今日は私が会長を務める東松山市商工会と法人会東松山支部共催による「新春講演会」を講師として政治ジャーナリストの田﨑史郎さんをお迎えし、開催させて頂きました。

演題が「岸田政権の行方」とされてたことから、冒頭の私から「人の話をよく聞くこと」が特技とする岸田総理の実際のは、と挨拶の中で一言です。

講師より、「自分から努力しないと結果が出ない」、「企業や社会も人間関係が大切」等など、今年の世相に即した講演内容から参加者も「来てよかった」と有難い言葉を寄せて頂きました。

 

また、今年の9月に解散、10月総選挙のお話がありましたが、予測が的中するかです。

 

本日ご来場頂きました皆さまに御礼申し上げます。

 

松坂喜浩

 

 

 

 

 毎年初土曜日に実施されてます「消防出初式」、今年も川島町消防出初式に参加です。

 

 私から消防団員皆さま方と家族への感謝と危機管理の重要性、埼玉県地域防災計画の見直しを含めて挨拶させて頂きました。

 改めて日頃からボランティアにて重要な任務に就かれてる団員皆さまに対し、敬意を表させて頂きます。

 今年もいよいよ大詰め、今朝は多くの皆さま方からお声を掛けて頂き、私からも一年の感謝の言葉を伝えさせて頂きました。

 駅頭活動も平成17年12月25日から開始し、18年目に入りましたが、今まで多くの皆さま方から激励を頂き、引き続き活動が続けられることに感謝です。

 昨日は年内の仕事として、連合埼玉比企地域協議会から東松山市への政策制度要請に関する懇談会、県議会内で地元関係を含めた年内最終打合せ等々が終了しました。

 明日は今年最後となる駅活予定です。

 

 松坂喜浩

 県道の歩道部分の横断勾配がきつく、高齢者やシニアカーを利用される方々から改善の声が寄せられていました。

 

 通常、歩道の横断勾配は雨水排水等を考慮し、2%が標準ですが、依頼を受けた歩道部分の勾配を計測してみると14%もあったことから改善を依頼したところ修繕が昨日完了です。

 早々に対応頂いた東松山県土整備事務所担当部局の方々に御礼申し上げます。

 

 12月定例会に上程されてる補正予算115億2,695万円に対し、更に129億1,642万円の補正予算が追加されます。

 

 財源として、111億3,802万円が国庫支出金、残りの17億7,840万円が繰越金となります。

 

 その内訳として、妊娠出産子育て支援交付金、訪日外国人旅行者周遊促進事業費補助金、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金、障害者福祉費補助金、学校安全特別対策事業費補助金となります。

 

 特に子供の安心・安全対策の強化として幼稚園等の送迎時における事故防止対策で14億9,006万円が計上され、送迎用バスの安全装置や登園管理システムなどを整備するとしています。

 

 バスの安全装置も必要かもしれませんが、そもそも慢性的に基本的な管理が緩んでいたことが問題であり、今度は安全装置に頼り過ぎて更に緩んでしまうことが懸念されます。

 

 安全確認は目視が基本です。

 

 今朝は少し雲があったものの綺麗な夜明けでしたが、明日の朝はもしかすると雪の可能性も。

 皆さま、明日の朝は注意して頂きたいと思います。

松坂喜浩