Wind Walker

Wind Walker

ネイティブアメリカンフルート奏者、Mark Akixaの日常と非日常


バナー

先日、2019年12月に凶弾に倒れた中村哲さんのドキュメンタリー映画『荒野に希望の灯をともす』の上映会に行ってきました。

 

 

予告編

 

 

恥ずかしながら亡くなったニュースを聞くまでは中村哲さんのことをよく知らず、アフガニスタンで活躍する日本人医師ということしか知らなかったのですよ。

 

中村先生は最初は医師のいない地域でボランティアの医療行為をしていましたが、旱魃が起こり清潔な飲み水さえあれば遥かに多くの人命が助けられた(百の診療所より一本の用水路)という想いから、独学で一から土木工事を勉強して試行錯誤しながら用水路の建設に着手します。

 

当初はクナール河の膨大な水量を制御するのに難儀をしましたが、福岡県の筑後川にそっくりな地形があるのを知り、江戸時代に作られた「山田堰」をヒントにマルワリード用水路を見事に完成させました。

 

約25kmにも及ぶ用水路ができたことによって荒野が緑地に変わっていく映像は感動的でしたし、現在でも65万人の命が支えられているとのこと。

 

 

そんな中村哲さんの並外れた功績を描くドキュメンタリーでしたが、常に立場の弱い人たちを助けることに人生を捧げてきた動機が「余りの不平等という不条理に対する復讐でもあった」と仰っていたのが特に心に残りました。

 

 

この用水路事業に関しては、中村哲さんご自身が書かれた『医者、用水路を拓く』という本に詳しく載っています。個人的にはまず映画や映像でご覧いただいたほうが分かりやすいとは思いますけど、映画では触れられなかった情報もたくさん書いてあるのでこの本もおすすめです。

 

当時アメリカのブッシュ政権がアルカイダやそれを匿うタリバン政権を制裁するために派兵して日本もそれに追随しましたが、人を殺すために巨費を投じるのではなく、その金を人を助けるためになぜ使えないのかという著者の怒りと悲しみがひしひしと伝わってきました。

 

 

 

 

もちろん映画『荒野に希望の灯をともす』も、自主上映会でしか観る機会はなさそうですけどオススメ。

 

 

ググったら上映会のほとんどがもう終了していましたが、AmazonでDVDが販売していました。中村先生の活動をよく知らない方にこそご覧いただきたいです。

 

 

インディアンの夢のあと―北米大陸に神話と遺跡を訪ねて (平凡社新書)

 

『インディアンの夢のあと 北米大陸に神話と遺跡を訪ねて』 徳井いつこ著 2000年

 

 

著者である日本人女性がロサンゼルスに住んでいる間、時間を見つけてはまだ幼い息子を連れてインディアンの遺跡に出かけていたという、北米の遺跡に的を絞った探訪記。

 

前編はニューメキシコ州のチャコ・キャニオンを中心としたアナサジ族の遺跡。

 

ニューメキシコ州はアリゾナ州のすぐ隣で、チャコ・キャニオンは私も何度か訪れたことがあります。

 

とはいえ、写真を探したら最後に訪れたのは2014年でした。もう10年前なんですね。

 

アメリカインディアンって一般的には遺跡のイメージが無いかもしれませんが、チャコ・キャニオンにはおそろしく巨大な建造物の遺跡があるのです。

 

ちなみに広く知られている「アナサジ」という名前はナバホ語で「敵の先祖」という意味ですけど、ホピの言葉では「イタ・ヒサシヌ」と呼び、イタは「われわれの」、ヒサシヌは「先祖」という意味なのだそうですよ。

 

 

この本には著者の調べたホピ族の創世神話だったり、ココペリの伝説などがまとめてあって、インディアンの文化に興味がある方にはとても良い入り口になるでしょう。

 

男女差別をするつもりもないのですが、男性は知識に偏りすぎ、女性は感覚に頼りすぎる話をする傾向がありますけど、この著者は両者のバランスがちょうど良く感じました。こういう人って男でも女でもあまりいない気がします。

 

 

さて、著者がホピ族の知人を訪ねるくだりがあるのですが、その相手がなんと有名な陶芸作家のデキストラさんでした。デキストラさんもまた遺跡が好きで忙しくても月2回は遺跡で過ごすのだそうです。

 

 

「遺跡はからっぽじゃない。あなたはひとりぼっちじゃない。彼らはいまもいるのよ。力を貸してくれる。あなたが”まとまり”を回復し、エネルギーを充填できるようにね。だから、私はいつも遺跡に行く」(p.88)

 

 

本の後編はアメリカ東部に点在するマウンド(塚)の探訪。オハイオ州の南部には全長410メートルにも及ぶ蛇形のマウンドがあるそうです。

 

それらのマウンドがなぜ作られたのかはまだ判明していませんが、実はアメリカ東部にはいたるところにマウンドが存在していたとのこと。

 

開発のためにそのほとんどが壊されてしまったというのは残念に思いましたが、しかし日本でも開発中に縄文の遺物が発見されると工事が中止されてしまうので見なかったことにして埋めたという話も聞いたことがあります。もしかしたら世界中でそんなことが起こっているのかもしれませんね。

 

 

ところで読んでいる途中で気づいたのですが、この本、20年くらい前に読んだことがありました。

 

1度だけ読んだことがある程度だと20年も経つと内容をほとんど覚えていないというのが、今回の一番大きな学びでした(笑)

 

 

 

なぜか急にYouTubeのおすすめに上がってきたこの動画。

 

見たことのあるおじさんだなと思って再生してみたら、なんとスクエニのチャンネルで太田光宏さんが「クロノ・トリガー」の曲をギター1本で演奏しているではありませんか。

 

 

 

 

「クロノ・トリガー」は1995年にスーパーファミコンのソフトとして発売されたゲーム。

 

世代としてはドンピシャで、全員のレベルが99になるまでやり込みました。・・・今思えば、よほど暇だったのでしょうね。

 

皆さんもドラマやアニメの主題歌など、繰り返し耳にした音楽には愛着があると思いますけど、ゲーム音楽はその比ではなくて下手をしたら何百回、何千回、何万回とリピートされるのを聞くことになるのです。もはや、ほぼ洗脳。

 

特に「クロノ・トリガー」はBGMが素晴らしく、中でもこの「風の憧憬」は強く印象に残る曲の一つです。

 

そんな思い出いっぱいの曲を太田さんのエモーショナルな編曲と演奏でまた聴くことがあろうとは!

 

YouTubeのコメント欄を見たら太田さんへの絶賛コメントが並んでいて嬉しい限りですし、改めて凄いギタリストに一緒に活動していただいているのだなとありがたく感じました。

 

太田さんの演奏する「ロボのテーマ」「やすらぎの日々」「魔王決戦」も動画に上がっていますので、「クロノ・トリガー」をプレイしたことのある方は必聴です。

 

 

ところで「憧憬」って私はずっと「どうけい」と読んでいたのですけど、ググったら「しょうけい」と読む人の方が多いようですね。どちらでもOKとのことですけど、意外でした。