このところ、曇天と雨ばかり。10月って、こんなに天気が悪かったかしら?

スカッと晴れて欲しいです。

 

マロンが旅立って、3年が経ちました。

3年といえば、中学校や高校に入学した子たちが卒業する年月。

決して短くはないですね。

なのに、マロンのいないこの3年は、、、あっという間だったように思います。

そう、「もう3年!」なのです。

しかも、「マロンなしでよく3年も何事もないように過ごせたなぁ」とも思う。

とても不思議な気持ちです。

今でも、夜寝るとき、朝目が覚めたとき、ご飯を食べるとき、出先から帰ったとき、

マロンを思い浮かべます。

 

散歩から帰って、父の腹にもたれて寛ぐマロン(2013.12.29:12歳)。

こんなふうにして欲しいな。

 

   *************************************************************************

マロンは目力の強い子でした。

ということで、今回は「見上げるマロン」の写真を数枚。

 

先ず、お気に入りの1枚:6歳半(2008.04.27)。

K&R の父親が高麗の家で撮ってくれた写真です。どういう場面だったんだろう?

しばらくこの写真の存在を知らなかったんですよ。

 

0歳5ヶ月(2002.05.05) 父とヒモの取りっこ中。

うちの子になって、まだ1ヶ月。すでに父母を虜にしてます。

 

2歳(2004.04.10) 庭で。

首輪をつけているから散歩から帰ってきたところかな。

ちょっと薄いけど、背中の稲妻模様が分かるかしら?

 

8歳(2010.01.04) 所沢の航空公園で。

おやつ待ち、ですね。きっと。

 

11歳(2012.12.10)

母さんに巻いてもらったマフラー、似合ってる?

これはもう、おやつに釣られてのチンチンですね。

 

  ******************************************************************

明日からは晴れるとか。期待しよう。

 

久しぶりの晴天!

とお日さまを楽しんでいたのに、午後になって曇ってきました。

ガッカリ。

 

父「今日は昼と夜が半分こ。明日から夜の方が長くなるんだよ。」

マロン「・・・・・」(言ってることがよくわからないよ)

そんな会話を交わしたいな。  写真は2013年の9月、もう7年も前になる。

 

数日前のあさんぽで撮った 夏の名残りの ツユクサ。

長かった今年の暑い夏がようやく終わり。ホッとしてます。

「夏の朝の花」のイメージを持ってましたが、俳句では秋の季語なんだそうですね。

 

      ******************************************************************************************

 

夏の終わりから今時分にかけてのマロンの思い出画像を、二つ。

母さんのリコーダーに合わせて歌うマロン、3歳。

曲は、そう、夕焼け小焼けです。                            2005.8.29

 

気持ちよく昼寝していたのに、何やら気配を感じて目覚めたマロン。

まだ夢うつつの表情だね。 かわいいな。                                         2007.9.25

今年は夏になるのが遅かったせいか、9月も近いというのに秋の気配が感じらないどころか、猛暑続きでしんどいですね。

納涼の意味も込めて少しばかり南極での写真を載せますね。

 

海氷の上を雪上車で移動しながら、1 km 毎にドリルで海氷に穴を開けて海の深さを測り、海底地形を調べました(昭和基地があるリュツォ・ホルム湾)。

これは昼飯休憩時か、雪上車の燃料補給で停車した時の写真だと思います。

遠景の塔状の氷山が面白く、写真を撮りました。1977年9月26日、もう40年以上も昔の話だ。

 

春になると、海氷の上で日光浴をしているアザラシを見かけるんですよ。

海の中には天敵もいますが、海氷の上だと怖いものなしで安心なんですね。

人が近づいても逃げません(リュツォ・ホルム湾で、1974年11月5日)。

 

氷に覆われた南極にも露岩の山があります。

12月から2月初めにかけての南極の夏に、地形や地質、時には生物の調査をします(昭和基地の西方、約 600 km のセール・ロンダーネ山地で、1986年1月19日)。

そんな露岩の周りにはウィンド・スクープという巨大な窪地が形成されていることがあります。強風で雪が払われ、削られてできた風溝です(1986年1月19日)。

 

  *********************************************************************************

 

コロナ禍でお互い自粛しているので、孫たちとは正月に会ったきりです。すぐ近くの隣市に住んでいるのにね。マロンがいないし、彼らも大きくなって、遊びに来たいという気持ちが以前ほどではなくなったこともあるのでしょう。ちょっと寂しいです。

 

で、初孫 K とマロンの昔話を昔メールから:

2007.09.02(マロン5歳、K 1歳)

先日、都心に出かけるという息子夫婦に頼まれて、初めて孫を半日預かりました。

はじめは泣いてぐずっていたが、そのうち、あきらめたのか、なれたのか、けっこうでかい態度であちこち探検しはじめた。

それから間もなくお昼。

ご飯を食べさせてもらっているんだが、足をテーブルにのっけて行儀悪いね。

マロン「ボク(女の子だけど)のは?」

 

まだことばはしゃべらないけど、母親・父親が同伴しなくても預かれることが判って一安心です。

 

 

2007.09 別の友人宛(マロン5歳、K 1歳)

>Kくんとマロンちゃんどんな雰囲気ですか。

K「これもおもちゃかなぁ? ちょっとさわってみるか」

 

マロン「こいつよくわからないけど、どうやら家族の一員らしい、、、ひどい目に遭わされることはなさそうだが、すすんで近づくのはやめておこう」

お互いに、まだ関心は強くないようです。

なにしろ、どちらもそれぞれの家で王様だからね。

  

  ************************************************************

 

次いで、晩年のマロン(2017.09.01)

パンちゃん(ボール)はマロンが連れてきたものではないと思う。

多分、父がマロンに差し出してみたのだろう。

マロンの行動や状態を簡単に記録していたメモに、「2017年8月16-31日:産床つくり?」とあるから。覚えてないが、そんな行動が見られたんだなぁ。

パンちゃんを差し出したのは、マロンはまだまだ元気だぞ、と嬉しかったんだね、きっと。 マロンのおっぱい、腫れています。言わなきゃ気づかなかったかな?

 

マロンの周期は2014年(12歳)まではとてもはっきりしていたんですよ。

 

  ****************************************************************

 

暑い暑いと思ってましたが、夕散歩でうっすらとですが西の空に富士山のシルエットが見えました。やはり秋は近づいているんですね。

昨日、ひょんなことでランさんと約束したので、

昼食に、たらこスパゲッティを作りました。

 

 ランさん「いひひ」          マロン「ムフフ」

たらこスパには鮭ほぐしも入ってるんだよ。

副菜は魚肉ソーセージとキャベツの青紫蘇ドレッシング和え(炒め、かな?)。

小さい皿がランさんとマロンの分。 あ、母さんは留守だったんだ。

 

味は、まずまずだったね? ね。

 

 

おまけ画像は、18年前の夏の散歩で、父、マロンを説教するの図。

父「マロン、聞いてる?」 マ「ううん、聞いてない」

 

 

P.S. (たらこスパの話)

ランさんのおかーさんの分、念頭になかったよ。

ごめん!

去年、天候不順で蕾が開花しなかったサギソウ

今年は長梅雨にもめげず、夏を迎えて咲いてくれました。

8月10日、まだいくつか蕾と花芽があるので、しばらく楽しめます。

 

7月中旬の午後、机に向かっていると、右手がくすぐったい。 

見ると、小さなカマキリが、、、。 

どこから来たんだろう? 寒いくらいだから、窓は閉めていた。 

スマホを手にして、写真を撮ったら 

「私を撮ってるの?」と、こちらを向いた。 

 

去年の夏だったかしら?

やはり小さなカマキリを話題にしたのは。

やはりそうでした:A 

なにか縁があるのかしら?

 

今日は「山の日」という祝日なんだってね。

勤めをやめた後に作られた祝日は、どうも有り難みがなくて覚えられない。

けれども、せっかく気づいたのだから、昔の夏の山の写真を2つほど。

 

1965年8月21日、久住山から見る由布岳。

中央やや左の双耳峰(そうじほう)が、それです。若い頃は毎年登っていました。

 

1969年7月末、ミヤマリンドウ。

中央アルプス木曽駒ヶ岳周辺のどこかで。

 

       ***********************************************

 

マロンのブログです!

 

2002年8月10日(0歳8ヶ月)

「私には絶対に危ない目に遭わされることはない」

と確信しているから、椅子の脚のすぐ側でだって平気で寝転んでいたなぁ。

 

2017年8月12日(15歳8ヶ月)

朝んぽでオヤツ。ンこ賃だったかしら?

会いたいなぁ!