さて、問題です。

テーマ:

サントスさん(  )ブラジル(  )コーヒー(  )もらいました。

 

(  )の中には、何が入るでしょうか?

 

 

 

 

 

答えは、

 

 

 

 

 

 

A:サントスさん(に)ブラジル(の)コーヒー(を)もらいました。

 

です。

 

 

 

できましたか?

 

 

 

これは、私が作った学校の期末試験の問題なのですが、

 

 

学生の解答は、こんなものもありました。

 

 

B:サントスさん(は)ブラジル(の)コーヒー(を)もらいました。

 

C:サントスさん(は)ブラジル(で)コーヒー(を)もらいました。

 

 

どうでしょう?

 

おかしくないですよね。

 

 

ですが、

教科書では、

「サントスさんは、日本で働いているブラジル人」なんです。

 

 

ということは、

BとCは、おかしいんですよね。

 

 

「サントスさんは、日本で働いているブラジル人」

という前提があるから

 

Aが正解。

 

 

でも、その前提がなければ、

 

Bも、Cも、正解なんです。

 

 

私は、問題を作る時に、無意識に、

 

「サントスさんは、日本で働いているブラジル人」

 

という前提をもとに、作っていたのですが、

 

学生には、その前提が共有されて

いなかったんですね。

 

 

今回の場合は、

教科書の内容を覚えていない、

ということが

わかってしまった、

ということなんですけどね^^;

 

 

悲しい・・・。

 

 

 

 

私たちは、無意識に

いろんな前提をもとに、行動しています。

 

それが、共有されていなければ、

 

理解してもらえないし、

 

相手のことも、ちゃんと理解できない。

 

 

今の自分と相手にどんな前提があるか

知ることって、

とっても大切。

 

 

もし、

 

どうしてわかってくれないんだろう?

どうしてそんなことするんだろう?

 

という気持ちが起きた時は、

 

 

自分と相手にどんな前提があるか、

ちょっと考えてみましょう^^