ライトヘアドライヤー プロの使い勝手をひたすら追究するヘアドライヤー
  • 09Apr
    • 修理品をお送りいただくときのお願い

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。修理品を弊社または弊社正規修理会社に修理品をお送りいただく場合は、その症状をメモ書きでいいのでご記載いただきたいのです。お客様にしてみたら「送ればおかしいのわかるでしょ?」と思われるかも知れませんが、スイッチ入れてすぐにわかる症状もあれば、例えば「使っていると冷風になってしまう(サーモが敏感)」といった場合はスイッチ入れてもすぐにわからないんですね。また、断線の可能性の場合も、スイッチ入れても普通に動いたりします。それで問題なしでご返却となっても、手間と時間とお金ばかりかかってムダが発生してしまいます。書いていただくのは「症状」のみで結構です。「原因」は弊社で調べますから大丈夫です。普段お使いいただいているユーザーの皆様が、一番症状はわかると思いますので、お手数ですがちょっと書いていただくと助かります。どうぞ宜しくお願いいたします。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 06Apr
    • チャンスはそうそうないが、必ず何度かある。それをつかむ。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。皆様には「ライトドライヤー」として親しまれておりますので、お気軽にお呼び下さい。ところで、個人でも法人でも、チャンスはそうあるもんではないかと思います。ですが必ず何度かはチャンスが来ます。弊社は今日、そのチャンスをいただきました。なにせ月曜に打診されたのがこの前の月曜日。今月はちょっとタイトだったんですが、逃してはならぬと思ったので受けました。完璧な準備とは言えないですが、久々に寝る間を惜しんで準備しました。久々に殆ど知らない人を相手にプレゼン。しっかりつかみ取るように精一杯やってきます。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      2
      テーマ:
  • 27Mar
    • コードレスドライヤー

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。皆様には「ライトドライヤー」として親しまれておりますので、お気軽にお呼び下さい。ところで、スタイリストの皆様始め、一般のユーザの方からもよくいただくリクエストの一つに「コードレスドライヤー」があります。これがまた簡単そうで結構難しい。ヘアドライヤーは熱源に風を送り、その排気の熱風を利用します。その熱風はある程度の熱量、室温30℃で100℃以上の熱風が必要とされます。機械的に熱を持ったものを冷やす手段として皆様もエンジン冷却方法で馴染みのある空冷、水冷、油冷等があり、要はヘアドライヤーは最初の「空冷」で熱源を冷やしているのです。冷却効率は空冷、水冷、油冷の順で上がっていきますが、一番低いこの「空冷」でも結構熱源は冷やされます。なので、風を送って熱源を冷やす「ヘアドライヤー」という手段でも、それなりの熱源が必要になります。なのでヘアドライヤーは下は700Wぐらいから、上は1500Wまで、このようなとても消費電力の高いヒーターが必要なのです(前にも記事にしましたが、ワット数はほぼヒーターの熱量であり、風の強さではありません)。かつて電熱線を利用した電気コンロというのがありました(弊社でも生産、発売しておりました)が、あれで使用されていた電熱線は現在ヘアドライヤーで使用されているものとほぼ同じ。そしてワット数は最大700W、700Wもあれば料理できちゃうんです。それを冷やした排気熱がヘアドライヤーの温風です。ライト電気コンロ「曉」HC-227Aコードレス化を考えるとき、そうしたら700Wをの熱量を生み出させるのにどんなエネルギー源が必要か?バッテリーで補うには、いったいどれだけのバッテリーが必要になるか?昔前の下請けと話した時は「ドライヤーに収まる小型原子炉でも開発しないとね」なんて冗談を言ったりしたものでした。同じ熱を持ってヘアを扱うものにヘアアイロンがありますが、ヘアアイロンは熱源を冷やすわけではないので、たかだか100Wもありません。なのであちらは今の仕組みのままで簡単にコードレスかが可能なのです。もうコードレスドライヤーを実現するには、今までの常識にとらわれないコペルニクス的転回(調べたら「転換」じゃないようでした(^^;))で今までとは全く違ったアプローチが必要なのかも知れません。ニーズは発明の母、コードレス化のニーズは正直ヘアドライヤーに対して最も多いリクエストの一つなので、もしそれが将来生み出されているのであれば、何かパラダイムシフトが起きる予感がします。ヘアドライヤーのコードレス化に際し、何か思いつかれることがあれば、教えてください!お待ちしております<(_ _)>ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      1
      テーマ:
  • 25Mar
    • 学校専用モデルの季節

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。弊社には、学校専用モデルというのがございます。その名も「TRAINEE(トレイニー)」、訓練生という意味です。LiGHT TRAINEE 1000 LTD-1003(W)機能は基本機能に限定されています。ヘアを乾かす、ヘアスタイルを保つという、ブローの基礎を学ぶためのヘアドライヤーとなっています。各学校様向けは4月上旬が多いため、現在工場で準備が進められています。工場へ赴き出荷検査を行います。その後港へ移送され、船積みとなります。今がその最盛期。使いやすいと思っていただいているのか、学校卒業されてもそのまま使い続けいていただいているのも散見します。有り難いことです。ライトの使いやすさに慣れていただいて、ステキなスタイリストになって下さい!ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 03Feb
    • 島津製作所

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。島津製作所が「アルツハイマー病変の早期検出法を血液検査で確立」と発表され、2002年にノーベル化学賞を受賞された田中耕一さんの研究とのことで発表され、ニュースになっています。ノーベル賞に驕ることなく、研究を続けられていたんですね。今までお金も身体の負担も多かったアルツハイマー早期診断が簡単にできる道が開けて、素晴らしいことです!それに便乗というわけではないですが島津製作所ときいて、実はあまり自慢できるものではないんですが、かつてライトとちょっとだけ関係があったことご紹介いたします。というのは、ライトの前身会社である日栄電機産業が50年以上の歴史を一度閉じざるを得なくなってしまった1998年当時、ベストセラーだったライトイオン空気清浄器「イオンフレッシュ」を買い取っていただいて生産・販売を続行していただいたのがこの島津製作所でした。当時とても有り難いことでした。ライト空気清浄器「イオンフレッシュ」島津製作所では「イオンdeきれい」という名前になって販売されていたと記憶しています。この商品はライト時代から島津製作所時代に至るまでカタログハウス社から「イオンキャッチ」という名前でも販売されていました。当時の「ピカイチ事典」でずっと2位、当時1位の「メディカル枕」をどうしても超えることができなかった記憶があります。メディカル枕は今でも販売されているんですね。すごい!島津製作所の益々の活躍を祈っております!社会の役に立っていて素晴らしいです。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 31Jan
    • 温風温度について

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。今回は温風温度について。ヘアドライヤーというのは、簡単にいうと風に熱エネルギーを与えて温風を排出します。なので入ってくる空気が冷たければ、そんなに熱くはならず、温度の高い空気が入れば熱くなります。つまり温風温度というのは、相対的なものなのです。先日「熱さが充分でない」という修理品は送られてきました。ですが確認をすると問題なし。おそらく寒いお部屋で作動されていたのではないか、と。また以前は、ユーザ様がドイツでビデオ撮影があった時、そのスタジオは真夏にもかかわらずエアコンが効いておらず蒸し風呂状態の中での撮影だったらしく、後日「あのドライヤー何か改造したでしょ!?熱を熱くしてなかった?」と尋ねられました。暑い部屋で使えば、温風も熱くなるのです。ヘアドライヤーの説明書には、温風温度が記載されていますが、このようにその時の室温で温度は変わるため、「室温○℃時」という但し書きが記載されてなくてはおかしいことになります。ですが以外と記載されてないんですよ。その記載がないなんて、ちょっといい加減ですよね。温風温度は相対的、寒い部屋ではそれほど熱くならず、暑い部屋ではものすごく熱くなってしまうこと、ご理解下さい。そしてこのように温風温度は室温に左右されるので、その記載がしっかり書かれているメーカーのものをお勧めします。何といっても皆様はプロなのですから。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 20Jan
    • 異物で誤作動

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。先日「ドライヤーの動作がおかしくなったので修理して欲しい」との連絡を受け、ちょうど近くに行く用事があったのでお邪魔しました。スイッチを入れたら、確かに挙動が変。。。中を開けると、ヘアピン発見これが回路をショートしてたので、挙動がおかしくなっておりました。取り除いて修理完了。しかしどこから入ったんだろう?吸入口はあり得ないので、吹出口からなんだろうけど、風の向きは逆なので、とても不思議な感じでした。ですがみなさま、挙動が変になったからといってご自身でお開けにならないよう、お願いいたします。挙動が変な時は弊社にご連絡下さい。なお、ヘアドライヤーは「持込修理」ですので、弊社にお送りいただく送料、返送送料はご負担いただきますよう、お願いいたします。いつもご愛用いただき、誠にありがとうございますライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 12Jan
    • 父の会社時代に開発を手がけたドライヤーが!

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。前回のブログで、ヤフオクでライトの古い製品が出てる時がある、とお知らせしましたが、先程ちらっとヤフオク見ましたら、私が製品開発に携わった製品が出品されていました。【新品】日栄LIGHT静音ドライヤーピアニッシモなつかしいなー1996年頃だと思う。ライト静音機構(LISM)を搭載した、遠赤外線ドライヤーです。業務用ではなく一般用。タイトルも音が静かな事をイメージした「pianissimo(ピアニッシモ)」、名付け親は私です。某社とか「シーンタ○ボ」とかダサイ名前でしたからね〜ただ、この国はダサイ名前の方が耳につくのかな−?と思ったりもしてます、最近。「マイナンバー」みたいな。ロゴも今でも大手企業の様々なデザインを手がけている一流デザイナーの友人にデザインをお願いしました。「pianissimoは音が静かなイメージでしょ?だったらやさしいロゴでバラツキ感が合った方が静かさが伝わる」と言われたのを覚えています。またGマークにも応募したりした意欲作でした。評判よかったのですが、管財人の在庫を二束三文で売られた時のものが未だに出回っているんですね。落札しちゃおうかな。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 05Jan
    • 明けましておめでとうございます。本日始動です。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。2018年のライトヘアドライヤーは本日始動です。今年も引き続きよろしくお願いいたします。新年最初の仕事は朝から挨拶回り&新年会2本です。まだまだ咲いてない石神井川の桜並木を横目に見ながら、白い息を吐きつつ行ってまいります。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 29Dec
    • 今年もお世話になり、ありがとうございました。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。ライトヘアドライヤーは今年も無事に2017年を終えることができました。これもひとえに皆様のおかげと思っております。本当にありがとうございました。また、この2017年というのは新しい出会い、新しいご縁が本当に多くあった年でありました。それらご縁はライトヘアドライヤーの将来の方向性を感じさせるものばかりでした。来る年も引き続きライトヘアドライヤーをご愛顧のこと、よろしくお願い申し上げます。そして昔からご縁をいただいている皆様のみならず今年知り合った皆様も、懲りずにライトのサポーターをお続けいただけましたらとても嬉しいです!末筆ではございますが、寒さ厳しき日々が続く折、どうぞご自愛下さい。そしてどうぞよい年をお迎え下さい。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 20Dec
    • おかげさまで16年目に突入しました。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。2000年の頃から新生ライトを始動させるべく動きはじめていましたが、いざその起点となると公式にはいつになるか?ということを調べなくてはならなくなり、担当の税理士の先生に尋ねてみたら、一枚の写真が。これは、大学院時代に起業しようと登記した会社が結局休眠になっていたのを、これを新生ライトに利用しようと登記し直した日です。それが平成14年12月19日。つまり昨日が15周年でした。もうあれから15年も経つんですね。これもひとえにライトを愛していただく皆さまのお陰でございます。この場を借りまして、厚く御礼申し上げます。しかし、たった15年前なのにこの住所適当ですね〜町名もないし、そんな数字の番地に住んだことないし今でも会社登記なんて適当なんでしょうか?なのでモザイクやボカシ入れません。今日から16年目に突入、これからもますます精進する所存でございますので、まだまだ未熟な会社&経営者ではございますが、今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。16年目の初日は西へ飛びます❗️ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 17Dec
    • 自家修理はやめましょう。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。「交換したプラグから火花が出る」ということできた修理依頼。被覆が劣化して動線がむき出しになったのかな?と思いきやキターなんでこんなに被覆を剥いて、わざわざショートするようにするのか?この2つの銅線が触れたらどうなるか、想像できないのか?これは本来はこのように組み込みます。金具ギリギリまで被覆をしておけば、ショートの心配はありません。いずれにせよ、本当に電気修理に詳しい方でなければ、自家修理厳禁でお願いします。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      1
      テーマ:
  • 30Nov
    • docomo 9D PROJECT x Toshio Tanaka 格好良すぎます!

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。ライトのヘアドライヤー開発にとてもご尽力いただいている、世界で唯一人のHAIRWORLD GRANDSLAM CHAMPION田中トシオ先生が、docomo 9D PROJECT ワークイノベーションムービーに登場!貫禄といいますか、普通にカットされている動作がリモートでロボットに伝わってその通りロボットが動く、という画だと思うのですが、身のこなしとかの一流さなんでしょう、とにかくかっこいい!でもそこには年輪による優しさも伝わってきます。さすが我らが田中トシオ先生です!実際の撮影ではライトのヘアドライヤーも使っていただいたようですが、残念ながら映像で見ることはできませんでした。惜しい!(赤いのがライトコンテスタントドライヤー)こちらがdocomo 9D PROJECTのトップページです。http://style20.jp/9d/他にも興味深いムービーが作成されていますので、是非ご覧下さい!もはや理容室は時代の先端なのです!ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 26Nov
    • デジタルドライ・ユー1400の乾燥力を実感いただくために

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。ライトデジタルドライ・ユー1400はお陰様でその風の強さかつ軽量感でご支持をいただいておりますが、まだ未体験の方には実感がないかと思います。そりゃ当然だ。そこで、今まで展示会等では単に製品を並べていただけでしたが、これからはブースでその乾きのスピードを実感していただこうと色々準備することにしました。さっそく明後日共同出展するPEER社の社長に「何か余ったウィッグない?」と尋ねたら「うちにあるのはこんなのよ」と。そりゃそうだ、アピアランスケア用にウィッグを販売されてるわけなんでで、先日のこちらの会場にて…学生大会は全てウィッグ競技。当然ウィッグメーカーの方も観戦にいらっしゃいます。そこで会ったが100年目、某社の部長様とバッタリ。そこで「ウィッグ1体売ってくれませんか?」とお願いしたところ、快諾いただきました。そして届きましたしかも「新品ではないので、使って下さい」と。ありがたやです。そしてスプレイヤーはこちら。これもご提供いただきました。ライトは皆様に支えられてます。本当にありがとうございます❗️今回クランプは借りますが、クランプも揃えないと❗️これらの新兵器を得て、ライトブースが変わります❗️手始めは火曜日のこちら。その次はこちら。是非新生ライトブースで、デジタルドライ・ユーの軽さと乾きのスピードを実感下さい❗️皆様のご来場をお待ちしております。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      1
      テーマ:
  • 24Nov
    • デジタルドライ・ユー1400の起動時のタイムラグについて

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。軽量で風力が強くて評判のライトデジタルドライ・ユー1400ですが、まれに「スイッチを入れてから動き出すまでが遅いから交換してくれ」という要望をいただくことがございます。確かに従来のモーターを使ったヘアドライヤーと比較して、若干のタイムラグがあることは否めません。まずは従来のモーターを使ったヘアドライヤーの起動。従来のものなので違和感もありません。続いてデジタルドライ・ユーの起動。このように、測ればコンマ数秒とは思われますが若干タイムラグは確かにございます。これはモーターのしくみの違いで、従来のモーターは整流子とブラシを利用して、シャフトが半転するとプラスとマイナスを切り替えることでモーターを回転させていましたが、デジタルモーターでは回路とセンサーで半転を検知してプラスとマイナスを切り替える事によりモーターを回転させているため、起動時に若干のタイムラグが生じてしまっております。ですがこれは不良でも故障でもないので、そういうものと思っていただいてご使用いただけましたら幸いです。弊社でも今後その時間を縮める改良を進めていきます。ライト デジタルモーターライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 23Nov
    • 新型の1000Wの出荷予定日のお知らせ

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。お待たせしておりました新型の1000Wドライ・ユーの出荷予定日が、このあと通関等で特に問題がなければ、11月27日より順次出荷が開始されることとなりました。品名:ライトドライ・ユー1000(2017モデル)品番:LD-1002カラー:ブラック(B)、レモン(Y)電源コード長:3.0m本体重量:約300g(ノズル、電源コードを除く)ノズルの薄さは何と約6mm競技のみでなく、サロンでも是非ご愛用ください。自画自賛ですが、今回はブラックがとてもかっこいいです!でも目立つのはレモンですね、金メダルの金に近い色ですし。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 31Oct
    • 北電コラム「家電の真髄」にて、ライトデジタルドライ・ユーをご紹介いただきました。

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。この度、札幌のタウン誌「O.tone」様の編集により、北電(北海道電力)のコラム「家電の真髄」で、ヘアドライヤーの歴史とともにライトデジタルドライ•ユーをご紹介いただきました。コラム 家電の真髄 vol.7 - ほくでんエネモールhttps://www.enemall.hepco.co.jp/u.column/page/199.html(お読みいただくには無料の会員登録が必要です)とても丁寧にやり取りをいただき、O.toneの編集部の皆さまにはとても感謝しております。ありがとうございました。札幌の方でしたら、O.toneの誌面にも掲載されていますので、ご覧頂ければ幸いです。(ちょっと会員登録が面倒ですが、是非!)もっともっとライトデジタルドライ•ユーの革新性をご理解いただくために、これからも啓蒙して行きます。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 30Oct
    • ライトクレイジーシリーズ発売10周年

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。競技会で培った軽量かつパワフルで使いやすいヘアドライヤーの設計ノウハウをふんだんにフィードバックして、幅広くその使いやすさをお使いいただこうと日理株式会社と共同で開発されたのが、ライトクレイジーシリーズです。実は初代モデルが発売されたのが2007年11月ですので、来月10周年を迎えます。これもひとえにユーザ様始め流通の皆様等弊社に関わる皆様のおかげでございます。ここにあらためまして御礼申し上げます。さて、ここに歴代のクレイジーシリーズをご紹介申し上げます。1.初代クレイジーヘアCHD-1200(2007年)そのあまりの軽量さは衝撃的で、「中身入ってるの?」が合い言葉になってしまってました。カラーはホワイトのみ。2.2代目クレイジーヘアイオンCHD-1201N(2009年)初代モデルに、市場からの要望によりネガティブアイオナイザーを搭載しました。カラーバリエーションも増え、3色に。ただしこのモデルのピンクは限定カラーでした。3.3代目クレイジーヘアイオンCHD-1202N(2013年)今まで内嵌め式だったノズルが、使っているうちに緩くなるということで、外嵌め式に変更しました(実はCHD-1201Nの2012年モデルから変更されています)。カラーはホワイトのみ。4.4代目クレイジーイオンLCD-1203N(2014年)大幅にモデルチェンジ、従来胴体が太くて胴体もって乾かすときに持ちにくい(特に女性)との声を反映しスリム化。スイッチも風量と熱量を独立させ、よりきめ細かな風を選べるように。カラーも3色に戻り、ピンクは限定でなく定番カラーになっています。また、テーブル等に置いてハンズフリーで使えるデザインになりました。5.5代目クレイジーイオンLCD-1204N(2017年)ユーザー様からのご要望が多かったため電源コードが2重絶縁となり、丈夫になりました。スリムなボディ、風量熱量独立スイッチ、ハンズフリーはそのまま引き継いでおります。競技会ではライトでも、お店は違うドライヤーを使っていたり、初めて聞いたというスタイリスト様がいらしたら、是非一度日理系のディーラーにお問い合わせいただき、お使いになってみて下さい。一度使ってその軽さや使いやすさに慣れてしまったら、他のドライヤーが持てなくなるそうです。技術者本意のライトヘアドライヤーを是非皆様の手に。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
  • 23Oct
    • ナショナルチームメンバー

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。今日は一般社団法人国際理容協会が主催する81st IBA JAPAN CUPにお邪魔しております。競技会のアトラクションで、IBA所属のナショナルチームメンバーがデモンストレーションを行うのですが、アトラクションの前にメンバーが集まってくれて、写真を撮ってくれました。こうして我々にも気を遣っていただいて、本当に嬉しく、とても励みになります。今後とも最高のヘアドライヤーを開発していくとあらためて誓い直すのでした。メンバーを紹介する石川佳代子KCC会長真剣なデモの様子ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:
    • ファイナリストの使い心地をサロンでも

      ブランド創業1949年、理美容業界の皆様のおかげで日本で最初にヘアドライヤーの市場化に成功させていただきました、ライトヘアドライヤーです。今年もおかげさまで全国理容競技大会にて、多くのファイナリストの方々にご利用いただいたこと、AmebloのみならずFacebook上個人のページでもにて紹介させていただきました。【恒例:今日のライト利用率❗️】https://www.facebook.com/mackygin/posts/10154927876716863ファイナリストたちはその技術を実現するため、究極の結果を目指すために、最も使いやすいヘアドライヤーを選ばれていると思います。その方々に選んでいただいたライトヘアドライヤーの使いやすさ、それを是非サロンでもご利用下さい。きっと仕事がしやすくなることにお役に立てるかと思います。競技会は象徴的ですが、市場規模は現在残念なことにそんなに大きなものではございません。皆様にサロンでもご利用いただくことが、ユーザーの皆様の意見の反映を第一に考えるライトヘアドライヤーの発展につながります。弊社ではヘアドライヤーにはまだまだ発展の余地があると考えています。皆様と触れさせていただき、アイディアも蓄積されてきております。皆様のお力をお貸し下さい!もっともっと使いやすいヘアドライヤーを開発させて下さい!もしサロンでお使いになるヘアドライヤーに特にこだわりを持っていらっしゃらなかったら、是非ライトヘアドライヤーのサロンモデルをお試し下さい。「一度持ったらやめられない」といわれるその使い心地を実感いただけるかと思います。皆様のサロンでも、ライトヘアドライヤーをどうぞ宜しくお願いいたします。ライトヘアドライヤーホームページhttp://www.hairdryer.jp/ライトヘアドライヤーFacebookページhttp://fb.com/LiGHT.Hairdryer

      テーマ:

プロフィール

LiGHT Hairdryer

性別:
男性
自己紹介:
ブランド創業1949年、ライトは日本で最初にヘアドライヤーを市場化いたしました。現在はヘアドライヤー...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 0

読者になる

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。