チキン野郎 20180505-1
【こってり野郎 750円 + 麺大盛 100円】


 

彦根城。


ネットで調べたら朝8時半開場ってなってたので、後々の行動時間確保もあるし、ほぼ開場時間の8時37分に現地入りしたんですわ。
そしたらもう観光客がうじゃうじゃ来てて。
第1・第2駐車場は満車、そのまま第3駐車場に回される。


一番人気の天守閣が行列になるのは分かってたので、まずは天守閣へ。
途中何カ所か引っかかる所あったけど、わき目もふらず直行。
で、ようやく天守閣に着いて、さあ入ろうかと思ったら、なんとちょうどわたしを先頭に入場制限がかかってシャットアウト!
ええーいクソと思いながらも、突破する訳にもいかんので大人しく指示を待ち、10分程して入場オーケーの案内が出て、やっと中へ。
そこから先は40~50人くらいで区切って、10分ごとに中に入れていくというシステムらしい。

 

中はうす暗く、天井は低く。
ハシゴかい!とツッコミ入れたくなる急角度の階段を上り。
最後は天守閣最上階へ。
晴れ渡る青空の下、爽快な眺めを楽しみ。
大体20分程ウロチョロしてして外に出て、ふと入口を見ると。

 

目に入ったのは。

 

大行列!!!

 

ゆうに200メートル以上はあったはず。
200メートルつっても1列じゃないからね、3~4人くらいの幅でひたすら人!人!人!
あれ何人くらいいたんだろ?
わたしの直前までは来たなりにサクサク入れたのに、入口で10分、中で20分、合計30分くらいの間でこんだけ状況激変するんだね。
あの感じだと、多分最後尾は1時間半~2時間くらいは待たされるはず。

 

あと行動が10分20分遅いだけでも、えれ~ことになってたなと。
胸をなでおろした瞬間でした。


さすがは国宝。

彦根城すげぇ~~わ~。

 

チキン野郎 20180505-2

 

さて滋賀ラーメン遊歩、2件目。
チキン野郎。

 

お昼1時前に彦根城を出て、ラーメン屋をgoogle検索。

このお店を見つけて車で移動、5分程で到着。
裏の駐車場に車を入れて店に入り、券売機のボタンをポチポチ。

 

オーダーはこの店のスタンダードっぽい”こってり野郎”をチョイス!!
当然大盛で。
いただきまーす!!

 

チキン野郎 20180505-3

 

スープは完濁の白茶色。
液温あつあつ。

 

ポタージュ感すごいね。
液流とろ~んとスローで。
ざらついた質感でゆっくりゆっくりと流れ込んでくる。

 

味わい柔らか。
ふんわり空間が多く。
野菜の甘み優しく。
そこに鶏の味わいがすっと入り込んで。
過剰な押しのない、しなやかな美味しさ。

 

チキン野郎 20180505-4

 

麺は中太麺。
茹で加減やや柔。

 

この麺もまた味わいソフト。
ふっくらと歯を包み。
小麦の味をふくよかに広げ。
甘旨いスープにしっとりと溶け込む。

 

スープ+麺が同じ方向を向いた。
見事な一体感!

 

チキン野郎 20180505-5

 

チャーシューはサイズ大、厚みやや薄め。

 

肉質柔らか。
ねっとりと粘り、むっちりと伸びて。
そのまま舌にぺたりと吸い付き。
みずみずしいうま味をざばりと湧き出す。

 

盛り付け上、肉がスープの熱を吸って温度がぬるくなってしまっているのが残念ですが。
純な肉の味がしっかりと生きた質の高いチャーシュー。


 

終丼。


 

チキン野郎。
一瞬濃厚ヘビーな体力系ラーメンをイメージしましたが。
全然全然そんなスタイルとは違って、バランスがしっかり整えられたスマートな味でした。

 

それにしても、同じドロ系でもずいぶん違うね、スタイル。

前回・今回とたまたまドロ系ラーメンが続いた訳ですが、一見同じようでもバリバリジョニーは「ドロヌメ系」、こちらのチキン野郎は「ドロポタ系」。
ドロを「油」で表現するか「野菜」で表現するかで、全然変わってくんのね。

 

いや~ラーメンって。

楽しいわ~♪
 

チキン野郎 20180505-6

 

ごちそうさま。

 

 

[ らーめん チキン野郎 彦根店 店舗情報 ]

〒522-0053
滋賀県彦根市大藪町 21-22
TEL:0749-27-6171

 


 

 

読者登録してね

 
 [ブログランキング]
↓↓↓ ぽちっとワンクリック投票お願いいたします ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ 食べログ グルメブログランキング