あなたの大切なペットを*シルクの光沢に輝かせる* アートシルク装飾技術■電子書籍■印刷アルバム出版承ります♡
  • 17Mar
    • クラウドファンディング モーションギャラリーにご協力をいただきましてありがとうございました。の画像

      クラウドファンディング モーションギャラリーにご協力をいただきましてありがとうございました。

      クラウドファンディング・モーションギャラリーにおける2ヶ月半の挑戦が区切りとなりました。この2ヶ月半にできたことは、ビーオリーブをアートシルク協会に名称を変更するとともに 川崎から京都に登記変更をする手続きをしたこと。高岡洋一氏とカトオヨオイチ氏を理事としてまた仕事の大切なパートナーとして出発することができたこと。アートシルクの技法で仕上げた初めての本「ステファニーメモリー」をAmazonから出版することができたこと。2冊目の「東日本大震災時犬の避難所の記録」を理事のお二人と協力して出版できたこと。仮設住宅などで1万人以上に活用していただいた「糸の貼り絵」メタリックデコレーションから、技術を改良して「絹の貼り絵」アートシルクの技法を確立することができたこと。この5つのことをよく2ヶ月半で成し遂げたと思います。準備を進めている、4月から始まる新事業に大きな意味がありました。このプロジェクトを始めたきっかけは、ちょうど7年前に同じくクラウドファンディングでお金を募り、震災で親を亡くした子に贈る童話を書き被災地の小学校など500校へ送った記憶が蘇りその時にいただいたお礼状や、応援してくださった方からの励ましのメッセージに心打たれたからでした。その心の暖かさが、3年間のうつ状態から復帰できないでいた自分の背中を押し前へ歩ける自信を取り戻させてくれました。その勢いで自分のできることでこのコロナ時に1ミリでも明るくできるようなことをしたいという思いだけの見切り発車でした。初の電子書籍は無料で病院の関係者に届けたいという願いで作りました。出版の書体のミスから再度の出版となったことや、0円で見られる期間が決まっていたこと、最低金額107円という規定があったことなど、1冊は無料で出版できるということの中にも規定で縛られていたことが後でわかるなどトラブル続きで皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。心よりお詫びいたします。また、大きな反省点としては、出版に際し掛かる費用が個人としてペットに掛ける金額とマッチしていなかったことで、不信感を与えてしまい心配をおかけすることになってしまいました。申し訳ありませんでした。結果としてこのプロジェクトは目標を到達せず、終わってしまったのですが、冒頭に申し上げた通り、5つの成果をあげたことに加え、かけがえのない出会いと、基盤をもたらしてくれました。画面上に現れていないこのプロジェクトに参加してくださった方々がいらっしゃいまして、この方々との出会いが故郷に対して抱いている夢を応援する大きな存在として夢実現に向けて大きな勇気を与えてくださいました。まだ遠い夢だと思っていたことが現実味を帯び視野の中に手繰り寄せられる距離のものとして見せていただきました。すごい方が福島を応援してくださっていました。その方がこんなちっぽけな自分のことも応援してくださり、最後にしめの成功へと導いてくださいました。最後帳尻をあわせるのではなく、甘えないで現実を正面から受け入れた自分も大きく成長したと思います。成功したと言えるのは、企業様からの引き合いが4件入ってきていることです。プロジェクトを立ち上げていなければ出会えない大きな進展でした。さらに同時進行でアートシルク協会の事業計画案を完成させることができました。これまで10年間のセミナーとイベント中心の事業を存続させるにはどうすればよいのか、仕事を待っている故郷の人たちにどうしたら嬉しい知らせを持っていけるのか、悩みもがいてようやく念願の 稼ぎ稼がせて本物の復興 を目指すための第1歩を踏み、歩き始めることができました。これはモーションギャラリーのクラウドファンディングに飛び込んでいなければ成し遂げることはできなかったと思います。心より幸せを身にしみて感じ感謝を申し上げます。ありがとうございました。私は完全に鬱を克服したようです。事業としてこれまでのご縁のあった方々を大切にして一緒に次世代に向けて良いものを繋いでいけるよう精進したいと思います。今回手にした宝物を多くの皆様へ還元できるようがんばります!新しい時代をすてきな未来をご一緒につくっていきましょう!東日本大震災1ヶ月後に脳梗塞を起こし3年後に他界した父の年商10億100人雇用を目指し、自殺した同級生の無念を明るい未来に変えることを心に留めながら。2021.3.17

  • 11Mar
    • 10年目の3.11に向けて犬の避難所の記録を出版しました。の画像

      10年目の3.11に向けて犬の避難所の記録を出版しました。

      3.11犬の避難所を支えてくださった方に感謝して本にして出版しました。今はアマゾンから、正常な形で見る事ができるかと思います。ダウンロードしたのに文章を読むことができなかった方のためにホームページで全文をアップしました。明日は書籍として「東日本大震災時3.11犬の避難所の記録」の同じタイトルで出版されます。

  • 07Mar
    • amazonから2冊本を出版しました! 3.11まで無料ダウンロードできます!の画像

      amazonから2冊本を出版しました! 3.11まで無料ダウンロードできます!

      3月7日、本日17時から、3月11日同時間まで無料でどちらもダウンロードできます。1冊目は、ステファニーメモリーです。メッセージもついています。ことに医療関係者の皆様、施設の皆様、コロナと闘っている皆様へ使っていただきたくて無料提供したいと願い、出版しました。規定で、3、11までになっていますが、メールなどで無料提供いたします。2冊目は、東日本大震災時3.11犬の避難所の記録です。こちらは、実際に災害時に行われた犬の避難所の取組みの実録です。このアメーバーブログにその実際の記録があります。小幡広宣さんのブログの中のテーマ「犬の避難所」を編集してまとめたものを本として出版いたしました。画家の高岡洋介さんに依頼して、背景は季節ごとのリビングだったり、野原だったりを描いてもらい、アートシルクを用いた作品に仕上げました。3冊目は、災害救助犬のアートシルク作品を発表します。こちらも近日発表します。では、皆様、11日17時までにダウンロードしてスクリーンショットで写真を撮ってご活用くださいね!

  • 02Jan
    • 2021年 明けましておめでとうございます。

      2021年 あけましておめでとうございます。アートシルク協会の初仕事になります。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。コロナに負けずに一緒にがんばりましょう!Motion Gallery アートサイトにて開催                一社)アートシルク協会                                 2021年1月2日ペットのアートアルバム電子出版のクラウドファンディングを開始世界初ふわふわのアートシルク装飾技術(実用新案取得)を持つ、一般社団法人アートシルク協会(所在地:京都市西陣、会長:小倉美奈子)は、クラウドファンディングのMotion Galleryにて12月25日より ペットのお写真を送っていただき、ペット装飾アルバムの電子書籍・印刷書籍の出版を開始。電子書籍は、無料または低額でアマゾンから出版し世界へ癒しを配信。3月11日まで実施し印刷書籍は、ペットゆかりの町の図書館などへ寄付をする。お送りいただいたすべてのペットのアートシルク装飾を行い、作品をART silk PET gallery楽園のバーチャル美術館に展示する。▼クラウドファンディングページhttps://motion-gallery.net/projects/artsilk/■クラウドファンディング概要シルクの光沢に輝くオリジナル手芸の技術を活かし、交流のある著名なアーティストを巻き込み、新規のデザイナーにも加わっていただきながら、たまらなく可愛いペットたちが主人公の電子&印刷書籍アルバム出版に取り組む。日本発の試みではあるが、世界中の方々、特に医療関係者に癒しを提供できるよう英訳も補足する。写真と文章、善意の寄付をいただきながら、協力者全員の総合力の結晶による制作となる。■背景材料となるシルクは、東日本大震災に活動をしていた時に巡り合った、地元福島の特産品の「まわた」(絹のわた)で、震災前に勤務していた高齢者病院で開発した手芸を応用し2つ目の特許庁実用新案の装飾技術を取得。それを 被災地仮設住宅や関東圏の避難所などで1万人以上に指導。復興庁「心の復興事業」や文化庁「子どもの文化育成事業」」学童保育などで教えてきたが、セミナー・イベント中心だった事業体制が2月に完全にストップし、電子・印刷出版に重点を移行し事業を再開する転機にあった。■3つのゴールと 制作方針 癒し 感動 記録🌏電子書籍 ウイズコロナ時代に特に医療関係者へむけて無料、低額で発信し、癒しを提供する。🌏印刷出版 10回目の3.11に向けて生きる感動と感謝を伝え世界に恩返しをする。ゆかりの地へ本を寄付する。🌏ART silk PET gallery楽園 バーチャル美術館に送っていただいたすべてのペットのお写真をアートシルク装飾をして展示をする。当たり前のペットの日常の記録を制作し一緒に楽しく交流する場を作る。■今後の展開ペットのほか、日本の着物、風景など自社デザインを拡充しオリジナルアート開発者としての責務を果たすとともに当団体の講師、アーティストともコラボして新規次世代アーティストと一緒にアートの力で経済を活性化させ、コロナ禍の時代変化の中で特に身近な暮らしの中で幸福感や生きる活力をもたらすよう働きかけていきたい。■会社・団体概要 本件に関するお問合せ先:会社名:一般社団法人アートシルク協会/ 会長:小倉美奈子/ 創立:2012年4月23日/2020年12月移転 1月京都に登記予定      URL:https://beolive.or.jp一社)ビーオリーブから社名変更 住所/〒602-8421京都市上京区芝薬師町614-202東京連絡先:中央区日本橋3-2-14新槙町ビル別館第1 TEL:070-2822-5308  MAIL:myuwmina@gmail.comhttps://motion-gallery.net/projects/artsilk/

  • 03Feb
    • 神戸でもシルクメタリックデコレーション教室開催です!の画像

      神戸でもシルクメタリックデコレーション教室開催です!

      1月28日 神戸市でも シルクメタリックデコレーション手芸講習会開催!!朝日ヶ丘小学校の造形展に合わせてランタンを製作。皆さんが思い思いの楽しいデザインで楽しんでくださったそうです。2月24日は芦屋市社会福祉協議会で高齢者の皆様とご一緒に開催されます。神戸市からの応援は2011年からずっと続いています。神戸の皆様、はばたん、帰山さんありがとうございます。

  • 13Jul
    • 福島で作られた手作りランタンキットをみんなで完成させて熊本に送りましょう!の画像

      福島で作られた手作りランタンキットをみんなで完成させて熊本に送りましょう!

      神戸新聞カルチャーセンターで、福島の方のつくったキットで熊本へ贈るランタン作り講習会をしました。 東日本大震災の際には、神戸の方々がキャラクター不死鳥のハバタンなどの装飾をした灯籠を、相馬の犠牲者のためにつくってくださいましたつながりがあります。神戸の皆さまが心を込めて作ってくださいましたランタン、とてもきれいに出来上がりました。熊本の皆さんがきっと喜んでくださることと思います。 5月から、いわき市で熊本へ贈るランタン作りが始まりました。いわき市緊急サポートセンタ― との協働で150個のランタンを福島からおくる企画です。いよいよ、明日から福島での手芸キャラバンが始まります。合わせて、埼玉加須市、東京、川崎市の避難所を廻ります。7月14日、福島市、伊達市、飯館村7月15日、南相馬市、相馬市7月16日、川俣町、桑折町7月19日、大熊町、双葉町、楢葉町7月20日、東京東雲住宅 避難所7月23日、24日 御殿場 地球フェスタ(熊本応援)に参加7月26日 川崎 高齢者施設、 川崎宮前区避難所7月27日 いわき市イトーヨーカドー4階すくのび広場にて7月28日 須賀川市、二本松市7月29日 郡山市、埼玉加須市7月30日 川崎寺子屋 課外講座8月3日  いわき市 一日サマースクール 12時半から16時まで 勿来公民館       http://iwakikinsapo.jimdo.com/        のイベントでもランタンをつくります。親子教室では 夏休みの自由研究としても活用できると、大人気のようです。 8月、9月は、福島キャラバンに加えて熊本でもイベントを計画中です。熊本には、別にキットから作っていただく150個のランタンキットを送り、熊本のみなさまに作っていただく準備を進めています。こちらは、グッドネイバーズJAPANの協力により、南阿蘇村へ送ることになりました。さらに福島の霊山のイベントでお世話になった、南阿蘇村のご出身の画家 葉祥明氏 がバックアップを申し出て下さいました。皆さまの真心をしっかりと、ランタンを通してお届けしたいと思います。皆様のご好意に感謝いたします。ありがとうございます。

  • 28Jun
  • 21Jun
    • 24日、井之頭病院にて水無月祭が開かれます。の画像

      24日、井之頭病院にて水無月祭が開かれます。

      井之頭病院でひらかれます、水無月祭が間近になりました。アートセラピーとして自由に表現していただき、楽しんでもらいたいと思います。病院ではチルトと呼ばれる車いすに乗った方も含めて、シルクメタリックデコレーションを、もう4年になりますか、毎月手芸講習会を開いてご参加いただいてきました。たくさんの笑顔の花が開きますように、ご参加をお待ちいたしております。*訂正のご連絡水無月祭は一般公開しておりません。コースターを制作いたします。

  • 20Jun
  • 19Jun
  • 18Jun
    • 神戸新聞カルチャーセンターにて29日熊本へランタンをひとつ贈る講習会を開催します。

      http://www.beolive.or.jp/news/entry/20160629-led/神戸で新聞に掲載されました。 神戸の方からお問い合わせのお電話をいただきました。 「難しくないかしら」と躊躇されてのお問い合わせでした。誰もが出来るみんなの手芸をめざして開発してきました。 大丈夫です♡ かんたんで針を使わない安全な手芸です。お子様から高齢者までのニーズに応えられるみんなの手芸です。「社会にも貢献できるのもいいですね。」  今回は一つを自分用に、もうひとつを熊本の方につくります。福島が被災した時に、神戸の方々が、不死鳥のキャラクター「ハバタン」をメタリックデコレーションで装飾して下さり、相馬市の犠牲者の灯籠作りに協力してくださいました。 今度は、神戸と福島から熊本へランタンを贈りたいと思っています。福島伊達市の3.11の行事に尽力してくださいました、南阿蘇ご出身の葉祥明先生にもご恩返しを出来たらいいなと思います。 この活動を8月末にイベントの形にして熊本の皆さまとつながっていきたいと計画中です。近日発表いたします。6月29日は、神戸・京都・大阪の皆さま、三宮の神戸新聞カルチャーセンターにて 13時からはじめます。どうぞいらしてくださいね。キットをご購入いただけます。1個セットと、6個セットがあります。 一個は500円です。6個セットには講師資格獲得のチャンスが 初級の講師を大募集中です。 http://www.beolive.or.jp/news/entry/20160629-led/

  • 17Jun
    • シリアのこどもたちに手作りLEDランタンを贈る準備が出来ました。の画像

      シリアのこどもたちに手作りLEDランタンを贈る準備が出来ました。

      シリア大使館からシリア赤十字を通してシリアの子供たちに福島の仮設住宅の方々が作られたランタンをようやく贈ることができるようになりました。福島からの桑のゼリーやあめやお茶を一緒に送る準備も整いました。 私もようやく体の不調から脱出して元気になってきました。長らくできなかった復興庁の心の復興事業の報告も、続いて採択された2期目の事業についても、みなさんと一緒に頑張っていきたいと思います。運営している、一般社団法人ビーオリーブの活動も5年目に入り基盤を整えながら、皆さまの信頼に応えられるように努力を重ねて参ります。昨年12月からアップしていなかった画像についても、遅ればせながら、すこしずつホームページなどでもご報告させていただきます。http://www.beolive.or.jp/news/entry/2016311/

  • 11Dec
    • ランタンプロジェクト*福島伊達市富成交流館手芸講習会の画像

      ランタンプロジェクト*福島伊達市富成交流館手芸講習会

      伊達市富成交流館 婦人会の皆さまと講習会 すごい集中力です。 ランタンプロジェクトにご参加いただきました。250名突破しました!オリジナル作品発見! みなさまの笑顔のうつくしいこと!!すてきです。輝いています。 2015年 師走 9日から今日11日までの3日間福島での活動を無事終えました。来年の3月11日霊山イベントの審査会・展示会の会場霊山体育館を下見し準備を進めてきました。伊達市役所や霊山支所の皆さまには大変お世話になります。 地元故郷の方々にやさしさをたくさんいただいていますてづくりこんにゃくやおせんべいやお手造りの大切な品々、ほんとうに心に沁みます。ありがとうございます。16日から26日まで福島に滞在し、16日から18日までのキットつくりと、 19日から26日は、連続しての手芸講習会です。

  • 06Dec
    • 目黒雅叙園手芸の創る美の世界 圧巻!の画像

      目黒雅叙園手芸の創る美の世界 圧巻!

      目黒雅叙園手芸の創る美の世界プロデュサーで実行委員長のバルーチャ美知子さんの解説を受けながら百段階段の空間にディスプレーされた手芸品の見事な数々を拝見いたしました。バルーチャさんの高い見識と芸術に向けた造詣の深さにひれ伏すような思いに駆られました。アーティストと工芸家、手芸家の域にひろがる広大な接点をつなぎながら、その歴史認識やプロデューサーとしての感性から生み出された美の世界を堪能してきました。 日本手芸普及協会の理事として、日本手芸会を牽引していらっしゃいます。バルーチャさんの描くうさぎさんのファンです。1階のカフェで象徴的な耳の長いうさぎさんを発見しました。12月27日まで開催されています。是非、お出かけ下さい。

  • 02Dec
    • メタリックデコレーションの師範が本日1名誕生しました。の画像

      メタリックデコレーションの師範が本日1名誕生しました。

      メタリックデコレーション師範本日1名誕生し、6名になりました。しかもすごい才能のグラフィックデザイナーです。「鳥肌ものの作品です」周りからも絶賛の声が上がっていました。今日はおめでたいことがもう一つありました。フランス人画家マークエステルさんが来日45周年を迎えられ、お祝いのパーティーが開かれました。ビーオリーブからは、2名が参列させていただきました。マークエステルさんには、福島の2か所、相馬太田神社と、霊山神社へ絵画の奉納をして頂きました。心から感謝申し上げます。 ビーオリーブは素晴らしい人材で持っています。才能の豊かな方々が集まってきてくださいました。12月2日、銀座ミモザ館にて 銀座アントレ主催のセミナーに参加しました。。1日19時から21時実務の濃い勉強をさせていただいています。11月末までの1週間の福島滞在でおよそ350名をこえる講習会の予約をいただきました。12月は講習会のラッシュです!!

  • 01Dec
    • シルク metallic デコレーション銀座教室開講!の画像

      シルク metallic デコレーション銀座教室開講!

      シルク metallic デコレーション銀座教室開講! 手芸講習会&交流会のご案内 1 部 手芸講習会「ランタンづくり」10 時~12 時... ※講師の検定試験も行われます。シルク metallic デコレーションの教室を開きませんか? 資格を持つ講師を求めています。2 部 親睦交流会 & ランチ 12 時~14 時 紙パルプ会館ミモザ館 銀座3-9-11 交流の輪を広げていきましょう。 日時 12 月 2 日(水) 10 時 ~14 時まで ※1 部、2 部どちらかの参加も可 手芸会場:銀座アントレサロン 銀座 7 丁目 13-5 NREG 銀座ビル 1 階 参加申込 TEL : 090-2154-90 メール:beolive2012@gmail.com主催:一般社団法人ビーオリーブ 代表理事 小倉美奈子※手芸キットは「福島心の復興ランタンプロジェクト」(復興庁からの委託事業)で 制作されています。 12万人の仮設での生活をされている方たち、東京に避難してきても、隠れ避難で交流できずにいる被災者へ広く 温かい手が差しのべられることを願っています。 不登校で家にいる 12万人の子供たちや心配しているご両親にとってもこの手芸が皆さまのお住いの地域の力でつな がるきっかけになってもらえたらと願います。 第2弾 12月5日 武蔵小杉 10時から12時まで。予約受付中

  • 28Nov
    • *ランタンプロジェクト シルクmetallicデコレーション講習会 を開きます*の画像

      *ランタンプロジェクト シルクmetallicデコレーション講習会 を開きます*

      今週は1週間福島に滞在し、伊達市の2か所で講習会を開きました。講習会の募集を開始しましたところ、12か所開催が決まりました。 伊達市は震災以降、婦人会や教育委員会の生涯学習 の講座で9か所を廻っていたつながりがありなつかしい再会もありました。9日、富成交流館、17日、掛田、18日中央保原交流館で開催します。 それから、伊達市にある飯舘村の仮設と、伊達の交流館とのコラボも12月21日に実現します。 相馬大野台の飯舘村の仮設からも飯舘村の方が参加して下さいます。 22日から3日間、 いわき市の緊急サポートセンター さんとの協働で講習会を開催します。25日は伊達市に戻り、保原学童保育での講習会です。福島こころの復興事業のランタンコンテストも本格始動します。2日、銀座、19日北区でも開催します。2月も上保原交流館の予約が入りました。参加可能のイベントを事前にご紹介していきます。笑顔を繋ぐランタンプロジェクト その輪がひろがりつつあります。笑顔が絶えずに続きますように・・・。

  • 22Nov
    • 宝絹展 国産の絹の展示会がありました。の画像

      宝絹展 国産の絹の展示会がありました。

      宝絹展に行ってきました。結城市から、結城紬の織物産元の実演もありました。説明を伺うとまわたは福島県伊達市からのものと知りました。関根商店でした。こちらにいらしていた織物産元さんは小倉商店とのことでした。つながりがつながりを生んでいきますね。二子多摩川で、江戸時代から続く伊達と結城のつながりを知りました。伊達の希少天然まゆの緑色の天蚕の展示もありました。

  • 17Nov
    • 11月8日銀座ミツバチファームエイドイベントでの講習会の画像

      11月8日銀座ミツバチファームエイドイベントでの講習会

      11月8日、14日、15日とイベントが続きました。銀座ミツバチプロジェクトファームエイド主催のイベントに参加し講習会を開催しました。福島県天栄村のドキュメンタリー映画「天の栄える村」の映画上映もされていました。地方のさまざまなところから銀座に集結し、地域交流が行われました。ビーオリーブのお隣は上田紬と会津桐たんすで伝統の素晴らしさを伝えていました。ザーザーの雨の中、出会いというものは不思議なものですね。すてきな出会いに恵まれました。14日は、東京ふるさと霊山会に参加して、ふるさとの有難さをしみじみと感じました。祖父母や父母のおかげかもしれません。優しさであふれている地域に生まれたことに改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。こんな頼りない私を応援してくれてほんとうにありがとうございます。15日は、代々木公園でNPO大会が開かれました。公民館や高齢者施設、学校などへのいつもの訪問型の講習会にイベント参加型の講習会も増えてきました。子供会のクリスマス会や、地域のイベントの一環としてお手伝いさせてもらえることもあり、より親密に交流できることが大きなメリットになっています。これからクリスマス・新年にかけてのイベントの依頼が入ってきています。楢葉町、いわき市、伊達市、浪江(埼玉)、東京、川崎とキャラバン覚悟(野宿?)で駆け回ります。笑顔をつなぐ草の根運動を地道に行ってまいります。

topbanner