マレーの虎ブログ

19世紀多くの中国人が分断国家に成り下がった故国を離れ、
海外に散らばった。そして異国の地で力を蓄えた華僑が、現在の
先進中国の足がかりを作った。

21世紀、今度は日本を離れた和僑たちが、同じ役割を担うこと
になるのか・・・。?


テーマ:

 
 
今日は、写真の説明から・・・

この写真は、私たちの大先輩。

戦前にブラジル移住した日本人家族の写真です。

彼らは、遠い異国の地で、筆舌に尽くしがたい差別と偏見
を乗り越え、この国に根付き、それぞれの成功を収めました。

そう、彼らこそ、私たちの大先輩・・・・

本物の和僑です。

========================

日本という国家・・・

全然変わってないですよね。

私から言わせれば、戦前・戦中の軍国主義、大本営の
時代から、まったくそのメンタリティーが変わってりない。

『民は知らしめべからず、寄らしむべし。』

つまり、国民には真実を知らせず、馬鹿なまま、利用すれば
良い・・・・という考え方です。

当時の大本営によって、多くの国民が犠牲になりました。

そして今、3.11の対応に見るように、国は同じことを国民に
繰り返しおこなっています。

民主党であろうが、自民党であろうが、この事実は普遍です。

今、新し首相が新しい政策で、日本を復活させてくれると期待
している国民は、過去の歴史から、何を学んできたのでしょう。

次々と政権が変わる度に、私たちは公約という甘い夢を見せら
れて来ました。

確かに昔は、それなりに守られてきた時代もありましたが、最近
は酷い・・・

民主党なんてなのは、オレオレ公約詐欺政権みたいなもんです。

こんな政権が、日本を良くしてくれると信じて、多くの国民は、投票
したのです。

分かりますか・・・?

この日本国民の馬鹿さ加減が・・・

戦前・戦後は、お国のため、天皇のために多くの日本国民が、まさに
生活だけでなく、その尊い命を当時の権力者のプロパガンダに騙さ
れて、差し出したわけです。

自民党政権は、改革の名の元に、やってきたのは、日本を欧米並み
の格差社会にし、日本文化を破壊し、朝貢外交ならぬ、米貢外交
以外のなにものでもない。

もう、いい加減、目を覚ましましょう。

いいですか、もう国に頼る生き方は、あなたの人生をいつ終わりに
してもおかしくないリスクを背負っていることを認識してください。

もう、これからは日本国民として生きていくことが、困難な時代が
直ぐそこまでやって来てます。

じゃ、私たちはどうやって生きていけばいいのか・・・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと、ご自分で考えてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えました・・・?


答えは・・・・・・・・・・・



和僑として生きていく以外にない。

私は、25年前に日本の異変にいち早く気付き、日本を飛び出し、
オーストラリア留学を経て、マレーシアに移住しました。

まさに、和僑のはしりの一人だったのです。

そして、その後こちらの多民族国家の中で生活し、ビジネスを
する中で、国際感覚というものを自然と身に着けていきました。

当時から、駐在員でこちらに来られていた方は、日本人のまま、
日本に一度帰られるか、中国などの他国での駐在員生活の後、
今、定年でマレーシアに移住してきている人も多くいます。

私の家族でもある華僑を見ていて思うのですが、そもそも彼らに
国に頼るという思考がないです。

だから、子息を様々な海外に留学させ、時には外国人と結婚させ、
いろんな国とのつながりを意識的に常に作っています。

今住んでいる国で一生安泰で過ごせるなんて、甘い考えは最初
からないんです。

これが、華僑マインドであり、私たちも、こうしたマインドが当たり前
にならなければいけない時代に入ったということです。

次回は、セルフコントロール第2弾。『組織に頼るな!』をお送りし
ます。


=====================

今日の記事、面白かった・・・
と、思ってもらえた方。 下のバーナーのクリックを
よろしく、お願いします。


にほんブログ村

海外起業 ブログランキングへ  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

marenotoraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。