全然知らなかった。

こんなのがあるなんて。

 

 

数理の翼。

数学・理科系の好きな(?)高校生が全国から集まり、その学習を深めるという合宿。

 

例年ならば40人前後で行われるが、今年はコロナ禍ということもあり定員15名。

そこにどれくらいかわからないけど応募があり、審査があるという。

その応募は論文6000字。テーマは・・知らない。

 

全部あとから知った情報だけれども。

 

息子がそこに行くという。

審査を通ったあとに聞いた。

その時はどんなものなのか全然知らなかった。

 

え?

4泊?

広島?

いくらするの? え? 無料なの!?

しかも交通費の援助あるの?

 

訳がわからない。

色々調べてみると、そうとう狭き門で、本当に頭のいい高校生たちの選りすぐりの中の選りすぐりの様相。その素質ある人間に投資するといったことなのだろうか。

 

普段の息子からは、勉強をバリバリやっている様子は見えない。

iPadで漏れてくる音声は、クイズかボカロかゲーム実況か。

いや、その中になんか講義的なのもあるか。

 

まぁでも、どうしたらそんな全国レベルの集団に入れるのか。

信じられない。

 

論文、いつ書いたのだろうか。

夜遅くにPCを占領してる時もあった気がするので、きっとその時だろう。

読んでみたいが、たぶん嫌がるだろうと思う。

 

参加要項が来て、色々承諾のサインなどが必要だったので、それは読んだ。

色々事前課題があるのはそこで知っていた。

が、一向にそれをやってる気配がない。

 

前日、急に頼まれた。

 

父ちゃん、今までで一番自信のあるプレゼン、くれない?

 

この言い方、どうかとは思ったが(苦笑)

 

どれにしようか少し考えた。

渡したのが「企画書・プレゼンテーションのセオリー」というPPT。

USBメモリーで渡してやると、

 

おお。これ?

ちょっと話してよ。

 

そうくるかと思った。

だけど自分もそれをしている時間はない。

まぁ、息子に向かってテンション高く喋る感じでもないし。

 

これはそれを自分が喋ってる動画もあったので、そのURLを送ってやった。

あとはそれに興味があれば見るだろうし、そうでなければ途中でやめればいい。

 

このプレゼンは、結構我ながら面白いものだと思う。

というか自分で生み出したセオリーではなく、教わったものを自分なりにまとめたものだから。

 

MECEやロジックツリーなど、論理的思考力のこと。

ストーリーの流れや、一枚のレイアウト、チャートの使い方など。

 

高校生が興味を持つかは知らないけど、今の息子ならもしかしたらハマるかもしれない。

知らんけど。

 

瞬時に思った。

頭のいい人が、わかりやすい話をできたらそれは無敵だと。

 

そういう意味ではできたらハマってほしいと思うけど、父親からのものってのはそうはならないものでしょうねぇ。

 

さて。

広島行きの行程について。

いくルートを事前に提出する必要があった。

 

調べてやると、6:00台の特急→新幹線→在来線で集合時間に間に合う。

その費用、約18,000円。

別に普通に出してやるつもりでいたが、交通費15,000円が支給されるのでその範囲で行きたいという。

 

そんなことができるのはアレしかない。と思っていたら案の定・・

 

 

「青春18きっぷ」

1日、普通列車乗り放題のタフなやつ。

12,050円で5日分。つまり往復してもあと3日分使えるという。

 

行程見ると、ゲロでそう。

でも高校生の冒険としては無茶でおもしろい。

自分も高校生だったらやろうと思ったかもしれない。

 

ただ、これだと前後泊の宿泊費がかかる。

どうするの?と聞くと漫喫に泊まるという。

 

ほほぅ。なるほど。

ワイルドだな。

 

旅立ちの当日。

大きな荷物を持って、出発した。

 

途中何の連絡もなかったが、広島に着いたであろう23:00頃に奥さんに連絡があった。

 

「泊まる所がない」

 

え?漫喫は?

高校生は一人で泊まれないらしい。

 

楽天で近くの東横インを取ってやった。

当日で空いててよかった。ついでに帰りの宿泊も。

ネットって便利。

まぁこんなことしかやってやれないけど、珍しくいたく感謝された。

 

よっぽど長旅で疲れていたんだと思う。

 

そこから4泊5日。

終わった時間に「おつかれ!どうだった?」とラインをすると、すぐにお好み焼きの写真と共に「たのしかったー」と帰ってきた。

友だちと昼ご飯を食べているという。

 

きっとさぞIQレベルの高い皆さんなのでしょう。

たぶん普通に国内最高レベルの大学いっちゃう人たちなのでしょう。

そんな友達が全国にできたこと、相当な財産だね。

 

この数理の翼はOBが何千人といて、各分野で活躍してる人がたくさんいる。

まぁそりゃそうだろうなぁと思う。

 

 

果たして彼はどうなるのか。

どういう道に進むのか、親としても興味ある所。

やっぱ休みってあっという間だわ。

すぐ終わっちゃった。

 

10日、枝豆を引っ提げてHくん邸で飲み。

年に2度の恒例の深酒飲み。

(これにより、次の日を棒に振ることは確定している)

 

11日

奥さんは大学時代の旧友と河口湖のパワースポット巡り。

娘と二人、家でダラダラ。

(今年は甲子園があまり見ようと思う展開ではなくてなってしまったので、残念)

 

12日

奥さん仕事

昼休みに娘と出かけ、奥さんの職場の近くでランチ。

そのあとどうしたっけか。

息子が長旅から日付が変わるくらいに帰宅。

 

13日

奥さんAMジム。

家事をこなし、夕方からホーム熊本戦。

熊本、強かった。なんとかドロー。

 

14日

奥さんの高校時代の友だち家族が甲斐善光寺に。

おざら発祥の店、ちよだでランチ。

その後昇仙峡に。

こんな事でもないとおざら&昇仙峡なんていかないからいい機会。

帰ってきて、迎え火の準備を。

天国にいるまうたびが帰ってこれるように。

 

15日

本来なら立川に行く予定だったけど、このご時世でキャンセル。

そのかわり、久しぶりに映画館で映画を見る。

キングダムⅡ。すっげぇ冒険活劇だった。

三国志を詳しく知らなくても単純におもしろい。

 

16日

奥さんと娘は朝早くからウエイクボードへ。

残された自分は家事全般。

夕方戻ってきて、送り火を家族四人で。

このお盆はまうたびの事を考える時間けっこうあったな・・。

一応暦的にはここでお盆休み終了。

 

17日

アディショナル休み。

なぜかというと、延期されていたアウェイ千葉戦に行くことにしたから。

夫婦で強行ツアー。フクアリには行ったことなかったので。

フクアリの駐車場でなんと三平の親類のイケ叔父と出会う。

横浜ナンバーのガルウイングの鏡面BMというド派手な車。

雰囲気ある大人って感じ。イケてたなー。

試合はスコアレスドロー。

千葉はメンバーが揃わなくて何人かはユースの選手が入ってるくらいの感じで、甲府のボール保持率63%という珍しい試合だったけど、点を取れず。

 

日付変わるくらいで帰宅。

チョー疲れた。

 

という盆休み。

まぁまぁ活動的だったかな。

今年から区画を借りて、無農薬野菜を育てることを始めた。

仕事柄その辺のネタが必要なのもあるし、なにより自分で育てた野菜を食べてみたい。

 

ということで、8mほどのスペースを借りた。

もうすでに畝は立ててあり、黒いマルチが引かれている状態。

(ホントはここまでの環境づくりも大変なんだろうけど)

 

 

よぉし。やるぞー。

 

コメリで選んだのが、枝豆と大根とトウモロコシ。

 

5月11日

プロにやり方を教わりながら種を植えていく。

 

   

本当にできるのだろうか。

 

5月16日

 芽が出てきた。(写真はたぶん枝豆)

 

5月30日

 トウモロコシが順調に育ってきた。

 

6月3日

 枝豆もスクスクと。

 

6月13日

 大根。ここまでは順調。

 

6月23日

  

いい感じ。

 

7月7日

  

グンと伸びた。

トウモロコシは特に、一気に大きくなってビックリ。

この頃から大根の葉が虫にやられ始める。

 

そこから、色々あって農園には行けなかった。

床に伏している時も介護の時も農園のことは気になっていた。

雑草は生い茂っているだろうし、大根のあの虫は・・

カラスやその他の鳥、強い風、病気など、心配だった。

 

8月2日

おそるおそる農園に行ってみると、景色が全然違っていた。

なにより雑草がすごいことになっていた。

 

通路が雑草で覆いつくされ、本来育成している場所がわからないほど。

午前中の暑い時間だけど、できるのは今日しかない。

3時間かけてカマで切り倒し、雑草をよけると、育ってる彼らが見えてきた。

 

 トウモロコシが形に!

 枝豆がそれらしく!

 一応大根も!

 

ちなみにトウモロコシは倒れてダメになってるのがあって、それを剝いてみると・・

 意外とキレイじゃん。

 

この日はほぼ一日農園にいたので、軽い熱中症に。

手袋を取ると大量の水が。これたぶん汗だな。

 

大根と枝豆の間にもともと3mほどの間隔をあけておいた。

その場所に、ニンジンを植える。(ホントはもうちょっと早い時期に植えるべきなんだけど)

 

8月5日

いざ収穫!

 

実は、2日の時点ではトウモロコシは10本以上生きていた。

しかし5日に行ってみると、わずか3日で様相が変わっていた。

倒れていたり何かに食われていたりして収穫できたのはわずか6本。

あの雑草たちが、実は守ってくれていたという仮説が成り立つ。

 

 

たしかに雑草を刈ったあとはむき出しで見えている状態だった。

鳥(特にカラス)は一度見つけると一気に食べてしまうらしい。

 

まぁそれでも農園スタッフに聞くと、トウモロコシは難しいらしく、ネットも張らず実を守りもせずここまで立派に育って収穫できるのは珍しいという。

 

こちら枝豆。結構立派。

一旦畑で葉っぱの部分を切り取り、枝付きの状態に。

 

今度は家で、枝から実を切り取る。結構手間がかかる。

ここまで来てやっと枝豆の姿に。

 

さぁ食うぞー。

まずは塩もみをして・・

 

「焼き」と「茹で」を両方試してみる。

 

ほんの数分で出来上がり。

 

うんめぇ・・

 

やっぱ自分で育てた野菜というのは格別だ。

娘も奥さんもかなり食った。

特に焼きの方が好評。枝豆を焼きで食べたのは初めてかもしれない。

姫は焼き枝豆を好物リストに入れてくれるらしい(笑)

 

調べてみてよかった。職人に言わせると、茹では枝豆の水溶性の栄養が全部湯に溶けてしまうらしく、枝豆は焼きに限りますよと。

 

この日は、奥さんはサポ仲間と地ビールフェストに出かけることになっていたので、サプライズでタッパーに入れて持って行ってやった。

 

続きましてー。

 

 

トウモロコシ―!!

 

りっぱりっぱ!

皮をむいて黄色い実が見えた時には感動した。

いやマジで。

 

なんだろ、やっぱ贔屓目になるんだろうけど、うまい。

っていうかあのただの種からこんなのができるんだ。

感動に包まれるわ。

 

農業ってすごい。

 

たぶん残念ながら大根はダメっぽいけど、植えたばかりのニンジンに期待。

来年も是非やろうと思う。

アウェイ群馬戦へ。

比較的近いアウェイなので、時間的には余裕がある。

 

最近は試合の前後に神社仏閣の参拝が恒例になっている。

今回は、高崎の達磨寺に。

 

なんと、到着寸前に達磨の工房がたくさんあって、そのうち一つの屋号が・・

まんま吉田監督やん!

という事で写真だけ撮らせてもらいました。

 

そして達磨寺。

 

 

ここでは御朱印を戴く際にいくつかの手順がありまして。

参拝、申込、写経、お経読みという、寺院本来の御朱印の意味合いを残している。

 

 「J1昇格」は迷ったけど思い切って。

 

このあとのお経の中でも「ジェイワン昇格」と言ってくれた。

たぶんサッカーがらみの参拝者もいるからか、もしくはお坊さんもサポなのかも。

 

という手順をすべて終えて、やっと少林山達磨寺の御朱印を戴ける。

 

さて、いざ正田醤油スタジアムへ。

達磨寺からは約40分の距離。

 

まったく駐車場の記憶はなかったが、河川敷の野球場の駐車場だった。

そういえば前に来た時もそうだった。

 

 

前に来たときはゴール裏は完全に芝生席だったけど、立派な座席ができていた。

電光掲示板もこんな立派じゃなかった。

やっぱどこも進化している。

 

メンバーは今大丈夫な選手。

正直、コロナ禍でやりくりの大変さは見えてしまっている。

 

FW 純真、パライバ、鳥海

MF 岩魚、山陸、元希、荒木

DF レナト、オミ、ニキ

GK 岡兄

 

元希のボランチ起用。

山陸とのムネアツ幼馴染コンビ。

 

試合は、ハードワーク勝負。

真夏の夜の、タフさ比べみたいな様相だった。

CKのデザイン崩れから先制され、引いた相手を崩しきれない。

 

中を刺すパスが出せない。

相手のポジション取りの良さと寄せの早さは鍛えられていた。

 

だけど今節はオミがいた。

オミから出るパスは、常に相手DFに裏やサイドの裏を意識させる。

これが大きかった。

実際に有効なパスは通せなくても、その意識をさせることでジワジワと消耗させている。

 

後半は甲府の攻勢の時間が続く。

だけど決定機を作る所までなかなかいけない。

 

正直、攻めるも得点のニオイがしない中、岩魚-三平の釣りキチコンビがやってくれた。

浅い位置からの岩魚のクロスを三平が技ありヘッド。

あれは相当難しい、ゴール確率の低いヘディングシュートだったと思う。

しかし三平はああいうヘッドが本当にうまい。

位置取りももちろんだけど、単純にヘディング技術が高いと思う。

 

同点!

 

ここから確変の時間が続くも、さすがに群馬の粘りの守りもあって、ドロー決着。

よくやってくれたと思う。この状況下で。

 

選手が揃わない中、ここまでのファイトを見せてくれた選手には感動すら覚えた。

相手の大槻監督のコメントも、敵味方を超えた仲間を感じるものだった。

 

しかし群馬、4000人くらいだったのかな。

スタグルが圧倒的に足りない印象を受けた。

試合前どの店も長蛇の列で、ハーフタイムにはほぼすべて売り切れてしまっていた。

あの列に並ぶ気になれず、結局揚げパン2つだけやっと買えた。

 

今回は群馬(前橋・高崎)あたりに宿泊が取れず、本庄まで移動して泊まった。

ここがまた、今までにない新しいコンセプトの宿泊施設で。

 

HOTEL R9 The Yard Honjo

大きなコンテナみたいな箱の中は、普通のバストイレ付きのシングルルーム。

これは新しいビジネスモデルとしてアリなのかも。

 

翌日は秩父の三峰神社へ。

ムーミン谷も候補に挙がったが、ちょっと遠回りだったので断念。

 

 

 

三峰神社

ダムの橋を渡り、かなりの山道を上がった所にある神社。

ここの存在は前から知ってはいたけど、こんな山の上にあったとは。

そんな場所なのに、かなりの人が参拝に来ていた。

 

イザナギとイザナミが祭神

後に日本武尊が参拝に訪れたといわれている。

 

そこから雁坂トンネル経由で山梨へ帰る。

こりゃムーミン谷行かなくて正解。

思ったより秩父の山に時間がかかった。

 

家族で遠出は久しぶり。

全員病み上がりの中、無事に帰ってこれてなによりです。

ハードスケジュールの6月。

ほぼ毎週、全国から団体ツアーで来社がある。

そのたびにセミナー講師として喋るという、穴をあけられない緊張感が続く。

 

中でも3週目は超過密だった。

13日(月) 一日農作業で丸太運び

14日(火) 全身筋肉痛の中、100名の講演

15日(水) それ以降の講演やらPJのシナリオ準備

16日(木) 70名講演

17日(金) PJ会議&来社対応

18日(土) 35名講演(午前中)

 

この状態から、講演を終えて浜松へ。

担当営業が迎えに来て車で連れて行ってもらう。

 

浜松、いくら高速が通ったといっても遠い。

結局到着したのは夕方だった。

 

翌日の講演は新ネタでいくので、ここからの準備がまぁまぁ大変のはず・・だった。

浜松には先月来ていて、ネタそのものは見せられなかったけど、一応どんな人間なのかはわかっていただいた。これが大きかったのか・・

その得意先いわく、「史上初めて集客100名超え出来そうです」

 

相当みなさん頑張って集客してくれて、期待してくれていることはわかっていた。

なのでやっつけではできない(苦笑)

 

それなのに。

 

寝落ちしてしまった( ゚Д゚)

 

ハッと気づくともう7時過ぎ。

甲府の試合が7時からあったので、これは観ないといけない。

(実はそこでも寝落ちしてしまった)

 

次に気づいたのは朝の3:50。

やばい。

 

もうここから起きていよう。

新ネタに必要な部品は揃えてはある。あとは構成と周辺情報だけ整理すればいい。

まぁなんとかいけるだろう。

あとは当日、本番でどんなフレーズが降りてくるか。これに任せる。

 

ということで、8:00出発

9:00から会場設営、10:00から本番という流れに。

 

まぁ仕事のことはそれくらいにして・・

 

初日が終わったあと、浜松城に。

ここは出世城と言われていて、歴代の城主がここを後にする時必ず出世していったという縁起のいい城。大きさは・・意外とこじんまりとしている。

 

遅い昼食に、なんと奮発してうなぎを。

 

浜松といえばうなぎだけど、浜松の人も高くて食べないらしい。

たしかにいい値段した。だけど、マジうまかった。ほっぺたが落ちるというフレーズを久しぶりに思い出した気がする。

 

そしてもう一つ、翌日の昼食は浜松餃子の名店、福みつへ。

 

始めて食べたけど、なるほど旨い。

普通に舌がやけどする感じはあったけど、皮のカリカリ感が独特。

 

という、浜松グルメを満喫させてもらった2日間。

 

もちろん仕事も一生懸命やらせてもらいましたよ。

浜松の皆さんはホントに良くしてくれるし、持ち上げてくれるもんで、がんばっちゃいました。

 

2日間で101名の集客。スタッフ含めると110名超えの快挙。

講演1時間15分。

新ネタもうまくいき、参加者の感想もまぁみなさん長文で書いてくれて。

 

いやーよかった。

仕事で人の役に立てるって気持ちいい。

疲れたけど、充実した浜松でした。

 

盛岡弾丸ツアー。

正直、あまり乗り気ではなかったが奥さんの強い要望で決行の運びとなった。

 

理由

1.子供たちをばぁばに預けることに気が引ける

2.マイルが使えないため、費用がまともにかかる

3.6日に結構重要な報告会議がある(これはツアー申し込み後に判明)

4.5日の組の清掃に行けず、出不足金が2000円取られる

 

それらをすっとばして決行した。

 

5日 6:30出発

7:03のかいじに乗って立川→西国分寺→大宮→盛岡という旅程

西国→大宮のむさしの号が神路線。このおかげでツアー指定の新幹線に乗ることができた。

 

 

12:03 盛岡着

うーん。前にも書いたかもしれないけど盛岡という土地には郷愁に近い愛着がある。

入社1年目から2年間、本当にこの場所にはお世話になった。

ずいぶん建物や道は変わったけれど、北上川をはじめとする地形は変わらない。

感慨深いが、正直奥さんにそれを言ってもなんのリアクションもない。

言葉にしたかったが、ほぼすべて抑えた。

 

何とも言えない気持ちを抑えながら、昔はなかったダイワロイネットにチェックイン。

窓から開運橋が見下ろせる好立地。

 

荷物を置いて、あれだけ盛岡に通ったのに一度も体験したことがなかったわんこそばへ。

日曜昼のためあらかじめ12:30に予約しておいた。

かなりにぎわってた。

 

 

 

はいどーんどん

 

奥さんは52杯、

自分は68杯でめいいっぱい。

ごちそうさまでした。

 

続いて、これも昔にはやらなかったレンタサイクル。

市内観光をするにはもってこいの距離感。

 

レンタサイクルは地下に。

 

 

旭橋からの北上川(遠くに見えるのが開運橋)

 

 

啄木新婚の家。

 

石割桜。

 

 

三ツ石神社。

 

櫻山神社。

 

ここで参拝後、二人でおみくじを引くも二人とも末吉。

 

勝負事「何者かに邪魔され負ける」

的なことが書いてある・・。

なんと不吉な。すぐさま結ぶ。

 

このあと、盛岡城跡公園、岩手銀行跡などを散策し、アーケード街を抜けて戻る。

 

今度は開運橋からの1枚。

盛岡というとこの景色なんだよなぁ。

 

ホテルに戻り、戦闘服に着替えていざ、いわぎんスタジアムへ。

盛岡駅の西口からシャトルバスがでているらしい。

昔は西口なんてものは存在しなかった。

 

バスで15分くらい。

途中、サポ仲間のMさんと合流。

なぜかこのバスの中から試合開始まで、なんかの花粉に反応して鼻水がとまらず。

 

じゃじゃ麺と手羽先セット。

 

奥さんがなんかの取材を受けるの巻。

 

メインの席(比較的空いてる)に託されたタオマフを掲げる。

 

試合開始。

 

試合のことは・・

まぁいいじゃないですか。

 

相手のクリアボールがレフリーに当たり、そこから速攻を仕掛けられ、失点。

いつか必ず点を取ってくれると信じていたが、引いた相手を崩すことができず時間だけが過ぎていく。

 

そしてタイムアップ。

盛岡にホーム初勝利を献上。

この負けは痛い。

 

感想。

盛岡の6月18:00KOは・・寒い!

メインだったけど、施設内にトイレがない!

ゴール裏とバックは傾斜ゼロ

電光掲示板が昭和(メンバーもわからない)

 

正直これはJリーグ規格からかなり遠い。

サポーター的にも新しいホームスタジアムを熱望していることでしょう。

 

負けを引きずりながら、盛岡駅に戻る。

 

盛楼閣で焼肉&冷麺で打ち上げ。

ここも25年前からある老舗のお店。

ちなみに下のパチンコ屋もその時からずっと健在だったりもする。

 

このあと、二次会に開運橋を渡ったところのビールを飲めるお店へ。

帰ってきたらもう25:00。バタンキュー。

 

翌日

バスで再度市内を巡る。

その名も「でんでんむし号」(普通の路線バス)

 

 

啄木・賢治青春館。

 

 

岩手銀行赤レンガ館。

 

 

 

じゃじゃ麺 白龍(ぱいろん)

 

その後アーケードで買い物。

子供たちにふざけたTシャツを。

 

あと、写真を撮らないで後悔したけど、福田パン。

スーパーで買ったのが4つ。

盛岡駅で買ったのが5つ。

うまいけど、買いすぎだろ。

 

盛岡→大宮→新宿→甲府の約6時間の旅。

 

つかれたー。

弾丸だったけど、行けるもんだ。

 

サッカーの試合の結果以外は、ほぼ計画通りにやるべきことができた。

ノスタルジアも一人で味わった。

 

わんこそばは東屋

冷麺は盛楼閣

じゃじゃ麺は白龍

すべて元祖と言われる店で食することができた。

福田パンも堪能できた。

 

食ってばっかw

いやー。、

 

うまくいった。

シナリオ通り。

一切マイナスの空気の流れない1.5時間。

(この1.5時間という会議時間も快挙といえる)

 

シナリオ勝ちと言っていいと思う。

25歳設定のアイスブレイクも効いた。(直前に実際の25歳当時のエライ人の写真を2枚入れたことも功を奏した)

 

本題に入る前の目的の部分。

ここを先にやるというのも、参加者のみなさんの意識を統一するという意味で有効だった。

ポストイットに2枚限定という縛りもよかった。

 

そして作業時間の間。

個人で作業をする時間、ここが静寂だとうまくない。

25歳設定を引っ張るために、1980~90年のヒットソングをSpotifyから流した。

これがまた場を和ませる。

プリプリのダイアモンド、米米の浪漫飛行、徳永英明の壊れかけのredio・・・

 

正直、本題の作業もそんなに難しいものではない。

目的達成のための好きなフレーズを選んで解説するPPT1枚を作ればいい。

普段から考えていることであるから、べつに生み出す必要はない。

 

むしろヒットソングのイントロクイズで盛り上がった。

ドレミファドンとか、この世代じゃないとわからないw

 

そして、その後の1人1人の発表。

ここは真剣に、その人それぞれが大事に思っていることを語る。

これもうまく演出できた。

 

いいじゃんこれで。

このメンバーでこれ共有できたの、デカくね?

いやホントマジで。

 

 

いやでもつかれたわー。

流しのファシリテーターとしての役は果たせたと思う。

 

あとは、この役割のできる人を作りたい。

誰が適任かな・・。