業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

牛宮城における「業務提携」の問題点

おはようございます。
2022年は聴くことに徹する
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。


お笑い芸人の宮迫さんがYoutuberのヒカルさんと
共同でやろうとしていた焼き肉屋「牛宮城」の
話題がネット上ですごいことになっていますねびっくり


真相のほどはわかりませんが大体の経緯は
以下の通りのようです。
↓ ↓ ↓ ↓
***********************************************************
ドッキリ企画が発端になってヒカルさんが
出資して宮迫さんと渋谷で焼き肉屋をやろうという
話になる。
↓ ↓ ↓ ↓
互いの役割分担は宮迫さんチームがメニュー開発や
店舗の内外装、ヒカルさんが宣伝広告。
費用負担は、
宮迫さんが株主をしているノーブルと言う会社から
50%、ヒカルさんが50%。

ノーブルという会社は、代表の若林さんという人が
50%、宮迫さんが45%、その他が5%を出資している
会社である。
↓ ↓ ↓ ↓
昨年秋に開店前に試食会をしたところ、
肉の味がひどくまた内装にも様々な問題点があることが
発覚!色々と揉めた挙句、ヒカルさんが撤退。
↓ ↓ ↓ ↓
すでに家賃が280万円/月、発生しており、また
内外装費用に5,000万円ほどかかっているのに
さらに追加費用が必要とのことで宮迫さんが自分の
資産の高級時計を売って資金を作るなどと言う動画を
Youtubeに投稿して騒ぎが大きくなる。
↓ ↓ ↓ ↓
オリエンタルラジオの中田あっちゃんが帰国して
ヒカルさんを除く関係者一同を集めてぼんやりとしていた
今までの経緯を明らかにした。
↓ ↓ ↓ ↓
果たして牛宮城の運命は??
***********************************************************

いや~、業務提携って本当に難しいですよねえーん


ここまで騒ぎが大きくなってしまった原因を一言で
言うと、

*************************************
決定権を明確にしていなかったこと!笑い泣き
*************************************

につきると思います。


特に宮迫さんと若林さんは仲良し同士で付き合いも
長く、とにかく

「一緒に仲良く楽しくやっていきましょう!爆  笑

という姿勢で終始いたので様々なことを決めるのに
支障をきたし、問題が大きくなっていったのだと
思います。




実は遠藤のお客様の業務提携のケースでも
似たようなことがよく起きます。


どうも「業務提携」というと両者が対等の立場で
仲良くやっていくというイメージをもっている
経営者が多いのです。


「一緒に仲良く楽しくやっていきましょう!爆  笑


というマインドそのものは良いのです。


でもそれを互いの役割分担/費用負担にまで
持ち込むとろくなことにはなりません。



っていうかそもそも、

×役割分担/費用負担

ではなく

=================
どちらか片方が他方に業務を委託し、
その対価を支払う!

=================

という「上下関係がある感覚」でいたほうが
うまく行くケースが多いのです。


なぜならば、物事の決定権が明確になっているので
事業がスムーズに行える
からです。


例えば上記の例で言えば、
宮迫さんが内外装を若林さんに、宣伝広告をヒカルさんに
業務委託してその対価を支払うという形です。


もちろん気持ちとしては、

「一緒に仲良く楽しくやっていきましょう!爆  笑

で良いのですよ。


でも実際の互いの役割分担/費用負担の段階に
なったら、「上下関係」を敢えて設定した方がうまく
行く場合が多いのです。


ぜひあなたも参考にしていただければ
嬉しいです^^



下記のセミナーでは上記の他にも、
「業務提携における当事者の関係性」について
かなりの時間を割いてご説明します。
↓ ↓ ↓ ↓
***********************************************
プレセミナー/説明会(※ZOOM開催)
業務提携契約認定マスター6カ月コース(第3期)
↓ ↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/b3x9t
(士業/コンサルタント向け)

https://peraichi.com/landing_pages/view/ofy29
(経営者向け)
************************************************

これは知識・理屈というよりは感覚的なものなので
慣れていないと最初はなかなかしっくりこないかも
しれません。


だからと言って宮迫さんのように問題が発生するのを
のんびりと待っていられないですよね?

よってもしあなたが初めてなのであればこの感覚を
体感していただきたいのです。

過去にあなたが理由もわからず業務提携で
苦労された経験があるのならきっと何かのヒントが
あるものと思います。


もしご興味があればぜひ参加してみてくださいね^^



今日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com



スマフォを使い始めて1カ月間で想う事

おはようございます。
2022年は聴くことに徹する
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。


昨年末にスマフォを購入しました^^


「ええっ??まだ使っていなかったの?滝汗

「ひょっとしてそれまでガラケー?????滝汗


と驚かれるかもしれませんがそうなんです(笑)


スマフォを使うのは主に電車の中が多いと思うのですが、
遠藤にとって電車の中は、「ぼ~っとして潜在意識が発動する
大切な時間」なのでそれを邪魔するスマフォを購入するのを
周りの人たちの非難にも負けず拒んできたのです。


購入の直接のきっかけは「接種用アプリ」なのですが
今後、スマフォでワクチン接種完了者であることを
見せられないと、様々な場面で不便になりそうなので
しぶしぶ購入しました(><)



で、購入してまず最初に想ったことが、

===================
誰かに丁寧に教えてもらわないと
スムーズに行かない
ショック!
===================

ということです。


例えば先程の接種用アプリについては
マイナンバーカードの読み取りがうまく行かずに
あ~でもないこ~でもないと色々な所に問い合わせ
しましたアセアセ

区役所にも2回も足を運んでやっとの思いで
ダウンロードできました。


その他にも、

・モバイルパスモ
・PayPay
・マイナポイント
・健康保険証とマイナンバーカードの紐づけ
・マツモトキヨシのポイント


等々、一つとして遠藤の独力で最後まで
アプリをダウンロードして使えたものは
ありませんえーん


毎回毎回、親切に手取り足取り教えてくださった
案内の人達がいなければ、途中で、

もうやってられるか!!!ムキー

とブチ切れてしまったと思います。


よく、

「スマフォは説明書がなくても感覚的にいじっていれば
 いれば何となく使いこなせる」

とか

「大抵の操作方法はネットでググれば探し出せる」

などと言われますが、無理な場合の方が多かったですえーん


上記に書いたアプリは例えば
PayPayのアプリと銀行口座の紐づけをすると
言った感じで、何かと何かを結び付けなければ
ならないので、難易度が「グッ!」と上がる
のだと
思います。


このように、

=====================
何かと何かを結び付けて新しいことを始める
ためには、丁寧な説明が必須!!

=====================

なのはあなたが他社と行う業務提携も
全く同じです。


もともと1社でやっていたことを、
他社と業務提携してやろうという訳なので
当然、色々な手続きが複雑になります。

相手の会社の商品・仕組み・やり方がよくわからないことも
多いので、

「これってどういう意味ですか?びっくり

「これってどうすれば良いですか?びっくり

と問い合わせすることが俄然多くなります。


その時に問い合わせされた側がどれだけ丁寧・親切に
回答・説明できるか?が最も重要なポイントになります。


ここがテキトーな会社が多いのですよ(苦笑)


ショック!問い合わせを受けてから1週間も返信しない

ショック!10質問されて1ぐらいしか回答しない

ショック!そもそも回答・説明が不十分かつトンチンカン


他社と行う業務提携において発生するトラブルの8割が
このような、

***************************
テキトーな回答・説明えーん
***************************

が原因です。


ここをどこまで粘り強くできるかが勝負です。


あなたも他社と業務提携を行う際には、

===============
相手からの問い合わせに・質問に
対する丁寧な説明・回答

===============

を第一優先にするようにしてみてくださいね^^




下記のプレセミナーでは上記の他にも
「契約交渉における質問⇔回答」のポイントに
ついて詳しくご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓
***********************************************
プレセミナー/説明会(※ZOOM開催)
業務提携契約認定マスター6カ月コース(第3期)
↓ ↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/b3x9t
(士業/コンサルタント向け)

https://peraichi.com/landing_pages/view/ofy29
(経営者向け)
************************************************

また、参加者全員に、
「質問⇔回答」を強力にサポートするための
「ツール」をプレゼントします。


これ、誰でも簡単に使えるものなのですが
その効果はハンパないです。そして言われてみれば
特に珍しいものでもないのですが、活用している
経営者はごくわずかなのです。


だからもしあなたが活用することができれば
それだけで競合他社に先駆けて業務提携を進めることが
できると言っても過言ではありません。


もしあなたが過去に業務提携相手とのやり取りが
原因でクレーム・トラブルに遭った経験があるのなら
必ずそれを改善するヒントがあるかと思います。


もしご興味があればぜひ参加してみてくださいね^^



今日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com



ジョブ型雇用は当然の流れですね

おはようございます。
2022年は聴くことに徹する
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。



遠藤はその昔、大学を卒業すると
あまりやりたいことや自分の特性などを
深く考えずにNTTコミュニケーションズに
入社しました。


約12年間ほどいましたがその間に
やった仕事と言うと。。。

①電話料金の回収担当
 ⇒ヤ●ザの事務所の電話を停めてエライ目に遭うえーん

②神奈川県の大学向けのシステム営業
 ⇒システムのことが全く分からないので厳しいお客様に
  突っ込まれまくって大変なことになる滝汗

③マレーシアの海外法務担当
 ⇒お祈りばかりして全くお仕事をしない方々を相手に
  イライラの日々を送るムキー

④ICカードの開発担当
 ⇒よくわからずにマニアックな研究者だらけの環境に
  放り込まれて放心状態にガーン


と苦労したことしか思い出せませんが(笑)
個人的には、「色々と経験させてもらってよかったなぁ~ニコニコ
と思っています。


前述のとおり、特に自分でやりたいことや自分の特性
などを深く考えずに入社したので、自分探しという
意味でとても良かったのです。


古き良き時代ですね。



ところがですよ。


最近は「ジョブ型雇用」が主流になってきて
全く違う生き方を会社員はしなければならないみたいですね。

日立製作所が全社員をジョブ型雇用に切り替えたという
記事が先日日経新聞に掲載されていました。

「ジョブ型雇用」とはその職務内容が最初から明確に
決まっていて雇用する形態のことを言います。


だから前述の遠藤の例のように色々な部署/仕事を
経験させると言うようなことはさせずに、専門に特化して
社員を雇用し、そのお仕事だけをさせるということです。


ということは、

「私は特に自分の専門/やりたいことは決まってなくて。。。笑い泣き

というような人は、生きずらい世の中になってきたという
ことですね。



このように、

=============
自分の専門を明確にする
=============

ことが世の中に求められているのは
何も「ジョブ型雇用」に限らず他にもたくさん
あります。


その中でも、

****************
士業の先生方
****************

はそうです。


もう、弁護士、税理士、司法書士、行政書士、弁理士と
言った「資格」だけを名刺やホームページに書いても
相手にされない時代になりつつあります。


「私は弁護士です!ニコニコ

と言っても、


「で??ご専門は?びっくり

と質問される時代になっていくということです。



これ仕事を依頼するクライアントからするととても
良いことです。


例えば普段、殺人事件の弁護や離婚訴訟ばかりやっている
弁護士の先生に、

「フランチャイズの契約書を作ってください」

とサポートを依頼しても、ろくな結果にならないのは
火を見ることより明らかなのですが、そのようなおかしな
ことが一昔前は平気でまかり通っていましたアセアセ


そして今だに一昔前のやり方をしている(=自分の専門を
明確にしていない)先生方はたくさんいらっしゃいます。


特に「●●事務所」などと事務所名だけをHPに掲載している
先生はその傾向が強いです。


あなたも士業の先生方を探す際にぜひ参考に
してみてくださいね^^



下記のプレセミナーでは上記の他にも
「世の中の士業の先生の知られざる実態ガーン」に
ついてその前半部分で詳しくご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓
***********************************************
プレセミナー/説明会(※ZOOM開催)
業務提携契約認定マスター6カ月コース(第3期)
↓ ↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/b3x9t
(士業/コンサルタント向け)

https://peraichi.com/landing_pages/view/ofy29
(経営者向け)
************************************************

この話を初めて聞く経営者は、

「ええっ???そうなの^^;」

と驚愕されることが多いです。


もしあなたが過去に業務提携の契約サポートを
士業の先生にお願いしたことがあって何かおかしな
対応をされた経験があるのなら、きっとその原因が
明確になると思います。


そして2度と士業の先生選びで失敗することは
なくなるでしょう。



もしご興味があればぜひ参加してみてくださいね^^





今日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>