕獲を行いました。

 

母猫は妊娠6週で、4匹の堕胎手術となりました。

 

 

その後連絡先をお渡しした施設の餌やりさんとはお会いすることもできず、もちろん連絡もありません。

猫を飼っているとおっしゃっていましたが、仕事先の猫の事にまで思いを馳せる余裕がなかったのかもしれません。

結局手術費用は、猫好きでもなんでもない知人が出してくれることになりました。

その後の餌やりも、猫好きでない知人が行ってくれています。

 

自称猫好きに、芯からの猫好きは少ないのかも、と感じる出来事でした。

 

 

譲渡会で里親希望者が、ハンディがあったり容姿に問題があったりする保護猫に対して、残念ですね、とおっしゃっていたという話を聞くと、寒々しい気持ちになります。

里親希望者様には猫を選ぶ権利があり、保護猫とはいえ、少しでも健康で、容姿が良くて、価値の高い猫を求めてしまうのは当然のことで、理解はしています。

 

しかし正直なところ、ハンディのある猫に対して、残念、と言えてしまうような里親希望者様には絶対渡したくない、と、個人的に感じてしまうのです。

 

考えてみれば、余儀なく保護をした猫たちに対して、好きも嫌いも、既にありません。

ただ、助けなければ、それだけなのです。

 

本当に助けられているのかはさておき。

 

 

今回、猫好きでもなんでもないひとにガッツリ助けていただいて、心洗われました。

 

猫が好きだと?犬が好きだと?そんなの関係ねー!

助けるのか?助けないのか?

 

猫好きの皆さん、そこんとこ真剣に考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

入院先から家に戻れなくなってしまった餌やりさん宅をイノシシが荒らすようになり、猫たちが餌場に寄り付かなくなりました。

お知り合いの大工さんに相談し、入り口にイノシシが入れないような柵を作っていただきました。

 

 

アナグマやハクビシンまでは防ぎようがありませんが、とりあえずはみんな餌場に来てくれるようになりました。

 

ちなみに慣れているミケちゃんは、先週末から、病院での血液検査を経て、預かりさん宅にて暮らしています。

 

 

しばらくはケージ暮らしですが、ミケちゃんにとっては初めてのお家生活だからでしょうか、一日中鳴いているそうです。

預かりさんが時々ケージから出し遊んでくれているそうですが、お家の中の散策に余念がないとのこと。虎視眈々と脱走を狙っているのでしょうか?!

 

念のために、他の保護猫用に作ってあった迷子札を装着しました。

ミケちゃんの名前ではありませんが、万が一脱走してしまってからでは遅いので、苦肉の策です。

 

 

「何か問題でも?」

 

脱走しようと考えてたでしょ?

 

「なんのことかしら?」

 

 

清潔なお部屋の中で、イノシシの恐怖に怯える必要もなく、安心して暮らせる家猫生活に、1日も早く慣れてくださいね!

 

 

餌やりさんが5匹の地域猫を置いて引っ越されるとのことで、朝晩の餌やりを続けることになりました。

 

餌やりさん不在の玄関が猫たちの食卓でしたが、7月に入ってからイノシシの親子が昼夜を問わず現れるようになってしまい、いつも待っていた三毛猫が姿を隠すようになりました。

 

 

5匹は時間差で食べにくるので、カリカリを多めに置いていましたが、朝置いたお皿や水用の容器が夕方には泥でベタベタになって汚されているので、先週末くらいからカリカリは少なめに置くことにしています。もしかすると臆病な子は食べ損ねている可能性もありますが、玄関前の荒らされ具合を見る限り、母イノシシもかなりの大きさと思われるので、餌が残っている方が危険と判断しました。

 

また、玄関を寝じろにしていたミケちゃんの現在の隠れ場所がどこなのか、それも心配です。

相当怖い思いをしたと見えて、ミケちゃんは玄関に寄り付かなくなってしまい、ご飯を食べてくれないため、どんどん痩せてきています。(元々、ちょっとしたふっくらさんでしたが)

 

思い切って、知り合いの方にミケちゃんを預かっていただくことにしました。

 

明日、朝ごはんを運んだ時にミケちゃんを病院へ連れて行き、血液検査やノミ取りその他の診察をしていただいて、そのまま知り合い宅へ向かいます。

 

知り合いの方は猫を飼うのは初めてとのことでしたので、予備のケージなど猫用品一式をお渡しし、暫くはケージ飼いから始めていただく予定です。