こんにちは☆

子どものこころのコーチング協会 インストラクター

こひがし まゆみです。

発達凸凹 中二息子 不登校中*主人と三人家族




息子と、月2回通ってます発達の病院に今週は行きませんでした。

通い始めて半年経ち、行かない日はこれで3回目。


前回行かなかった時のブログはこちら


その時は、むりやり行かせる気持ちを持たずにいたのに、またコントロールしたいが現れました。


***

病院の日の朝、小降りの雨でした。

それを見て「病院行かない」と息子。

すぐ止みそうだったので「やむから傘ささなくて行けそうよ」と言い、仕事に行きました。



仕事から帰る頃には雨は上がり、
「やんだから行こうか」と言うと「お腹痛い」と。


時間までに、息子自身で行く気持ちになってほしくて、何も言わず待ちました。


でもそれは、言うのを我慢する時間であり、我慢してる段階で、息子をコントロールしたいのを抑えてる自分がいると分かりました。



タイムリミット直前、息子はお腹も大丈夫そう。

「行けそう?」ではなく出た言葉が「行けるんじゃないの?」


ああ、これが自分の本心だったんだなーと口から出たあと気づきました。





「行く途中で痛くなったら嫌だから行かない」


息子は行かないと決めたら、気持ちが変わりません。


それを分かっていても、息子の気持ちを変えさせたいがまた出てました。

 



「行かせたい」気持ちや言葉が、息子の「お腹痛い」「痛くなるかも」の言葉を引き出したんですね。



朝の「行きたくない」で「わかった」と意思を受け入れたら。



息子の、行きたくない為の言葉も、変わるかもしれないと待つ我慢も無かった。


病院の先生も、朝キャンセルと時間直前のキャンセルとでは、時間の都合も違ったでしょうに。



息子をコントロールしたい気持ちは、息子も自分も苦しい思いをするのに、出たり入ったりの繰り返しです。



***


病院行かなかった日から一週間。

今日はプログラミング教室。
30分の遅刻でした。

以前のイライラは出なく、急かす言葉も出ずおれました。

(その教室は遅れても迷惑が少ないのもありますが)



遅れても全く気にしない息子。

持参するお昼は、コンビニで欲しい商品が無く、3軒のはしご。

更に遅くなっていく。

まーいいっか、と何も言わなかった。



いつもは教室の前までついて行くのに、今日はかなり遠い場所から、1人で行くと走って行った。




どこに気づくかで、息子の自主性になり、主体性を育むに繋がっていくのかな?


走って行ったのが嬉しくて、そんな事を思えました☆



最後までお読みくださりありがとうございました♡