テーマ:

友人のお能のお稽古見学に行ってきました。


{1F65064C-5B6E-4478-A215-06FFEE2FE677}

ここで、お仕舞いのお稽古をします。

先生とお弟子さんはマンツーマン。

友人の順子さんはお洋服に足袋を履いて、扇子を持ってお稽古します。


{6B5C3483-45FF-4327-8295-2A89E437C2A3}


お仕舞いのお稽古の後は、小さな台を前に、謡のお稽古です。

{84112760-F67D-4F37-928B-775FB146A88C}


私も本のコピーをいただき、目で追いながら見学させていただきました。

{E9089761-FDCD-4A05-B5B6-0436F99F321C}


 

お能とは。


その昔、奈良、平安時代から庶民の間で親しまれてきた歌舞音曲や、神への奉納の舞が集大成され、能となったのは鎌倉時代後期から室町時代前期と言われています。


民衆の芸能が、室町時代に盛んになった禅宗や水墨画などの影響を受け、また幕府や貴族階級に保護されて洗練されていきました。

現在は、世界無形遺産にも指定されています。

 

野外で行われる薪能の起源は、平安時代に行われた奈良の興福寺の修二会の前行事「薪宴」にあるといわれ、現在でも5月11日、12日の2日間に春日大社と興福寺の神事として「翁」をはじめとする能や狂言が奉納されています。


現在ではお寺や神社の境内で催されることが多く、緑や土、薪の火などの自然と一体化した幻影的な舞台です。

 



お能のお稽古を見学させていただいて、私は茶道との共通点をたくさん感じました。


まず、聖なるものが宿るその空間です。


大いなるものへの神事を、時の為政者の都合に左右されないよう芸能という舞台の中に閉じ込めたようなその空気は、禅宗を基本とし、日本人に染みついた神道的な要素やキリスト教の影響などを包み込むような式法となっている茶の湯にも感じるものです。



そして、その舞台と茶室のシンプルさです。

装飾が一切なく、動きも最小限にそぎ落とされています。

そこにあるのは、祈りや想いのようなものを込めた音や茶が主役だからでしょう。

 

お仕舞の動きは、最近、世界的にも注目されている、コンテンポラリーダンスの芸術性にも近いものがあり、うっとりするほど美しいものでした。

 


かつて学校の芸術鑑賞会で観劇した時は、たぶん寝ていた私。

クラッシックコンサートと同様、眠ってしまうほど気持ちのよい波動が出るのも、瞑想に近い効果があると感じています。

 


インドヒマラヤで修行された時任千佳さんが、「マントラは、腹から身体を響かせるように発声するのだけれど、それはまるでお能の謡のようだった」と話してくれたのを思い出しました。

 

どの国の音楽や歌や舞がそうであるように、大いなる宇宙の力と繋がる手段だったのだろうと思います。

 


能の舞台に必ず描かれている松。


これは、昔、奈良の大きな松の前で神事として奉納していた能を、観客に見せる芸能になったときに、舞台の前に松があると見えないので、その松を鏡写ししたように舞台の正面に移し描いたものだそうです。

 

ああ、また「鏡」

 

茶道でも、亭主は茶を点てる前に柄杓を鏡構えします。


これは、自分を鏡に映しだし、清める作法です。


天皇陛下の即位の儀式でも、鏡の間にお入りになり姿を写すことで、人間から神の力を纏う存在になると言われています。


白雪姫の中にも「鏡」が出てきますね。


私たちの目標も白雪姫と同じ


 

昔の人たちは、もっともっと自然の中で生きていて、大いなるものを感じる感性も持ち合わせ、大いなる力と繋がることも日常だった。


そういう手法を、物語や歌や舞などにして伝え残したのだとわかります。


 

単なるエンターテイメントではなく、生きるヒント、平和のおまじないを子孫に伝えるようにしてきたもの。

廃仏毀釈や焚書などで絶えないよう、口伝相伝で伝えてきたものです。

 



友人の順子さんとは、能や茶の湯、アーユルヴェーダや聖なるものの話を熱くおしゃべりして帰りました。

 

能の見学に興味のある方は、ぜひ、順子さんをご紹介します。

お能の解説を聞いて、舞台を観に行くような企画も考えたいと思っています。



‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



【いのち目覚めるくらし教室】


植物時間

 

2018年6月6日(水)13時~15

 

場所   下北沢BARcafé シンバル

参加費 8,000円

 

*薔薇のフラワーアレンジメント→向井明美さん


*抹茶と季節の和菓子やヴィーガンスイーツをいただきながら、お花や植物にまつわるお話や植物療法ジェモレメディの試飲

 



アーユルヴェーダ料理教室

 

2018年5月22日(火)

2018年5月27日(日)

10時30分〜13時30分

『アーユルヴェーダで中華』



2018年6月19日(火)10時30分〜13時30分

『春のフルーツ献立』


2018年6月26日(火)10時30分〜13時30分

『ハーブ料理いろいろ』



表千家茶道教室

5月26日(土)
6月4日、11日、18日(月)
16日、23日、30日(土)


ビジネス茶道
6月25日(月)1830〜2030
三越前  コレド室町3  橋楽亭