美軌模型店の待合室

美軌模型店の待合室

ようこそお越し下さいました!

店主の工作日記や、お客様の作品などを紹介しています。
一緒に工作を楽しみましょう!(^^)/

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

かわいい湘南顔の巡道車を作ろう!その3

 

今日は少し前面が出来かけました。

印象が見えてきましたでしょうか?

 

ここで、本来ならやめときゃ良いのに

実物の写真を振り返ってみます。

比べると随分、模型の方が

彫りの深い目つきをしているように見えると思います。

 

もちろん陰影の関係であるとか

まだ面取りしない紙の切り口の状態なので

余計にカドが立って見えるのもあります。

 

それでも、コンマ数ミリだけ強調したものが

結構なデフォルメに見えるのは面白いですね。

環境的に

上から見る機会のほとんど無い実物に対し、

上から見る機会が圧倒的に多い模型。

数値的にやりすぎたわけでもないのに

彫りが深く見えるなら

今回目指す雰囲気としてはむしろ好都合です。

このまま思惑通りにいくかどうか。

 

さて、今日の工作は

昨日仕上げた側板パーツの貼り合わせから。

 

外板側の扉の穴は破損防止のため

下にランナー?を残しておいたので

それを切り落としてから重ね合わせ、

クリップで挟んで固定してから

低粘度の瞬間接着剤を流して接着しました。

 

しばし放置し、

完全硬化してから輪郭の四辺を平ヤスリで仕上げ。

 

仮曲げしておいた前面と並べると

 

・・・まだ、それらしい雰囲気は感じません。

この目つき、

これまた別の車両を彷彿とさせています。

作りたいものが増える一方です(笑)

 

ではその前面、

いよいよ窓を入れていきましょう。

裏側にスペーサーを立てて、

そのまた裏側に二枚窓を貼る方式をとります。

101系や103系と同じ発想ですね。

 

但し今回は丸妻なのがクセモノです。

適当な帯板を貼ってから仕上げる事も検討しましたが

角度や形状を決めるのは困難と判断。

 

急がば回れ、

ちゃんと計算して展開図を書くのが

結局は速いのではないかと思い、

苦難の末に書き出したのがこちらです。

上の二本がのちに取付けるヒサシ、

 

下の回虫みたいなヤツ

(もっとマシな喩えはなかったのか!笑)

が、窓部の切り欠きの内側にぐるっと貼るものです。

 

こうなります。

写真左側の窓穴のまわりに

立てて貼られているのが見えますでしょうか?

これはPCを使った設計の落とし穴というか

 

数値を確かめながら描くのは当然ですけど

数値外の部分では、

ついつい画面上では大きく見えてしまって

 

例えばこの回虫部品(笑)、

一番厚いところから頂点に向かう線は

画面ではちゃんとした三角形になっているわけです。

 

印刷しても、それなりに目指す形は視認できます。

 

ところが、いざ切るとなると

厚さ0.3mm程の紙を

こんな細い漸近線みたいな形状に

最後まで切りきるのはほぼ不可能です。

結局、端の2mm程度の部分は

自然消滅していました(笑)

 

かといって他に方法は無いので

ここは仕方のない部分ですね。

あとで埋め合わせる事にしましょう。

 

 

さて、途中でちょん切れながらも

なんとか役割を果たしているっぽいスペーサー、

その具合を表から見るとこうなります。

上部の引っ込み深さは0.8mmくらいです。

やはりこれくらい窓を寝かせてやらないと

立体感を得られない気がします。

 

車体側の取付土台がついたところで

早速塞いでしまいましょう。

のりしろを周りに残した状態で

窓まわりパーツを切り出し、

 

前面補強と断面確定を兼ねて

上にカマボコ形の補強材を貼っておきました。

 

ここで窓まわりのパーツを貼り、

標題の状態と相成ります。


うーん、

妙に引っ込んで見えるなあと思ったら

 

そうか、この窓のまわりには

Hゴムを貼るのでした。

自分で考えておいて忘れるとは(笑)

 

つまり現状の引っ込み0.8mm、

そこに0.2mmほどのHゴムが出っ張りますので

差し引き0.5mm強となるところです。

80倍したら4cmですね、

むしろ浅くて心配になる数値ですが

どうなりますやら。

 

考えてみれば、

こんな個性的な顔の車両を作るのは初めてです。

通勤電車も自作した事はありません。

何をどうすれば、どうなるのか、

そうした因果関係が見えないものは

何年模型を作っていてもドキドキしますね(^^)

 

では、今日はこのへんで(^^ゞ

明日は顔ふたつ完成させたいところです。

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

かわいい湘南顔の巡道車を作ろう!その2

 

またまた白い紙をチョコチョコといじる

変わりばえのしない画が延々続く日々到来(笑)

よく見ると着々と進めてるんですけどね。

「ばえ」るのは最後のほんの一瞬、

それまでは地味な世界にゆるりとお付き合いください(^^)

 

今日はとりあえず窓を整え

側板パーツが完成しました。

 

紙をカッターマット上で切ると

柔らかいゴムが刃に押される格好となり

切り口の裏側が多少膨れ上がります。

いわゆる「かえり」というものです。

 

どうやら強化ガラス製のカッターマット

というものが存在するらしく

いつか買って使ってみようと思うのですが

ホームセンターに行ってもつい忘れます。

まだ、心の底から欲しいわけでもないようです(笑)

 

その「かえり」、

のちに硬化処理を行ってから

ヤスリで簡単に除去可能ではありますけど

爪のハラでこすって戻してやるだけでも

あとあと非常にラクです。

 

写真左側の窓、2個分くらいが元の状態。

一旦層が剥がれかけたような状態の紙は

強度が元に戻るわけではありませんが

このように形は概ね元に戻ります。

 

この段階で

低粘度の瞬間接着剤で固めてしまいます。

硬化する間に

前面の窓もを丸めてしまいましょうか。

 

窓の両端と真ん中の細い部分は

断裂や剥離の恐れがありますので

ここだけ軽く瞬間接着剤で固めてから、

 

発泡ゴムマットを敷き

アートナイフの軸を転がして

少しずつ曲げ癖をつけていきます。

 

車体のカドにあたる部分はRが強いので

ここは定規を改造した適当な押し棒で

両端を整形。

 

今の段階としては、こんなものでしょう。

出来上がりの外寸は23.5mmとします。

いま自然に放置した状態で22.5mm、

ここから肩を整えてまっすぐ側板につけ、

1mmくらい横に伸ばした状態が

ちょうどいい前面の丸みになるはずです。

 

この状態で

瞬間接着剤を流して一旦固めてしまいましょう。

 

そうこうしているううちに

側板が完全硬化していますので

窓の切り口のバリを丸ヤスリで整えます。

 

これがまた、サッシ一個分が

実際のとおり窓二枚にあたりますから

片側11個あるんですよね。

20m級の客車とそんなに変わらない手数(てかず)、

しかもRのオンパレード。

 

本物もそこそこバラツキがあるし、

という妥協の気持ちが押し寄せます(笑)

 

このあと表面を240から1200番のペーパーで

順序良くスベスベにしていったのですが・・

 

昨日の画と何も変わりませんね(笑)。

固まって、表面がスベスベして、

窓のRも綺麗になっているんですけど

せめて後者は

見てわかる位きれいでいてほしかったなあ(笑)

なお表面研磨の際は

ペーパーのフチで窓桟を引っ掛けないよう

指の腹でペーパーの真ん中を当て、

力を入れずにストローク数で稼ぐつもりで

優しく磨いてやりました。

 

それが意外と時間もかかり、

残念ながら今日はここで体力切れです。

 

それでは、続きはまた明日(^^ゞ

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

かわいい湘南顔の巡道車を作ろう!その1

 

初回先頭打者ホームランで先制!!

と、喩えたくなるくらい

初日の進捗としては素晴らしいと思いませんか?

 

なんと窓抜きまで終わりました!!

もっとも、

作図や写真の掘り起こしからカウントすれば

ここに至る過程に少なからぬ日数を

費やしているんですけどね。

まあ、そのあたりは

喉元過ぎれば何とやら、といったところです(笑)

 

少しだけ設計方面の話をしますと

 

この車両に限らず

これらの車両の詳細資料というものは一切なく

まれに形式図が残存しているケースはあるものの

せいぜい全長と地上高が記された側面図のみとか

運が良くて前面の全幅がわかる程度。

窓位置や床面高さなどが推測できるほど

図が正確に描かれているものは

私は見たことがありません。

 

つまり、ある程度正確に模型化するのであれば

自分で測りに行くしかないんですね。

私の場合は、カギとなる寸法をざっくり記録した上で

とにかくしこたま写真を撮ってきて

割り出しと並行して作図しています。

この日は機関車に挟まれて留置されていて

残念ながら正面の写真が撮れず

そこはまた友達に見せてもらって事なきを得ました。

 

その代わり、

すでに寸法を把握している

この機関車が両側に居てくれたおかげで

パースが非常に把握しやすく

高さ方向の検証はおおいにはかどりました。

 

この徳馬形ディーゼル機関車、

(さりげなく宣伝。笑)

いくら大型の部類とはいえ

それでもナローゲージの範疇です。

詳しい数字は失念しましたけど

確か3メートルは無かったと思います。

 

真ん中に挟まれている、

今回作る「巡道車252号」が

いかに小形か容易に見てとれますね。

 

作図を終え、印刷して切り出してみると

想像したよりも小さく感じます。

どこか慣れたサイズ感ではあるのですけど・・

 

これ・・

工作としてはほぼNゲージサイズですね(笑)

こういうケースは要注意です。

小さいけどあくまでも1/80、

各部のRの感じであるとか、

桟の太さや立体具合などは

くれぐれもNゲージの寸法感でやらないように

気をつけようと思います。

 

と、軽く心構えを持ったところで

早速窓抜き開始です。

定規を当てるほど直線部分が長くなく、

そもそも実物がヨレヨレでもあるので

フリーハンドでなるべく綺麗に心掛ける程度で

実物の手作り感を出そうと思います。

 

ね、そこそこヨレヨレしてますでしょう?(^^)

このへんを厳密にしすぎな方がむしろ良いのは

旧形車両の使い込まれた雰囲気や

一点モノの軽便車両を作る場合に

共通して言えることですね。

 

サッシの段違い表現は

いつもの「型紙キット」同様に

内張りと外板の二枚重ね、

それに今回はサッシ枠が外板の上にきますので

その三層構造で表現するものとします。

 

あまり凹凸感がなく、サッシの目立たない車両なら

内張りまで仕込まない簡易表現の方が

むしろスッキリして好ましくなる場合もあります。

今回は窓まわりのゴチャゴチャした雰囲気を

再現しようと思います。

わずか全長5メートル程の車両ながら

片面6枚の窓のサッシ左右、それに二枚重ねで

意外にも窓抜き個数は48個にも及びました。

 

覚悟しなかっただけに長く感じました(笑)

 

ようやく抜き終わってから重ねて立てて、

進捗状況を確認して身も心も癒します。

まあ、こんなもんでしょう(^^)

 

今日の最後に前面窓も抜いておきました。

作り方の関係でポン付けが難しそうな

ライトケースの穴もあけておきましたが

果たしてこれはどう装着してやろうものか。

 

今日の感想、

 

思ったより大変でした(笑)

 

このまま瞬間接着剤で固めておけば

明日すんなり続きをスタートできますけど

そんな元気もなくなりました。

疲れたら手を止めるべきですよね(^^)

 

ではまた明日(^^ゞ

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

さて、私は誰でしょう?

もうね、目が、ね・・・(笑)

センスが80年代のマンガですよね(笑)

もちろんこの(^^)な表情の目は

この一枚のために書き足した冗談ですけど

その他の部分は本当です。

 

これだけで車種がわかった方は

なかなかの台湾通ですね(^^)

 

もうひとヒント。

左がすでに当店でも完成品を発売している

徳馬形ディーゼル機関車。

 

右が、くだんの彼の

軸距、車体高さを割り出して書いたところです。

乳幼児のお絵描きだと

鉄道車両が皆こんな感じに表現されるという

可愛らしい姿(笑)

一枚目の顔、

二枚目のシルエット、

 

だいたい目星のついた方も

もしかしておられるかもしれません。

 

正解は、こちらでした(^^)

台湾の製糖鉄道で

ひときわ個性的な面持ちが人気の

「巡道車252号」です。

場所は台湾の嘉義県、

台湾新幹線の嘉義駅から数キロほど北にある

「蒜頭糖廠」。

 

かつて日本統治時代に製糖産業が興され、

その輸送を担った鉄道は

2002年の工場操業停止後に

「蒜頭蔗埕文化園区」として再オープンし

現在に至ります。

 

屋根カーブのかなり下に設置された水切りと

黒く塗装されたピカピカの屋根、

広いおでこが背の高い帽子に見えて

なんだかイギリスの兵隊さんの人形みたい。

たまらなく可愛く見えてしまいます(^^)

 

窓数が多く、

少し全長が長いように見えますが

意外とそういうわけでもなく

スリムでしかも全高が低いんですね。

これは単体の写真では判りませんでした。

こうして比較的大柄な機関車と並ぶと

ひときわ車体断面が小さいのがわかります。

 

ユニット窓のような太いサッシ枠に

大きな丸みを帯びた窓形状、

引き違いの向きが運転席のひとつだけ違うのは

どういった意図だったのか興味深いところ。

 

引戸はプレスドアのようで

よく見るとHゴムが

一段引っ込んで取り付けられています。

このあたりの設計思想に時代を感じます。

恐らく昭和30~40年代の車両。

当時の日本の車両の多くが

このような方式をとっていたのは周知のとおり。

 

前面の細部も個性的です。

ヒサシと呼ぶには少し狭く、

水切りと呼ぶには少し広い

本当はどちらの機能を目的としたものなのか。

 

結論、

マユ毛という事でいいと思います(大笑)

シルエットを垂直に保ったまま

窓部分だけ少し寝かせた湘南顔もいいですね(^^)

鼻の部分(下の真ん中寄りのカド)だけ

Rが大きくなっている窓ガラス形状も特徴・・

と、書きかけたらふと思いました。

青ガエルや80系みたいな前面窓って

カドのRは同じなのでしょうかね???

調べた事もありませんでした。

 

作るとわかる事ってありますよね。

妙に細かいところに気付くのも

模型作りの秘かな愉しみかもしれません。

 

そしてこのヘッドライト。

古い大型車に詳しい方なら

この形状にピンとくるかもしれません。

日本の自動車部品を流用したのだそうです。

ならば日本の軽便車両でも

同様に使われている例があってもおかしくなく

ナロー用として何か売られていないかなあ、

なんて思ったのですが

なかなか模型の神様はラクさせてくれません。

これも何とか作らないといけませんね(笑)

 

さて模型はと申しますと

もうすぐ図面を書き終わるところです。

今回は型紙としての販売予定はありませんので

ただ自分が作られればいいバージョン。

適当な現物合わせヨシ!

間違えていても手書きで直せばヨシ!

合わせが悪くても自分でごまかせばいいから

すべてヨシ!(笑)

 

というわけで

そう遠くないうちに着工できると思います。

あ、明日か明後日かという話です。

 

ではまた、しばらく

可愛いヤツにお付き合いください(^^ゞ

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

お待たせ致しました!

 

どうせ発売するなら

せめて新製時の姿だけでも

なるべく全ての窓配置のものを用意しようと

少し欲張ったのが運のツキ。

 

わずかな違いを作り分けるのも

模型の愉しみのうちだからと

あらゆる組合せをご用意しましたら

なんと25種類にも及んでしまいました(笑)

 

というわけで、本日発売開始致しました!

 

「「型紙キット」近郊形電車シリーズ

 

今回も1/80 Jゲージ、

いわゆる一般的なニッポンの「16番」

 

そしてもちろん、

Nゲージサイズもご用意致しました。

 

111~115系だけで25形式?

そんなに細かくご覧になった方は

そう思われるかもしれません。

 

そうなんです、あるんです。

当の私も、

決して軽く見ていたわけではありませんが

調べれば調べるほど、

まとめればまとめるほど

出てくるわ、出てくるわ(笑)

 

番台区分の種類を言いますとさらに増え、

非冷房、冷房準備、冷房改造、といった

時系列的な変化もありましたから

そのバリエーションは把握しきれないレベルです。

(いや手元の書籍に全部書いてあるんですけどね。

そこまで集計しませんでした。笑)

 

今回は冒頭のとおり、

新製時の窓配置を基準に整理し、

屋上機器やルーバーの有無などで

思い通りの一両をお作りいただけるよう

ご用意致しました。

 

大分類は下記の3種類となっています。

 

1・「丸窓車」

初期タイプの角丸窓のものです。

すべてはここから始まった!という雰囲気が素敵です。

屋根上は非冷房で印刷しました。

グロベンが並ぶシンプルな外観も良し、

のちに冷房化された姿を再現するのも良し。

押込形通風器装着車を作る場合は

途中で位置が変更された形式も存在するなど

塗装と併せてかなり幅広いバリエーションを

お楽しみいただけるシリーズかと思います。

 

2・「ユニット窓車」

上の「丸窓車」と同じ配置で

四角いユニット窓が並ぶタイプです。

当初より付いていた冷房を搭載した姿で印刷、

イラストと反対側の座席・窓配置に差異のあるクハは

700番台と1000番台として作り分けています。

四角いユニット枠がぎっしりと並ぶ、

引き締まった印象を与えてくれます。

 

3・「シートピッチ拡大車」

扉および窓間隔が広がり、

ゆったりした印象を与えるサイドビュー。

クハは前頭部分の窓配置が異なる

1500番台タイプを作り分けています。

 

また、それぞれの窓タイプの中では

「先頭車」「パンタ付中間車」「パンタ無中間車」、

さらにその「便所付」「便所無」をご用意しました。

一例として・・

 

「便所無先頭車」

クモハとして各シリーズにラインナップしています。

ものによってはクハにも便所無の番台が存在します。

 

「便所無中間車」

標準的な中間車の形態で、

車体そのものは各タイプで同じですが

収録する床下機器と屋上の印刷で

パンタ付/無のモハ、一部サハを作り分けました。

 

「便所付中間車」

一見、上の車両のコピペに見えますが

便所の反対サイドも両端の窓間隔が違います。

2000番台タイプは窓配置は違いませんが

床下機器が大きく異なるので別製品としています。

 

そしてトリは・・

って、単にこのブログ記事の流れの都合ですね(笑)

 

・「グリーン車」

ゴージャスな車両も4形式ご用意致しました。

厳密には急行形の分類に入れてもいい車両ながら

番号が最も若く、

下記の111との微妙な差もお楽しみいただくべく

急行シリーズに先行して一両だけ

助っ人、サロ110-0の登場と相成りました。

 

そしてこちらが近郊形オリジナルのグリーン車

サロ111です。

前方(イラスト左側)の車掌室が無いのが識別点。

110-0ともども、冷房改造した姿もどうぞ。

 

続いてシートピッチが拡大されたサロ113は

座席定員数が少なくて不評という

思わぬオチのついた車両なのだそうで。

窓間隔の広さがいかにも快適そうですね。

 

それで結局、

座席を詰めてもとに戻した最終形態が

サロ110-1200。

 

花形のグリーン車は、

まずはこの4形式からスタートします。

サロ124/125は、

後日211系と一緒に作る事になると思います。

 

さてさて、ここで隠しアイテムが

ひっそりと登場します(笑)

上記の話の流れの中には

なんだか切り出しにくかった異端児

近郊形黎明期のわずかな期間だけ作られた

低運車もラインナップしました。

丸窓の中間車と併せてお楽しみください(^^)

 

まずは今回のレパートリー、

以上と相成ります。

 

あまり長大編成を作るのは大変ですが

先頭車だけ作るも良し、

パーツや板キット部材と組み合わせるのも良し。

 

すでにくまなく完成品が発売されているのに

わざわざ自作する意味はあるのか?

 

あると思います(*^^*)

そんなお話は、また明日にでも。

 

ではでは

皆様の挑戦をお待ち致しております(^^ゞ

 

美軌模型店 型紙キットシリーズ

 

 

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

いつの間にか

一週間ほど私自身は何も工作しておらず

ただただお客様の工作記を紹介させていただいたり

何しろこちらは手が止まってますから書く事もなく

ついついブログもお休みしてしまいました。

 

まあ、そういう意味では

今日も手を動かしたわけではなく

ちょっとした準備ついでに遊んだ

よもやま日記なのですが

 

撮り模です。

借景撮り模、とでも申しましょうか。

これ、何をしているかすぐ見破られますでしょうか?

 

普通であれば

奥行のあまり無いセクションやお立ち台の

後方に写真を立てて楽しむところですよね。

 

そこをちょっとお気軽に、

手抜きバージョンで楽しんでみました。

多少画質が落ちる印象ですけど

風景が自由に変えられるのがメリットです。

 

種明かしはこちらです。

背景をちゃんと用意するのがもちろんベスト、

しかし、ちょっとした遊びとして楽しむには

こんなものでも充分に楽しめるものです(^^)

 

何しろ東海色の近郊電車は

都会度合いで言えば

東京から新潟の山の中まで、

 

地域で言うと

村上や黒磯から下関まで、

(ですよね?笑)

何しろ縄張りが極めて広かったので

どんな風景でも似合うのが良いと思います。

 

とはいえ、

どう見ても北海道なこの写真は・・・

違和感が新鮮(笑)

でも、千葉のどこかにこんな風景が

あってもおかしくないですよね(笑)

 

しかし、ネット上にいくら写真が溢れても

その手前に車両を置いても違和感のない

角度や色合い、遠近感の写真というと

意外と探さないといけないものです。

 

素敵そうな気はするけど

やってみると難しいのが夕刻の写真。

遠くに夕陽が見えている(逆光)のに、

車両だけ順光丸出し。

ホワイトバランスを合わせるのは

果たして出来るものなのか?

 

今日はあきらめました(笑)。

 

一枚くらい、

静岡らしい写真でキメてみるか、

と思っていたらおあつらえ向きの写真がありました。

でもこれ、形はクハ111だけど

115系の塗装が欲しかったという理由で

111を115系化した600番台に仕立てたんだった・・

結局どこかヘンですね(笑)

 

今日はネット上の写真を表示しましたが、

これを遊ぶつもりで、

自分で写真を撮ってくれば

また状況や心境も違ってくるかもしれません。

 

地面がダンボールと裸のユニトラックなので

車輪から下が写せないのがつらいところ。

これ用の、

ちょっとしたお立ち台を持っていれば

意外と役に立ちそうだな、

なんて思った夜でした。

 

などと・・・

 

遊んでいたら危うく本題を忘れそうに(笑)

 

ここでようやく標題の件、

明日あたりの作業完了を目指しておりますが

ついに!ついに!

「型紙キット」

「近郊形電車シリーズ」

ようやく発売できそうです!

 

現在、サイト上での掲載準備を

鋭意進行しております。

今回は一度に発売する形式数としては

通常の倍くらいまで膨らんでしまいました。

 

新製時の状態のものでしたら

かなり幅広くお作りいただけるかと思います。

それでは、

明日の発表をどうぞお楽しみに!(^^ゞ

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

皆様大なり小なり、工作をなさる方なら

そういったをお持ちになった事があると思うのですが

 

周りから見たら充分に良い作品だったとしても

作った本人としましては

「もっとうまく出来たかな」

「今回は大してうまくいかなかったな」

と、

 

出来上がった喜びや満足感と同時に

反省点も同じくらい印象に残ってしまう事、

結構ありますよね。

 

さてさて、

今日ご紹介する作品は如何でしょうか?

作者さまご自身の自己評価はなんと

「凡作」なのだそうです。

 

しかし、この存在感ある佇まいを見て

凡作だと思う人はどれだけおられるのでしょうか?

 

はっきり申しましょう。

どこが凡作なのか、

私には全くわかりません。

 

では、本日も

作者様のブログ連載の最後に掲載なさっている

まとめのページからお届けします。

じっくりお楽しみください(^^ゞ

 

-----

 

★★ 美軌模型店型紙キット オロ36

作者:nari-masa さん ブログ:新湘南電鐵 横濱工廠3

16番紙製オロ36、本日は検証をします。
最初の頃に今回は15回くらいで、

と書いたのですが、その14で完了となりました。

まずは今回新たにトライした部分です。
何と言っても丸屋根でしょうか。


相変わらず

接着剤をくっつけたりしてどんくさいですが、

丸屋根はこんな感じになりました。


ここの素材は

Nゲージ車輛収納ケースに使われている

ウレタンの端材です。


瞬着で固めて削りましたが、

なかなか丸くならずかなり苦労しました。
最近は造形用のパテや

素材が安く売られているようですので、

次回はそちらを探した方が良さそうです。


見た目だったらこれがいいかも(^^)



屋根の曲げ、今回は裏から筋を入れず、

机の縁に押し付けて曲げました。


中央部はそこそこ良い感じになりましたが・・・



側面とのつなぎは凸凹になってしまいました。
結局キャンバス抑えやウィンドヘッダーで誤魔化しました。



前回問題になった車体塗装の厚塗りは

車体中央部をコピー用紙でくるんで

ドア部の凹みだけ先に塗装することで

かなり良くなりました。



こちらは前回のスハ43(2輌目)です。


ただ、

厚塗りの方が良いというご意見もあるようですし、

どちらが良いかはよく分かりません。


確かにシルヘッダーやサボ受けの浮き感は

厚塗りの方が軽減されるようです。

等級帯はくろま屋のインレタを使いました。


ウィンドシルをガイドに貼りますが、

なかなか神経を使います。
ベースシートからの剥がれもよく、

貼りやすさは悪くありません。


車番はIMONのインレタ。
これが一番貼りやすいです。

今回はベンチレータ、床下機器、椅子、

貫通幌などは既製品を使いましたが、

大型電池箱だけ紙で作りました。


座席はカツミのプラ椅子ですが、

ヘッドレストカバーにはハセガワの

ホワイトフィニッシュを使ってみました。


粘着力が強くて剥がれることもなく、

使いやすいです。

デッキ部もうすぼんやりと明るくなりましたが・・・


ウレタンの内側を削って

室内灯の明かりを導光しています。


この画像ではウレタンが見えていますが、

反射用プラテープを貼り足しています。
ここは思惑通りになりました。


今回のオロ36、一言で言うと凡作。
丸屋根も

今後の標準工法にはならないという意味で

決定版ではありませんし、

屋根曲げもまだ全くモノになりません。


窓抜きも相変わらず修業が足りません。
あと10輌も作れば

少しは見られるようになるでしょうか(^^)

製作費用はスハ43の1輌目と概ね同じでしたが、

台車に日光モデルの新品を使ったり、

くろま屋の帯インレタを使った分、

少し高くなりました。

以上で紙製オロ36、完了と致します。

 

-----

 

はい。(^^)

こうして良く拝読してみますと

「凡作」とおっしゃる作者様の心境、

少し理解できたような気持ちになりました。

 

これは私の感想ですが、要するに

そう仰るのは出来上がりの結果の事ではなく

作り方を色々とお試しの過程において

納得のいく作り方に行きあたらず

ご本人様としてはどこか不完全燃焼感がある、

と、そんな感じなのではないでしょうか?

 

なんて、わかったようなクチをきいておりますけど

違っていましたら申し訳ございません(笑)

 

でも、どう仰いましても

ハタから拝見します限りでは

やっぱりカッコイイと思いますね(*^^*)

 

nari-masaさん、有難うございました!

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

他人様のフンドシをお借りして早3日(笑)

今日が完結編でございます。

昨日、長文にしてまとめても良かったのですが

字数の多いものはそれなりに内容もありますから

この車両が生まれた背景に

作者さんがどんな事を考えて作ったのか、

 

そういった事まで思いを馳せるのも

また自由形を見る楽しみでもあると思うのです(^^)

 

まあ、とりあえず、

能書きはまた後にして

(まだ書く気かい、笑)

 

工作のラストスパートと、

その続きをお楽しみください(^^ゞ

 

★★ 新幹線E6-901(自由形)
作者:YONEDENさん ブログ:「プログレSF作家米田淳一のなければ作ればいいじゃん・2nd」

 

-----

第七日目

 

集電シューを長いものに交換、無事安定して点灯するようになりました。

 

第八日目
 

最後に4窓分しかない客室の室内灯もつくようにしました。しかしここで何度も取り外し取り付けしてきた内装板の樹脂パーツの合いが緩くなってしまい、うまく外装と締結できなくなっていました。あきらめてもう一両の予備の中間車の内装板を使い、なんとか再組み立てできるようになりました。

 

-----

 

そして、完成後に走る勇姿がこちら!

Youtube等にはまだアップなさっていないとの事、

ひとまずツイッターのリンクをお貼りしておきますね。

ああ、サムネイルがリンクされないのが惜しい!

https://twitter.com/ebi_tekke_n/status/1382045851283968000?s=20 

 

編成になるとまた真実味が増しますねえ(^^)

そして、こうした最新鋭感の強い車両には

こんなに遠くからでも良く目立つ

少し青めの強いヘッドライトの光が

良く似合うものですね!

 

新幹線だからとあえてカッ飛ばさず

赤羽から浦和あたりの区間を

遠慮気味に走っているような雰囲気も

また都会的でリアリティを感じました。

 

ではでは最後に面白い車両紹介を。

普段は当ブログの規格(?)に合わせて

改行や句読点を調整しているのですが

ここはあえてそのままいきましょう、

 

では、再び作者さんの文章でどうぞ(^^ゞ

 

-----

 

車両の設定


 しかしこの先頭車、どういう経緯で登場したか、ストーリーを全く考えていませんでした。14日になってようやくそれをひねり出しました。以下の文章がそれです。
孤高の試作新在直通新幹線E6-901(Z25編成)
登場の経緯
 JR東日本は、2000年策定の中期経営構想「ニューフロンティア21」で「世界一の鉄道システムの構築」として新幹線の最高速度360キロ営業運転を目標とした。そして2002年に新幹線高速化プロジェクトが発足。FASTECH360(E954・E955)を開発、2005年から地上設備を含めた各種試験を行い、結果320キロ運転が妥当と判断、E5とペアを組む新在直通新幹線としてE6系が開発され、2013年に営業運転を開始した。
 そして北海道新幹線札幌開業を視野に360キロ営業運転可能な車両開発を目的として、2019年、ALFA-Xが登場する。

 360キロ営業運転計画は一度諦めることとなったが、それでも2000年代、いずれ360キロ、ゆくゆくは400キロ運転を目指すべきだという高速化を強く求める意見は強くあった。しかしそう速いペースで試験新幹線編成をいくつも建造する力はJR東日本にはない。
 そこでJR東日本は周遊列車事業でかねてより協力関係にある北急電鉄との協力で、試験目的任務を付与したハイグレード新在直通周遊新幹線の開発を計画した。
 それがE6系Z25編成である。そのなかでも特徴的な車両が15号車E637-901の先進形ビュフェ車と17号車E621-901先進形先頭車である。

E621-901先進形先頭車

 E621-901はFASTECH360でできなかった超ロングノーズ形状と先進形車両姿勢制御技術とカナードを試験する目的で、思い切ったスタイルとした。先頭車だけの試験のために試験編成を1本仕立てるのは投資過大であり、また試験後に毎回その編成を1本まるごと廃棄するのも本来なら好ましくないというJR側の思惑と、周遊新幹線事業のスタートにはっきりとわかりやすいアイコンが欲しかった北急の思惑が一致したのだ。そこで試験先頭車であるが試験終了後は営業運転に投入する前提での開発が行われた。
 車体傾斜機能付き姿勢制御アクティブサスは試験用として通常より物理的に可動域が拡大され、また前頭部には空力乱流制御と非常ブレーキ時にエアブレーキとして作動するカナード(ATCWS:Anti Turbulence Control Wing System)が設けられた。これらは営業運転時には機能しないように封印されることとなっていた。
 外装の塗装については、試験車両であるが既存のE6系に合わせた塗色となった。
 また新在直通でありまた試験と営業運転どちらもこなすことから、マルチロール車と通称され、愛称はMulti Advanced Role Shinkansen type E6(MARS-E6)マルスE6とされた。
 車内は側窓4つ分しかない客室のほかはすべてノーズ構造となっていて、ノーズ内は機器を若干搭載したほかは空洞である。
 運転室の乗務員扉は省略されていて、乗務員の乗降は後尾側の客用扉を使う。
 小さな客室は計測機器搭載スペースとしてであったが営業運転時にはパーティションなど内装を追加され、中央通路の左右に2部屋の区分室(コンパートメント)として運用された。
E637-901先進形ビュフェ車
 E637-901はフリースペースと簡易厨房を備えたビュフェ車である。原形のE6系には存在しないが、周遊新幹線運用のためのサービス基地としても機能するように設計され、新幹線のさらに新しいサービスを模索する材料となった。

現在
 このZ25編成は試験を終え目的を果たした後、さらなる速度向上試験をALFA-Xに引き継ぎ、現在は在来線用の北急周遊列車「あまつかぜ」のバックアップとして、また周遊ツアー列車として営業運転を行っている。
 そして数々の先進機能は封印され使われずに眠り続けている、と公式にはされている。また試験車両運用でどれだけの高速性能を発揮したかについても公表されていない。

 いつものように妄想ですが、こういうのを考えるのも楽しみです。また公式にはされていないとした高速性能や営業運転時の封印の話、これはおいしいのでいつかアツい短編小説にしてみたいです。今は全く思いつきませんが。

むすび
 新幹線の模型は以前は構造的に大規模改造車は困難と思っていましたが、弊社でもやればできたのが大きな収穫でした。いろいろ仕上げについてはまだ課題もありますが、それは今後につなげたいと思います。ともあれずっと前に買ったE6系の模型がこれでぐぐぐっとうちの子らしくなったのがとてもうれしいです。買ってきたままだと、どこかうちの子と思えないので……。
 ともあれお読みいただきありがとうございました。これからもいろいろな工作に挑戦していこうと思います。
 では。
 

-----

 

いかがでしょうか?

 

創作を妄想と言ってしまうのは簡単ですが、

歴史に対してタラレバを語るのが面白いのと同様

あるところまで事実に基づき、

あるところから「こうなっていればな」、

「こうだったらいいな」と思うような事が

乗り物好きの人間であれば

多少なりとも誰でも何かあるはずで

 

それを模型で実現する、というのは

自分の思う「タラレバ」を実現する事であり

人様の作った自由形車両を見るというのは

人様の書いた小説を読むのと同じ事なんですよね。

それはそれで、面白いものなのです(^^)

 

「いやいや、

高速試験車両の『その後』は

そうじゃないと思うなあ。」

 

そう思ったあなた。

実際に模型を作るか作らないかは別として

では、オレだったらこうする!

といったプランを妄想してみると

意外と楽しいと思いますよ(^^)

 

えっ私ですか?

実は個人的には高速鉄道に対する思いは

これまでの題材をご覧のとおり(笑)

そう強いわけでもないのですが

 

やっぱり夜行列車ですかね?

昼も夜も運用できて、加減速が良くて、

寝台料金を以前のように課金しなくてもいいような

定員数の多い電車列車。

無理ゲーとおっしゃるなかれ、

それを考えるのが楽しいのです(^^)

 

そういう意味では

西日本に登場した117系銀河は

結構私の思い描いていたものに近いですね。

あー、いつか乗りに行きたいなあ(*^^*)

 

と、話がだんだん散らかってきたところで

あとがきもこれ位にしましょうか。

 

YONEDENさん、有難うございました!

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

ではではパート2です。

昨日の続きです。

 

着々と形が出来ていった超ロングノーズ、

あえて今日は工事中の姿から見えるように

生々しいところをご覧いただきましょうか(^^)

 

では、どうぞ!

 

-----

 

★★ 新幹線E6-901(自由形)
作者:YONEDENさん ブログ:「プログレSF作家米田淳一のなければ作ればいいじゃん・2nd」

 

第四日目



ラッカーパテを買いました。

 

造形には瞬間パテ粉がめちゃ有能ですが、

小さな傷などを軽く埋めるには

ラッカーパテも使えます。

適材適所が大事。

 

だいたい上手くいったので、

塗装に入ります。

 

元の塗装を生かしたいので

グレーは調色してエアブラシで吹きます。

 

ニュートラルグレーに少量のブルーとレッドで

だいたい似た色になりました。

この写真の右側はエアブラシで吹いた色、

右側のデッキ部分はもとの模型の塗装です。

だいたい差はないと思います。

 

マスキングして赤を吹きます。

ブライトレッドを塗りました。

元の模型とは色味は少し違いますが、

ここはブライトレッドでいきたかったので

違いは無視しました。

このようになりました。

写真だと余り赤の色味の違いはわかりません。

肉眼だと結構違いますが。



運転席周りをエアブラシで黒く塗りました。

第五日目

窓ガラスを運転席に入れました。

テキトーな模型のブリスターケースの

透明部分を折り曲げて切り取り、

接着剤セメダインハイグレード用で貼り付けました。

 

これだとクリア感が損なわれずに取り付けられます。

これも適材適所。


第六日目

 

電装を実施します。

点灯用回路を作り、

チップLEDを車体に取り付けて

UVレジンで保護するとともにライトレンズにします。

これはUVレジンをUV灯で固化させているところ。

 


テールランプはこんな感じ。

2灯ですが写真で撮ると1灯に見えてしまいます。



ヘッドライトはこんな感じです。

ところが

レールに載せて試運転すると、

なかなかライトがつきません。

 

結局その原因は

集電シューの長さを間違え、

短すぎて十分に集電していないことが原因でした。

 

しかしそれに気づかず

慣れない回路のせいだと思っていじくっているうちに、

絶縁不十分なヘッドライトLEDの回路に

過電圧をかけて焼損してしまいました……。


泣く泣くレジンを破壊して焼けたLEDを取り出し、

整形してやり直しました。

 

-----

 

あらら、それは残念(^^;

 

というところで

もうほぼ完成なさっているところですけど

今日のお話はここまでです。

 

私・編者と致しましては・・・

 

日付にご注目。

まだ6日目。

いつもの私の工作記のペースを考えると

これがいかに驚異的な速さであることか

容易にご理解いただけるかと思います。

 

少し話が逸れるんですけどね。

 

じっくり長時間かけて作るのと同じくらい、

サッと素早く結果を出す工作というのも

同じくらい大切だと思うことがあります。

すぐに結果が出るからです。

 

もしこの工作を私がやったら何が起きるか?

 

まあ、6日目なんて言ったら

きっとまだノーズの形状に納得いかんとか

スジボリがどうとか言い出して

まだ削っている事でしょう。

 

その結果、例えば1ヶ月かけて

納得いくまで仕上げたものが

線路上にデビューした時の感動が

かけた時間に比例して大きいかというと

 

正直な話、

その時によりますねえ(笑)

 

走ってしまえばわからん、

という鉄道模型界の名言がありますが

それは車両そのものの出来の話だけでなく

走ってしまうその姿に

細かい事を上回るチカラがある、

という事なのかもしれません(^^)

 

なんだかワケがわからなくなってきたので

あとがきもこのへんで。

 

明日、最後に

面白いお話をご紹介したいと思います。

ではお楽しみに(^^ゞ

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!

 

 

皆様こんにちは。
毎度おなじみ美軌模型店です。

 

太古の昔から脈々と存在し

未来永劫無くならないであろう模型のジャンルといえば。

 

そして、

自分が納得できる真実味を持たせるのが

実物をモチーフとしたスケールモデルを作るより

もしかして難しいのではないかというものとは。

 

少なくとも私の場合、

好きな車両をイメージ通りに再現したい一心で

作り方ばかり考えて半生を過ごしてきたので

自由に考える発想力というものがゼロに近く

 

こうした物に関しては

もっぱら人様が考えたものを見て

愉しむものとしています。

 

それが

「自由形車両」。

 

これがどういう経緯で「開発」された車両なのか、

ちょっと興味ありませんか?(^^)

 

それでは、前説はこれくらいにして

早速お楽しみ下さい(*^^*)

 

難易度マックスのこの超流線形、

まずは工作記からどうぞ!

 

-----

 

★★ 新幹線E6-901(自由形)
作者:YONEDENさん ブログ:「プログレSF作家米田淳一のなければ作ればいいじゃん・2nd」

 

最近、個人的な縁で

新幹線を改造して

製品化されていない列車を作る方の

作例を拝見する機会が増えました。

 

WIN360やALFA-X、

FASTECH360といったものもあり、

見ていて私もだんだん

そういうものが欲しくなってきました。


より速く、を求めた高速列車のフォルムも、

またとても魅力的なものです。

とくに速度の限界に挑む超高速列車は

特に印象深いスタイルになっています。

それを私も作ってみたくなりました。


しかしそれを実在車両のように

そのまま作れば競作になってしまう。

私の方針として

できるだけ作品は競作を回避するというのがあります。


そこで思い描いた高性能新幹線を

自由形新幹線として作ろうと考え、

企画しました。

種車
KATOのE6系の中間車を元にしました。

昔新幹線を改造しようとして

E6系を基本セット1つに

増結セット2つ買っていたのです。

 

そのときは窓を大きくして

E6系に実在しないビュッフェを作ったのですが、

10年前当時の腕のなさと

新幹線模型独特の構造に物怖じして

大きな改造は出来ませんでした。


そのリベンジで今回、

超流線形の先頭車をスクラッチすることとしました。

改造記 第一日目

デッキ側と反対の車体を

ニッパーでざくざくと切除します。

床下機器のモールドはできるだけ生かし、

先頭部を造形します。


ノーズコーンはプラパイプを積み重ね、

そこから運転席に至るところは

t1mmのプラ板でざっくりと形を作ります。

 

そして瞬間接着剤と

「瞬間パテの粉」

 

を使ってどんどん盛り上げていきます。

 

普通のパテとちがって

瞬間パテ粉は短時間で固まり

しかもヒケもないので、

どんどんこういう造形作業が進められます。




 盛り上げたあと削っていきます。

瞬間パテ粉は固まった後の切削性がよく、

プラといっしょに切削しても

違和感ないのでどんどん作業が進みます。

 

ここで運転席とヘッドライトなどの位置を

マジックで書いて検討しました。

でもこれ、

落とさないで作業を進めたために

塗装時に隠蔽できなくて困りました。

 

せめて鉛筆でやるべきだったかなと反省。


 

ここで外見のパンチ不足を解決するために

ノーズにカナードをつけました。

 

走行時の空力安定を

アクティブ制御で増強するというアイディアですが、

実際には意味ないでしょうね。

 

ブレーキ時には

エアブレーキにもなると考えましたが

模型では脳内設定にしか出来ません。

結局は外見のハッタリのためです。

 

私の模型はだいたいこういうハッタリ性能重視です。


第二日目

さらに造形していきます。

 

棒ヤスリでヤスり、

320番のペーパーをかけていきます。

 

地味なヤスリ作業ですが

思い描いた形が近づいてくるので

やっていて楽しい作業です。

ある程度表面が落ち着いたので

サーフェイサーを吹きました。

 

床下機器や温存しておきたい車体後部は

マスキングして保護します。

 

検討用に使ったマジックが溶け出して

悲惨になりました。

ひいい。


それでも負けずにやっていきます。

320番ペーパーでの研ぎ出しに満足し、

600番に切り替えてさらに磨いていきます。


第三日目


おつとめがあったので余り進まずですが、

ここで初めてカーブ線路に置いてみました。

 

ノーズがギリギリ複線でも当たらないかな……。

 


お勤めの帰りに模型店で

筋彫り用にこんな物を買ってみました。

 

これで少し筋彫りをしてみます。

そして盛大に失敗しました。

 

ガビガビです。

筋彫りの工具が大きすぎたのと、

力を入れすぎて筋が乱れてしまいました。

補修用のパテもないのでここでいったん中断です。

 

-----

 

はい、如何でしょうか?(^^)

 

まずは第一回、ここまでとさせていただきます。

こうした造形は何が難しいって

基準線があるようで無いようなもの。

削っているうちに、

あるべきラインが分かりにくくなるんですよね。

 

なんとE6の中間車が改造ベースとのこと、

史上最大の魔改造かもしれませんね(笑)

 

では、明日の後編もお楽しみに!

 

 

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

 

美軌模型店公式Facebookページ開設しました!https://www.facebook.com/makingrail/

皆様のいいね!とフォロー、

どうぞ宜しくお願い致します(^^)
-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

「いいね!」と思ったら、おひとつクリック!
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

鉄道コム  鉄道コム


応援よろしくお願いします(*^^*)

-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-☆☆-

工作記大募集中!!

あなたの作品を発表してみませんか?
美軌模型店サイト「みんなの工作室」は、模型屋さんのショウウウィンドウのように、お客様同士で作品を見たり飾ったりするのをお楽しみいただくコーナーです。
当店製品に何か関連があるものでしたら、車両・レイアウトなどジャンルは問いません。
もちろん初心者からベテランまで大歓迎!
ご応募の方に粗品進呈中です。どしどしご応募くださいね!

>>>詳しくはこちらまで!

↓↓「みんなの工作室」は、こちらからどうぞ
集電加工&電子工作編!!

きらめきライト工作 「水平型&垂直型」編!!

きらめきライト工作 「ピコ&ピコデュアル」編!!

きらめきライト工作 「室内灯&Bトレイン」編!!
ディテールアップ編!!