松坂よしひろオフィシャルブログPowered by Ameba

松坂よしひろオフィシャルブログPowered by Ameba

前東松山市議会議員(無所属) 民間企業を経て、地方行政の改革に挑み住民主権の地方自治を目指すBlog







未来に夢と希望がもてる比企地域(川島・吉見・東松山市)を目指して!


 未来への責任を果たすため、今、始めなければならないことがあります。その中で松坂よしひろは市議会議員として15年間培った経験を基に、「命」を守る政治を基本に置き、地域の活力を高める総合政策を進め、未来に夢と希望がもてる比企地域(川島・吉見・東松山)を目指してまいります。








松坂よしひろの公式ホームページへ









 私の正代地区では多面的機能支払交付金を活用して主に農地維持の共同活動を実施しています。今日は農家の年中行事の一つとして排水路の雑草刈り払い作業日でしたが、雨天での作業にも関わらず農家関係者のご協力により作業終了です。

 



 今年は梅雨寒が続き、長雨と日照不足の影響から稲の生育に影響が出ることが心配されますが、今月の22日以降は晴れる日が戻りそうなので期待しています。

 

                          松坂よしひろ



 私の地元正代地区で推進している農地の集積、この一年間現地視察や地元説明会を経てほ場整備に関するアンケートの意識調査の実施結果報告、そして正代地区の方向性など、趣旨の説明させて頂き、本日いよいよ「埼玉県型ほ場整備事業正代地区推進協議会」が発足となりました。

 

 

 これから地元の皆さんと共に「営農ビジョン」を作成、集落営農組織の立ち上げなど、正代地区が埼玉県型ほ場整備事業として成果を挙げ、持続可能な農業の模範となれるよう頑張って行きます。

 

                          松坂よしひろ

 

 

 改選後初議会としての6月定例会も最終日を迎えました。

 

 

 議事日程から議案に対する質疑・討論・採決ですが、私は議員提出議案として提出された「地方自治体における公共工事の調達の裁量度を高め、自主性を拡大することを求める意見書」が最大会派から提出され、その趣旨に賛同出来ず反対討論です。

 

 

 内容としては、入札における予定価格に近ければその上限を超えても落札出来る仕組み(上限拘束性の撤廃)を作ろうとするものですが、それは現実的なものでは無く、私は実勢価格に沿った積算を行うことが公共工事における建設労働者の適正な賃金・労働条件の確保にあたっての第一優先と討論。

 

 結果的には賛成多数で可決となりましたが、上限拘束性の撤廃」難しいものがあるかと、討論中に「建設業を敵に回す」とかヤジがあったものの、正確な設計書を作ることが最優先と。

 

 今日は議案採決終了後に上田知事から退任のご挨拶、議会から第一会派の自民党、第二会派の県民会議の代表から知事への御礼の挨拶がされ、全会派が和やかな雰囲気の中で定例会の閉会です。

 

 

 閉会後、控室での事務作業開始と会派HPの収録等々、今議会での審査報告を早々に纏めたいと思います。

 

                      松坂よしひろ

 

 

 

 

 

 企画財政常任委員会に付託された議案と行政報告における審査ですが、県民会議として私と金野議員が委員として審査に臨みます。
 
 
 今議会に付託された議案は、埼玉県手数料条例の一部を改正する条例と選挙長の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の2件と、行政報告として「羽田空港の機能強化への対応について」です。
 
 羽田空港が訪日外国人旅行者のさらなる増加、東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催による首都圏空港の機能強化が必要になり、新飛行経路の運行・増便の実現に向けての関係する地元対応等々。
 
 主に県南東部の自治体への住民説明会について、金野議員の地元が戸田市であり、その内容について質疑、さいたま市で4回、和光市で4回、川口市で2回、戸田市で1回ということで、他市に比べて戸田市での開催件数が少ないことや、住民説明会の開催状況など、住民からの要望等が伝えられました。
 
 
 今日は今年一年の折返し初日となります。無所属県民会議として県民の付託に応えられるよう、更に努力して参ります。
 
                  松坂よしひろ
 
 

 

 

 

 台風3号の接近で降雨量によっては河川氾濫が心配された東松山市大谷地区角川上流部、一昨年の台風では車が落ちてしまい早急に改善をと、河川の流下能力の妨げとなっていた部分の改修を進めて来ましたが、いよいよこの度完成し、一安心です。

改修前

改修前

改修後

 

 これからも地域の安全安心に努めてまいります。

 

                               松坂よしひろ