養腸家・腸セラピスト 真野わかのココハナ(ここだけの話)
「しなやかで心地よいじぶん軸」を目指すブログ、ココハナ

養腸®家・セラピスト 真野わかのブログへのご訪問ありがとうございます


「腸から健やかに美しい」を提供・提案しています


 マーノリブレは、養腸®家・真野わかが運営する
 超少人数の 腸もみスクール  です
 (プライベートサロンも展開しています)

 2020.05~ オンラインレッスン  も受付中です

 日本養腸セラピー協会  が母体です


【真野わかの著書】


持ち運びに便利な文庫本

本だいわ文庫(大和書房)さま

 




本主婦の友社さま

 




本大和書房さま(単行本)
  $腸セラピスト・真野わかのココハナ(ここだけの話)



本祥伝社黄金文庫さま

  $腸セラピスト・真野わかのココハナ(ここだけの話)-cover



【そのほか】




画像をクリックすると詳細ページにうつります


CDこの世でいちばんやさしく、キレイになる腸マッサージ(DVD)

 





【掲載メディア】

これまでたくさんの メディア  に真野わか の 腸もみ を紹介いただいております


【オススメ情報】

☆真野わかとお話しませんか? 茶話会  ご利用ください
  ↓↓
☕真野わか茶話会
おなかをはじめとするお悩みがある方、
今のごじぶんの状況を整理したい方、
らせん美に興味のある方、茶話会で
スッキリいたしませんか(オンラインでもできます)



お申込は、こちらのページ  をご覧ください

☆腸もみ、食事、心で元氣&幸せに! 日本養腸セラピー協会のサイトはコチラ


発酵&酵素パワーで腸元氣♪ 真野わかオススメの玄米発酵食品はコチラ



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

第2楔状骨を作動せよ~。

おはようございます。養腸®家・セラピストのmanoです。

 

 

足趾をコントロールできるようになることは、

わたくしの本年のテーマの1つです。

拇趾の隣にいる 第2趾 がキーではないか、と

想像しております。

 

 

なぜなら、趾たちの機能が低下し(というか、うまいこと使えなくて)、

結果開帳足や外反母趾になっている氣がするからです。

 

 

足趾の強化に努めること数ヶ月、すこしですが

趾の筋力がついてきております。

 

ハムストリングス(もも裏の筋肉ね)の遠位、つまり

お膝に近い方のハムさんに刺激が入るようになってきました。

たぶん、足趾・足裏と連動しています

 

 

今回は、第2楔状骨(けつじょうこつ)

 

画像お借りしました

 

 

赤い○で囲んだ部分が第2楔状骨でございます。

 

⑤は第1楔状骨で、⑦が第3楔状骨。

第2楔状骨が3つの中では一番ちっさいです。

なのにね、真ん中の⑥のお骨が足を支えているらしく

「足の仙骨」とも呼ばれているらしい。

 

 

バレリーナの甲が一番しなるところでございます。

このお骨、ガッツンガッツン動くわけではありませんが

このお骨を意識した動きができるかどうかで

全身変わるのですって!(と教わりました)

 

 

確かに、楔状骨の前後に関節がございますものね。

(リスフラン関節とショパール関節)

この関節の動きと連動していることが予想できます。

 

 

しかも第2楔状骨の先にあるのは、

第2中足骨、さらには第2趾です。

(第2趾キターーーー!)

 

 

このラインの意識と強化が、立ち方を変え、

ひいては股関節の動き~仙腸関節に影響を

与えるであろうことは想像に難くありません。

 

 

細かく意識し、いつか無意識でできるように、

ひたすら意識し続ける毎日でございます。

 

 

興味を持っていただけたら、ぜひ

足元の第2楔状骨に意識を寄せて

みてくださいませね(^_-)

この辺りかな?と意識するだけで

身体は変化してゆきます。

 

 

 

それでは、本日もステイセーフでお過ごしください^^

皆さまのご安全を願い、祈ります。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>