がんばれ私

始めましてmaxbeetです。食べ歩きや料理など、気になることを気ままに書いてます。最近はメイプル超合金、日本エレキテル連合などのお笑い、去年からはまっている0泊3日夜行バスの旅などの事もボチボチ書いてます


テーマ:

西門の厳しい取立てで苦しめられた人たちが集まり暴動が起きる。

サンが殺されそうになるところ東門一行が来たので助かる。

 

「オモニはどうして人を怒らせるのですか?」とサンに聞かれ

 

「自分の罪を子に償わさせてはいけない」

「自分の器に気づき自分の器にあったものを望みなさい」という

チョン刑判や師匠の言葉を思い出しマンドクに

「西門の債権を渡すのでサンを育ててくれ」と託すムンソン。

可愛い我が子をマンドクに託してチェジュドを去るムンソン…

 

サンを思って夫を殺害し人を苦しめてまで金をもうけることばかりやってきた母親を

息子はどう思うのだろう・・・と泣き3泣き3

何年も飢きんが続き餓死する人も多く米を配り米がつきそうになりかゆを振舞う東門。

米が底をつきそうになった時に救済米の上奏がやっと受け入れられチェジュドへ向かったと連絡が入ったが台風の嵐で沈没してしまう。

マンドクは東門を閉める覚悟で全財産を担保にム・メンダルに金を借り

すべてを米に変え皆に振舞う。

マンドクが持ってきたかゆを食べながら

「今まで贅の限りを尽くしたがこんなご馳走はない。ホンスが惹かれた理由が分かった」といいマンドクにわびるチョン刑判(ホンス父)

米を荷車にのせる労働者の中にカン・ユジと子分トンジュがいましたが駄賃ももらわずそっと立ち去っていったよ。

元係官のチェは物乞いになってミョヒャンのところで食事をご馳走になってました。

全財産をなげうって全てを米にかえ皆に振舞ったマンドクに王が会いたいといい謁見するためチェジュを出てトンアとサンをお供に王宮に向かう。

途中でその一行を見つけしばらく追うムンソン。わが子の成長振りを見れて嬉しそう(でもそんなに近づいてたらばれそうですが??)

ホンスの墓参りを済ませマンドク父に挨拶してから王に謁見。

褒美を与えると言われても受け取らなかったマンドク(位はもらいましたが)褒美の代わりに金剛山への見学をしたいと言ったマンドクに

サンが「なぜ褒美をもらわなかったの?ヤンバンにしてもらえばよかったのに?」と質問をしますが褒美をもらわなかった理由(ココロを自由にしておくことの大切さ・・・のような話でした)をいい

師匠の言葉を想い出すマンドクでした。

ちゃんと人を得る商人になったよ~もうやだ~(悲しい顔)

チャングムが好きな人はぜ~ったいハマルドラマです手(チョキ)

でもさ~チェジュドってすっごく遠いって設定だったけれど

簡単にいけるようにとれる所もあるし??

トンア役のキム・チョルギがよかったですし

なんてったってマンドクの子供時代を演じた シム・ウンギョンちゃんラブラブの魅力がよかったわムード

正直彼女がマンドク演じてなかったらこんなにはまらなかったかもです。

ファンジニもスジニもシム・ウンギョンが演じたからはまったと思ふ!

 

なんかまとまらない文章になってしまったがたらーっ(汗)

30話なのでそう長くないしお勧めのドラマでした手(チョキ)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ホンスは「ホン、ホン」とマンドクを昔の名で呼び

しっかり手を握り「泣くな」「これからも私はそなたとずーっと一緒だ」といい亡くなるもうやだ~(悲しい顔)

チョン刑判の悪事の裏づけが取れ逮捕される前に自首をすすめるため チェジュドにやってきたキム父はホンスの死を知り驚く。

チョン刑判に「お前との関係はホンスの汚点」と会うことを許してもらえず長いこと寝込んでいたマンドクだがキム父の計らいで実家に戻る前の納棺されたホンスに別れの挨拶をする。

 

幼い時からのホンスとの回想シーンがありまたまたふらふら

 

オムスンは賄賂をチェ係官に渡し「牢屋に入れられた叔父オ番頭を出してくれ。

代わりの死体を用意したから」と相変わらず恐ろしいことしてますが流石にチェ係官は受けつけず。

オムスンもいったんは捕らえられますがオ番頭が「全て自分がムンスンを操っていた」ということでムンスンは放免。

その代わり財産は没収され金貸しを始める。

新しい長官が来てチェ係官は役職を剥奪されとらわれる。

チョン刑判は極刑を望むといっていたがキム父の勧めで自白文を書きチェ・ジェゴンに上奏してもらい流刑の身に。

 

2年の時間が経ち~

 

東門はますます栄えマンドクが願っていた商売の自由化が法律で通る。

カン・ユジから手紙が届き子分と一緒に雑炊屋の雑用などをして何とかやっているという手紙が届く。

昔はカン・ユジいやな奴と思ってたんだけれどねぇ~

がんばってると言うかイキイキしているように感じるよ~

チョン刑判の流刑先がチェジュになりなかなかあってもらえないマンドクだがホンスの願いであった商売が自由化されたことを告げる。

ムンスンも流刑中のチョン刑判をたずねる。

「親の業が子に降りかからぬよう悪事をもうやめたらどうか」と言われるムンスン。

ムンスンの借金の取立ては厳しく、作物不足なのに金でなく作物で返すよう迫り、出来ないものは家財産食べ物から全てを取り立てるのでムンスンに対して怒りを覚えるものが多く

「一揆」の企てをにおわせる話をマンドクが聞き心配していると暴徒が西門に集まっていると連絡が入る。

 

あと1話で終わりよ~

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ネタバレ承知で観てくださってるから良いですよね?

あと2話30話で終わりですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホンスが死んでもうた しかもオ番頭に刺されたのですもうやだ~(悲しい顔)

ムンスンはカン・ユジが日誌を盗んだはずとカン・ユジを必死で探す。

カン・ユジは日誌をマンドクに渡し、またホンスに会い

「二度とチェジュドには戻らない」「マンドクと幸せになって欲しい」と言って去る。

マンドクがコグマ(サツマイモ)を「飢饉の時に役にたつ」と畑に植えているところを一緒に眺めるホンス。

そっとマンドクの手を握りマンドクもキュッと握り返すのよ~きゃ~!

ホンスは父に「今からでも遅くない」と改心するように訴えるが怒りを買うだけ。

深酒するホンス、マンドクに「全てを捨てそなたのそばで暮らしたい」と言ってダウン

。寝た(ふりをした)ホンスの頬をなで立ち去るマンドク。ホンスほろりと泣く~ マンドクが日誌を燃やしているとこをムンスンが見つけ「許さない」と怒り心頭。

西門の土地、財産を金塊に変えるよう金貸しに依頼。 日誌が無いからもうバックレるしかないと夜逃げしようとしている所をチョン刑判一味がやってきて・・・

オ番頭はムンスンの子供をつれ長官に「ムンスンが殺される!」と助けを請いに行く。

マンドクが東門のおばさんに子供を預け後を追うと・・・・

ムンスンを殺そうとするチョン刑判一味と戦っていたオ番頭の刀がホンスの胸にグサ~ッと!やってきたマンドクに気付き手を伸ばそうとするホンス。

慌てる父チョン刑判。

 

あと2話。ホンスの葬儀と飢饉で皆を救い王様に呼ばれるってとこですかね。

カン・ユジがやっとマンドクとホンスの仲を許したというのにもうやだ~(悲しい顔)

気になっていたんですが「トンア」と幻の王女チャミョンゴに出てくる「ヘンカイ」かぶるんですけれど~

兄妹のように育ったから色恋もなくただ忠誠を尽くすって感じだけれど・・・

二人とも良いよね~

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ミョヒャンと倭国の商人は捕らえられ牢へ。

チェ係官の連絡で密輸品の真珠は海に捨てたので証拠はなくムンスンはミョヒャンを開放するように言うがホンス長官は何が何でも聞き出す様子でムンスンはチェ係官にトリカブトの毒と大金を渡しミョヒャンの食事に混ぜ殺すよう命じる。

 

ミョヒャン、命は落とさなかったものの後遺症で声を失う・・・

 

マンドクのお世話に少しココロを開く。

流石殺されかけたミョヒャンは妹と一緒にホンス長官の所へ行き知っていることを洗いざらい書いて報告。

父チョン刑判が絡んでいるだろうとは知ってたホンスはっきり言われてショックな様子でした。 倭人商人の飢饉の話でマンドクのアドバイスを聞き交易量を増やす上奏したところ聞き入れられたが自分の知らない所で話がすすむのが面白くないチョン刑判はチェジュドへ向かう。

 

カン・ユジが密輸の粗悪真珠を取り扱っている西門問屋の配下を書いた手紙を子分にマンドク父に渡すように指示。

それをもとにチェ・ジェゴンらが動き出す。

そのことでムンスンも基へ真珠で損をした配下たちが集まり保障をしろと騒ぐ。

金貸ム・メンダルに船を売るようムンスンは頼み、東門は2店舗新しく支店?を出し船が必要な状況だったのでメンダルの船たたき売りの話に乗りそうなマンドクだったけれど結局断ったの。 恥を忍んで、マンドクに船を買わないか切り出すムンスン。

 

でも「西門はもっといい船を買うので今の船が不要になるので買わないか」というムンスンちっ(怒った顔) 20万両というのをマンドクは「西門の船なら良いものだから30万両だす」と困った元友を思って買ってあげるのですよ~

まぁ密輸で失敗し、一方マンドクは堂々と交易できるから悔しい気持ちが分かるけれどね。 上奏が通じ交易を増やすことになり倭商人とマンドクで交易商品の話しになり「サツマイモ」で飢えをしのいでいると知り取引することになったの。

チョン刑判が現れあの書類(前王殺害の件やチョン刑判への献金がかかれた)を出さないとムンスンの息子サンを殺すと脅します。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

韓流ドラマって、ハマルと止まらない。長ーーーいですよね。

で、いきなり最終話が気になったりしててへぺろ

 

美しき伝説の商人 キム・マンドクの個人的感想をふまえたあらすじをちょいと書いておきます。

 

ネタバレしたくない方は読まないでください~

 

 

 

 

 

密造酒で投獄されたマンドク。長官のホンスの機転で無事牢から出れます。

牢から出された後長官のホンスに「酒でお金をもうけたことは無い」と言います。

東門に帰ったマンドクは大行首の自分がいなくても皆が一生懸命に働きお客が沢山の様子に胸が熱くなります。

次の商売は「真珠」海女から真珠を集め手始めの真珠が評判だったので次はより高品質なものを3倍の値段で売ることにしたのですが…

西門のムンソンは魚で出た赤字を巻き返すべくミョヒャンの口利きで倭国との密貿易で質の悪い三流品の真珠を安く手に入れマンドクの商売の邪魔をする。

ムンスンが売る質の悪い真珠は半値で売られているので真珠の商売が出来なくなったマンドク真珠の装飾品を作って販売すべく装飾工を養成するように動き出す。

カン・ユジは父の主治医がムンスンに毒薬を渡したことを知りやはり心臓病でなくムンスンに父が殺されたと確信したカン・ユジは敵討ちする機会を狙う。

夜、入り江で倭国と西門の密貿易が行われることになったことを知ったカン・ユジはムンスンを討つべく入り江に向かい心配したユジの子分がそのことをマンドクに言いつけ、又長官のホンスは部下を引き連れて入り江に向かう キム・マンドク、ハマッテいます。

ネタバレあらすじ書いている人いないんだよねもうやだ~(悲しい顔)なので書いてみました。

文章力、表現力不足ですがご理解を。 やはり不憫な環境でもめげず明るく苦労して努力して頑張る・・・というストーリーが好きだわムード

冬ソナで「嫌な女だなぁ」と思ったパク・ソルミ、悪女度パワーアップしての演技です。 そういえばこのドラマの競演が縁でホンス役のハン・ジェソクとオ・ムンソン役のパク・ソルミお付き合いしてるとかって噂が昔ありましたが?

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=133570

パク・ソルミ綺麗だわかわいい

それにしても時代物ドラマで見ている男優さんって普段のほうがかっこ悪いというか・・・

時代物のままの姿でいて欲しいようなバッド(下向き矢印)

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。