美軌模型店の待合室

ようこそお越し下さいました!

店主の工作日記や、お客様の作品などを紹介しています。
一緒に工作を楽しみましょう!(^^)/


テーマ:
皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

とてもご好評いただいている
お客様の工作記シリーズ。

ありがたいことに
続々と皆様からお便りをいただき
ハイペースでページが充実しております

本当に嬉しい限りです!

今回は
写真で見る以上に小さな車体ながら
魅力の詰まった車両をご紹介します!

ではでは
ごゆっくりご覧くださいませ^^

★★

【鉄コレ 都電6000形 前尾灯点灯化】
文・作者:埼玉県TKさん
 

鉄道コレクションの東京都交通局6000形は、
これは大変によくできています。
幼少の頃の都電の思い出といえば、
まずこの車種であり、その特徴をとても
よくとらえているのです。
 
そして実際に動力ユニットを
組み込んで走らせてみると、
これも非常に素晴らしい。

もちろん
他の一部メーカーで見られるような
腰高感はまったくなく、
実に路面電車らしく、
それこそ地を這うように
走ってくれるのです。
 
これはもう
「電化」の衝動を
抑えられませんでした。

また初心者に都合の良いことに
全部で前照灯2個、尾灯2個と数も少なめで、
しかも前照灯はレンズ付き
のような
構造になっている。

「電化」してください、と
言っているかのようです。
 
私にとってハードルは二つありまして、
一つは電気のこと。
そしてもう一つはライト部分の開孔です。

電気については
これはほとんど知識はないのですが、
「きらめきライトピコ」があるので
まったく問題はありません。

今回は4個を使用しました。
あとはライト部分の開孔に集中できます。
 
まず前照灯ですが、
これはすでに孔が開いていて、
そこに前面ガラスと一体となった
レンズが入っている構造です。

よってまずレンズ部分以外の周囲を
黒色で塗って遮光処理。

本来は筆を使うべきなのかもしれないのですが、
一寸自信がなかったので、
ガンダムマーカーの
スミいれ用ブラック極細で行いまし
た。

遮光効果に少々不安がありましたが、
結果はまったく問題ありませんでし
た。
 
そして「ピコ」を直付けしました。

あ、その前に、電球色としたかったので、
クリアオレンジを少し塗りました。

直付けに際しては接着剤は使っていません。
セロテープと、遮光と補強を兼ねて、
濃紺色の製本テープで貼ってあるだけです。
 
さて次は尾灯です。
ここは慎重に開孔を行いました。

ひとそれぞれで
いろいろなやり方があるようです。

私は以前は、いきなり孔の直径と
同じ径のピンバイス
で開けていました。
しかしこれはあまりに乱暴のようです。
 
今回は尾灯の直径は
どうやら標準の0.8ミリのようです。
手許にあるピンバイス
一番細いものは0.5ミリでしたので、
これを使って作業を開始しました。

0.5ミリのピンバイスを
何度も尾灯の中心部分にあてて、
そして何度もいろいろな角度から見て、
中心がずれないよう細心の注意を払いながら、
0.5ミリの孔を
開けて行きました。

0.8ミリまで0.1ミリおきに
ピンバイスをもっていましたの
で、
0.1ミリずつ孔を広げていきました。
 
なんとかきれいにできました。
ここでやはり遮光のために、
孔の周囲は黒色で塗っておきました。

つぎに、銀河モデルの直径0.8ミリの
赤色のテールライト
レンズを
この孔にいれました。

なぜか長さもぴったりでした。
タミヤセメント
で接着しました。

これが乾いたら、
あとは前照灯と同じく、
「ピコ」を直付け
しておしまいです。
 

少々困ったことがありました。
「ピコ」を全部で4個使用したので、
その基板から伸びる裸銅線は
全部で8本です。

これを4本にまとめて、
その先端をそれ
ぞれ動力ユニットの
集電板部分に差し込んだのですが、
各裸銅線の絶縁に一寸
苦労しました。

車内のスペースがあまりなく、
絶縁には紙テープを使いました
が、
かなり乱雑な仕上がりです。

紙テープが
やけに目立って外から見えて、
美しくありません。
次昨以降の課題です。
 
以前に初めて「ピコ」を利用した時は、
電気の知識がなくても
「電化」できることが
最大のメリットだと思ったものでした。

今回は、電気のことを忘れ
て、
開孔や配線処理など
その他のことに集中できることが
大きなメリットだ
と感じたことでした。
 
こんなわけで
鉄コレ都電6000形の
前尾灯点灯化ができました。
写真を見ますと、特に尾灯について、
遮光が不十分なように見えますが
実際にはほとんど
気にならないレベルです。
もっとも私の目が悪いせいかもしれません。

前尾灯
が点くと本当に嬉しいものです。
「ピコ」のおかげです。
 
また、よく問題になる
動力車の逆方向のライトがちらつく件ですが、
この車両については、これはほとんどありません。
このあたりの事情は私にはよくわか
りません。
 
それから、
「きらめきライトピコ」で楽しむためには、
車輪とレールの清掃に特に留意して、
そしてパワーパックはパルス式のものを使用すると、
大変に
気持ちの良い電飾運転が
ストレスなく楽しめると感じています。
 
今回も「ピコ」にお世話になりました。
これからもよろしくお願いいたします。
 
(以上)

★★

埼玉県TKさん、有難うございました!

私めの感想などは
また追って書くことにしますね^^



-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-
ブログランキングに参加しています。
ちょっとでも面白いなーと思ったら
ついつい最後まで読んでしまったら

にほんブログ村
↑↑↑ ひとつ投票クリック!
応援よろしくお願いします(*^^*)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

みきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。