こ~の歯列からの「卒業」(後篇) | 養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)

こ~の歯列からの「卒業」(後篇)

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

本日もご来訪ありがとうございます<(_ _)>

 

昨日のつづきです(こ~の歯列からの「卒業」(前篇))

 → 

使い続けて、ヴィンテージ感マシマシの矯正装置。

最後は、、、

装置の針金が折れました。

長年に亘る金属疲労でしょうね。

よくぞここまで持ちこたえてくれました。

この矯正装置さんには感謝しかございません。

 

なんせ、2013年の矯正前はこんなんでしたから。

 ↓↓

下の歯、中心ズレとる・・・。

どこが真ん中かわからん。ウケる。

 

それがこのようになったわけです。

 ↓↓

1本も抜かずとも、いい大人になってからでも

ここまで変わります。(それがSH療法

 

変わったのは歯並びだけではございません。

☆歯の接合面が増えて、 咀嚼しやすくなりました。

→口腔内で唾液(消化酵素)がしっかり出るようになる

 (胃腸への負担軽減)

→噛めるようなり、食べすぎを自然と防止。

 (咀嚼筋もフル活動。脳への血流量が増え、小顔効果も!)

 

下顎の位置が変わりました。横ズレだけでなく、後退もしてました。

→骨格に影響≒姿勢が変化(←ピラティスの影響もあります)

→睡眠時無呼吸症候群が改善!

 

☆歯の上下の正中線がそろいました。

→30年以上続いていた顎関節症が大幅に改善(ほぼ治った)

 

頭痛が大幅減(更年期症状が始まる前までは、です^^)

→噛み合わせが正しくなり、首の緊張が減って頭痛の頻度・減!

 

☆笑顔になったときの、歯を見せることへの抵抗感が減

→歯並びがよくないときは、歯を見せて笑うことに対して

非常に抵抗感がありましたが、それが消えました。

矯正前と矯正後のプロフィール写真でも笑顔が違ってます。

 

わたくしの歯列矯正(SH療法)は、いいことしか起きませんでした。

※あくまでも個人の感想です

 

歯並びがよくなくって、たくさんの不調・不具合があったから

取り組んだ結果、いい変化が起きました。

負け惜しみとかじゃなく、不調たっぷりでよかった。

不調が改善するほど、健康のありがたみと素晴らしさがわかります。

(不調がない人は、ないままでいいのですよ~)

 

なにより、どの状況でも楽しめるじぶんがいました。

起こる出来事をポジティブに受け取れていたのも、よかった。

歯が動くとちょっち痛いのですが、ドM氣質のおかげか、

「痛いということは、歯が動いている証拠!よしよし!」

って捉えてたんです。ごくふつうに、当たり前のように。

(前向きに受け入れられる思考は、腸もみのおかげ^^)

 

矯正を推奨しているわけではありません。

が、個人的には、SH療法の矯正と出逢えてほんとうによかったです。

(来年以降は定期的な歯の健診でお世話になります<(_ _))

 

備忘録的なブログをお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

本日も皆さまの健康と安全を心から願います。

 

腸もみサロン&スクール「マーノリブレ」のHPです。

 

施術や受講に関してのご質問などは、

お問合せページ よりご連絡くださいませ。