ランチはカフェテリアで | 雨の日も風の日も IN アメリカ

雨の日も風の日も IN アメリカ

アメリカに来て早20年。 アメリカ人旦那との間に10歳のハーフの男の子がいます。 アメリカの中小企業で管理職をしているワーキングマザーです。 そんな私のごくふつ~の日常日記です。

トーマスは、ほぼ毎日学校のカフェテリアでランチを食べます。

 

多分、アメリカの学校と言ってもその学校や地域によって全然違うと思うのですが、

 

トーマスの学校では、ランチメニューが5種類あって、その中から自分の好きなモノを選べます。

 

5種類のうち、1つはベジタリアンメニュー、もう一つはヘルシースマートメニューです。

 

アメリカなんでお得意のサンドイッチやピザもありますが(笑)、それ以外にも温かいミールもあります。

 

一食2ドル75セントなので、まあお手軽と思っています。

 

家からPBJサンドイッチやチップスなどのジャンクを持参するよりは栄養バランス取れている気がして、ほぼ毎日カフェテリアです。

 

学校によってはガバメントのランチ制度みたいなのに加入していて

 

学校生徒全員分の朝食、そしてランチが無料らしいです。

 

でも見ていると、低所得者が多くいる学区に多い気がします(ここら辺は)

 

トーマスの友達のベンは、毎日ランチ持参らしいです。

 

まあ、あそこは4人兄弟なんで、みんなでカフェテリアで食べていたら一日10ドル超えますもんね。

 

それも、お母さんの小さなノート付き。

 

「今日も一日頑張ってね!」みたいな。

 

というその話をトーマスから聞かされ、なんとなく私も罪悪感からランチ作ってノートも入れてみました。

 

 

ごめん、やっぱカフェテリアで食べて?

 

(いや、オイ)

 

PBJサンドイッチよりも、温かいカフェテリアのランチの方が栄養バランスもとれているしいいよ、うん。

 

日本のお母さんたちが聞いたら呆れますね^^

 

ちなみにこのスマイリーマーク。

 

:)ではなく、:)))なのは、)))は私の三重顎を表しています(笑)