この3月で、茶道教室の生徒さんCさんがウィーンへ転勤され、先日、お便りをいただきました。


なんでも、世田谷区とウィーン19区は姉妹区とのことで、その提携を記念してつくられた「世田谷区公園」が19区にあるとのこと。その公園に茶室があり、そこで小さな茶会が催されたそうです。日本とオーストリアの国交樹立150周年記念の一連のイベントだったそうで、お客様のほとんどはオーストリア人だったそうです。

そして、このイベントを主催されていたのが表千家の先生だったそうで、Cさんはウィーンでもお茶のお稽古が継続できそうだとのお便りでした。


ウィーンとは思えない光景です。

 

{C13BD39F-BDAC-4269-9903-8038D4268AD4}


{979BAF25-3D1B-4EB6-92DD-13D7A710382F}


{F58CC440-6CF3-4BFE-876A-62DF2C9642F3}


{ACC45BCA-813E-46E4-8462-65FE350AAED5}


{A0AB62F4-C3D7-42A8-8697-4395B5CA7B83}


{21A25D6E-07C4-44D1-B30F-844FA272A3D4}


{85D668DF-D37A-41E2-933F-46781767A643}


{F5A8AD1E-759F-42A7-A90F-72F22576153F}


{E54A2DC1-48AB-4C49-AE3C-208371E368C0}


国際開発援助のお仕事をされているCさん。私も、30年近く前は、政府開発援助のための政府系金融機関 海外経済協力基金(いまその組織は統廃合されてしまいました)に勤めていたので、とっても親近感があり、お仕事の内容にも興味津々でした。バングラディッシュに駐在されていた時のお話やアメリカに留学されていた時のお話などを伺いました。そんなCさんは優秀でお仕事でご活躍でいらっしゃいますが、お茶室では初心者です。机上で使う脳とは違う身体と五感を使うのが茶道です。それがとても、彼女の気分転換と刺激になった様子でした。9月から短い間に、薄茶の点前を覚えて、着付けを一緒に練習して、ウィーンでできるようにと盆点前を覚えて、しばしお別れとなりました。

 

さみしくなってしまったのですが、今月からは、そのお友達がお稽古に入門されました。Aさんも開発援助のお仕事をしていらっしゃいます。担当はエチオピアだそう。

エチオピアはコーヒーが有名ですが、あちらでは、生のコーヒー豆を炒ってから香りを楽しみ、それを挽いてコーヒーを入れるというようなコーヒーセレモニーらしきものがあるのだそうです。Aさんは、それがとても茶道と似ていて好きだと教えてくれました。

 

いつか、ウィーンの世田谷公園のお茶室にお邪魔してみたい。またエチオピアのコーヒーセレモニーも体験してみたいと思っています。


それから、ニューヨークにいらっしゃるお生徒さんにはかわいい赤ちゃんが生まれたとお写真を送ってくださいました。ああ、なんて嬉しいのでしょう。親戚の子ども達が増えていくような気持ちです。孫がたくさんいるおばあちゃんってこんな気持ちなのかしら。

 私も若い頃は、中高時代の同級生とお茶のお稽古に通っていましたが、お茶の話になると彼女とは同級生というより、同じおばあちゃまに可愛がってもらった従姉妹同士のような気分になります。親戚のお姉さんやお兄さんたちが沢山いたような、そんな感覚です。

 

ファミリーが増えていくのは、とても嬉しいことです。


 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


【表千家茶道教室】

月曜日 ・火曜日 ・土曜日 

【ビジネス茶道】
日本橋コレド室町3 橋楽亭

2019年5月16日(木)18時30分〜20時30


【アーユルヴェーダ時間〜純粋意識を生きる〜】

2019年5月30日(木)10時30分〜16時30分
全24回


【植物時間〜植物を味わう時間〜】

2019年5月15日(水)
「大人の遠足」
ふじみ野駅集合→自然を感じながら散歩→そらいろカフェでランチ→ハーブのブーケ作り→お抹茶


→お問い合わせ・お申し込みは

こちらへ