るんるん社労士福島里加のいきいきるんるん毎日更新

♪社員も会社も共に成長する職場づくりのお手伝い♪    


テーマ:

「若者が1から10まで教えないとついてこない」は約50年前から一緒だった!? 「ゆとりと変わらない」「教える側に問題があるのでは」
≪続きを読む≫
<1月6日(土) 8:00提供:ガジェット通信>
……
働き方改革総合研究所株式会社代表取締役でキャリアコンサルタントの新田龍氏(@nittaryo)が次のようにツイート。さまざまな反応が集まっていました。


読売新聞の記事と一緒に紹介された藤子不二雄A先生の『笑ゥせぇるすまん』。……バブル世代が社会人になって数年経った頃と重なります。

このツイートには、「50歳くらいの人が“これだからゆとりは”と言うのとやっていること変わらないじゃん」といった反応があったほか、次のようなツイートも。

そもそも1から10まで教えなくてもついてきてくれる人がかなり希少な存在なのでは?

ほかにも、「社会出たら自分で学べというのは理不尽」「実は教える側に問題があるのでは」といった声もあった「若者へのおっさんの小言」問題。

誰もが社会に出た若い頃はあるものだという事を再認識する必要があるのではないでしょうか。 




歴史は繰り返すというか、いつの時代も、「今の若者は……」と同じようなことを言っていた事実があるのですね。

それもそのはず、日本の一般的な家庭教育や学校教育では、1から10まで教えなくても、自分の頭で考えて行動する人間を育んでこなかったからでしょう。

ただ、ひとつ昔と異なるのは、「教える側に問題があるのでは」というコメントがあったように、教える側のあり方も問題視されるようになったこと。

相手に伝わらないのは、伝え方も悪いという視点であり、わかりやすさが求められるようになっていると思います。

教える側、教えられる側、双方に歩み寄らないといけない時代。

教える側は、昔の自分を思い出し、教えられる側は、未来の自分を想像してみましょう。

相手の立場を思いやるだけでも、何らかの糸口はつかめるかもしれません。



     
    下記の画像をクリックしてくださると、
    ランキングのポイントが入りますアップ
    励みになりますので、よろしくお願い致しますドキドキ

               
ブログランキング・にほんブログ村へ
社会保険労務士ランキング

どうもありがとうございます。感謝のうちに。
$東京・渋谷のるんるん社労士♪福島里加の毎日更新ブログ             労務トラブルを未然に防ぐ「転ばぬ先の杖」
社会保険労務士福島里加事務所
お問い合わせはこちら



















AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

るんるん社労士♪福島里加さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。