パソコンくらぶ「マーブル」

パソコンくらぶ「マーブル」

パソコンくらぶを開業し、日々奮闘を続けていく店長・・・
パソコンって?(笑)・・・なんでも書いていきたいと思います。

サイドバーに過去記事の一覧リンクを載せています。
ちょっと知れば効率アップするような情報など一度ご覧下さい。
良かったらどうぞ・・・

パソコンくらぶ「マーブル」店長です。


パソコンくらぶ「マーブル」のサイトはこちら
マーブル店長のツィッター・・「kobemarble」

このブログは、店長・・・私ですが(笑)色々経験したことをまとめてみたい、パソコンくらぶ「マーブル」を知ってほしい、パソコンの活用・・・など、
色々な事を思いつくままに書いています。結構独りよがりのブログですので、もし、発言が気に入らなくても、大きな心でご容赦ください。
今まで書いた記事を一覧で掲げています。よかったらポチッとクリックして見て下さい。
宜しくお願いいたします。
Amebaでブログを始めよう!

今日はPCにメディアを入れたら勝手にプログラムが動くのをやめさせる話題です。


例えばUSBメモリを差し込んだら勝手に画像登録するプログラムが動き始めるなど、いちいち止めないといけないなんて事がある場合の事です。・・・ホント余計なお世話や!!
 

これは一番最初に挿入した時、色々なアクションを選べますが、そのアクションが覚えられていたり、なんかのプログラムをインストールしたら勝手に自分を動かすように設定したりすることがあるためです。


またDVDムービー入れたら再生プログラムが自動的に動けばいいのに・・・といったことも対応できます。

Windows10の歯車マークの「設定」からの「自動再生」では細かく指定できないので、コントロールパネルから行います。

 

1. 「Windows」ボタン⇒
2. 「Windowsシステムツール」⇒
3. 「コントロールパネル」⇒
4. 「ハードウェアとサウンド」⇒
5. 「自動再生」

 

とたどると写真の画面になります。色々便利に設定してください。

 

 

 

どなたも、記事をアップすると言う事は、仲間内の情報交換以外は、多くの人に見てほしいと言う事ではないかと思います。そこでマーブルは疑問に思いました。GoogleはSNS記事をひっかけてくれるのか・・・調べました。

まずはYahooですが、YahooはGoogle検索エンジンを使っているそうなので同じと見なしGoogleとの比較にします。

結論から言うとひっかけてくれます。Googleの情報収集は「Googleボット」というメカニズムで世界中の記事を見ては、その記事の中から重要と思われるキーワードを拾い、それと記事のURLと結び付けて保存します。そしてキーワード検索時に表示するという動きになります。

そしてその時の表示順で何頁目で出てくるかが重要で、見てくれる人の数が大きく変わります。もちろんトップから順に見ていくので上位に出てくることがとても経済価値が高く、SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)という概念で躍起になってGoogleに気に入られようと努力することになります。

さてこの「Googleボット」は各SNSにおいてユーザーを持っていない一般人として収集するので、一般公開していない記事は見ることができません。例えばFaccebookは国限定とか、年齢限定の記事は防御され見れないのでGoogleでは検索に上がりません。

その次、キーワードですが、各SNSではハッシュタグ(#)を使用して出来るだけSNS検索にかかりやすいキーワードをユーザー自ら指定して記事の中に埋め込みます。ということはハッシュタグの無い記事はSNS検索では全く引っかからないことになります。(頼みはGoogle検索ですね)

Googleは記事の中から独自のアルゴリズムで重要と思われるキーワードを見つけ保存します。ユーザーの思惑通りに解釈されないかもしれないのでちょっと辛いかもしれません。ハッシュタグをGoogleが重要と見なしているかどうかは調べても見つかりませんでした。但しGoogleMapには効果ありそうです。

その次、検索する人は・・・というと、Googleはどなたも検索できますが、SNS検索はそのSNSに入らないと使えません。つまりはログインできる人に限定されます。そしてツイッター、Facebook、Instagram・・・と渡り歩き探したいキーワード(ハッシュタグ)を入れないと検索できないことになります。SNSを使ってない人等はSNS検索できないので対象外になりますね。パソコンが苦手とかご高齢の方には情報が届きにくいとなります。


このような事なので、SNS検索は目的に応じて各SNSを利用するということが常識のようです。

でっ、検索の使い方ですが例えば「おいしいラーメン」なんて検索すると、Gooleでは「神戸市東灘区でラーメン通がオススメする人気ラーメン店20選」なんて出てきますがインスタグラムではピンポイントのラーメンの写真が出たりします。ツイッターでは直近に投稿されたような書き込みが出てきました。Facebookでは・・・出てきませんでした。「ラーメン」なら出てきましたが。ハッシュタグの付け方と調べ方がキーですね。

SNS検索は目的に応じたSNSを選び検索。例えばツィッターは「即時性」・・・災害時などは情報が早いですね。インスタグラムは「詳細な写真」、Facebookはオーソドックスで「特化した情報」等に向いてると分析されています。

ということで、Google狙いの記事はやっぱりブログかなと思ったりしています。
 

 

2019年5月21日(日本時間では5月22日)にWindows 10 バージョン1903の配信が始まりました。

 

この配信は、お使いのパソコンのフィードバックで得られた情報をもとに順次配信範囲を選んでいるみたいで、通常は配信されるのを待つということでいいようです。新しい機能を早く使いたいと思われる方は次のサイトから強制的にインストールしてみてください。

ただしその時でもパソコンチェックが入り更新対象外と認識されることがあるみたいです。少なくとも今のWindows更新はすべて適用しておいてください。

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

 

マーブルでは1台だけ適用してみました。沢山改善されているみたいですが、まだ確認できていません。

大きな機能改善に「Windowsサンドボックス」が出てきました。これは、Windowsの中に別のWindowsを動かすという仮想マシン「VirtualMachine」のことです。色々なテストとか試しに使ってみるとかしてたとえ失敗しても簡単にリセットできるので安全に使えるというような感じですね

 

それかから検索機能のコルタナからパソコンの検索が外され、別になるらしいです。一説によるとコルタナが失敗して分離されたとの情報で事実上の引退か・・・ともあります。その代わりパソコンの検索が機能強化されWebやメール、検索範囲の詳細指定など使い方では早く見つけられそうです。

 

他に、Windows更新のためのディスク上の予約領域(10GB程度)を勝手にとるそうです。ディスクが足りなくてWindows更新できないパソコンが多発したのでしょうね。HDDパソコンは500GBとか1TBマシンがほとんどですので問題ないですが、SSDパソコンは128GBマシンなど沢山あるからでしょう。SSDは少なくとも256GB以上のものを選択しましょう。

 

あまり関係のない改善が多い中で、ちょっと目を引いた小さな機能改善には次のものがあるようです。

マウスマークの大きさが16段階選べるようになっているらしいです。年取って目が悪くなるとともに、ディスプレイも高解像度になって相対的にマウスが小さくなり、見失うことがたびたびあるのでこれはいいかも、と思います。

どの程度安定してるかを見極めて都合のいい時に更新されることをお勧めします。