道路標識の製造 | スチャラカでスーダラな日々

スチャラカでスーダラな日々

故・植木等氏の御冥福に因んでkeiのスーダラな日々を紹介します。故人の映画のようにスイスイと軽妙な人生を送りたいものです☆彡


テーマ:
道路標識製作中!スポット溶接

落石注意上の動画は、道路標識用のアルミ板と補強用リブを溶接しています。溶接方法が特殊で板とリブ(両方アルミ)を重ね上下から電流を流し、その抵抗熱で接­合するスポット溶接という方法です。車のボディの生産に多用されており、非常に耐久力が強く溶接面がキレイなのが特徴です­。

標識板の素材板面の材質は、一般的にアルミニウム合金板で厚さが2mmのものが使用されます。『普通鋼板』、『防錆処理鋼板』、『合成樹脂板』、『ハニカムサンドイッチ板』、『ポリエチレンサンドイッチ板』、『メタクリル板』などの素材の物も使用されています。支柱の素材支柱の素材は一般的に、鋼柱やアルミニウム合金柱が使用されていますが、『鋼管』、『形鋼(H鋼など)』、『テーパーポール』、『ステンレス柱』などの素材の物も使用されています。

芸術目的と供述 道路標識にシール貼った女逮捕

keiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス