業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

99.9%の確率の負けをひっくり返す方法とは?


2024年は「セルフイメージの限りないスケールアップに挑戦する!
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。



最近、ネットで昔流行ったドラマ
『99.9刑事専門弁護士』をまた見ています。


恐らくこれで5回目ですが
何回見ても飽きません爆  笑


全ての推理物、法廷物、刑事物にあるように
このドラマもストーリーが二転三転するので
見ている方も謎解きをしているような感じに
なって見応えがあります。



ちなみにドラマタイトルの99.9というのは、


「刑事事件で検察が起訴した場合において
 裁判で有罪になる確率=99.9%」


のことです。


日本の警察は優秀ですし、検察は有罪にできる事件しか
起訴しないので、このような高い確率になるのだそうです。



でも嵐の松潤が扮する主人公の深山弁護士は、
その残り0.1%の可能性に隠された事実を突き止めて
絶対に有罪間違いなしと誰もが思った被告人の無罪を
次々と勝ち取って行くのが、このドラマの見所ですウインク




起訴された被告人に深山弁護士が必ず最初にする質問が、


「じゃ~まず生い立ちから教えていただけますか?口笛


です^^



もちろん周りの弁護士は、


「はぁ?そんなもの事件と関係ないだろ?えー


と彼をたしなめようとしますが、
深山弁護士は絶対にこのスタイルを
崩しません。



要は、

===================
どんな小さな情報でも軽んじることなく
納得の行くまで調べる!

===================

という姿勢が徹底しています。


そしてその小さな小さな調査の積み上げが
最後は必ず残り0.1%の可能性の扉をこじ開け、
被告人の無罪へとつながっていくのです。





このように、

=============
どんな小さなことでも
納得の行くまで向き合う。

=============

ことが重要なのは業務提携の契約交渉でも
同じです。


って言うかもっと正確に言うと

=================
小さいか大きいかは交渉の最後まで
わからない!

=================

ことも多いのです。


取るに足らない小さなことだと思っていた
契約条件が、実は後になってとんでもなく大きな
ポイントだった・・・なんてケースがあるのです。


ところが多くの経営者は自分の勝手な思い込みで
大きなポイントだと(勝手に思い込んでいる)部分だけ
相手と合意すると安心してしまい、


「後は任せた!爆  笑


とスタッフに任せてしまったり、
相手の自由にさせてしまうことが多いのです。


そして契約締結時または契約締結後1年ぐらいして
トラブルが起きてから、


「えっ?そんな契約条件になっていたのか???滝汗


と愕然とすることになります。



よってあなたも業務提携の契約交渉に臨むときには、
深山弁護士を見習って、

=============
どんな小さなことでも
納得の行くまで向き合う。

=============

という基本スタンスで臨むことを
お勧めしますよ^^





今日も最後までお読みいただき誠にありがとうございましたm(__)m

=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================

業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

「あの人はお金持ちなのにケ●だ!」と言う前に・・


2024年は「セルフイメージの限りないスケールアップに挑戦する!
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。



「あんなにお金持ちのくせに・・・汗うさぎ


と思わず感じてしまう人って
あなたの周りにいませんか?


●●百億円の資産家でありながら、
10円、20円のことで目くじらを立てたり
値切ったりする人を見ると、思わずそう感じてしまう
ことがあります。




でもこれ、
2種類のお金持ちがいると思うのですよ^^


一つは単にケ●で、お金大好きで、
とにかく1円であろうと損はしたくないと
思っているお金持ち。

そしてなぜか
いつも自分のお財布の中身を心配しているお金持ち。


こういう人にはあまりお近づきになりたくないですよね?




次に二つ目は、

===================
商品/サービスの価値をいつもシビアに
見極めているお金持ち

===================

これは尊敬に値すると思うのです。


後者のお金持ちは、
提供される商品/サービスの「価値」を、
ありとあらゆる情報から見極めることが
できます。


そして、

******************
価値 < 値段
******************

であると判断すれば1円たりとも支払わない!
というだけなのですよ。


逆に、

******************
価値 > 値段
******************

であると判断すれば●億円でも「ポン!」と
支払うのですびっくり


もっと言うと、
銀行から借金してでも支払いますびっくり



ところが多くの人はこれができません。
世の中の大部分の人は、

***************************
自分のお財布の中身 < 値段
***************************

みたいな考え方をします。



冒頭に書いた、

「あんなにお金持ちのくせに・・・えー

というセリフが口癖になっている人は
特にそうです。


あなた自身はどうでしょうか?^^






このように、

===================
商品/サービスの価値をまず最初に
シビアに見極めること!

===================

は業務提携の契約交渉でも必ずやらなければ
ならないはずなのですよ。


ところが実際のところはどうでしょうか?


交渉が始まるや否や、

「これ、いくらですか?びっくり

とか、

「見積もりをお願いしますびっくり

と言う中小企業の経営者/現場担当者が本当に
多いです。


本来であればその商品/サービスに関わる
諸条件が詳細に決まっていなければ、
相手から値段を聞いたところでそれが
高いか安いかは判断できない
はずです。



だから、
上記のような行動をとる中小企業の経営者/現場担当者
の考え方はまさに、

***************************************
自分のお財布の中身 < 値段
***************************************
です。


これでは交渉者の資格はないですよ汗うさぎ


っていうか交渉する意味がそもそもないです。
自分のお財布の中身だけチェックすればそれで
意思決定できる訳ですから汗うさぎ



このブログをお読みいただいている
あなたはぜひ、

******************
価値 > 値段
******************

の考え方で常に契約交渉に臨み、
実りある業務提携を実現してくださいね^^







今日も最後までお読みいただき誠にありがとうございましたm(__)m

=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================

業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

降りかかるトラブルは自分を押し上げてくれる!


2024年は「セルフイメージの限りないスケールアップに挑戦する!
業務提携契約ガイドランナー 遠藤です。



先日、Facebookで興味深いコラムを
シェアしている方がいたので遠藤も引用させて
いただきますね照れ
↓ ↓ ↓ ↓
=========================
ある農夫のロバが、枯れ井戸に落ちてしまった。!!

どうやら大怪我を負ったようで、もう農作業には
使えないだろう。


ロバが哀れな声で鳴き続ける間、
農夫はどうしたら良いか考えをめぐらせた。


結論が出た。


ロバはもうかなりの歳でその上、
大怪我をしているのでもう使えない。

また、
この井戸はいずれ埋めなければならない井戸だ。
ロバを引っ張り上げることに、意味はない。

よってかわいそうだが、
このまま生き埋めにしよう(><)


農夫は近所の人々全員を呼び集め、手伝いを頼んだ。
人々はショベルを手に取り、土を井戸に放り込み始めた。


「ヒヒーン!!」


初めの頃は、土が放り込まれるたびに
苦しいのか、ロバはひどく鳴いていた。



ところがその後、ロバは静かになった。

その後、何杯か土を放り込んでから、
農夫は井戸の中を覗いてみた。



すると








驚愕の光景がそこにあった。





ショベルで落とされた土がロバの背中に当たる度に
ロバは体を震わせて土を落とし、踏み固めて登って
いたのである。


農夫の隣人達がショベルで土をかける度に、
ロバは土を振り落としてまた登る。


そのうちに
ロバはついに井戸の縁にまで達し、
嬉しそうに地面に駆け降りたったのだった!


◆教訓◆

人生はあなたの上からトラブルと言う土を
落としてくる。

土の種類は様々だ。
井戸から脱出するためには、土を振りはらい、
踏み固めて登るのだ。

全ての土(=トラブル)は、
踏み台であると考えよう。


休まず、あきらめなければ、
どんなに深い井戸からでも脱出できる!
振りはらって登るのだ。

=========================


いかがでしたでしょうか?


何かあなたの気づきになったのであれば
嬉しいですが、実は業務提携の契約交渉でも
結構、似たようなことが起こります。


このブログを読んでいると、
毎回毎回遠藤がサポートしているクライアントが
契約締結に無事たどり着いているような印象を
受けるかもしれません。


遠藤自身も契約交渉に出ていた時は連戦連勝で
契約をまとめていたかのような印象を受けるかも
しれませんが、実際は失敗して途中で交渉決裂して
しまったことの方が遥かに多いです(><)


せっかく契約締結しても、
1年も経たずにトラブルになって契約解除に
なったことも数知れずえーん


年間弁護士費用を1億円以上も使って
裁判ばかりしていた時期すらあります。


ま~、要は
土(=トラブル)が毎回毎回頭の上から
降ってくるような状況だった訳です


それでも降ってくる土(=トラブル)
毎回、悪あがきして振るい落とし、
踏みつけて土台にしてきたからこそ今が
あるのは間違いないです。


あなたが今後、
業務提携の契約交渉に挑戦することがあれば
きっと似たような状況になるはずです。


「ドサッ!」


と大量の土(=トラブル)が降ってくることは
容易に想像できます。


そんなときは、
今日のブログの記事を思い出し、
一生懸命悪あがきして土(=トラブル)
振るい落として次への踏み台にしちゃってください。


ご自身の足元を踏み固ることをあきらめなければ
どんなに深い井戸でもいつか必ず脱出できますよおねがい






今日も最後までお読みいただき誠にありがとうございましたm(__)m

=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================

業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
フランチャイズ契約書・FC契約書ドットコム
契約書・覚書サポートセンター
販売店契約・代理店契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>