まると良子の生活
にゃー公演情報にゃー



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

エビスビールの話

沖縄がとても好きで、結婚してからは年に1度は訪れています

海沿いの景色を見ながら音楽をかけてドライブをしていると

嫌なことがぜんぶボーーンっと空に吸い込まれていくような感覚になります

去年のお話

夜、ご飯を食べて

ホテルまで歩いて戻っていた帰り道

道路の真ん中に、小さな小さな仔猫の亡骸が横たわっていました

車通りもかなり多い道だったので

もう、反射的にその子を抱えに走っていました

手の中にやってきた小さな子は、やっぱりもう息はしていなくて

二人でわんわん泣いてしまいました

泣きながら、この子をどうしようかとオロオロしていると

お家の外でタバコを吸っていたお兄さんが

『どうしたのー?』と声をかけてくれました

お兄さんに事情を説明すると

自分の家のお庭に、埋葬してあげても良いよと言ってくれました

わたしには、彼の声は世界で1番優しい声に思えました

手でお庭の土を掘っていると

『コレ使ってー』と

スコップを持ってきてくれ

それでも土はかなり硬く、あまり掘り進めず苦心していると

『コレも使ってー』と

今度は植木鉢いっぱいに入った柔らかい土を持ってきてくれました

2人でなんとか埋葬を終えて

お兄さんにお礼を言おうと戻ると

『コレ飲んで辛いこと忘れちゃいなねー』と

キンキンに冷えたエビスビールのロング缶を一本、手渡してくれました

もう…我慢してた涙がまた溢れて大変でした

沖縄の方特有の語尾が少し伸びる言葉が、あたかかくて、優しくて

ホテルに戻って、そのビールを2人で分けて飲みながら

また、わんわん泣きました

あれ以来

私はどうしようもなくつらい事があると

エビスビールをお家で飲みます

お兄さんの世界で1番優しい声が

私を助ける魔法の言葉になりました

エビスビールをのむたびに

きっと一生

あのお兄さんと、猫さんのことを思い出すのだと思うのです

どうしようもなく辛い気持ちは

どうしようもなく温かい気持ちと共に

私の中で忘れられない記憶になりました

お墓参りする為だって言い訳しながら

これからも沖縄通うんだぁ🌞

なんだか不安でしんどい毎日ですが

振り返ったときに

でも、こんなステキな事もあったよねって

そんな風に思い出せるよう

楽しく優しく暮らせますように✨




太陽の子

『ちゃんと居たよ』

ラストシーン

シェリーニの書いた本を読みながら

神父様が本当に優しい声で語るこの言葉

舞台の袖でアンナと2人

体育座りをしながら毎日見ていたのですが

この言葉を聞く度に

どこかに名前を残す事が出来なくても

今この瞬間

この舞台を見た誰か1人でも良いから

私という人間が

『ちゃんと居たよ』って

そう、かすかにでも覚えていてくれるように

命を燃やして生きたいなと

そう思っていました

そんな、毎日でした

受け取るものが多すぎる日々でした

お稽古場で

どんなに大変で悔しくても

いつも笑って踏ん張っていた姿も

舞台上で

すれ違って喧嘩して

それでもずっと支えてくれた弟としての姿も

私には、紛れもなく太陽でした

ありがとう

わたしはスーパーで30%引きのお魚とか見つけると

「今日食べるから平気だもーん!」と喜び勇んで買い求めるような庶民なもので

偉い人って…生まれながらに王族って…出来るのかしら…

と、30%引きのサバを美味しく食べながら思ったりしていたのですが

どこに生まれても

どんな立場でも

大切な人をただ守りたいという気持ちに変わりはないのだと思います

自分以外の誰かを

自分よりずっと大切に思える人生はきっと幸せなのだと思います

今回ね

とっても好きだった台詞

あなたは優しい人ですねって言われたシエルが

「そんな事ない。そうだとしても、教えてくれたのはテイラーだ」って、祈りの先に言う言葉

この言葉が…たまらなく好きでした

私にとってのテイラーは

きっと西田くんで

いま、こんな風にお芝居をして

皆様からお手紙をいただき、温かい言葉をもらったりする幸せな自分だけれど

お芝居をする全てを教えてくれたのは西田くんで

シエルのように、まっすぐには進めないけれど

自分をつくってくれた人を絶対に裏切らないようにいたいと、そう思いました

なんだか

本当に色んな事を感じた公演でした

共演者の皆様

本当に…本当にステキで

ねぇ、また会えるよね?と

1人1人に確かめたくなった千秋楽でした

有難うございました

国が壊れて庶民に戻ったわたしは

今日も、サバ食べます🐟







25年

私は、海を挟んで淡路島の見える海岸通り

垂水区に父と私、猫の甲子郎、犬のナナと一緒に暮らしていました

母は長田区に祖母と2人で

25年前

高校3年生だった私は

受験の為朝まで起きて勉強していて

そろそろ寝ようかと猫の甲子郎とちょっと遊んだりしていました

楽しく遊んでいた甲子郎が

何かに怯えて急にどこかへ雲隠れしてしまい、どうしたのかと思っていたところに

ドカーンと大きな音がして

信じられないほどの揺れがやってきました

少しおさまったところで

父と2人で少し離れたところにあった駐車場に向かい

車の中でラジオをつけて、何が起きたのかを知ろうと必死になっていました

当時父は仕事の為

週に2度しか家に帰ってこない生活だったので

あの日、家にいてくれた事が本当に幸いでした

数日して

連絡のとれない母を探すために

父と2人で何時間も歩いて、長田区へ向かいました

長田は、教科書でみた戦後の焼け野原のようでした

一階が完全に潰れてペタンと崩れている家

まだ、煙のあがっている場所もたくさんあり

焼け落ちた電線が、パチパチ言いながら垂れ下がっていて

それを注意深く抜けながら歩きました

わたしは

無意識に、いろんなものを見ないようにしていたような気がします

怖すぎて、コレは現実ではないんだと思おうとしていたこかもしれません

幸い母も祖母も無事で

祖父を亡くしたばかりで気落ちしていた祖母は

逆境に立ち向かおうとむしろ元気を取り戻していました

『また明日ね』と学校で別れた友達と次に会ったのは

2ヶ月以上経った後の、卒業式でした

6年通った山の中腹にある私達の学校は

古い古い校舎であったにも関わらず、その場所で待っていてくれました

あの大変な中、卒業式を行なってくれた学校にはとても感謝しています

卒業の日に担任の先生からもらった

『もう終わりだと思ったところからが始まり』という言葉は

私の胸の中にまだ強く残っています

私は

『頑張れ』という言葉がとても好きです

苦手な方も多いかとも思うのですが

当時

『がんばろうKOBE』と

いろんなところで見たあの文字は

絶望のふちにいる顔も知らない誰かと

肩を組んで立ち上がる合言葉に間違いなくなっていた気がするんです

どうしたって

頑張るしかない時がある

頑張れって誰かに言うことで

頑張れる事も沢山ある

そう、思うんです

25年経った今日

わたしは、わたしの場所で

頑張る。







今年の事。来年のこと。

年に1回のブログみたいになってますね。。

それでも読んでくださる方

本当に感謝です


ルシール先生から始まった
2019年

劇場入りの日に
お財布を紛失するという
悲しいスタートだった事を覚えています

今年は失うものが多かったなと思います

本当は手に入れたものの方がずっと多いのかもしれませんが

『失う』と、その衝撃と心のポッカリがずっと続くので

心がうまく追いつかなくて、そう感じてしまっているのかもしれません


言葉というものについて

色んな事を考えた1年でもありました

年の瀬、ふともらった元劇団員からの連絡に

『良子さんが昔言ってた、この言葉が僕のバイブルです』とあって

私はその言葉をすっかり忘れてしまっていたのだけど

そう言ってくれた彼の言葉に、わたしが救われたりもして

言葉の重みと、責任を感じたりしました

劇団のことも、沢山想いました

随分と昔の作品を再演する機会もあり

思い出と今とが、心のなかでごちゃ混ぜでした

劇団員で争いながら、騒ぎながら作品を作っていたあの頃

ステキな役を沢山頃残してくれた当時のメンバー達に、心から感謝しました

必死に生きたあの頃が

今をつくってくれてるのだと

そう思うと、みんなに会いたくなりました

新しい出逢いもたくさん

勇気を出して踏み出した一歩は

小さな小さな一歩だったかもしれないけれど

特大の素敵な出逢いになったりしました



1人で物語を語る…難しさを感じたりもしました

怖かったよぉ


ずっと夢見てた物語を

生きる事が出来ました

怒りっていう感情は、愛情にとっても近いところにあるのかもなぁと思ったりしました


再会して

わたしはこの人のことが

こんなに好きだったんだなぁと

そう思う事が沢山ありました

また会いたい

そう素直に思える事が、幸せでした


自分の中には、色んな『本当』があるのだなぁと思ったりもしました

どの役をやっても、そう感じました

『本当』は、増えていくものなのかもしれないです


西田くんの夢の先

もし許されるのなら

一緒に見てみたいと思いました

それが、わたしの夢です

来年は

実は少し休もうと思っています

ずっとずっと

忙しいことで、自分を満たしてきたけれど

そうじゃない毎日で

満たしてみようと思っています

出来るかな✨

出逢って下さった皆様

1年、本当にありがとうございました

穏やかで優しい年の瀬を

皆様が過ごせていますように…。







舞台「ヒューマンエラー」

 出演舞台のお知らせです


ピウス企画

【ヒューマンエラー】


脚本・演出:広瀬 格


劇  場 :中野ザ・ポケット

公演日程:2019年8月8日(木)~8月18日(日)


8/08木 19:00
8/09金 19:00
8/10土 13:00 / 18:00
8/11日 13:00 / 18:00★
8/12月 13:00 / 18:00★
8/13火 19:00
8/14水 19:00
8/15木 19:00
8/16金 19:00
8/17土 13:00 / 18:00
8/18日 13:00 / 18:00


★:アフタートークショー

公演サイト:ピウス企画公式ブログ


チケット:S席7000円

      A席6000円

      2ショットチェキ付きS席8300円

      2ショットチェキ付きA席7300円



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>