一時預かりさんのところで可愛がっていただき、こんなに猫らしい動きができるようになりました。



きーちゃんの詳細はこちら でご確認ください。

拡散、リブログ希望です。

皆さまのお力をお貸し下さい。

よろしくお願いいたします。
AD

詳しくはこちら(http://www.pet-home.jp/cats/saitama/pn165641/  です。



{26B87674-E3A4-4EB1-A1F1-1F5E9193091B}

{4ADD65D4-A5A4-429A-8CD9-93D6F48A17DA}

↑ 7月13日の子猫。
前日に比べて、目が開けられるようになりました。

{9336E342-9231-4FC5-8470-1B7E866DDBD9}

{48A17348-3D23-471C-BB3F-A745F54BDA69}
↑ 7月12日。
保護した当日の子猫。
目やにで目が開きませんでした。

拡散していただけると助かります。


よろしくお願いいたします。



AD

大丈夫だと思ってたけど

テーマ:
王子が亡くなってもう5ヵ月。
よそのバニの写真や姿はなんとかみられるようになった。

SNSで話題になってた「バニ式生活のオキテ」を買ってみた。
{2697B0FF-6DBA-4019-A0B0-D7531A80F0D9}

パラパラ見てると王子に似た子の写真が載ってて、思わず本を閉じてしまった。
王子を思い出してしまったからだ。

王子の写真は見るのが辛い。
というより、まだ見られないというのが本当だろう。
13歳7ヵ月で旅立った王子。
今年のお正月も元気に向かえて、14歳のお誕生日を迎えられると思っていた。
もっともっと一緒にいられると思ってた。

すごく優しくて可愛いくて、賢くていい子だった王子。
王子は旅立つ前の数日間、ものすごく苦しんだ。
天国にいるルナとまめたろうに「早く迎えに来てあげて」と頼んだ。
安楽死には反対派だけど、助からないなら、もう薬使って早く楽にしてあげたい。
そう思うほど苦しんだ。
なんで、こんなにいい子が苦しまなければならないんだ!と神様を恨んだ。

王子の写真は見たいけど、見ると王子が苦しむ姿しか思い出せない。
かわいい笑顔や楽しかった思い出がまだ思い出せない。

明るい笑顔でいないと王子が悲しむと思うけど・・・ヘタレてな母ちゃんでごめんね、おーちゃん。

皮膚科受診

テーマ:
先週のケモの時に看護師長のHさんから「皮膚科受診した方がいいかも」とアドバイス受けて、皮膚科受診してきました。

前回は地元の皮膚科を受診したのですが、地元の皮膚科受診の先生はベクティビクスの皮膚症状を始めて見たと言われて、治療された経験がないとのこと。
すごくいい先生なのですが、ケモのこととか、他科の受診の状況や先生同士でお話して対応を考えてもらえることも考慮して、今回はいつも通院している病院の皮膚科を受診しました。

かなり強いマイザー軟膏とリンデロンVGローション、デルモベートローションが出ているのをお薬手帳見せて確認してもらった上で、今は頭皮の痒みと炎症はそんなに辛くないということを話しました。

今は爪囲炎がひどくて指が曲げづらいこと、痛みと腫れがひどいことを話して、その部分を診てもらって、お薬が2つ追加になりました。

デルモベート軟膏
(炎症ひどくてどうしようもない時に臨時に使う)
ドレニゾンテープ
(ステロイドの軟膏より使い安いかどうかテストで処方)

手はしっかり洗って清潔を保った上でスキンケア&軟膏塗り塗りです。

手の肌が完走しておばあさんのテニスなりつつあります・・・
{51C7373C-53C8-430A-88DC-831A8BC89FE0}