馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

馬森(まもり)牧場  千葉県南房総市・馬を感じる体験牧場

海の近い、予約制の小さな牧場です。体験乗馬ほかホースリーダープログラム・外乗・はだか馬・馬のマッサージ・宿泊・撮影プランもご用意。
単身運営のため、ご予約はなるべくメールにてお願いします。

薄曇りの朝、ゆっくりと餌場に向かう面々。

11:20

東の空に13回忌の黙祷を終えて作業開始。

幅150ミリのU字溝の蓋と路盤材、38φ(ファイ)のパイプを用意して

蓋とパイプを目に見える側だけ塗装しました。

馬カフェから目立つ位置に作るため、コンクリートと金属管の剥き出しは色気が無いなあと思ったのです。

使っていない丸太のベンチもあるので、それも素材にするつもりです。

去年、持ち運びできるよう作ってみたのですが、重くてかさばるので出番がありません・・


ノギスの読み方を忘れたので、径が38ミリだとわかっているパイプでテスト。

1番下のゲージの、0のところで読むようです。

凍結したら割れそうな水道管カバーの直径は21ミリでした。

全国的な寒波で修理用のパーツは品薄、見つけたら買っておきます。

目の前には2019年の台風でぶっ飛んだひさしが。

何かに使えそうだと思って取っておいたアクリル板、乾草置き場に再利用できるかもしれません。

牧場入り口看板前の凹みに路盤材を入れて補修。

パンク修理の終わった軽トラのタイヤも交換出来ました。

そろそろ運搬車のオイル交換もしないといけません。

午後練、モミシのグランドワーク。

静止後に右目を使って左に動こうとするので、落ち着いて左目も使うように教えます。

スイッチの感度が良くなり、静止が上手になったシャイン。

出張コーチで習ったのは2年前!で、やっとその続きができています。

馬のトレーニングに最初に必要なのは体力と気力、それを身をもって知ることが出来ました。


鞍を外す間もフリーでじっとできるモミジ。

つながれていない状態で静止できると、互いが楽になります。

夜はロープをアイスプライスで編んで、枝運び作り。

今あるものが短くて使いづらいので、少し長めにしてみました。

これがあると伐り出した枝や竹の運搬の効率が良くなります。

都度しゃがまなくて良いので、腰への負担も減るのです✨

後ろに映り込んでいるのは、作業中ずっとロープにじゃれていたゴロ。

ロープが動かなくなったので興味を無くしています。


大忙しの一月も無事に終わり。

明日は月初参りです。