なぜどうでもいい些細なことが口論になるのか。人間を動かす「思念」のヒミツ  | るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

テーマ:

なぜどうでもいい些細なことが口論になるのか。人間を動かす「思念」のヒミツ  ≪続きを読む≫

9月17日(月) 15:53 提供:日刊SPA!

……
 人間の精神には思考だけでなく、思念があります。私たちはつい物事を考えることで成立させようとしがちですが、実はそれよりも普段から抱えている想い、「念」の方が現実に大きく影響しています。

……
 私たちの行動は思考よりも前に、まず思念から始まっています。感謝の念が胸にあるから、「ありがとう」と感謝の言葉を伝えます。また後悔の念があれば、いつまでもくよくよと悩んでしまいます。実際に人に「ありがとう」と伝える行動や、くよくよ悩んだりする思考はすでに結果であり、そこにアプローチしてもなかなか切り替えられません。物事を変えるには原因にアプローチせねばならず、思念こそがその原因です。

「私はこれから自分が学んできた自己啓発を仕事にします。それに繋がる仕事は決して断りません」

 一年前、私は地元の神社を参拝して、そう宣言しました。これは「仕事をください」というお願いではありません。「仕事をします」という一念発起です。それから一週間後に参加した飲み会でたまたま私の話題になり、そこにいらしていた編集者に「うちで書いてくださいよ」と誘っていただいて、この日刊SPA!の連載は始まりました。

 たまたま参加した飲み会でそんな展開があるとは思っておらず、私は「仕事を探してる」とは言いませんでしたし、編集者も「著者を探してます」とは言っていません。ただ私は心の中で「誘われた仕事は断らない」と決めていましたし、編集者は仕事柄、常に面白い人を探しています。そのお互いに口には出さないけれど確かに存在する想念が結びついた時に、ふと言葉が生まれて、そういう場合はトントン拍子に話が進みます。

◆「念」は周囲に伝染する

 もちろん、これはポジティブなことばかりではありません。何となくむしゃくしゃしていたり、イライラしていたりすると、それが周囲に伝染します。すると些細な言葉が「売り言葉に買い言葉」になって口論に発展します。別に怪我をしたわけでもないのに、肩がぶつかっただけで喧嘩をふっかけるのは馬鹿のすることです。しかし、そんな馬鹿げた出来事が現実には溢れています。それは頭がいいとか悪いといった問題ではなく、心根の問題です。

……
 ただ人間の心は不思議なもので、動く前や話す前から相手やその場の雰囲気、つまりお互いの思念をある程度まで読み取っています。誰でも「今日は機嫌が悪そうだからそっとしておこう」と空気を読んだことがあると思います。しかし空気を読むというレベルで終わらせるのは得策ではありません。相手に対する想念、そしてその土台となる自分の信念を把握すれば、思考レベルでは理屈が通らない人間関係を、本当の意味で理解できるようになります。

 その瞬間瞬間に「思った」「感じた」だけでは、自分の信念や想念を把握したことにはなりません。内容のスケールにもよりますが、ある程度時間をおいて、「ああ、あの時自分はこう思ったのだ」と振り返るからこそ、思念に人生を変えるような影響力が生まれて自己啓発になります。……


 現代人はただひたすら前を向いて、走らせ続けるように仕向けられています。しかし、その前とは一体どの方向なのでしょう。その答えはどこかの誰かや理屈で「こっちが前」と決められるのではありません。自分が生きてきた過去に作られた信念によってこそ決まります。自分にどんなことを起きたかという事実だけでなく、それについてどう思ったのかを記録する「メンタルレコーディング」によって明らかになります。私たちはもっと自分に向き合わなくてはなりません。感謝の念、尊敬の念、自責の念、慚愧の念、まずは手始めに今日自分がどんな思念を抱いたのかを振り返ってみてください。

 

 

これまで「思念」という言葉を意識したことはありませんでしたが、言われてみると、なるほどな~と思います。

 

ちょっとしたことで、とんとん拍子にうまくいったり、些細なことでぶつかったり。

 

一見不思議に見える出来事の裏には、「思念」が絡んでいたのですね。

 

この「思念」が周囲に伝染するなら、出来る限り、いい「思念」を持ちたいものです。

 

そのためにも、まずは自分に向き合わないと。

 

 

下記の画像をクリックしていただけると

どうぞよろしくお願いいたします♪

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

             

どうもありがとうございます。感謝のうちに。

     $東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」      

お問い合わせはこちら

 

励みになりますので

るんるん社労士♪福島里加さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス