【3/18(水)24(火)zoom講座】免疫学を1日でマスターできる講座 | 「0歳からの予防医学と食育」makana®︎の予防医学講座(奈良・大阪・京都・兵庫・滋賀・三重・名古屋・東京・広島・全国)

「0歳からの予防医学と食育」makana®︎の予防医学講座(奈良・大阪・京都・兵庫・滋賀・三重・名古屋・東京・広島・全国)

「食」で子どもの笑顔とママの自信を
「育」てる予防医学の食育講座

あれは危険、これもダメ…
ネットの情報にふりまわれる…

そんなお悩みも大丈夫!
お子さまだけでなく
ご家族の体質・体調に合わせた暮らしを
「科学」と「養生」で守りましょう。

インフルエンザが流行してきました

寒い冬こそ免疫力が気になります。

風邪を引くたび『免疫力を高めたい!』と思いますよね。

 

そもそも免疫ってなんでしょうか??


腸は免疫の要といわれます。

腸内環境も大切ですが…免疫をつかさどるリンパ器官は腸だけではありません。

 

免疫を高める方法は他にもたくさんあります。

 

免疫の概念から学ぶことで、はじめて免疫力を高める方法が身につきます。

 

長年がん治療に携わったナースだからこそ、免疫学を1日でマスターできるよう構成した講座。

 

免疫本来の仕組みや働きを知っていれば、ネットにあふれる情報に振り回されることはありません。

 

全国から約700名が参加された人気の講座です。



 〜免疫学を1日でマスターできる講座概要〜

奈良県の寒さに慣れず 冬になると必ず体調を崩してました。
子どもができてからは、不眠不休の看病で疲れもピーク 
息子の回復後、必ずダウンということを繰り返し

なんでこんなに弱くなったの??高齢出産後だから??
頼れる家族が周りにいない私はとにかく体調を崩さないように、免疫学を1から学び直しました。

今は体調を崩しやすい時期に向け、ウイルスに負けないカラダ作りを1年かけて実践しています。
 
大学病院に勤めていたときは、抗ガン剤を扱ったり、移植医療に携わっていましたので 免疫力がぐんと下がった状態の方をたくさんみてきました。(白血球0レベル)
いわゆる免疫専門ナースです。
{09439E2D-C076-4031-A71C-D31270E41540}
朝いちばんの仕事は、担当する患者さんの白血球の数値や、白血球の中身 いわゆるばい菌やウイルスをやっつけてくれるリンパ球や好中球などのデータをチェックすることからスタート。その数値によってわかれる無菌室や準無菌室などのお部屋でケアにあたっていました。
 
そこまでの免疫力でなくとも免疫力が低い人といえば???そう 小さなお子さまや高齢者です。
病状によっては、あっという間に急変するリスクがあります。
{ADFCEB24-28A9-412D-BA2D-3EC0581E0C89}
息子2歳 クループ、RSの呼吸不全で緊急入院。
休日夜間診療所では 様子みてくださいと言われたが、朝までもたない可能性あり診察依頼。
夜間診療、♯8000番も 年末年始は頼りになりません
  

こんなこと気になりませんか??
小児科ってどのタイミングでいくの?
春から保育園…やっぱり熱出すんだろうか…
抗生剤ってやっぱり飲まない方がいい?
解熱剤もらったら使うべき?
マスクは風邪予防になるの?
免疫力を高めるオススメ食材ってある?
風邪のときの栄養って??
風邪予防の薬膳は??
産後から風邪ひきやすい~なんでだろ?
冷え症がなおらない…寒すぎる…
がん家系なので免疫力を高めたい
そもそも免疫ってなに?抗体ってなに?
免疫と腸のしくみがしりたい!
 
 
〜免疫学を1日でマスターできる講座〜

1.免疫の理論

細菌とウイルスの違い

造血幹細胞と免疫

免疫細胞チームの戦い

マクロファージ、ナチュラルキラー細胞、T細胞、ヘルパーT細胞、B細胞、免疫抗体IgGIgAなど免疫のしくみをアニメを使って半日で修得。

5種類の免疫抗体

免疫系が活躍する場所

全身免疫系と粘膜免疫系


2.感染経路

接触感染、飛沫感染、空気感染

感染経路別の予防策

風邪症候群とウイルスの種類

ワクチンの仕組みと効果


3.免疫力が下がる主な原因と免疫力の上げ方

免疫システムを活性化する食材

温活食材、温活生活の方法

免疫アップ薬膳

腸内環境を整える方法

免疫細胞LPSと食材について

免疫と自律神経

免疫と呼吸法

免疫と酸アルカリバランス

免疫と陰陽、中庸

免疫と運動代謝

免疫とリンパ

免疫と微生物

全身免疫系へのアプローチ

粘膜免疫系へのアプローチ

がん予防食材


4.西洋医学、東洋医学、自然療法の症状別使い分け。

①あなたの風邪は鼻から?のどから?

なぜのどが痛くなるのか

なぜ咳が出るのか

なぜ鼻水が出るのか

炎症の意味と、炎症のメカニズム


②熱のケア

冷やす?温める?

熱の高さと病気の重さは比例する?

高熱と脳症の関係

インフルエンザ脳症とワクチン

解熱剤の種類

解熱剤を使った方がよい時

電解質異常と意識障害


②咳のケア

咳と自律神経

朝の咳、夜間の咳、止まらない咳

咳と自然療法

咳のお手当て

咳止めを使った方がよい時

この症状は119番!呼吸状態の悪化を見極める方法。

気管支炎と細気管支炎


③鼻水のケア

鼻水を出す意味

鼻水が出やすい体質

鼻水の後、のどが痛くなる咽頭炎

鼻水と自然療法

鼻水のお手当て


④ここぞの時の抗生剤

お医者さんが抗生剤を出す意味

処方されやすい抗生剤

セフェム系、マクロライド系、キノロン系

抗生剤のデメリットと対応策


⑤風邪のときの栄養

免疫と消化管

食欲があるとき、ないとき

体内水分量と電解質


5.実技

危険な熱型の読み方、熱の正しい測り方

脈拍のとり方と正常値を把握する意味

この症状は119番!呼吸状態の悪化を見極める方法。

 
講座価格: 9,900円(税込 )
再受講 4,950円(税込 )
zoom8,800円(税込)
再受講4,400円(税込)


〜2018年開催数19回 参加人数226名〜

東京・名古屋・三重・京都・大阪・兵庫・奈良

〜2019年開催回数8回 参加人数合算中〜
大阪・新大阪・奈良

〜2020年

1/16(木)京都

2/12(水)奈良

2/18(火)zoom満席


3/18(水)3/24(火) 募集前

zoomオンライン講座

風邪予防薬膳資料つきプレゼント

( お顔を見せたくない方は画面OFFできます)

zoomはネット環境のよい場所で届いたURLをクリックするだけ!パソコン、スマホからもご受講いただきます。詳しいご案内はお申込み時に添付いたします。 


PCオンラインシステムZOOM(ズーム)のセミナーやレッスンの参加方法スマホ

https://ameblo.jp/key-of-life-yukari/entry-12545320825.html


 上矢印同日「基礎から学ぶアレルギー講座」を開催!セットで受講されると「病原体の免疫」「アレルギーの免疫」どちらも学べますのでオススメ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 2才ママのご感想 】
本日は素敵な講座をありがとうございました!
加湿の重要性、高熱の対処法など知らないことが沢山あってとても勉強になりました。
難しくて理解できなかったらどうしようかと思いましたが、細胞の戦いをアンパンマンで表現したり、実際の体験談などを交えて楽しく話してくださったので全体的に分かりやすかったです。
この免疫学の知識を身につけておくことで何かあった時に冷静に考えて判断できそうです。
他にも興味深い講座がありましたのでぜひ受講してみたいと思っています。
子連れで参加できるのもいいですね!
ご感想ありがとうございました!
 

免疫のおはなしはとってもとっても幅が広い!
さらに 難しい!
でも 1日でマスターできます!
そして 一生つかえます!


白血球の中のリンパ球や好中球など たくさんの兵隊さんがどんな役割なのか、ウイルスやばい菌とどんな風に戦ってくれてるのか、抗体がどうやって作られていくのか…

あんぱんまんのキャラクターで学びますよ

カラダの中で何が起こっているのかがわかると
お子さまの発熱、体調不良も慌てずにすみます
ママがなぜ産後体調を崩しやすいかもお話しします。

【 1歳4ヶ月ママ 】
本当に参加してよかったです!
特に薬のこと、抗生剤のこと、気になってました。
もちろん、自己判断できないのはわかっているんですが、、やはり、お医者さまにもっといろいろ聞いてから、子供に飲ませようと思いました。
免疫を高めるために、どんなことをしていけば良いのか、具体的に教えて頂いて、嬉しかったです!
あと、しっかりと自分の体、子供の体の状態を知るということも。あらためて、大事だなぁと気づかされました。リンパのお話も、早速実践していこうと思います。
 
 
【 3歳&7ヶ月ママ 看護師 】
免疫システムは昔から苦手で、、、どうしても頭に入らない分野でした。
でも不思議ですね〜アンパンマンだと頭に入りました!!牧さんのアンパンマンと免疫システムのコラボの仕方が絶妙で、ものすごく分かりやすかったです。

今までうる覚えや聞きかじりの知識だってので、子供が熱が高くて続くとオロオロしてたのが、これからはもっとどーんと構えられそうです。今回の資料はお守りです。また、免疫を上げる為の生活についても実践しやすい方法を教えてもらえて本当に嬉しいです。教えてもらったことを生活に取り入れて、家族の免疫力を上げていきたいと思います。次回も楽しみにしています!
ご感想ありがとうございました!
 


ご参加お待ちしております!!