果物の保存 | ヒロアミー日記

ヒロアミー日記

ピンを使わない洋服作り、既製服縫製の洋裁教室
洋裁のちょっとしたコツなど・・・。
  


テーマ:

年内に納めなければならないものはあるものの、ようやく追われて夜な夜なやっていた仕事やら手伝いをこなしてホッと一息です。

 

この一年、衣装の仕事をするようになってコンサートやディナーショーのお手伝いをさせて頂く機会が多々ありました。芸能人さん方はお客様を楽しませるため歌や曲に合わせた衣装決めから、あらゆる鍛錬を怠りません。私も着てくださる人に喜んでもらいたい気持ちで仕事をしてはいますがプロとは・・・と言うところでは鍛錬の持続が必要なのだと認識させられる一年でした。

 

そして音楽には全くうとい私が演歌、ポップス、シャンソン、クラシックまでさまざまなお手伝いを必死でこなし大きな失敗もなく一年を終えられそうな事に感謝です。

この歳になって違う世界を経験する事が今後どのような意味を持ってくるのかまだ判りませんが流れに逆らわず目の前の仕事をブログも含め一つひとつ誠実に取り組んでいければと思っています。

 

前置きが長くなりましたが、洋裁ネタ作りができていないので今日は我が家のこの時期の果物の保存方法を紹介したいと思います。

 

今年は柿が安いですよね!そして種なしで甘くておいしいです。

リンゴも戴いたりする機会も多くなります。

そんな柿とリンゴを使ったお新香の紹介です。

  ー材料ー

     白菜     半分

     カブ     7個(葉は入れない)

     きゅうり    3本

     長ネギ   1本から1本半

     リンゴ   2個

     柿     3個

     鷹の爪   少々

     塩     適量

甘めにしたければリンゴや柿が多くても大丈夫です。

漬物用のポリバケツにポリ袋を入れて上の材料一口大にカットして塩をふりながら交互に重ねていくだけです。

味の決め手は長ネギです。毎年、リンゴや柿が出てくると作るお漬物です。

この状態で重石(ペットボトルに水を入れた物でもOK)をして一日経つと・・・。

半分のカサになって水が表面まで上がってきます。三日目くらいで浅漬けの出来上がりで冷蔵庫で保存します。

一週間くらい経って少し酸っぱくなりはじめた頃の物が私は一番好きなのですが、それまで待てずに食べてしまうくらい好きなお漬物です。

 

実を言うと今年も忙しい中作った上の写真のお漬物ですが、キュウリを入れ忘れているのです。(><;) 物忘れがこんなところにも・・・!

お正月用にはちゃんとキュウリも入れて又作ります。

母方姉妹の従妹の家に行くとこの時期は同じお漬物が出てきます。家に伝わる味での果物保存です。

夏もスイカの漬物を紹介したように我が家は果物の漬物が好きなのだとあらためて思いました。(o^-')b

 

それから補足で、これはやっている人も多いと思いますがバナナはカットしてから冷凍保存です。

バナナって栄養価も高いし、いろいろな面に優れている果物なのは解るのですが一度にそんなに食べられないのですよね。

買ってきて直ぐは母の好物のはんぺんサラダを作って、はんぺんを小口にカットしてバナナも一口サイズにカットしたものに塩、コショウしてマヨネーズにヨーグルトを混ぜてあえるだけのものですが高齢の母には柔らかく食べやすいみたいで良く作る一品です。

 

そして残ったバナナはシュガースポット(茶色の斑点)が出てきたらスプーンで8mmくらいの厚さにカットして冷凍保存です。

 凍ったままヨーグルトに入れたり、ミキサーでバナナジュースにしたりしています。

それでも冬場は冷たいものをとる機会が減るので匂いが付かないようにさらにアルミホイルに巻いて冷凍庫へ入れておきます。

 

忙しいと夜な夜な仕事をするのを言い訳に食べてしまってデブ一直線に・・・・。

これも芸能人さん方を見習って我慢する事を学ばないといけないと反省しきりのダイエットは来年の目標の一つです。

 

ヒロアミー日記への訪問をありがとうございます。ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村 宜しくお願い致します。

 

 

PC版「ヒロアミー洋裁講座」 ホームページ

HPの方ではロックミシンほどき方 ブログ目次 洋裁ネタをわかりやすく写真で掲載しています。

こちらへの訪問もお待ちしております。

ヒロアミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス