マルハビ日記

マルハビ日記

マルチハビテーション・田舎暮らしなど移動しながら仕事をする会社員のお話。
都会暮らしを残しつつ、田舎にも生活の拠点を持つ‥‥。理想的な生活だと思います。
そんな双方生活の面白い??話 移動しているといろいろ考えてしまいます(笑)

東京のマンションの朝です。ニュースではCOP25の話題が流れて、グレタさんが素晴らしいというお話まで出ている。日本は化石賞という表彰も受けて本当に名誉である。何も恥ではない。ほとんどCOP自体がアホな若者のノストラダムス大予言的な集会になってきているので、何も恥じることはないこんな行事に国際的にお金を出すことを辞めたらいいし、日本も参加を見合わせるべきだとこの頃ニュースを見ながら思ってしまう。

 

条例締結国会合なので、何も意味もない行事である。3文字略称で言うので皆さん非常に素晴らしいものだと思うのだが、カタカナであえて書くけど、カンファレンス オブ パーティの略である。このパーティは締結国を意味するので本当に締結国の会議なのである。ちゃんと訳すると、条例国の宴会と訳せばいいのである。たぶん皆さんこれを理解していなく、COPと言うと何か大変な会議のように思うのだが、まー簡単に言うと環境系の国の色々な人が集まる宴会みたいなものである。

 

どこかの局が化石賞の表彰式の映像を流していたが、本当に子どもの行事みたいなものでつい最近やっていたノーベル賞とまったく異なるのである。少し表現は悪いのだがこれを理解していない人が多いので非常に困る。小生も説明が面倒なときはこの話題を使ってここらへん非常に短縮するので便利と思いながら使っている。(笑)

 

アホな人たちが集まるので素人受けすることばかりするし、少しつるしやすい人をやる風習もあるし、事実を言うとまた困る。本当に化石賞を与えるならトランプさんとか国家的に言うと石炭大好きなポーランドあたりが本当には順当な表彰対象だが、トランプさんやアメリカにしたら、あほらしいと子供のバカ騒ぎを本当にきつくしかり飛ばすので怖いからやらない。ポーランドが石炭に頼っているのは、国家から出てくる重要な資源でそれを環境によいものに変えると、ドイツから再エネを買うか、ロシアからLNGを買うかになり、国家安全上ありえない話になる。

 

従って面白く叩きやすい日本をともある。日本人は国際会議で事実を説明する場と真面目に考えるので、コストも考えてしかもCo2排出を少なくする会議だから別に新技術で石炭を使ってもいいのである。本質はCo2削減なのだが、アホな子供たちみたいな人達は、まったくこの意味を解らなくしていて、ノストラダムス大予言的な環境活動パーティになっている。

 

これを俯瞰してみると良くわかる。例えばフランス、マクロンさんが環境のために炭素税を多く取ると言った途端国民は黄色いベストを着て反対運動をしてその法令は撤回された。基本みんな環境は守ることは必要だがその前に生活があるという結論でこれが答えである。

 

この答えが責任ある人間の答えだと小生は思っている。環境は大事だが生活も大事である。この嘘に関しては少し??と思いながらニュースを見ている。どうして小泉さんは行くのだろうか。行く必要がないと小生は思っているし国家的な代表団も税金から出す必要はないと思っている。ここらへんちゃんというのはF井Gさんくらいか(笑)

 

 

東京のマンションの朝です。月曜に霞が関で1時間以上もプレゼンしたのだが、昨日突然、再度上席にプレゼンをしてくれとメールが入る。年末のスケジュールも非常に多忙であって、実はなかなか調整できないのである。トホホな日程と思いながらスケジュールを調整する。会社的には役員クラス対応の上席なのだが、実際はこの手の詳しい説明は誰も出来ないので、小生はすることにする。その方が多分その方にもいいだろうと思いながら。

 

働き方改革と言われているのだが、小生の勤務時間は激務になってきている。実際仕事が働き方改革で寄ってくるのである(笑)で話題的にMS様のO365と働き方改革を少し書きたいと思います。このMS様が全て働き方改革で儲けていると言ってもいいのである。

 

実際、ほとんどの企業でO365導入とともに働き方改革が始まり、オフィスレイアウトがフリーデスク、ABWとなっていく。個人の賃金分はすべてMS様のメンテ代にかかるというビジネスモデルである。MS様も良くわかっていて、働き方改革情報を上手にリリースしている。例えば、働き方改革意識、実態調査とかをグループ全体で調べて、上手にこのように言っている。

業績好調な企業の40%は働き方改革を実行しているというのである。実際このように聞くと働き方改革をしたら業績がなんとかなるように思う。これが統計と言い方の絶妙なPRである。その後に働き方改革では特にITツールの導入というのである。まだここでもO365とは言わないのである。

 

よくよく考えてみれば、ノー残業デーとか育児休暇を働き方改革の統計に入れているので、これは実際ITツールの導入とか関係がないのである。ここ絶妙でして、この嘘をみんな信じてしまうのである。

 

統計的に正確に言うと、ノー残業デーや育児休暇などの改革をしている企業数は厚生労働省の指導などもあり、ほとんどの企業で実施されている。企業の業績は金融改革(リフレ政策)で、実際ITツールと業績好調は実は何も関係ないのである。

 

これ人が買い物をしたくなる微妙な感性をくすぐってビジネスにしているのである。少し忙しいときの方が人は買い物をするのである。従って少し忙しい、好調でしょと言って上手にITツールをというのである。しかしITツール導入にはコストが掛かるので上記働き方改革の言葉を使い、上手に社員の給料から裁量労働的な部分を削減していくのである。

 

これによって人は選別もされていくのである。ITツールとコミュニケーション中心の社員には仕事が集まり、作業の人という風に組織も分かれていくのである。この一番効果が出るのが、間接部門で間接部門の業務系社員が本当に集約できるのである。そうなると育児休暇を取りながら働けるとか(ちょっと表現が良くないけど、育児をしながら働ける)本当に会社の仕事がいつでもどこでも安全にできるのである。しかし大変なのは、裁量労働をやめてIOT機器を入れたので、この労働手法は導入できないのである。

 

従ってスマートワーク労働というのを認めるという方式をとるしかない。これ働く場所は少し自由にするので手当を出すという制度である。首都圏とか都市部の業務系の社員をメインにして、10時間程度の残業代を出す。モバイル勤務である。会社が契約したサテライトオフィスなら勤務可能という制度である。手当は手当で、残業代は別に出せばいいのである。

 

これが実は大きな解決策になる。業務系の仕事はこれによって全体コストダウンが可能であるし、標準化していくのである。そしてその業務の場所は集約されていくのである。しかし企業が業務系作業をどこでもでやるのは非常に乗り越える課題がある。銀行などはそんなことってなるのだが・・・実際ここが一番おいしい市場でもある。

 

IMG_4129.jpg

 

この2匹と嫁には働き方改革ということはない。癒しだけである(笑)

 

東京のマンションの朝です。昨日は1時間ほど霞が関でプレゼンしてしまう。ヒアリング時間は1時間だったのだが、1.5時間にもなり、ヒアリングしている人たちも非常に楽しく聞いていた感がある。小生は霞が関でプレゼンするときは、絶対に形容詞をしっかり使って説明することと実績をなるだけ、記事とか冊子になったものでもっていくことを心掛ける。

 

この考えは重要でして、絶対にやれることをしっかり見せて、彼らも耳学問なので耳学問であれば知っている人からしっかりと形容詞で聞くことが重要なのである。抽象的な話と抽象的な話であると何も進まないのである。

 

ほとんどの街づくりで大きな課題は、3つくらいに実は集約できる。

①    歩いて暮らせる便利な街

②    エコで低炭素、持続可能

③    街の中心を活性化して、コンパクトにする

このような課題がほとんど共通で話させる。スーパーシティ(内閣府)だろうかスマートシティ(国土交通省)だろうが、スマートコミュニティ(総務省)だろうが、地域循環共生圏(環境省)でも同じである。

 

歩いて暮らせる便利な街というのは、歩道がある程度の広さがあり、その歩道に楽しいものがないといけない。これ歩道だけ田舎なので広く出来ている道路行政ではなく、広い歩道で歩けることが必要なのである。大丸有にあるような楽しさが必要なのである。そうなると街にはサイネージやWIFIと言った仕掛けが必要でそれをどうやって運用していくかである。これある程度法律も見直さないといけない。例えば、屋外広告であったり、電気工作物(変電設備)の上であれば電気関係の法律も見直しが必要である。このように単純に歩ける街でも運用を考えると、必要なサービスはこのような形であり、データ連携する姿も見えてくるのである。

 

エコで低炭素、持続可能も同じで、単純に考えると、電気代で再エネが運用出来ていればいいのである。それなら実装可能な住宅からグリッドパリティ、ストレージパリティを実行していけばいいのである。それだけである。そのような形にするなら重要なのは、この再エネを運用するための実行方法を考えるだけである。

 

街の中心をつくりコンパクトにするには、やはり商業施設とか役所、学校というのが街の中心にあり、その機能を生かすことが重要でその先は、キャッシュレスや包括医療ケアであったり、巡回バスを用いたMaaSであったりするのである。

このように課題から想定するサービスを考えどのように都市計画に落とし込んでいるかなどをしっかり設計することが重要なのである。

 

しかし自分でもしゃべっていて思うのだが、これだけのノウハウを良くため込んだと思ってしまう。本日午前中は銀行さんと新規のビジネスの打ち合わせをして、午後は日本の最大の自動車会社である。しかしこんな最先端がやれるのは非常に楽しいと思いながら・・・

 

IMG_4083.jpg

データ連携がうまくいくと儲かるのはこの企業だけどね。この未来解っているかなって思いながら。テンプスタッフの会長を見る。

どうせならどこかの自治体は派遣業を条例で禁止するようなスーパーシティ提案を出来る勇気ある自治体はないだろうか。(笑)