大雨のお買い物日和 犬が残したものは『善きもの』 | 馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほか外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
ご予約はメールまたはお電話:0470-58-0213にて。


テーマ:

昨夜は雷と大雨。

一雨ごとの季節の移り変わりを肌で感じられます。

 

お昼過ぎ、夫Tの実家へ行く途中アマハホースクラブさんへ寄って

レザーオイルを2本購入。

伸びが良く使いやすいオイルで、そのまま顔に塗りたいくらいです(´ω`*)

室内馬場の見事なこと!

雨の日も乾いた馬場で広々運動できるなんて夢のようですね。

雨の日のお楽しみ、リサイクルショップへ寄って秋物探し。

コロンビアのしっかりした長袖シャツを2000円くらいで購入しました♪

馬はとにかく維持費がかかるため、自分のものはいつも後回しです。

夫Tの実家での用事を済ませ、イオンへ寄り道。

外は土砂降りですが、物産展のキレイな飴を見ていると気分も青空です(*゚ー゚)

大好きなガラスのピアス、150円なり。

夏物セールもそろそろ終わりです。

雨の日に車を運転していると、天国へ行った身近な者たちのことを思い出します。

雨音はこの世とあの世の距離を縮める音楽のようです。

 

先月20日に旅立った犬のことを考えていたら、ふと

「彼が私に残したものは、『善きもの』である」  という考えが頭の中に湧いてきて、涙が止まらなくなりました。

 

牧羊犬として全力で生きた彼は、こちらにべったりと依存することもなく自分の世界を持ち、人と共に生きながら家畜を見る喜びではじけていました。
 

まず、朝起きて目が合うと幸せ。

「おはよう」と声をかけられ、ドアを開けてもらって幸せ。

馬を見て幸せ、餌と水をもらって幸せ。

カラスや野良猫は喜び勇んで追い払って幸せ。

わたくしが帰宅すると飛び上がって喜び、外乗の先導は生き生きとこなしました。

夜は時々食事のひとつまみをもらって幸せ、お手をしてお座りをして、待てをして幸せ。

寝る前に「おやすみ」の一言を言われて幸せ。

 

そんな犬がわたくしに残したものは、とてつもなく大きな『善きもの』だったのです。

「心から素直に喜ぶだけで相手に『善きもの』を渡せる、残せるんだ!」とようやく気がつきました。
 

これからの人生も喜びのアンテナを立て、周りの人や動物たちに『善きもの』をたくさん渡していきます。

『善きもの』だけは、この世にいくらあってもあふれてしまうことはありませんね。

菅野奈保美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります