40代半ばの大腸がん闘病日記

40代半ばの大腸がん闘病日記

40代半ばの2017年3月、大腸がん宣告され4月に摘出。程なくして肝臓転移が発覚、8月に摘出。ステージⅣ。
バタバタと始まった闘病生活の記録をしたく、ブログを始めました。
皆さま、どうぞ宜しくお願いしますm(._.)m

皆さま、こんばんは。

またまた、大変ご無沙汰しておりました。

気が付けば、半年ぶりのブログとなります。

更新が無かったのは、

お陰さまで、体調に関して、皆さまにお伝えするような変化が無かった。と言うことでご容赦ください。

 

大腸がん切除から2年が経つことから、GW前に胃カメラ&大腸カメラを受診。

本日は、その検査結果説明と転移性肝がん切除から1年9か月にあたる血液検査の日。

 

お陰さまで、胃カメラ&大腸カメラともに、異常なし。

加えて、腫瘍マーカー値もおおむね変化無し。取り敢えずは安定しているようです。

 

【CEA】

 1.2 (2017/5)

 1.3 (2017/9)

 1.0 (2017/12)

 1.0 (2018/02)

 1.0 (2018/04)

 1.3 (2018/08)

 1.3 (2018/11)

 1.7 (2019/02)

 1.4 (今回)

 

【CA19-9】

 3.1 (2017/5)

 3.1 (2017/9)

 2.0 (2017/12)

 2.1 (2018/02)

 2.7 (2018/04)

 2.3 (2018/08)

 2.4 (2018/11)

 3.3 (2019/02)

 2.5 (今回)

 

次回は7月。造影CT検査&血液検査となります。

 

これまでのところ、これといったトラブルもなく、穏やかな日々を過ごしています。

本当に感謝しかありません。

 

一方で、転移した現実を踏まえると、見えない敵が潜んでいる!との気持ちも消えず、

検査のたびに、ドキドキする自分がいるのも事実です。

 

一歩一歩、前進します。皆さまとともに。

 

 


にほんブログ村

皆さま、こんばんは。

大変ご無沙汰しておりました。

ブログの更新が無かったのは、

お陰さまで、体調に関して、皆さまにお伝えするような変化が無かった。と言うことでご容赦ください。

 

本日は、転移性肝がん切除から1年3か月にあたる定期検査の日。

今回は、血液検査のみの軽めの検査。

 

腫瘍マーカー値はおおむね変化無し。取り敢えずは安定しているようです。

取り敢えずは、ホッとしました。

 

【CEA】

 1.2 (2017/5)

 1.3 (2017/9)

 1.0 (2017/12)

 1.0 (2018/02)

 1.0 (2018/04)

 1.3 (2018/08)

 1.3 (今回)

 

【CA19-9】

 3.1 (2017/5)

 3.1 (2017/9)

 2.0 (2017/12)

 2.1 (2018/02)

 2.7 (2018/04)

 2.3 (2018/08)

 2.4 (今回)

 

次回は来年2月。造影CT検査&血液検査となります。

 

一歩一歩、前進します。皆さまとともに。

 

 


にほんブログ村

皆さま、こんばんは。

本日は、転移性肝がん切除から1年にあたる定期検査の結果説明。

先週に、血液&造影CT検査を実施していました。

 

両検査ともに無事にクリアー。

本当にホッとしました。

造影CTは半年ぶりの検査だったため、肝臓での再発がとても気になっていました。

昨年の6月、5mm程度だった肝臓転移がんが、わずか2か月後の手術時には3cmになったことが脳裏に焼き付きついています。

再び、爆発的に大きなるがんが活動し始めたらと。

そのため、この半年ぶりのCT検査は、ちょっとドキドキでした。

 

血液検査も腫瘍マーカー値はおおむね変化無し。取り敢えずは安定しているようです。

【CEA】

 1.2 (2017/5)

 1.3 (2017/9)

 1.0 (2017/12)

 1.0 (2018/02)

 1.0 (2018/04)

 1.4 (今回)

【CA19-9】

 3.1 (2017/5)

 3.1 (2017/9)

 2.0 (2017/12)

 2.1 (2018/02)

 2.7 (2018/04)

 2.3 (今回)

 

先月亡くなった父にも、無事を報告することが出来ました。

 

次回は11月。

 

一歩一歩、前進します。皆さまとともに。

 

 


にほんブログ村

またまた、大変ご無沙汰しておりました。

父が亡くなり、早いもので1か月。

本日は初めての月命日にあたります。

 

この1か月、ブログを更新しようと思いつつ、

更新する気が起こらず、何となく今に至ってしまいました。失礼しました。

 

ただ、本日8月6日は、先ほど触れましたように月命日、

それと、私の肝転移がん切除から1年目にあたる、1年検診の日でもありました。

そんな、節目の日でもありましたので、いまこうしてブログ更新をしているところです。

 

父が亡くなり、人生初めての葬儀手配。

バタバタしながら、葬儀社と調整を行いました。

火葬場も幸い空いていたので、翌日の土曜日に通夜、日曜日に告別式を行うことが出来ました。

ただ、タイトなスケジュールでもありましたので、戒名手配など慌ただしい時間を過ごしました。

 

その後も、納骨に向け、位牌・本尊・仏壇の手配、墓石への戒名彫刻、四十九日法要手配、墓の名義変更などなど。

母とも相談しながら、ひとつひとつ進めてきました。

 

墓は私が引き継ぎます。

私もガン患者。正直、色々と頭に過ぎるものがありましたが、

「俺は生きるぞ!」との強い思いを込め、私の名義としました。

昨日には、墓石彫刻も終わったとの連絡を受け、早速、お墓へ。良い仕上がりでした。

全ての手配は終わり、あとは法要当日を迎えるだけです。

 

また、世帯主が無くなると、色々な手続きの多さにビックリです。

行政系の手続きはもちろんのこと、電気、ガス、水道、携帯等の名義変更。

そして、今後ですが、相続系の整理も必要となってきます。

特に、相続系の整理は素人では行い切れないと考え、行政書士さん等へのお願いも検討しています。

その手続き費用は、30~40万円はかかるとのこと。

また、個別条件が嵩むと、さらにアップの可能性も。

引き続き、手間と色々とお金もかかりそうです。

 

本日は、私の検査の日。

父は同じ病院で息を引き取りました。

今日の検査時間は、ちょうど1か月前、上層階の病室で亡くなった父と対面していた時間です。

偶然とは言え、何か不思議な縁を感じることに。

 

今日の検査は、血液と造影CTの2つ。

造影剤を体内に入れた際には、相も変わらず、お尻のあたりが熱くなり、お漏らしした感覚に襲われました。

検査結果が分かるのは来週。

 

1年前を振り返ると、今日は手術後5日目の夜。

体についていた管も全て取れ、開放感を満喫していた頃だと記憶しています。

振り返ると、あっという間の1年だったかな?

 

今は、忘れかけていた病気と今一度向き合う時期。

 

一歩一歩、前進します。皆さまとともに。

 

 


にほんブログ村

父の病状に関し、迷う日々が続いています。

 

先週末は血中酸素が70を切り、覚悟した場面も多々ありました。

その後、痰吸引等の処置が功を奏したようで、その数値は95ぐらいに回復しています。

 

そのためでしょうか、ここ数日の昼間は平穏な状態が続いています。

一時は意識障害があり、私が誰だか分からない状態でしたが、今は認識できる状況。

受け答えも出来ています。

 

しかしながら、夜になるとその状況は一変。

酸素マスクや点滴を自ら外すことを繰り返しているようです。

当然にして酸欠になり、結果、錯乱状態に陥ってしまうとのこと。

ひとりでは決して起き上がれないはずの父が、ベッドの端に座り込み足をブラブラさせている。歩こうとする素振りも見せる。

とても信じられない光景ですが、現実だそうです。

そのため、月曜日からはベット端に圧力センサーが取り付けられ、ベッド上での動きを感知した際には直ぐに看護師さんが駆けつける体制に変わっていました。

 

そして、本日、さらに事は進みました。

異変の察知をより早くし、迅速な対応が行えるようにするため、ナースセンター前にある、モニター監視できる病室に移動しました。

これまで静かな環境の中で旅立てるよう、院内のはずれにある病室で過ごしていました。

日中は、父自らがナースコールを押して、トイレをしたいことを告げることができる状況。会話も成立します。

加えて、父から「楽にして欲しい」との言葉も無い中で、モルヒネ投与のお願いをすることはとても出来ません。

そのため、病室の移動はやむを得ない状況でした。

 

ガンは、患者や家族に考える時間や選択権を与えてくれる病気です。

それ故に、前向きに進むことが出来る時もあれば、逆に追い込まれる時もある。

いま、このことを身をもって経験しています。

 

一歩一歩前進します。皆さまとともに。

 

 


にほんブログ村