マロンの8月(2003-2009)

テーマ:

ドナさんから「親バカフォトバトン」を託されました。

ルールを良く知らないのですが、小生のブログは全てマロンへの親バカなので、

ブログを続けることでバトンを受け取ったことにしてください。

 

で、マロンの思い出8月編

 

2003年8月、マロン1歳8ヶ月。

遊びに行った高麗川で川遊び。呼ぶと、ためらいもなくジャブジャブと。

この年はマロンを泳がせるという発想はなかったなぁ。

まだ高麗(こま)に家がなかったので、ずぶ濡れは避けたかったしね。

 

2004年8月、昼飯作りをする兄さんのお手伝い。

この年の、友人宛マロンメール:

2004.08

 

マロンの朝の散歩から、暑い!

帰ったら、マロンの足を洗って、身体を拭いて、

待ちかねているから朝ご飯(固形のドッグフードに大さじ一杯の缶詰の肉&野菜をまぶす)と

粉ミルクを溶いてあげる。

「待て。父さんを見てる?」

マロン、じっと見つめる。

「よし!」

がつがつ、ぺろぺろ。

 

食事の後は、健康と美容のために続けている目薬。

実は、マロン、目薬きらい。

でも、その後の、ごほうびのジャーキーは欲しい。

「マロン、目薬だよ」 しばらく逡巡。

やがて意を決して、ベンチにあがる(そこで顔を固定されて、点眼)。

でも、イヤだから、ベンチのすみの方に顔を隠そうとする。

「えらいねぇ、イヤなんだけど判ってるんだよねぇ」と、

顔を持ち上げて、目薬をさす。 おわり!

「さあ、ジャーキーちょうだい!」、目が輝いている!

 

さて、それからお父さんは散歩の汗流しのシャワーだよ。

 

翌2005年8月の写真ですが、点眼前後

 

嫌だな、、、。                  さぁ、ジャーキー!

 

2007年8月、

預かった K にお昼を食べさせたら、

マロン「わたしのは?」

K はテーブルに足あげて、行儀良くないね。

 

2008年8月、高麗の家でくつろぐマロンに話しかける K 。

戸惑い気味のマロン。

 

2009年8月も、高麗川で川遊び。

水しぶきが顔にかかって半べその K に、マロン「どうしたの?」

 

   *********************************************************************************

 

実のところ、先月末から、マロンのことを書くのがちょっと辛いなという気分になっています。

夏になって、「去年の暑い夏をマロンは良く頑張って乗り切ったなぁ」という思いが強まるからか、、、。

 

マロンの7月(2006-2011)

テーマ:

今週末は台風上陸の恐れもあるとの予報ですが、今日はまだ暑かったなぁ。

 

さて、マロンの思い出:

2006年7月23日、マロン4歳。

できたばかりであまり整備も手入れもされていない六仙公園は利用者がほとんどなく、リードを外してボール取ってこい遊びができました。

 

2007年7月24日、朝食後のヨーグルト。

どうして真剣な顔して母さんを見ているの?

 

2009年7月27日、マロン7歳のお尻。

     マ「今日も暑いねぇ・・・」

 

このころの友人宛メール:

おっ! 雨が降ってきたぞ。

マロンは晴れ女でね、散歩の時間になると雨が上がっていることが多いんだ。

時には休みたくなるんだけど、「仕方がない。よし、マロン行くか。」

と、なってしまう。

でも、今日の夕方は休めそうだぞ。

   (しばし間があって)

言わないことではない。

あれほど激しく降った雨が6時にはあがったよ。

マロン、2階に上がってきて「散歩行こうよ」

やれやれ。

でも、雨で気温が下がり、涼しくて気持ちが良かった。

東の空には虹も架かっていたし。

 

2010年7月7日、マロンの子育て。

赤ちゃんはご存知パンちゃん。

 

2011年7月17日、車でお出かけ、ルンルン。

同行者と行き先は、

Ry一家と高麗川で川遊び。マロンはここでもボール遊び。

 

   *********************************************************************

 

今日、母さんが買い物ついでにアイスクリームを買ってきた。

父の分は例によってバニラアイス。

無言で口に運びながら、マロンと一緒に食べたいなぁ、と思った。

マロンの7月(2005年)

テーマ:

ブログを始めるまでの写真が少ない。

時間を巻き戻したいくらい残念!

 

2005年

「父さん、ニボシちょうだい!」

ちんちん。

この後さらに、

後ろ足で立ち上がりました。若くて脚力があったんだね。懐かしいな。

 

当時の友人宛のメール、マロンとの暮らしがよほど嬉しかったのか、3通もある:

 

2005.07.19

今日は久しぶりにいい天気だったので、マロンの散歩もすこし遠出(といっても市内)。

マロンは暑かったのか、自分から川の中にじゃぶじゃぶ入って行って、

浅かったせいもあるけど、川を渡って向こう岸にあがってしまった。

どうするのかしら? と少し心配でしたが、しばらくして、呼ぶと

ちゃんと川をまた渡り返して戻ってきました。

エライ!

     これは2005年9月の写真だけれど、こんなイメージです。

 

2005.07.27

昨日の夕方、

マロンは散歩の途中で立ち止まり、ややあって、

くるりと向きを変えて、

すたすたと家路につきました。

 

すごいなぁ! 暑かったからなぁ。

行くべきか、帰るべきか、考えたんだぜ。

     これは2010年の写真ですが、考えている時はこんな様子です。

 

2005.07.31

やっぱり、もんくを言いたくなるほど暑くなりました。

日曜日の今日の午前は少し遠回りの散歩。

マロンは父さんと母さんがついてくる散歩は遠くのルートを選ぶんだ。

みんな一緒だと散歩がいつもより嬉しいんだよね。

面白いよ、いつか云ったと思うけど、通常ルートの最初の曲がり角(左折)で

曲がらないように、道の反対側(右)に寄って歩くんだ。

 

「今日はここは曲がらないよ!」との意思表示。

ほんとにいろいろ考えている。

 

という次第で、川に行き、水遊び。

東久留米は湧き水を水源とする小川が多く、夏は水が冷たくて、

中にはいると、足首まででもいい気持ち。

マロンさんのおかげでした。

2005年の夏には、まだ六仙公園はなく畑地と宅地でした。

六仙公園ができるまでのマロンの散歩コースです。

この数日、何人ものブロ友からネジバナの便りがあり、うれしく拝見しています。

 

マロンの公園のネジバナはそろそろ終わりかけていますが、

先日、「!」と思うネジバナに気づきました。

「!」とは

「ネジバナは、右巻き? それとも左巻き?」です。

答は、ご覧のとおり、両方あるんですね。

何が違って、巻き方が異なるんだろう?

この花、6月21日にアップしたのと同じ花なんですよ。先の方まで咲きました。

 

6月末に関東の梅雨明けが発表されましたが、

そんならもっと早くに明けてたんじゃないかと思うくらい炎天が続いています。

そんな中、庭に吊るしてあるフウランが咲きました。

フウラン、フウラン、ランさんの花。

去年はなぜだか咲かなかったんだよね。

 

昨日は、K & R 一家と高麗に、

ヤマモモ摘みと、

ジャガイモ掘りに行きました。

立派なジャガイモがたくさん取れました。このイモ、K&R が手伝って植えたんだよ。

収穫は多かったけれど、

マロンが居ない庭は、、、さみしいね。

   ************************************************************************************

 

さてさて、7月のマロン:

2002年、

まだ0歳だぞぉ。

2003年は写真なしで、2004年2歳

母さんにおんぶされて得意げなマロン。

この夏は高麗川で泳いだんだよね。

ボールを捕まえ損ねて、「命が大事!」

 

例によって、友人に宛てた自慢メール(2004.07.11)

Subject: マロンがわかることば

とうさん

かあさん

マロン(自分)

ごはん

チーズ

ヨーグルト

散歩

公園(行きつけのドカン公園)

二階

ボール

タオル(取りっこして遊ぶ)

ほね(おもちゃ:骨の形をしたロープ)

手、足、顔(外から帰って足を洗い、体を拭く時の部位)

つめ(爪)

目薬(神妙にして、さされるのを待つ)

待て

伏せ

来い、おいで

お手、おかわり(~をする)

よし(~して:許可)

だめ、だめだよ(~しては、そっちへ行っては)

行く(ぞ)

帰る(よ)

ねんね

おしまい

 

あはは、おもいつくままに

マロンが横で寝ています。

PS. 「だっこ」も判るんだ、マロン。

  散歩から帰って、風呂場で足を洗うのに玄関で抱き上げる、そのとき

  「はい、だっこ」と言うと、後ろ足で立ち上がって、前足を預けてくる。

  かわいいよ。

   2004年夏、どこかからの帰途の車中、父の横で「ちょっと疲れたかな」

 

2004.07(別の友人宛)

家の裏や横、狭い庭などを、近所の猫が我が物顔で通りすぎる。

マロンはそれが気にかかる(むしろ気にくわないのかな)。

つい先日、カミさんが猫の話をもちだした。

「ネコ」と聞いたとたん、マロン、裏の戸口、庭への窓際、

うろうろそわそわ、ネコ探しを始めた。

猫なんて居なかったんだよ。

カミさんと二人、顔を見合わせて「ねこ、が判るんだ!」

驚いたね。実体がなくても、明らかにことばを理解してる。

それも、「ネコ」ということばを教えたことはなかったんだよ。

我々の日常会話のなかで覚えたんだねぇ。

いや、マロンに限らず、動物たちは案外、人間のことばを実は知ってるんだぜ。

 

ネコという言葉を理解している話を Doris さんもしていますね。

タラコパスタ

テーマ:

梅雨空の今日、カミさんは友人と高麗にヤマモモ採りです。

友人とは、われわれ夫婦が長時間留守にした時(2008年6月と2015年12月)、マロンの面倒を見てくれた陶芸仲間。この話は前々回のブログに書きました。

 

一人留守番の父は昼食にタラコパスタを作り、

ランさんとマロンにお相伴をお願いし、一緒に食べました。

ランさん、約束を果たしたよ。

減塩食に励んでいるわんぴいさんの分は、ナシです。

 

昨日の夕方の散歩でまたネジバナを見つけたので、今朝の散歩はデジカメを持って出ました。

きれいに捻じれてると思ったけれど、よく見ると花茎の先っちょがありません。

そうか先日の草刈りで、伸びようとしていた先端部を刈り取られたんだね。

でも頑張って、残った花茎を伸ばして花を咲かせたんだ。スゴイね。

 

    **********************************************************************************

昨日のおもちゃ病院、片方の羽根が取れたくわがた虫。

 

このおもちゃ、壊れやすい上にけっこう複雑なメカで、うっかりパッパと分解すると、組み立てるときに「どうだったっけ?」となる。

 

慎重に分解した順に部品を並べ、ヒンジ部が取れた羽根を瞬間接着剤で接着し、

紫外線で硬化する液体プラスティックで補強して、逆順に組み立てて、終了。

 

他に担当したのは

1)「音が出ない」というアンパンマンキーボード。電池の液漏れで電池受けが錆びて(右上)導通がなくなっていました。錆を磨くだけで復活しましたが、また錆が出るかもしれないので、電池受けを交換しました。

   

2)中古品をネットで買ったという「音が出ない」おもちゃのトースターは、底面のスイッチがOFFになっていた。説明書が付いてなかったので知らなかったんですね。

 

3)音が途中で鳴らなくなるという音楽おもちゃは、1.5Vの単三電池の代わりに、1.2Vの充電式単三型電池が使われていました。それでは電圧が不足し正常に動作しません。普通の乾電池を使ってくださいと言ってお返ししました。

 

たいしたことではないトラブルかもしれませんが、おもちゃ病院に持ってきてくれるおかげで活躍できるおもちゃがあるということですね。