子どもの頃のように一年を長く感じる方法 | るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

テーマ:
子どもの頃の一年は長かったのに、大人になったら、あっという間。

しかも、年々、一年が短くなっていく。

誰しも実感する事実だと思います。

『日常と非日常からみる こころと脳の科学』(宮崎真他編著)なる本を読んでいて、そのからくりと対処法がわかりました。

小学生時代は、多くの経験が始めてのこと。

それ故、感情が大きく揺さぶられ、中身の濃い記憶として残り、記憶の密度を高めることになるそうです。

ということは、つまり、感情が大きく揺さぶられるようなことにチャレンジし、密度の濃い記憶を蓄積すればいい。

そうすると、一年や一日を長く充実したものと感じるようです。

いきいき、るんるん、どきどき、わくわく。

こんな言葉で表される日々を、一日でも多く残せるように、心がけたいもの。

是非、例年とは違う一年を過ごしてみましょう。


     
    下記の画像をクリックしてくださると、
    ランキングのポイントが入りますアップ
    励みになりますので、よろしくお願い致しますドキドキ

               
ブログランキング・にほんブログ村へ
社会保険労務士ランキング

どうもありがとうございます。感謝のうちに。
$東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」
社会保険労務士福島里加事務所
お問い合わせはこちら




















るんるん社労士♪福島里加さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス