10年前の秋葉原通り魔事件 私はニアミスだった | 広瀬学「不思議ジャーナリストのつぶやき」(奇妙な物語)

広瀬学「不思議ジャーナリストのつぶやき」(奇妙な物語)

不思議ジャーナリスト:広瀬学がお伝えする、とても怪しい真実を語ります。


テーマ:

 

私が生きてきた人生の中で、一番の記憶に残っているものは

秋葉原で起こった通り魔事件です。

 

あの時の光景はいまだに脳にこびり付いています。

 

そしてあの時、「お客様からの1本の電話」がかかってこなければ

「私は犯人に遭遇していたのかもしれない」と思うと

ときどき「背中がゾクゾク」とするのです。

 

あの事件以来「人の生き死には運命ではないか」と強く思うようになりました。

 

先日新幹線の中で起きた悲惨な殺人事件。

被害者はとても優秀で勇敢な人だったとニュースで知りました。

 

「運命のいたずらとしか思えません」

本当にお気の毒だと思います。

 

 

下記は私が10年前に書いた日記です。

あの当時私は秋葉原駅前の店舗で店長をしていました。

 

2018年6月8日

 

秋葉原 通り魔 事件ですが、

私は無事生きています。

数人のお客様よりメールも頂きました。(お心遣い大変感謝いたします。

ただ亡くなわれた方、けがをされた方は本当にお気の毒です。 

お悔やみ申し上げます。

実をいうと私もほとんどニアミス状態でした。

12時20分:頃食事に出かけようと思い3階の店員高野さんに連絡。
12時22分: トイレに。

12時25分:食事に行くために席を立った瞬間、お客様から注文の電話が来ました

12時35分: 注文処理と在庫の確認が終わったので、エンポケを出て中央通りに行きました。

歩行者天国だからすごい人混みでしたが、いつもと様子が違います。
すると3台のパトカーと1台の覆面パトカーが中央通りに入ってきました。

「何かあったのかな?」とあたりを見回すと、すぐ近くで倒れている男性を見ました。
必死に心臓マッサージと人工呼吸をしていました。

 

あたりは血の海です。

血の海という光景を人生ではじめて見ました。


それから神田明神通りのほうを見渡すと、数人道路で倒れている人を発見しました。
その後少しして、消防車や救急車、パトカーがたくさんやってきました。

 

「何なのこれ?」と近くの人に聞くと

「通り魔みたい」

「犯人は捕まったんですか?」

「よく分からない・・・怖い」

 

それを聞いた瞬間

「ここ日本?」と思ってしまいました。

 

今思うと、あの時注文をしてくれたお客さんからの電話がなければ、

数分前にその現場に居合わせた可能性もありました。

 

その日私は「炉ばた」という定食屋で昼飯を食べようとしていたので、

ちょうど事件現場の前を通る予定でした。

炉ばたの場所。 ここクリック 

そう考えると本当にぞっとしました。

恐ろしいことです。

 

 

 



 

 

 

不思議ジャーナリスト 広瀬 学さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス