すきまのね
変わっていかねば、なりません。
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

無口な男

届いたら

返事が届いたら、ずーっと見てるって。

なーんも変わってないのに。

でもあなたが元気なら。

 

メールが届いたら、すっと日々が変わるって。

なーんも追いついていないのに。

でも今日を生きたいから。

 

2019年6月6日木曜日に、

staxfred16周年を祝って歌うよ。

 

「夜に気がついた」

 

だれかだれか

だれかだれか聞いておくれ
ひとがいるのに話せない

水があるのに飲めない
食べ物が余ってるのに食べるものが何もない

そう感じる時、ありますか?

そうか、あの人のあの時の気持ちはこんなんだったのかしら。

空気入れ

自転車で45分ほど。

後ろ前に息子娘を乗せて村山貯水池、通称「多摩湖」へ。

 

時間が限られ、移動が主になってしまった。

子供二人は少し物足りなかったかもしれない。

 

自転車がどうにも重く、空気を確認したら前のタイヤがフニャリ。

交番を訪ね、不在。

駐輪場で尋ねるも、空気れはない。

すると、交差点の向こう側に自転車屋さん。

 

声をかけると快く空気を入れてくれた。

これには、心から、ただただ感謝。

 

爽やかで、でもこだわりを持っていそうな、メガネと笑顔が素敵なご主人のそのお店は、ちょうどその日一周年とのこと。

いただいたご好意に持て余した感謝の気持ちを、今後の発展と偉大なレガシーが残ることを精一杯祈って、帰路につきました。

 

多摩湖のじてんしゃ屋さん Pokito a Poko

 

おかげさまで、帰りはペダルが軽くなり、快適でした。

本当に、ありがとうございます。

{D9AAC6D9-1D98-4FAA-A0B7-9809ED1C7C01}


誕生日

息子と誕生日が近いもので、合同の誕生日のお祝いをした。

いつの間にか5歳。大きくなったものである。

 

夏に、大事な二人の友人の誕生日がある。

今年はどちらもメールをしなかった。

そして、年賀状以外にやり取りもない。

 

元気かな。

達者でやろう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>