たかだかちっぽけな自分の中に息づくものでも、愛って大きいなーと思う。

愛?うん、たぶん、愛。

好きな人、苦手な人、優しくしてくれる人、傷つける人、相性のいい人、合わない人。。。

自分にとっていかなる存在に対しても、ほとんど温度差なく流れる気持ち。

その人たちが存在しているのと同じくらい自然に、その人たちに向かって溢れ出す静かな愛おしさ。

何かをしてくれても、くれなくても、されても、されなくても、流れていく温かな想い。

それは、祈りにも似ている。

既に出会っている人にも、まだ出会っていない人にも、いいニュース、辛いニュースを通して知る人にも、等しく流れていく。

このエネルギーを感じている時、とても穏やかな気持ちになる。

これを救いというのだろうか?

感情の波立ちがなくなり、平安で満たさせる。

きっと、いえ必ず、みんなの中にあるもの。

いかなるものも包んでしまう、不思議な力(フォース)を感じながら生きられることのありがたさを、学ばせてもらっている。

このような感覚を、共にわかち合いませんか?

もうすぐ講座はじめます。もうすぐ、募集しますね。